言葉は肉において現れる

目次

唯一の神自身 2

神の義なる性質

あなたがたは、神の権威に関する前回のフェローシップを伝えられているので、この問題に関する大量の言葉を得たものと確信している。あなたがたが認め、把握して理解できる量は、あなたがたがこの問題に取り組む努力の量により異なる。あなたがたがこの問題に熱心に取り組むことを願っている。決して中途半端な気持ちで取り組むことがあってはならない。さて、神の権威を知ることは、神のすべてを知ることに等しいであろうか。神の権威を知ることは、唯一の神自身を知ることの始まりであると言うことができる。また神の権威を知ることは、唯一の神自身の本質を理解することに、既に取り組み始めていることを意味する、とも言えるであろう。その認識は、神を知ることの一部である。それでは、その他の部分は何であろうか。本日あなたがたに伝えようと考えているのは、この部分、すなわち神の義なる性質である。

本日の主題についてあなたがたに伝えるにあたり、聖書から2つの聖句を選択した。最初の聖句は、創世記19:1~11と創世記19:24~25にある、神のソドム破壊に関する聖句である。2番目の聖句は、ヨナ書1:1~2、ヨナ書3章、4章にある、神のニネベ救済に関する聖句である。あなたがたは、これら2箇所の聖句に関するわたしの話を楽しみにしているであろう。わたしの発言は当然神自身と神の本質を知るというテーマから逸れてはならないが、本日のフェローシップの焦点は何であろうか。それが何かを知っている者は、あなたがたの中に居るであろうか。わたしの「神の権威」に関するフェローシップのうち、あなたがたはどの部分に関心を持っただろうか。そのような権威と力があるのは神自身だけである、とわたしが言ったのは何故か。その発言によりわたしが説明したかったことは、何か。わたしがあなたがたに伝えたかったことは、何か。神の権威と力は、神の本質が示される側面のひとつであろうか。それらは、神の本質のうち、神の身分と地位を証明する一部分であろうか。これらの質問から、わたしがこれから述べる内容が伝わるだろうか。わたしがあなたがたに理解してもらいたいことは、何か。そのことを注意深く考えて欲しい。

(1)頑なに神に反対する者は、神の怒りにより破壊される

まず、「神のソドム破壊」に関する聖句を数か所検討する。

(創世記19:1−11)そのふたりのみ使は夕暮にソドムに着いた。そのときロトはソドムの門にすわっていた。ロトは彼らを見て、立って迎え、地に伏して、言った、「わが主よ、どうぞしもべの家に立寄って足を洗い、お泊まりください。そして朝早く起きてお立ちください」。彼らは言った、「いや、われわれは広場で夜を過ごします」。しかしロトがしいて勧めたので、彼らはついに彼の所に寄り、家にはいった。ロトは彼らのためにふるまいを設け、種入れぬパンを焼いて食べさせた。ところが彼らの寝ないうちに、ソドムの町の人々は、若い者も老人も、民がみな四方からきて、その家を囲み、ロトに叫んで言った、「今夜おまえの所にきた人々はどこにいるか。それをここに出しなさい。われわれは彼らを知るであろう」。ロトは入口におる彼らの所に出て行き、うしろの戸を閉じて、言った、「兄弟たちよ、どうか悪い事はしないでください。わたしにまだ男を知らない娘がふたりあります。わたしはこれをあなたがたに、さし出しますから、好きなようにしてください。ただ、わたしの屋根の下にはいったこの人たちには、何もしないでください」。彼らは言った、「退け」。また言った、「この男は渡ってきたよそ者であるのに、いつも、さばきびとになろうとする。それで、われわれは彼らに加えるよりも、おまえに多くの害を加えよう」。彼らはロトの身に激しく迫り、進み寄って戸を破ろうとした。その時、かのふたりは手を伸べてロトを家の内に引き入れ、戸を閉じた。そして家の入口におる人々を、老若の別なく打って目をくらましたので、彼らは入口を捜すのに疲れた。

(創世記19:24−25)主は硫黄と火とを主の所すなわち天からソドムとゴモラの上に降らせて、これらの町と、すべての低地と、その町々のすべての住民と、その地にはえている物を、ことごとく滅ぼされた。

これらの聖句では、ソドムの罪と腐敗は、既に人間にとっても神にとっても憎むべき程度まで達していたこと、そして神の観点から見ると、そのためにソドムは破壊されて然るべきであることは、容易に読み取ることができる。しかし、破壊される前のソドムの町の中では、どのような出来事があったであろうか。それらの出来事から、何が分かるであろうか。それらの出来事に対する神の姿勢は、何を示しているであろうか。経緯の全体を把握するため、聖句に記されている事柄を精読する。

ソドムの腐敗:人間にとっても、神にとっても、激怒に値する

その夜、ロトは2人の神の使いを迎え、その2人のために食事を用意した。食事の後、使いが休む前に、町中の人々がロトの家を取り囲み、ロトに対して叫んだ。聖句の記録では、人々が「今夜おまえの所にきた人々はどこにいるか。それをここに出しなさい。われわれは彼らを知るであろう」と言っていたとある。これらの言葉を述べたのは、誰か。この言葉は、誰に対するものか。この言葉はソドムの人々の言葉であり、ロトの家の外で、ロトに対して叫ばれた言葉である。こうした言葉を聞いて、どのように感じるだろうか。あなたは激怒するであろうか。不愉快になるだろうか。怒りがこみ上げてくるであろうか。これらの言葉は、サタンを感じさせるものであろうか。こうした言葉により、ソドムの邪悪と闇を感じることができるだろうか。これらの言葉から、ソドムの人々の態度の残忍さと野蛮さを感じることができるだろうか。ソドムの人々の態度から、ソドムの人々の腐敗の深刻さを感じることができるだろうか。ソドムの人々の言葉から、ソドムの人々の邪悪な特質と残忍な性質は、自身で制御できない程に達していたことを理解するのは、困難ではない。町のなかで、ロト以外の者は、全員がサタンと何ら変わらず、外から来た誰かを見かけただけで、その者を傷つけ、食い物にしようという衝動に駆られるのであった。こうした描写により、この町の恐ろしさをうかがい知ることができるだけでなく、この町の血なまぐささ、邪悪さや残虐さをも感じ取ることができる。

こうした魂を食い物にする悪意に満ちた、けだもののような悪党と対面したロトは、どのように答えたであろうか。聖句には「どうか悪い事はしないでください。わたしにまだ男を知らない娘がふたりあります。わたしはこれをあなたがたに、さし出しますから、好きなようにしてください。ただ、わたしの屋根の下にはいったこの人たちには、何もしないでください」とある。この時のロトの本意は、使いを守るためなら、自分の娘ふたりを失うことも辞さない、ということであった。これらの人々は、ロトの提案を受け容れ、使いの者を煩わせるべきでは無かった。なぜなら、ソドムの人々にとって、使いの者は全くの他人であり、何の関係も無く、人々の不利益になるようなことも無く、したがって、ロトの提案を受け容れない理由は無かったからである。しかし、これらの人々は、その邪悪な性質から、ロトの提案を受け容れ、この一件を落着させるつもりは無かった。むしろ、ソドムの人々の態度はその邪悪さを増した。ここでの会話の別の一節では、疑う余地の無い、ソドムの人々の邪悪な本性を察することができると同時に、神がソドムを破壊することを望んだのは何故かを知り、理解することが出来る。

それでは、ソドムの人々は、次にどのように述べたのであろうか。次のように述べたと聖句には書かれている。「『退け』。また言った、『この男は渡ってきたよそ者であるのに、いつも、さばきびとになろうとする。それで、われわれは彼らに加えるよりも、おまえに多くの害を加えよう』。彼らはロトの身に激しく迫り、進み寄って戸を破ろうとした。」ソドムの人々が、戸を破ろうとしたのは何故だろうか。それは、ソドムの人々が2人の使いに危害を加えずにはいられたなったからである。この2人の使者は、ソドムで何をしていたのであろうか。この使いは、ロトとその家族を救うために来たのであったが、町の人々は、この使いが来訪したのは、公務に就くためであると勘違いしていた。ソドムの人々は、2人の使いの来訪目的を尋ねることもなく、憶測だけでその2人を攻撃しようとした。つまり、ソドムの人々は、自分達に全く関係の無い他人を傷つけようとした。ソドムの人々が完全に人間性と理性を失っていたことは明らかである。町の人々の狂気と凶暴さは、人間を傷つけ、奪い尽くそうとするサタンの邪悪な性質に等しいものであった。

町の人々がロトに対し、2人の使いを引き渡すよう要求したとき、ロトはどうしたであろうか。聖句によると、ロトは使いの2人を引き渡さなかったことが分かる。ロトは、この神の使いの2人を知っていたであろうか。無論知らなかった。しかし、ロトがこの2人を救うことが出来たのは、何故であろうか。ロトは、この2人が来た目的を知っていたであろうか。ロトは、この2人が来た目的を知らなかったが、この2人が神の使いであることを知っていたので、この2人を受け容れたのであった。ロトはこの神の使い2人を「わが主」と呼んでいたということは、ロトがソドムの人々とは違って、常日頃から神に従っていたことを示している。従って、神の使いがロトの所へ来た時、ロトは自らの命を危険にさらして2人の使いを受け容れた上、その2人を守るために自分の娘2人を身代わりにしようとした。これは、ロトの義なる行為であり、ロトの性質と本質を具体的に示すものであり、また神がロトを救うために使いを送った理由でもあった。ロトは、危機に遭遇してなお、何を省みることも無く2人の使いを守り、自分の娘2人を身代わりにして使いの安全を守ろうとさえした。ロト以外に、このような行動を取ることが出来る者が、ソドムの町に居たであろうか。誰もいなかったというのが事実である。したがって、ロトを除き、ソドムの人々は全員滅びの対象とされ、滅びて当然であるとされた。

ソドムは神の怒りを示すために滅ぼされた

ソドムの人々が2人の使いに会った時、ソドムの人々は来訪の目的を尋ねることも、神の心を広めるために来たのかどうかを尋ねることも無かった。それとは反対に、人々は徒党を組み、あたかも野良犬か狼であるかのように、物も言わせず2人の使いを捉えようとした。神はこの出来事を見ていたであろうか。このような人間の行いを見た神は、どのように感じたであろうか。神は、この町を滅ぼすことを決定し、躊躇も容赦も全く無かった。やがてその日が訪れ、神は計画通りに業を行った。従って創世記19:24~25には「主は硫黄と火とを主の所すなわち天からソドムとゴモラの上に降らせて、これらの町と、すべての低地と、その町々のすべての住民と、その地にはえている物を、ことごとく滅ぼされた。」とある。この2つの聖句では、神がこの町を滅ぼした方法と、神が何を滅ぼしたかが記されている。聖書では、神がこの町を火で焼いたことが最初に述べられており、次に、その火の威力は、全ての人々と地の草木をすべて滅ぼすに十分であったことが記されている。つまり、天から降った火は、ソドムの町を破壊しただけでなく、町中の人々を含めて、生きとし生けるものも、すべて跡形も無く滅ぼした。ソドムが滅ぼされた後には、生き物が全く存在しなかった。全く生き物が存在せず、生き物が居たことが感じられることすら無かった。町は不毛の地となり、そこには死の静寂があるのみであった。虐殺や殺人など、神に反する邪悪な行いは、もはやこの地に存在しなかった。

神がこれほど徹底的にこの地を焼き尽くすことを望んだのは、何故であろうか。その事実から分かることは、何であろうか。神は、自身が造った人間や万物がこのように破壊されるのを、見ていることができるであろうか。天から降った火から神の怒りを理解することが出来れば、破壊の対象が何であったか、そしてとソドムの町の破壊の程度から神の怒りがどれほどであったかを理解するのはそれほど困難ではない。神が町を見捨てる時、神は、その町に神の罰を下す。神が町を嫌悪する時、神は、神の怒りをその町の人々に伝える警告を繰り返し行う。しかし、神が町を滅ぼすと決めた時、つまり、神の怒りと威厳が反故にされた場合、神は罰や警告を与えるのを止める。その代わりに、神はその町を破壊する。神は、その町を完全に消滅させるのである。これが神の義なる性質である。

ソドムによる神への反抗と敵対の繰り返しの後、神はソドムを完膚なきまでに根絶した

神の義なる性質に関する概要を理解した後、神が罪の町とみなしたソドムについて再検討することとする。ソドムの町の実態を理解することで、神がこの町を破壊される必要があった理由、そして神がそこまで完全に破壊した理由を理解することができる。そうした理解より神の義なる性質を知ることができる。

人間の立場から見ると、ソドムは人間の欲望と邪悪さを完全に満足させることが出来る町であった。毎晩行われる音楽と踊りに誘惑され、人はソドムの栄華の虜となる。ソドムの邪悪さが人間の心を蝕み、人間を誘惑して退廃させた。ソドムは、穢れた魂と悪霊がたけり狂う町であった。罪と殺人、血なまぐさい死臭で溢れていた。ソドムは、人々が恐怖で凍り付き、恐れて逃げ出す町であった。ソドムでは、老若男女をとわず、誰ひとりとして真理の道を求める者、光を求め、罪から立ち去ろうとする者は居なかった。ソドムの人々はサタンの支配と腐敗と偽りの下で生活していた。ソドムの人々は人間性を失い、思慮分別を失い、人間という存在の元来の目的を見失っていた。ソドムの人々は神への謀反という罪を数え切れない程犯し、神の導きを拒み、神の心に反発した。ソドムの町、ソドムの人々と生き物すべてを、徐々に破壊へと追いやったのは、ソドムの人々の邪悪な行動であった。

この2つの聖句には、神の使い2人がソドムに到着した時の、2人の使いに対するソドムの人々の行動が記録されており、ソドムの人々の腐敗の程度に関する詳細は記録されていないものの、単純な事実により、ソドムの人々の腐敗、邪悪さの程度や、ソドムの人々がどの程度神を反抗していたかが明示されている。また、そうした単純な事実により、ソドムの町の人々の素顔と真の実態も披瀝される。ソドムの人々は、神の警告を受け容れなかったのみならず、神の懲罰をも恐れなかった。それどころか、ソドムの人々は神を侮蔑していた。ソドムの人々は、盲目的に神を反抗していた。神が何をどのようにしたとしても、ソドムの人々の邪悪な性質は強くなるばかりであって、神への敵対を繰り返した。ソドムの人々は神の存在、神の来訪、神の罰、そしてとりわけ神の警告に対して敵意を抱いていた。ソドムの人々は、自分自身以外の何ものにも価値を見出さなかった。ソドムの人々は自分達が傷つけ、食い物にできる人々すべてを傷つけ、食い物としており、神の使いに対しても、その例に漏れることは無かった。ソドムの人々の邪悪な所行全てを考慮すると、神の使いを傷つけたことは氷山の一角に過ぎず、それにより明示されている人々の邪悪さは、大いなる海のひとしずくに過ぎない。したがって、神はソドムの人々を火で破壊することに決定した。神は洪水や嵐、地震、津波など、火以外の方法は用いなかった。神がソドムの破壊に火を用いたことは、何を意味するであろうか。それは、ソドムの町の完全なる破壊を意味する。それは、ソドムの町という存在が地球上から完全に消滅した事を意味する。ここで言う「破壊」とは、町の形態や構造や外観が消滅しただけでなく、町の中にいた人々の魂も消え去り、根絶されたということを意味する。簡単に言えば、ソドムに関係する全ての人々、出来事、物体が破壊されたということである。ソドムの人々に来世や再生は無く、神はソドムの人々を、神の創造物である人類から永久に根絶させた。「火の使用」は、罪の阻止を示し、罪の終わりを意味する。その罪は消滅し、広まることが無くなる。それは、サタンの邪悪の温床が無くなり、サタンの邪悪の留まる場所として与えられた、墓さえも奪われたことを意味した。神とサタンの戦いにおいて、神が火を用いられるということは、神の勝利の証をサタンに焼き付ける烙印のようなものである。ソドムの破壊は、人間を腐敗させ、虜にすることで神に対抗するサタンの野望における大いなる失策であり、またそれと同様に、人間が発達する過程において、神の導きを拒み、悪に身を委ねた場合の屈辱を示すものである。さらにソドムの破壊は、神の義なる性質を真に明示するものとなる記録でもある。

神が天から降らせた火がソドムを灰にした事は、「ソドム」という名の町と、そこにあった全て物事の存在が消滅したことを意味する。ソドムは神の怒りにより、すなわち神の怒りと威厳により破壊された。神の義なる性質のため、ソドムは然るべくして神の罰を受けた。すなわち、ソドムは神の義なる性質により、然るべきして終焉を迎えた。ソドムの存在が消滅したのは、ソドムの邪悪が原因であり、またそれは、ソドムの町やそこに住むあらゆる人々、そこに生きるあらゆる物を二度と見たくないという神の望みでもあった。「ソドムの町を二度と見たくない」という神の望みは、神の怒りであり、神の威厳でもある。神がソドムを焼き尽くしたのは、ソドムの邪悪と罪が、神を怒らせ、いらだたせ、激しく嫌悪させたためであり、またソドムの町やそこに住むあらゆる人々、そこに生きるあらゆる物を二度と見たくないと望ませたためであった。ソドムが焼け落ち、灰だけが残された後、ソドムは真に神の目に存在しないものとなり、神のソドムに関する記憶すら消え去った。このことは、天の火が、ソドムの町全体と町の邪悪に満ちた人々や罪に染められた全ての物事が破壊されただけでは無く、天の火は、人間の邪悪と、神に対する反抗の記憶をも破壊した。これが、神がソドムの町を焼いた目的であった。

この時、人間は腐敗を極めたのであった。人間は、神の存在、人間の出自を知らなかった。もし誰かが神のことを口にしようものなら、ソドムの人々は攻撃し、中傷し、冒涜したであろう。神の警告を伝えるために神の使いが来た時ですら、腐敗したソドムの人々は悔い改めの姿勢を見せなかったのみならず、自分達の邪悪な行いを止めようともしなかった。それどころか、ソドムの人々は、恐れ多くも神の使いを痛めつけようとした。ソドムの人々が明確に示したのは、神に対する極端な敵意のある本性であり、本質であった。腐敗したソドムの人々の神に対する反抗は、ソドムの人々の腐敗した性質の明示や、真相の理解の欠如に起因する誹謗中傷であるだけでは無かった。ソドムの人々の邪悪な行いは愚かさや無知に起因するものでは無く、またソドムの人々が裏切られたからでも無く、勿論、誤った方向へと導かれたからでも無かった。ソドムの人々の行いは、目に余るほど激しい神への敵意、反抗、そして騒動のレベルに達していた。当然ながら、人間のこうした行いは神の怒りを買い、また犯してはならない神の性質を激怒させることになる。したがって、神は直接的かつ隠すこと無く、神の怒りと威厳を示した。それは、神の義なる性質の、真の明示である。罪に満ちた町を見た神は、最も迅速な方法でその町を滅ぼすことを望んだ。つまり、神はソドムの町の人々とその罪を、最も完全な方法で根絶し、町の人々を抹殺し、地上の罪が増加するのを防ごうとした。その最も迅速で完全な方法とは、ソドムの町を火で焼きつくすことであった。ソドムの人々に対する神の姿勢は、見捨てることでも無視することでもなく、怒りと威厳、そして権威を用いてソドムの人々を罰し、打ちのめし、絶滅させるというものであった。ソドムの人々に対する神の姿勢は、身体的な破壊だけで無く、霊的なもの、永久の根絶的な破壊であった。これが、ソドムの人々が「消滅」することに対する神の望みに関する、真の含意であった。

神の怒りは、人間にとって隠された未知のものだが、神の性質に反することを決して容赦しない

愚かで無知な人間全てに対する神の処分は、主として憐れみと寛容さに基づいている。その一方、神の怒りは、ほぼ全ての場合、時間や物に隠れていて、人間に知られることは無い。その結果、神が怒りを示していることや、神の怒りそのものを人間が理解することは困難である。したがって、人間は神の怒りを軽視する。人間に忍耐し人間を赦す神の最終的な業と段階に人間が直面する時、すなわち、神の最後の憐れみと警告が人間に到達した時、人間が従前と同じ方法で神に反抗し、かつ悔い改めて自分自身のあり方を正し、神の憐れみを受け容れる取り組みを何も行わなかった場合、神がそれ以上の寛容と忍耐をもって対応することは無い。逆に、神が赦しを撤回するのは、まさにこの時である。その後に神が与えるのは、怒りのみである。神は、罰により人間を滅ぼす時と同様に、様々な方法で怒りを表現する。

ソドムの町を滅ぼす時に神が用いた火は、神が人間や物を滅ぼす最も迅速な方法である。ソドムの人々を焼き尽くしたことは、人々の身体だけでなく、人々の霊魂全体を滅ぼすものであり、それにより、物質的世界と人間が見ることの出来ない世界の両方において、町の中に居た人々の存在の消滅が確実なものとされた。それは、神が怒りを明示し、表現する方法のひとつである。こうした態様の明示や表現は、神の怒りの本質の一面であり、したがって、当然ながら神の義なる性質の本質の明示でもある。神が怒りを伝える時、神は憐れみと慈愛の明示を一切停止し、寛容と忍耐を明示することは無くなる。忍耐を継続し、今一度憐れみと寛容を与えるよう神を説得できる人間、物、理由は一切存在しない。そうした神の持っているものに代えて、神は一瞬の迷いもなく、神の怒りと威厳を伝え、神の望むところに従って、神が望む業を迅速かつ円滑に行う。人間が反してはならない神の怒りと威厳は、こうして伝えられ、それは神の義なる性質のある側面を表すものでもある。神が人間に対する懸念と愛の証を得るとき、人間は神の怒りを感じることも、神の威厳を理解することも、反抗に対する神の不寛容さを感じることも出来ない。それが原因で、常に人間は、神の義なる性質が単に憐れみと寛容さと愛のみであると考えるようになった。しかし、神が町を滅ぼしたり、人間を憎悪したりということを知ると、人間は神が人間を滅ぼす時の怒りと威厳により、神の義なる性質の別の側面を見ることができる。これが、反抗に対する神の不寛容さである。反抗を一切甘受することの無い神の性質は、あらゆる神の創造物の想像を超え、それ以外の物にも、その性質を阻んだり干渉したり出来る物は存在せず、そうした性質を模倣したり、偽ったりすることが出来ないのは尚更である。したがって、神の性質の様々な側面のなかでも、この側面は、人間が最も詳しく知るべきものである。この種の性質は、神自身だけに存在し、他の誰にも存在しない。神がこの種の義なる性質を持っている理由は、人間を腐敗させ、食い物にする邪悪さ、腹黒さ、反逆、サタンの悪意に満ちた行動を、神が嫌悪しているからであり、また神に反逆する全ての罪の行いを神が嫌悪しているからである。さらに神の聖なる清い本質もその理由となっている。それゆえ、創造物やそれ以外の物が、神に対して率直に反対ないし対抗することを、神は甘受しないのである。たとえ、神が嘗て憐れみを示した者や神の選民となった者であったとしても、神の性質を挑発し、神の忍耐と寛容の原則を超えただけで、神は自身の義なる性質、すなわち、いかなる反抗をも甘受しない性質を、全く容赦なく、また躊躇なく示す。

神の怒りは、あらゆる正義の力と肯定的な物事を守る

これらの神の言葉と考え、業を理解することで、あなたは、何者も背くことの出来ない、神の義なる性質を理解できるであろうか。人間がどの程度理解できるかを問わず、結局のところ、これは、神のみが持つ性質の一側面である。反抗に対する神の寛容さの不在は神のみが持つ本質であり、神の怒りは神特有の性質であり、神の威厳は神のみの独占的本質である。神の怒りの根底となる原則は、神のみが持つ身分と地位を証明するものである。この原則が唯一の神自身を象徴するものであることは、言うまでも無い。神の性質は、神自身の固有の本質である。神の性質は時間の経過とともに変化することも、場所によって変化することもない。神の固有の性質は、神のみにある本質である。神が誰に対して業を行うかを問わず、神の本質も、神の義なる性質も、不変である。ある者が神を怒らせた場合、神が伝える怒りは、神固有の性質である。この時、神の怒りの基底にある原則や、神固有の身分や地位は不変である。神は、神の本質が変化したり、神の性質に異なる要素が生まれたりしたことを理由として、怒ることは無く、神が怒るのは、人間の神に対する反抗が、神の性質に反するからである。人間の神に対する目に余る挑発は、神固有の身分と地位に対する深刻な挑戦である。神から見ると、人間が神に挑戦するということは、人間が神と争っており、神の怒りを試していることを意味する。人間が神に反抗し、神と争い、神の怒りを継続的に試す時は、罪がはびこる時でもあり、その時、神の怒りは自然と出現する。したがって、神が怒りを示していることは、あらゆる邪悪な力が滅びること、あらゆる敵対勢力が破壊されるということを象徴するものである。これが神の義なる性質と、神の怒りの独自性である。神の威厳と聖さが試された時、正義の力が阻害され、人間に理解されなかった場合、神は、怒りを伝える。神の本質に基づけば、神と争い、神に敵対し、敵対する地上の様々な力は、すべて邪悪であり、腐敗した不当なものであり、すべてサタンに由来し、サタンに属する。神は正義であり、光であり、完璧に聖であるので、邪悪で腐敗した、サタンに属する物事は、神の怒りが発せられると消滅する。

神の怒りの噴出は神の義なる性質を示す側面のひとつに過ぎないものの、神の怒りが、その対象について無差別なことや、原則が無いということは決して無い。それとは反対に、神は怒りやすくなく、神が軽率に怒りや威厳を示すことは無い。更に、神の怒りはかなり制御され、計測されているので、神の怒りと、人間が怒りを爆発させたり、発散させたりするのとは比較することは出来ない。聖書には、人間と神との対話が多く記録されている。聖書に登場する人間の一部は、発言が浅薄で、無知で、稚拙であるが、神はそうした人間を打ち倒すことも、非難することも無い。特に、ヨブの試練の間、ヤーウェ神はヨブの3人の友やその他の者たちの発言を聞いて、その者たちをどのように扱ったであろうか。神はその者たちを非難したであろうか。神はその者たちに対して、激怒したであろうか。神は、そのようなことを一切しなかった。その代わり、神はヨブに対し、その者たちのために祈るよう命じ、神はその者たちの誤りを気に留めることは無かった。これらの例では、神が腐敗した無知な人間を扱う主な姿勢が示されている。したがって、神の怒りの発出は、神の気分を示したり晴らしたりするものでは決して無い。神の怒りは、人間が考えるような感情の爆発では無い。神は、自分の気分を制しきれなかったり、怒りが我慢の限界を超えたりすることが原因となって、怒りを発出させることが無い。逆に、神の怒りは、神の義なる性質を示し、その性質を純粋に表出し、神の聖なる本質の象徴を表出するものである。神は怒りで、反抗を容赦しない。これは、神の怒りが動機を区別しないということでも、無主義であるということでも無い。動機を区別せずに無主義で手当たり次第に怒りを爆発させるのは、腐敗した人間固有の特色である。人間が地位を得ると、気分を制御するのが困難になり、事あるごとに不満を爆発させ、感情を露わにする。人間は、自分の力を示し、自分の地位や身分が普通の人々とは違うことを他人に知らしめるため、明確な理由なく激怒することさえ多々ある。無論、地位の無い腐敗した人間も、頻繁に取り乱す。そのような人間の怒りは、その人間の個人的利益に対する危害によって発生させられる場合が往々にしてある。自分の地位と威厳を守るため、腐敗した人間は感情を発散させ、傲慢な本質を露わにすることが往々にしてある。人間は、罪の存在を防御するために突然激怒して感情を露わにし、そうした行動によって、その者は自分の不満を表す。こうした行動は汚れや謀略に満ちている。人間の腐敗と邪悪、そして何よりも人間の向こう見ずな野心と欲望に満ちている。正義が邪悪に挑む場合、人間は正義を守るために怒りを爆発させることは無い。それとは逆に、正義の力が危機にあるとき、迫害されたとき、攻撃されたとき、人間の態度は、無視、回避、畏縮といった類いのものである。しかし、邪悪の力に対峙した時、人間の態度は、迎合する、ぺこぺこ頭を下げるといった類いのものである。したがって、人間の怒りの爆発は、邪悪な力にとって逃げ道であり、肉欲に満ちた人間の、猛烈で抑制できない邪悪な行動の表出である。しかしながら、神が怒りを示す時は、邪悪な力は全て阻止され、人間を傷つける全ての罪が阻止され、神の業を阻害する敵意のある力が明らかにされ、取り上げられて呪われ、神に反逆するサタンの僕は罰せられて根絶される。その者たちがいなくなった後、神の業は何ものにも阻害されることなく進められ、神の経営(救いの)計画は、予定通り一歩ずつ着実に実行され、神の選民はサタンの妨害や策略の対象となることなく、神に付き従う者は、静寂と平和の中で神の導きと施しを楽しむ。神の怒りは、あらゆる邪悪の力の増大と横行を阻止する防衛手段であり、また正義で肯定的な物事全ての存在を守り、広め、それを抑圧や破壊から永久に保護する防衛手段である。

神のソドム殲滅から、神の怒りの本質を理解できるであろうか。神の怒りの中に、何か含まれているものはあるだろうか。神の怒りは、純粋であろうか。人間の言葉で言うと、神の怒りには混じり物はないだろうか。神の怒りの根底に、何か策略はあるだろうか。何か陰謀はあるだろうか。何か口に出来ない秘密はあるだろうか。わたしは断固として、厳粛にこう言える。「神の怒りには、誰も疑う余地がない」神の怒りは、純粋で混じり物のない怒りであり、その他の意図や目的は無い。神の怒りの理由は純粋であり、一点の非も無く、非難する余地が無い。神の怒りは、いかなる創造物にも存在しない、神の聖なる本質の自然な明示である。これは神固有の義なる性質であり、創造主の本質と、創造物の本質との顕著な相違点である。

人間が他人の前で怒るか、あるいは陰で怒るかを問わず、人間には皆様々な意図と目的がある。このような人間達は、自分自身の信望を構築している場合や、自らの利益を守ろうとしている場合、自分の外聞や面目を保とうとしている場合などがあるであろう。自分の怒りをある程度抑えるよう努める者も居れば、全く抑えようとする様子が無く、好きなときに心ゆくまで怒りを露わにする者も居る。つまり、人間の怒りは、自分自身の腐敗した性質から生まれている。その目的が何であれ、怒りは人間の肉欲や本性に関連するものであって、正義や不正義とは無関係である。なぜなら、人間の本性や本質には、真理に相当するものが皆無だからである。したがって、腐敗した人間の感情と、神の怒りとは、同じ次元で議論してはならない。サタンにより腐敗させられた人間の行動は、例外なく腐敗を保護する願望から始まり、腐敗を基礎としている。したがって、人間の怒りと神の怒りは、理論上どれほどの妥当性があるように思われようと、同じ次元で議論すべきではない。神が怒りを示す時、邪悪な力が阻止され、邪悪な物事が破壊される一方、正義であり、肯定的な物事は、神の慈しみと保護を与えられ、存続が可能となる。神が怒りを伝えるのは、不正義で邪悪な物事が、正義で肯定的な物事の通常の活動と発達を妨害し、破壊するからである。神の怒りの目的は、神自身の地位や身分を守るためではなく、正義であり、肯定的であり、善良で美しい物事、そして人間の普通の存在における律法と秩序を守るためである。これが神の怒りの根底にある原因である。神の怒りは極めて適切であり、自然であり、神の性情の真の明示である。神の怒りの根底には、意図や虚偽、策略が無く、また腐敗した人間に共通する、欲望も狡猾さも悪意も暴力も邪悪も全く存在しない。神が怒りを伝える前に、神は既にあらゆる物事の本質を極めて明瞭かつ完全に把握しており、また正確かつ明瞭な定義と結論を導き出している。故に、神のあらゆる業の目的は、神の姿勢と同様、極めて明確である。神の心に混乱は無く、神は盲目でもなく、衝動的でもなく、軽率でも無く、そしてなによりも無原則ではない。これが神の怒りの実践的側面であり、この側面のため、人間は普通の存在を続けることができるのである。神の怒りが無ければ、人間は異常な生活条件へと陥るであろう。正義であり、美しく善良な物事が破壊され、消滅するであろう。神の怒りなくしては、創造を司る律法と秩序が破壊され、完全に転覆さえするであろう。人間が造られて以来、神は義の性質により人間の正常な生活を継続的に守っている。神の義なる性質に怒りと威厳が含まれているため、邪悪な人間や物事、人間の普通の生活を阻害し損なうあらゆる物事が、神の怒りによる罰を受け、制限され、破壊される。過去数千年にわたり、神は義なる性質により、神に反抗し、サタンの僕や手先となったあらゆる不浄な悪霊を、人間を経営する業の中で継続的に倒し、破壊して来た。したがって、人間に対する神の救いの働きは、常に神の計画に従って進行してきた。つまり、神の怒りの存在のおかげで、人間の中で最も義なる運動は、かつて破壊されたことが無い。

ここまでの話で、神の怒りの本質について認識を得たので、サタンの邪悪を見分ける方法について、一層深く理解したはずである。

サタンは人道的で正しく、道徳があるように思われるが、その本質は残忍かつ邪悪である。

サタンは、一般大衆を騙すことにより、名声を得る。通常、サタンは義の先導者的かつ模範的存在として、自分自身の立場を確立する。義を守るという旗印のもと、サタンは人間を傷つけ、その魂を食い物とし、また人間を麻痺させ、騙し、扇動するためにあらゆる手段を講じる。サタンの目標は、自分の邪悪な行いを人間に認めさせ、それに人間を従わせること、サタンと共に神の権威と支配に反対させることである。しかし、その陰謀や策略、下劣な特徴についてわきまえるようになり、サタンの踏み台にされ、騙され、奴隷として仕えること、あるいはサタンと共に罰を受けて滅ぼされることを望まなくなると、サタンは従前の聖なる特徴を一変させ、仮面を破り捨て、真の邪悪で残忍で醜い獣のような素顔を現す。サタンは、自分に従うことを拒んだ者と、サタンの邪悪な力に反対した者全てを皆殺しにすることを、何よりも好む。この段階で、サタンは信頼のおける紳士的姿を装うことは出来なくなり、被っている羊の皮の下の醜い悪魔のような特徴を持つ正体を現す。サタンの陰謀が明るみに出た時、その真の特徴が現れた時、サタンは激怒してその野蛮さを現し、人間を傷つけ、食い物にするサタンの欲望が強くなって行く。これは、サタンが人間が目覚めることに対して激怒するからである。サタンは、捕らわれの身から解き放たれて自由と光を得ようとする人間に、強い復讐の念を抱いている。サタンの怒りは、サタンの邪悪さを保護するためのものであり、またその獣のような性質を真に披瀝するものである。

サタンの行動は、万事においてサタンの邪悪な性質を示す。サタンが人間を惑わせて自分に従わせようとする初期の取り組みから、サタンが自分の邪悪な行いに人間を引きずり込む、サタンによる人間の搾取や、サタンの真の姿が現れ、人間がそれを認めて見捨てた後のサタンの執念深さまで、サタンが人間に対して行うあらゆる邪悪な行いのうち、サタンの邪悪な本質が披瀝されないものは無く、サタンは肯定的な物事と全く関係が無いという事実を証明しないものは無く、サタンはあらゆる邪悪な物事の根源であることを証明しないものは無い。サタンの行動は、すべてサタンの邪悪さを守り、サタンの邪悪な行いを継続し、正しく肯定的な物事に反抗し、人間の通常の生活の律法や秩序を破綻させる。サタンの行いは、神への敵意であり、神の怒りが滅ぼすものである。サタンには自分自身の怒りがあるが、その怒りはサタンの邪悪な性質を発散させる手段である。サタンが憤慨し、激怒する理由は、サタンの陰謀が明らかになったことや、その策略を成功させるのが困難であること、神の代わりとして君臨するというサタンの向こう見ずな野心と願望が打ち砕かれ、阻止されたこと、人間を支配する目標が何の価値もないものとなり、永遠に達成出来なくなることなどである。サタンの陰謀が結実することや、サタンの邪悪が拡散するのを阻止して来たのは、神が度々召喚してきた、神の怒りであるため、サタンは神の怒りを嫌うと同時に畏れている。神の怒りが適用された時は常に、サタンの下劣な真の姿が披瀝されるだけでなく、サタンの邪悪な願望も明らかにされる。同時に、人類に対するサタンの怒りの理由が白日の下にさらされる。サタンの激昂は、サタンの邪悪な性質とサタンの謀略が、真に明示されたものである。無論、サタンが激怒した時は、毎回邪悪な物事の破壊を予告している。つまり、肯定的な物事に対する保護と維持、そして、反抗することが許されない、神の怒りの本質がその後に続く。

神の義の性質を知る上で、経験や想像に依存してはならない

もし、自分が神の裁きと鍛錬を受けることになったとしたら、あなたは、神の言葉は不純だ、と言うであろうか。あなたは、神の怒りの根底は架空のもので、神の怒りは不純だ、と言うであろうか。あなたは、神の性質は必ずしも完全に義では無い、と言って、神を中傷するであろうか。神の業を解釈する時は、神の義なる性質にその他の要素が混入していないこと、そして神の業が聖であり完璧であることを確信している必要がある。神の業には、神による攻撃、神の罰や、神による人間の破壊などが含まれる。神の業は、それぞれ例外なく神が本来持っている性質と神の計画に厳密に従って行われる。これには、人間の知識や伝統、哲学は含まれない。また、神の業は、それぞれが神の性質と本質を表出するものであり、腐敗した人間のいかなる物事とも無関係である。人間の考えでは、完璧であり、かつ純粋であり、かつ聖なるものは、神の人間に対する愛、憐れみ、そして寛容さだけである。しかしながら、神の怒りが同様に純粋であることを知る者は居ない。さらに、神が決して反抗を甘受しないのは何故か、神の怒りがそこまで甚大なのは何故か、といった疑問について考える者は居ない。それとは逆に、神の怒りを腐敗した人間の態度として誤解し、神の怒りを、腐敗した人間の怒りであると思い込み、さらには神の怒りは腐敗した人間の性質の自然な表出と同じであると仮定したりする者が居る。こうした者は、神の怒りが発生するのは、不満により発生する腐敗した人間の怒りと同様であり、神の怒りが発生するのは神の気分の表出であると考えていることさえある。このフェローシップの後は、あなたがたそれぞれが、神の義なる性質について誤解や想像や仮定をしないこと、わたしの話を聴いた後、心の中で、神の怒りの真実を認識できること、神の怒りについて、従前の誤った考えを捨てること、神の怒りの本質に関する自分自身の誤った考えや見方を変えることが可能であることを願う。さらに、あなたがたが神の性質の正確な定義を心で理解すること、神の義なる性質について疑念を抱かないこと、神の真の性質に関して人間による理由付けや想像を適用しないことを願う。神の義の性質は、神自身の本質である。神の義の性質は、人間が造ったものでも、書き綴ったものでもない。神の義の性質は、神の義の性質であり、創造物とは何の関係も無い。神自身は、神自身である。神が創造物となることは決してあらず、神が創造物の中でその一員となった時であっても、神が本来持っている性質と本質は不変である。したがって、神を知ることは、ある物体について知ることではない。神を知ることは何かを分解することでも、人間を理解することでも無い。神を理解する上で、物体や人間を理解する方法を用いた場合、神に関する認識を得ることは不可能である。神を知ることは、経験や想像に依存することではなく、したがって神に関して自分が経験したことや想像したことを適用してはならない。どれほどの経験や想像力があったとしても、それには限界がある。さらに、自分の想像は事実に対応するものではなく、ましてや真理に対応するものでは無く、神の真の性質と本質とは相容れないものである。神の本質を理解する上で、想像に依存した場合、成功することは有り得ない。したがって、唯一の方法は、神から出た物すべてを受け容れ、徐々に経験し、理解に達する方法である。あなたが協力し、真理に対する飢えや渇きがあれば、何時の日か、神を真に理解し、知るよう、神が導き示すであろう。以上をもって、本件に関する議論の結論とする。

(2) 人間は誠心誠意の悔い改めにより神の憐れみと寛容を獲得する

以下に、「神によるニネベの救い」の聖句を上げる。

(ヨナ書1:1-2)主の言葉がアミッタイの子ヨナに臨んで言った、「立って、あの大きな町ニネベに行き、これに向かって呼ばわれ。彼らの悪がわたしの前に上ってきたからである」。

(ヨナ書3章)時に主の言葉は再びヨナに臨んで言った、「立って、あの大きな町ニネベに行き、あなたに命じる言葉をこれに伝えよ」。そこでヨナは主の言葉に従い、立って、ニネベに行った。ニネベは非常に大きな町であって、これを行きめぐるには、三日を要するほどであった。ヨナはその町にはいり、初め一日路を行きめぐって呼ばわり、「四十日を経たらニネベは滅びる」と言った。そこでニネベの人々は神を信じ、断食をふれ、大きい者から小さい者まで荒布を着た。このうわさがニネベの王に達すると、彼はその王座から立ち上がり、朝服を脱ぎ、荒布をまとい、灰の中に座した。また王とその大臣の布告をもって、ニネベ中にふれさせて言った、「人も獣も牛も羊もみな、何をも味わってはならない。物を食い、水を飲んではならない。人も獣も荒布をまとい、ひたすら神に呼ばわり、おのおのその悪い道およびその手にある強暴を離れよ。あるいは神はみ心をかえ、その激しい怒りをやめて、われわれを滅ぼされないかもしれない。だれがそれを知るだろう」。神は彼らのなすところ、その悪い道を離れたのを見られ、彼らの上に下そうと言われた災を思いかえして、これをおやめになった。

(ヨナ書4章)ところがヨナはこれを非常に不快として、激しく怒り、主に祈って言った、「主よ、わたしがなお国におりました時、この事を申したではありませんか。それでこそわたしは、急いでタルシシにのがれようとしたのです。なぜなら、わたしはあなたが恵み深い神、あわれみあり、怒ることおそく、いつくしみ豊かで、災を思いかえされることを、知っていたからです。それで主よ、どうぞ今わたしの命をとってください。わたしにとっては、生きるよりも死ぬ方がましだからです」。主は言われた、「あなたの怒るのは、よいことであろうか」。そこでヨナは町から出て、町の東の方に座し、そこに自分のために一つの小屋を造り、町のなりゆきを見きわめようと、その下の日陰にすわっていた。時に主なる神は、ヨナを暑さの苦痛から救うために、とうごまを備えて、それを育て、ヨナの頭の上に日陰を設けた。ヨナはこのとうごまを非常に喜んだ。ところが神は翌日の夜明けに虫を備えて、そのとうごまをかませられたので、それは枯れた。やがて太陽が出たとき、神が暑い東風を備え、また太陽がヨナの頭を照したので、ヨナは弱りはて、死ぬことを願って言った、「生きるよりも死ぬ方がわたしにはましだ」。しかし神はヨナに言われた、「とうごまのためにあなたの怒るのはよくない」。ヨナは言った、「わたしは怒りのあまり狂い死にそうです」。主は言われた、「あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか」。

ニネベの聖句の概要

「神によるのニネベの救い」の聖句は長いものではないが、この聖句から神の義なる性質の別の側面を垣間見ることができる。その側面とは具体的に何を指すかを理解するためには、聖句で神の業を確認する必要がある。

それでは、この聖句の冒頭部分を検討する。(ヨナ書1:1-2)「主の言葉がアミッタイの子ヨナに臨んで言った、『立って、あの大きな町ニネベに行き、これに向かって呼ばわれ。彼らの悪がわたしの前に上ってきたからである』。」この部分では、ヤーウェ神がニネベの都へ向かうようヨナに命じたことが分かる。神がヨナにニネベへ向かうよう命じたのはなぜだろうか。それは聖書に明記されている。ニネベの町の人々の悪がヤーウェ神の目に留まり、ヤーウェはヨナを遣わし、神が行おうとしている業について人々に知らせようとした。ヨナが何者かについては記述が無いが、無論それは神を知ることとは無関係である。したがって、ヨナについて知る必要は無い。必要なのは、神がヨナに命じた内容と、命じた理由を理解することである。

ニネベに届いたヤーウェ神の警告

この聖句の次の部分、ヨナ書第3章に進む。「ヨナはその町にはいり、初め一日路を行きめぐって呼ばわり、『四十日を経たらニネベは滅びる』と言った。」この言葉は、神がニネベの人々に伝えるために直接ヨナに託した言葉である。またこの言葉は、当然ながら、ヤーウェがニネベの人々に伝えることを望んでいたものであった。この言葉からは、ニネベの人々の悪が神の目に触れたため、神がニネベの人々に嫌悪感を抱き、ニネベを滅ぼすことを望んでいたことが分かる。しかし、神がニネベを滅ぼす前に、神はニネベの人々にその旨を通知すると同時に、ニネベの人々に、悪を悔い改め、再出発する機会を与えた。この機会は40日間であった。つまり、ニネベの人々が悔い改めて罪を認め、40日以内にヤーウェの前にひれ伏さなかった場合、神はニネベの町を、ソドムと同様に滅ぼそうとしていた。これがヤーウェがニネベの人々に伝えることを望んだ内容であった。これは単なる宣告ではなかったことは明白である。この宣告はヤーウェ神の怒りを伝えるのみならず、ニネベの人々に対するヤーウェ神の姿勢を伝えるものでもあり、同時にこの簡単な宣告は、ニネベの町で生活する人々への厳粛な警告としての作用もあった。この警告では、ニネベの町の人々の悪がヤーウェ神の嫌悪を買うに至ったこと、人々の悪業により、人々は程なくして滅びの危機に見舞われること、したがって、ニネベの人々は喫緊の大惨事が待ち受けていることが伝えられた。

ヤーウェの警告に対するニネベとソドムの反応の明らかな相違点

滅びる、とは何を意味するであろうか。言葉通りに解釈すれば、消滅するということである。しかし、どのようにして消滅するであろうか。一体誰が町全体を滅びさせることができようか。当然、そのようなことは人間には不可能である。ニネベの人々は愚かではなかったので、この宣告を聞いてすぐに、その旨を理解した。ニネベの人々は、その宣告が神から伝えられたものであること、神が業を行うつもりであること、自分達の邪悪さがヤーウェ神の怒りに触れ、その怒りが自分達に対するもので、程なくしてニネベの町も自分達も滅ぼされるであろうことを理解した。ヤーウェ神の警告に対し、ニネベの人々はどのように行動したであろうか。聖書では、王から一般人まで、ニネベの人々の反応が詳細に記載されている。聖句には、「そこでニネベの人々は神を信じ、断食をふれ、大きい者から小さい者まで荒布を着た。このうわさがニネベの王に達すると、彼はその王座から立ち上がり、朝服を脱ぎ、荒布をまとい、灰の中に座した。また王とその大臣の布告をもって、ニネベ中にふれさせて言った、『人も獣も牛も羊もみな、何をも味わってはならない。物を食い、水を飲んではならない。人も獣も荒布をまとい、ひたすら神に呼ばわり、おのおのその悪い道およびその手にある強暴を離れよ。…』とある。

ヤーウェ神の宣告を聞いた後、ニネベの人々はソドムの人々が見せた態度とは正反対の態度を取った。ソドムの人々は、何の躊躇もなく、神に反抗し、邪悪を重ねたが、ニネベの人々は、この宣告を聞いた後、それを無視することも、それに反抗することも無く、神を信じ、断食を命じた。ここで「信じ」、とは何を意味するであろうか。言葉自体は、信仰と服従を意味する。ニネベの人々が実際に取った行動で説明すれば、ニネベの人々は、神は言葉通りの業を行うことが可能であり、またその通り実行することを信じ、悔い改めることを望んだ、という意味である。ニネベの人々は喫緊の災いに瀕して恐れを感じていたであろうか。ニネベの人々が恐れたのは、信仰のためである。ニネベの人々の信仰と恐れは、何によって証明することが出来るであろうか。それは聖句にある通りである。すなわち、「断食をふれ、大きい者から小さい者まで荒布を着た。」つまり、ニネベの人々には真の信仰があり、その信仰から恐れが生まれ、その結果として、断食と粗布の着用が行われた。ニネベの人々は、こうして悔い改めの開始を示した。ソドムの人々とは全く対照的に、ニネベの人々は神に反抗しなかっただけでなく、自分達の行動により悔い改めを明示した。無論、これはニネベの一般人だけでなく、王も例外ではなかった。

ニネベの王の悔い改めがヤーウェ神のニネベに対する称賛を獲得した

このうわさを聞いたニネベの王は、王座から立ち上がって王衣から荒布に着替え、灰の中に座った。そして王は、町の人々全員に対し、全員何一つ口にしてはならない、そして家畜、羊、牛も飲食してはならない、と宣言した。人間も家畜も同様に粗布を身にまとっていた。人々は熱心に神に懇願した。また王は、各人が悪の道を離れ、その手から不法を捨てよ、と宣言した。こうした行動から判断すれば、ニネベの王は心から悔い改めを示していた。王座から立ち上がり、礼服から粗布に着替え、灰の中に座るという、王が取った一連の行動は、人々に対してニネベの王が王という身分を投げだし、一般人と同様に粗布をまとっていたことを伝えた。これは、ヤーウェ神の宣告を聞いたニネベの王が王位を継続し、その手で邪悪や不法を続けることは無く、むしろ王の権威を捨て、ヤーウェ神の前で悔い改めた、ということを示すものである。この時、ニネベの王は、王として悔い改めていたのではなく、普通の一信者として神の前で罪を告白し、悔い改めた。その上、王は、王に倣って、ヤーウェ神の前で自分の罪を告白して悔い改めることを町全体に命じた。その上、聖句にあるとおり、どのように悔い改めるかについて、王には具体的な計画があった。すなわち「人も獣も牛も羊もみな、何をも味わってはならない。物を食い、水を飲んではならない。…ひたすら神に呼ばわり、おのおのその悪い道およびその手にある強暴を離れよ。」と命じた。町を支配する存在として、王には最高の地位と権力があり、全てが王の意のままであった。ヤーウェ神の宣言を聞いた王は、それを無視したり、自分だけが悔い改めて罪の告白をしたりすることもできたはずである。王は、町の人々が悔い改めるか如何について、完全に気に留めずにいることも出来たはずである。しかし、ニネベの王は、そのような行動を一切とらなかった。王は、王座から立ち上がり、粗布を身にまとって灰の中に座ってヤーウェ神の前で罪を告白し、悔い改めた上、町の人々全員、家畜のすべてに対し、王と同様に行動するよう命じた。王は人々に対し「ひたすら神に呼ばわり」とさえ命じている。これら一連の行動により、ニネベの王は、支配者が真に達成すべき目標を達成した。王が取った一連の行動は、人類史上のなかで、どの王にとっても為し難いことであり、それまでのいずれの王も為し得なかった行動であった。これらの行動は、人類史上で前例の無いことであったと言えるであろう。こうした行動は、称賛し、人類が倣う価値のある行動であった。人類の黎明以来、王は皆、臣民に対して、神を反抗し、反対するように統治を行っていた。それまで、それぞれの悪に対して神に贖いを求めるよう臣民を祈らせ、ヤーウェ神の赦しを得て、喫緊の罰を免れた者は、誰も居なかった。しかしニネベの王は、臣民に対して、神に立ち返り、各人が悪の道を離れ、その手から不法を捨てるよう指導した。加えて、ニネベの王は自らの王位を捨て、それに対してヤーウェ神は思い直して宣告した災いをくだすのを取りやめ、ニネベの町の人々は滅びを免れ、生き残ることができた。ニネベの王の行動は、人類史上希にみる奇跡であると言うほか無い。これらの行動は、腐敗した人類が神の前で罪の告白と悔い改めを行う際の模範とも呼べるであろう。

神は、ニネベの人々の心の底からの真摯な悔い改めを確認した

神の宣告を聞いた後、ニネベの王と臣民たちは、一連の行動を取った。ニネベの人々の態度と行動の本質は何であろうか。すなわち、ニネベの人々の行動全体における真髄は何であろうか。ニネベの人々がそのような行動を取った理由は何であろうか。神の目には、ニネベの人々は、真摯に悔い改めたように映った。それはニネベの人々が神に心から誓願し罪を告白したからのみならず、ニネベの人々が悪の行いも捨てたからである。ニネベの人々がこのような行動を取ったのは、神の言葉を聞いたのち、ニネベの人々は大いに恐れ、神が言葉通りの業を行うものと信じていたからである。ニネベの人々は、自分達のあり方を改めて悪から離れ、ヤーウェ神に対して怒りを静めるよう祈りを捧げて裁きと差し迫った災いの取消を求める自分達の希望を、断食して粗布をまとい、灰の中に座ることで示すのを望んだ。ニネベの人々のすべての行動を検討すると、ニネベの人々は、従前の邪悪な行動がヤーウェ神により嫌悪されるものであること、またヤーウェが自分達を間もなく滅ぼす理由を既に知っていたことが分かる。そのため、ニネベの人々全員が完全に悔い改め、悪の道を離れ、その手から不法を捨てることを望んだ。換言すると、ニネベの人々がヤーウェ神の宣言を確認した後、ニネベの人々それぞれが心に恐怖を覚え、悪の道を離れて、ヤーウェ神が嫌悪する行動を続けることを止めた。さらに、ニネベの人々は従前の罪に対する赦しと、従前の行動に基づいて処分しないことを、ヤーウェ神に誓願した。ニネベの人々は悪に二度と戻らず、二度とヤーウェ神の怒りを買わないよう、ヤーウェ神の指示に従って行動する意志があった。ニネベの人々の悔い改めは真摯であり、徹底していた。その悔い改めは、ニネベの人々の心底から出たものであり、偽りでも一時的なものでもなかった。

ヤーウェが自分達に対して怒られていることを、王から臣民までニネベの人々全員が知った後、ニネベの人々のあらゆる行動と態度、そしてあらゆる判断、あらゆる選択は、神の目に明らかなものであった。ニネベの人々の行動に従い、神の心が変わった。神は、この時点でどのように感じていたであろうか。その答えは、聖書に記されている。聖句には、「神は彼らのなすところ、その悪い道を離れたのを見られ、彼らの上に下そうと言われた災を思いかえして、これをおやめになった」とある。神は思い直したものの、神の御心に複雑な部分は一切なかった。単に神は、怒りを伝えていた状態から怒りを静める状態へと変化し、ニネベに災いをくだすのを止めることに決めた。神がニネベに災いをくだすのを止めることに決断したのが迅速であったのは、神がニネベの人々すべての心を確認したからであった。神は、ニネベの人々の心底にあったもの、すなわち自分達の罪の真摯な告白と悔い改め、ニネベの人々の神に対する真摯な信仰、ニネベの人々が、自分達の悪の行いが神の性質の怒りを買った理由に関する深い理解、その怒りの結果となるヤーウェの罰に対する恐れを理解した。それと同時に、ヤーウェは、ニネベの人々が災いを免れることができるよう、ヤーウェに自分達に対する怒りを静めるよう誓願するニネベの人々の心底からの祈りを聞いた。神がこうしたことを認識した時、神の怒りは徐々に静まっていった。神の従前の怒りがどれほど激しいかを問わず、人々の心底からの真摯な悔い改めを神が認めた場合、神の心はその悔い改めを喜び、神は災いをニネベの人々にもたらすことに耐え兼ね、ニネベの人々に対する怒りを静めた。その代わりに、神はニネベの人々に憐れみと寛容さを引き続き与え、引き続き導きと施しを与えた。

神への信仰が真実であれば、頻繁に神の労りを与えられる

ニネベの人々に対する神の心の変化には、躊躇や曖昧さが一切含まれていなかった。むしろ、その変化は純粋な怒りから、純粋な寛容さへの変化であった。これが神の本質の真の明示である。神は、業に関して優柔不断であることや躊躇することが決して無い。神の業の根底にある原理と目的はすべて明白かつ明瞭であり、純粋で完璧であり、その中に策略や陰謀は一切潜んでいない。つまり、神の本質には、闇や邪悪が一切含まれていない。神はニネベの人々の悪の行いが神の目に留まったため、ニネベの人々に対して怒ったが、この時、神の怒りは神の本質に由来するものであった。しかし、神の怒りが消え、ニネベの人々に再び寛容さが与えられた時に神が明示したのも、神自身の本質であった。この変化は、すべて人間の神に対する姿勢の変化に起因するものであった。この変化の間、侵害を許さない神の性質も、神の寛容な本質も、神の愛と憐れみに満ちた本質も変わることが無かった。人々が邪悪な行動を取ったり、神を侵害したりした場合、神はその人々に神の怒りを伝える。人々が真に悔い改めた場合、神の心は変化し、神の怒りは静まる。人々が神に対して頑なに反抗を続けた場合、神の怒りは静まることが無い。神の怒りは徐々にこうした人々を侵し、最終的に人々は滅びを迎える。これが神の性質の本質である。神が示しているのが怒りであれ、憐れみと慈愛であれ、人間の心底にある神に対する行動と姿勢が、神の性質の明示により何が現されるかを左右する。神がある者に対して継続して怒っている場合、その者の心は間違い無く神に反抗している。その者は決して悔い改めず、神の前でひれ伏すこともなく、神に対して真の信仰を持つこともなかったため、その者は決して神の憐れみと寛容さを得ることはできない。ある者が神の労りや憐れみ、寛容さを頻繁に与えられている場合、その者には間違い無く神に対する真の信仰があり、その者の心は神に反抗していない。その者はしばしば神の前で正直に悔い改めるので、しばしば神の鍛錬がその者にくだったとしても、その者に神の怒りがくだることは無い。

こうした簡潔な説明により、人々は神の心、神の本質の現実性を理解し、神の怒りと神の心の変化には理由があるという事実を理解することができるようになる。神が怒っていた時と、神が心を変えた時の際だった対比により、神の怒りと寛容さという神の本質の2つの側面には大きな隔たりや対比があると人々は考えるが、ニネベの人々の悔い改めに対する神の姿勢により、人々は、神の真の性質について、それらとは別の側面を理解することができるようになる。神の御心の変化により、人間は神の憐れみと慈愛の真実を理解し、神の本質の真の明示を理解することができる。人類は、神の憐れみと慈愛が単なる神話でも虚構でも無いということを、認める他は無い。それは、その時点での神の感情、神の心の変化は真実であり、神はまさしく憐れみと寛容さを再び人類に対して与えたからである。

ニネベの人々は、心からの真の悔い改めにより神の憐れみを獲得し、滅びの運命が変えられた

神の心の変化と怒りには、何かしら矛盾点があったであろうか。無論、矛盾は存在しない。それは、特にその時の神の寛容さには、理由があったからである。それは、どのような理由であろうか。その理由は、聖書に記されている。聖書には、「おのおのその悪い道およびその手にある強暴を離れよ」とある。

この「悪い道」は、数件の悪業では無く、人々の背後にある邪悪の原因を指す。「悪い道を離れる」とは、ニネベの人々が二度とそうした行為をしない、ということである。つまり、ニネベの人々は、その後二度と悪の道で行動せず、ニネベの人々の行動の方法、原因、目的、意図、原理が、すべて変わり、ニネベの人々は、自分達の心の楽しみと幸福をもたらすためにそのような方法や原理を二度と使用しない、ということである。「その手にある強暴を離れよ」の「離れ」とは、過去を破棄し、捨て去り、完全に断ち切って、二度と戻らないことを意味する。ニネベの人々が不法を手の中から捨て去ったというのは、ニネベの人々の真の悔い改めを現しているに等しい。神はニネベの人々の外観とともに、心も観察していた。神がニネベの人々の心に、異論の余地のない真の悔い改めを確認し、またニネベの人々が悪の道を離れ、手から不法を捨て去ったことを確認した時、神は心を変えた。つまり、ニネベの人々の行動、振る舞いと行動方法、そして真の罪の告白と悔い改めが神の心、意図に変化をもたらし、神は自身の決断を撤回してニネベの人々に罰を与えず、ニネベの人々を滅ぼさないことにした。したがって、ニネベの人々は、滅びではない結末を迎えることが出来た。ニネベの人々は自分達の命を取り戻すと同時に、神の憐れみと寛容さを獲得し、この時点で、神は自身の怒りも撤回した。

希なのは、神の憐れみと寛容さでなく、人間の真の悔い改めである

神のニネベの人々に対する怒りの程度を問わず、ニネベの人々が断食を宣言して粗布と灰を身に付けるとすぐに、神の心は次第に軟化し、神の心が変化を始めた。神がニネベを破壊すると宣言した時、ニネベの人々による罪の告白と悔い改めの前の時点で、神は依然として怒っていた。ニネベの人々が一連の悔い改めの行動を取った後、神のニネベの人々に対する怒りは、ニネベの人々に対する憐れみと寛容さへと次第に変化していった。1件の出来事において、こうした神の性質の2つの側面が同時に現れたことには、何ら矛盾することは無かった。これに矛盾が無いことは、どのようにして理解すべきであろうか。神は、ニネベの人々が悔い改めた時に、これらの対局にある本質を連続して表出し、明示しており、これにより神の本質の現実性と不可侵性を理解することができる。ここでは神の姿勢により分かることがある。それは、神は人間に対して容赦することが無いということではなく、また神はニネベの人々に対して憐れみを与えることを望んでいない、ということでも無い。それは、人々が神の御前で真に悔い改め、悪の道を離れ、不法を手から捨てることは、極めて希だ、ということである。つまり、神が人間に対して怒っている時、神は人間が真に悔い改めること、人間の真の悔い改めを見ることを望んでおり、こうした場合に、神は憐れみや寛容さを、人間に対して引き続き寛大に与える。すなわち、人間の邪悪な行動は神の怒りに触れ、神の憐れみと寛容さは、神の言葉を聞き、神の前で真に悔い改める者、悪の道を離れ、不法を手から捨てることができる者に与えられる。ニネベの人々に対する扱いでは、神の姿勢が極めてはっきりと明示されていた。神の憐れみと寛容さを得ることは全く困難では無い。神は真の悔い改めを要求する。人々が悪の道を離れ、不法を手から捨てるかぎりにおいて、神は心と人々に対する姿勢を変える。

創造主の義なる性質は現実であり、生きている

神がニネベの人々に対して心を変えた時、神の憐れみと寛容さは見せかけであっただろうか。無論、見せかけではなかった。それでは、単一の問題において、神の性質の2つの側面の一方から他方へと推移したことから、何が分かるであろうか。神の性質は、一切分割されておらず、ただひとつである。人々に対して神が表出しているのが、怒りであるか、憐れみと寛容さであるかを問わず、それらはすべて、神の義なる性質の表出である。神の性質は、現実であり、生きている。神は、事態の展開に応じて、自身の心と姿勢を変える。ニネベの人々に対する神の姿勢の推移から、神には独自の心があることが分かる。神は機械でも粘土細工でもなく、生ある神自身である。神はニネベの人々に対して怒ることもあれば、ニネベの人々の態度に基づき、ニネベの人々の過去を赦すこともある。神はニネベに災いを起こすと決定することもあれば、ニネベの人々の悔い改めに基づき、その決定を変更することもある。人々は規則を機械的に適用することを好み、規則を用いて神を立証し、定義することや、神の性質を数式により知ることを好む。したがって、人間の考えの範囲内においては、神は思考することがなく、独自の考えを持っていない。現実では、神の心は、物事や環境の変化に伴い、継続的に変化している。神の心が推移している時、神の本質の様々な側面が現れる。この推移の過程において、神が心を変えた瞬間、神は、神のいのちが存在する真実と、神の義なる性質は真実であり生きているということを、人間に対して明示する。さらに、神は独自の真の明示により、神の怒り、憐れみ、慈悲、寛容さが存在する真実を人間に対して証明している。神の本質は、時間と場所を問わず、物事の展開にしたがって明示される。神は、獅子の怒りと母の憐れみと寛容さを持っている。人間が神の義の性質を疑うこと、侵害すること、変更すること、ゆがめることは、許されない。神の義なる性質、すなわち神の怒りと憐れみは、時間と場所を問わず、全ての物事において表出される。神は、こうした側面をありとあらゆる所で、ありとあらゆる瞬間に、鮮明に表出する。神の義なる性質は、時間や場所の制限が無い。つまり、神の義なる性質は、時間と場所の制約に支配されて機械的に表出されたり明示されたりするのではない。むしろ、神の義なる性質は、いつでも、どこでも、自由に表現され、表出される。神が心を変えて怒りを表出するのを止め、ニネベの町を滅ぼさなかったのを見て、神は単に憐れみ深く、愛情があるのだ、と言えるだろうか。神の怒りは内容を伴わない言葉であると感じるであろうか。神が激しい怒りを表わし、憐れみを与えるのを止めた時、神は人間に対する真の愛を感じていなかったと言えるだろうか。神は、人々の邪悪な行いに対して激しい怒りを表したのであり、神の怒りには何ら欠陥は無い。神の心は人々の悔い改めにより動かされる。神の心を変化させるのは、この悔い改めである。神の感動、神の心の変化、神の人間に対する憐れみや寛容さには、全く欠陥が無い。これらは清く、純粋で汚れの無いものである。神の寛容さは、純粋に寛容さであり、神の憐れみは、純粋に憐れみである。神は、人間の悔い改めと行動の変化に従って、怒り、憐れみ、寛容さという性質を示す。神が示すものは、それが何かによらず、すべて純粋である。それらはすべて率直であり、その本質は創造物が示すいかなるものよりも傑出している。神が表現する行動の原理、神の心あるいは具体的な判断、あらゆる業には、全く欠点がない。神が判断をくだすと、神はその通り業を行う。そして神はこの要領で計画を全うする。その結果は正確かつ完璧である。なぜならその結果の元となるものが完璧だからである。神の怒りは、完璧である。同様に、いかなる創造物も持っていない神の憐れみや寛容さは聖なるものであり、完璧であり、いかなる議論にも経験にも耐えうるものである。

この聖句にあるニネベの町での出来事を理解した上で、あなたがたは、神の義なる性質の別の側面の本質を理解できたであろうか。神唯一の義なる性質の別の側面を理解できたであろうか。人間のうち、こうした性質を持つ者は居るだろうか。神の怒りのような怒りを持つ者は居るだろうか。神のような憐れみや寛容さを持つ者は居るだろうか。創造物のなかで、これほど大きな怒りを召喚し、人間を滅ぼし、人間に災いをもたらすことを決定出来る者は、居るだろうか。憐れみを与え、人間を寛大に扱い、赦し、よって人間を滅ぼす決断を覆す資格を持つのは、誰だろうか。創造主は、自身の固有の方法と原則に従って、自身の義なる性質を示し、他の人々、出来事、物事による支配や制限を受けない。神の固有の性質のため、神の考えや心をかえることが出来る者はおらず、また神を説得して神の決断を覆すことの出来る者も居ない。創造物の行動や考えは、全て神の義なる性質による判断に基づき存在する。神が怒るか、憐れみをかけるかを支配できるものは居ない。それを決定できるのは、創造主の本質、つまり創造主の義なる性質のみである。これが創造主の義なる性質に固有の特徴である。

ニネベの人々に対する神の姿勢の推移を分析して理解した後、神の義なる性質に含まれる憐れみを指して、それを「固有」であるとすることが出来るであろうか。神の怒りは、神のみが持つ義の性質の本質における一側面であると先述した。ここで、神の怒りと神の憐れみという2つの側面を、義の性質と定義する。神の義の性質は聖であり、侵害不可能なものであり、疑うことのできないものであり、創造物にもそれ以外の物にも、その性質を持つ物は存在しない。神の義の性質は、神に固有であり限定されたものである。つまり、神の怒りは聖であり、侵害不可能なものであると同時に、神の義の性質のもうひとつの側面である神の憐れみもまた聖であり、侵害不可侵なものである。創造物やそれ以外の物で、神の業における神の代理となることができるものは皆無であり、ソドムの破壊やニネベの救済において神の代理となることができるものも皆無である。これが、神固有の義の性質の真の表出である。

人類に対する創造主の真摯な思い入れ

人々は、神を知ることは簡単ではない、と言うことが多々ある。しかし、わたしは、神を知ることが困難なことは全く無い、と述べている。なぜなら、神は人間が業を目にすることを頻繁に許しているからである。現在に至るまで、神が人間との対話を辞めたことは無い。神が人間から隠れ去ったことも無く、自らが隠れたことも無い。神の心、神の言葉、神の業は、全て人間に対して明示されている。したがって、人間が神を知ることを望む限り、様々な方法で人間は神を知ることが出来る。神は人間をことさらに避けている、神は故意に人間から隠れている、神には人間が神を理解することを許可するつもりが全く無い、などと人間が盲目に考える理由は、人間が神の存在を知らず、神を知ることを望まず、そして何よりも人間が創造主の心、言葉、業などに無関心だからである。事実を述べると、もし誰かが、余暇に創造主の言葉や業について考え、理解し、創造主の心と、その心による言葉に注意を払ったとすれば、神の心、言葉、業は見ることが出来るものであり、明瞭なものであることに気付くのは困難ではない。同様に、創造主は常に人間の中にあり、人間や創造物すべてとの対話を行い、新たな業を毎日行っていることに気付くのに、努力はそれほど必要とされない。神の本質と性質は、神と人間との対話の中で表出され、神の心と考えは、神の業においてすべて明示されており、神は常に人間と共にあり、人間を見守っている。神は人間や創造物のすべてに対して、落ち着いた声で静かに語りかけ、「わたしは天の上にあり、わたしは万物の中にある、わたしは見守り、待っている。わたしはあなたの傍らにある」と述べている。神の手は温かく力強い。神の足取りは軽やかである。神の声は温和で優しい。神の身体はすれ違いざまに振り向いて人類すべてを抱擁する。神の表情は優美である。神は、立ち去ることも、消え去ることも無かった。神は、夜明けから日没まで、常に人間と共にある。人間に対する神の心からの労りと並々ならぬ思い入れ、真の思いやりと愛は、神がニネベの町を救った時にも少しずつ示されていた。特に、ヤーウェとヨナの会話では、創造主が創造した人類に対する、創造主自身の同情が露見される。これらの言葉からは、人間に対する神の真摯な思い入れを知ることができる。

次に挙げるのはヨナ書4:10~11に記された言葉である。「主は言われた、『あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか。』」これは、ヤーウェとヨナとの会話における、ヤーウェ自身の言葉である。この会話は短いものの、創造主の人間に対する思いやりと、ニネベの人々を見捨てることに対する抵抗感に溢れている。この言葉では、神の心の中にある神の創造物に対する神の姿勢と思い入れが表現されており、こうした言葉を人間が聞くことは滅多に無いが、その明瞭な言葉により、神の人間に対する意向が述べられている。この対話は、神のニネベの人々に対する姿勢が示されているが、その姿勢とはどのようなものであろうか。その姿勢とは、ニネベの人々が悔い改める前と後の、ニネベの人々に対する神の姿勢である。神は、それと同じ姿勢で人類を扱う。この言葉から神の心と神の性質を見出すことができる。

この言葉には、神のどのような心が示されているであろうか。十分に注意して読めば、すぐに神が「惜しむ」という語を用いていることが分かる。この語を用いたことにより、人類に対する神の真の姿勢が示されている。

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛着の含意がある。この語は、神の人間に対する憐れみと寛容さを意味する。神は人間が一般的に会話する語を用いたが、この語が用いられていることにより、神の心からの言葉と、神の人間に対する姿勢が明らかにされている。

ニネベの町は、ソドムの人々と同様に腐敗し、邪悪で凶暴な人々で満ちていたのに対し、ニネベの人々の悔い改めにより、神の心が変わり、ニネベの人々を滅ぼさないことに決めた。神の言葉と命令に対するニネベの人々の反応は、ソドムの民の姿勢と比べると極めて対照的な姿勢であり、ニネベの人々の誠心誠意による神への服従と、罪の悔い改め、そしてあらゆる面における心からの行動のため、神は再び、心からの哀れみを示し、その哀れみをニネベの人々に与えた。神の人間に対する報いと哀れみは、誰も真似をすることが出来ない。神の憐れみと寛容さや、神の人間に対する真摯な思い入れを持つことが出来る者は、存在しない。あなたが偉大な人物あるいは超人であるとみなす男性や女性のうち、そうした偉大な人物あるいは超人としての高い立場、崇高な立場から、人類や創造物に対してこのような発言をする人が存在するであろうか。人間のうち、誰が人間の生活状況を自分の手のひらのように熟知できようか。誰が人類の存在に伴う負担と責任を負うことが出来ようか。誰がひとつの町の破壊を宣言できようか。そして、誰がひとつの町を赦すことが出来ようか。誰が、自分の創造物に愛着があるなどと言えようか。それが出来るのは、創造主だけである。人類に対する慈愛を感じるのは、創造主だけである。人類に対する優しさと愛慕を示すことができるのは、創造主だけである。人類に対する変えることのできない真の愛情があるのは、創造主だけである。同様に、人類に憐れみを与え、神の創造物の全てを愛慕することが出来るのは、創造主のみである。創造主の心は、人間の行動ひとつひとつに対し、ときめいたり、傷んだりする。創造主は、人間の邪悪と腐敗に対して怒り、苦しみ、悲しむ。また創造主は、人間の悔い改めと信仰に満足し、寛大であり、喜ぶ。創造主の心は、いずれも人間のために存在し、人間がその中心にある。創造主の存在とその中にある物事は、すべて人間のために表出される。創造主の心は、人間の存在と密接に結びついている。創造主が旅をし、忙しく動き回り、そのいのちのすべてを与え、一分一秒を捧げるのは、人間のためである。創造主は、自らの命を哀れむことを知らないにもかかわらず、自身が造った人間を常に哀れみ、慈しむ。創造主は、自らの全てを人類に捧げる。創造主は、無条件に、かつ見返りを期待することなく、憐れみと寛容さを与える。彼がこうした業を行う唯一の目的は、人間が引き続き彼の前で生きることができるようにし、いのちを受けることができるようにすることである。何時の日か、人間が彼に服従し、彼こそが人間が存在するための必要を施し、全てのもののいのちを与える存在であると認識出来るようにすることである。

人類に対する創造主の真の思い

この聖句のヤーウェ神とヨナの対話は、創造主の真の思い入れを表出するものであることに異論は無い。この対話は一方では、神の支配下にある創造物全体に対する創造主の認識を人々に伝えるものであり、それはヤーウェが、「ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベ…」とある通りである。つまり、ニネベに関する神の認識は、決して粗略なものではなかった。神はニネベの町の生物(人間のほか家畜など)の数を知っていただけでなく、右も左もわきまえることが出来ない者の人数、すなわち、子供や若者の人数も知っていた。これは、人間に関する神の卓越した知識を具体的に証明するものである。その一方で、この対話は、人間に対する創造主の姿勢、すなわち創造主の心における人類の重要さを人々に伝えるものである。それは聖句にあるヤーウェの言葉の通りである。すなわち、「あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。ましてわたしは…この大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか」これは、ヤーウェがヨナを非難して述べた言葉であるが、すべて真実である。

ヨナはニネベの人々に伝えるヤーウェ神の言葉を託されたが、ヨナはヤーウェ神の意図も、ヤーウェ神のニネベの人々に対する懸念も理解していなかった。神は、この叱責により、人類が神自身の手により造られたものであること、また人間のひとりひとりについて、神が甚大な努力をしたこと、神の望みを負っていること、神のいのちの恵みを享受していること、神が大きな代償を払っていることを、ヨナに対して述べていた。また、ヨナがこのとうごまを愛慕するのと同様に、神自身の手により造られた人間を神が愛慕していることが、この叱責によりヨナに伝えられた。神は、最後の最後まで、ニネベの人々を安易に見捨てるつもりは一切無かった。さらに、ニネベには子供や何も知らない家畜も多数居た。神の創造物のうち、右も左も分からない子供や無知な動物を取り扱うとき、神が早まって子供や動物の生命を絶ち、その運命を決めることが出来なかったのは、なおさらである。神は、子供達の成長した姿を見ることを望んでいた。神は、子供達が将来大人達のような道へ進まないこと、ヤーウェ神の警告を二度と耳にする必要が無いこと、ニネベの歴史の証をすることを望んでいた。それにも増して、神は悔い改めた後のニネベとその将来の姿を見ること、そして何よりも、ニネベの人々が再び神の慈悲の許で生活するのを見ることを、望んでいた。したがって、神の見地からすると、神が造った物のうち、そうした右も左も分からない子供達が、ニネベの将来であった。こうした子供達は、ヤーウェ神の導きの許でニネベの過去と未来の証しとなる重要な任務を背負うことになるのと同時に、ニネベの卑劣な過去も背負うことになるのであった。この神の真の思い入れが述べられている部分において、ヤーウェ神は、創造主の人類全体に対する慈悲を提示した。この部分では、「創造主の慈悲」は虚言でも、空虚な誓いでもなく、具体的な原則であり、方法であり、目的であった。創造主は真実であり、実在し、嘘や偽りを行わない。そしてこのように、神の慈悲は、あらゆる時代において、人間に対して無限に与えられる。しかし、現在に至るまで、この創造主とヨナとの対話は、神が人類に対して慈悲をもって接する理由、神が人類に対して慈悲を示す方法、神が人類に対してどの程度寛容であるか、そして神の人間に対する真の思いに関する、神による、唯一の言葉である。ヤーウェ神の簡潔な対話では、自身の人間に対する完全な心が表出されている。この対話は人間に対する神の心の姿勢に関する真の表出であり、また人間に対するによる慈悲の豊かな付与に関する、具体的な証明でもある。神の慈悲は、従前において世代から世代へと続いて来たのと同様に、人間のうち比較的高い年齢層のみに与えられるものではなく、人間のうち比較的若い層にも与えられる。多くの場合、神の怒りは特定の地域、特定の時代に人類に対してくだされるのに対し、神の慈悲は決して止まることが無い。神は、自身の慈悲により導き、施し、与え、そしてそれを神の創造物の世代から世代へと連綿と続けられる。なぜなら、神の人間に対する真の思い入れは、変わることが無いからである。「惜しまないでいられようか」という言葉が示す通り、神は常にご自身の創造物を愛慕してきた。これが創造主の義の性質による慈悲であり、この慈悲もまた、創造主の純然たる特質である。

(3) 人間の5つの種類

ここで、神の義なる性質に関するフェローシップを一旦終了する。次に、あなたがたがどの段階に属するか、あなたがたの熟成度がどの程度であるかを把握することが出来るようにするため、神に付き従う人間の神に関する理解と、神の義なる性質に関する認識と経験に基づいて数種類に分類する。神に関する信者の認識と、神の義なる性質に関する信者の認識や経験に関しては、一般に人々の段階と熟成度を5つに大別できる。この論題は、唯一の神と神の義なる性質を心得ていることに基づいて議論されている。したがって、以下の内容を読み進めるに当たっては、神の独自性と神の義なる性質について、自分には正確にどの程度の認識があるかを注意深く確認する必要がある。その後、確認した内容で、自分が実際にどの段階にあるか、自分が実際にどの程度成熟しているか、自分がどのような種類の人間であるかを判断すること。

最初に説明する類型は、「布でくるまれた赤子」の段階として知られる。

布でくるまれた赤子とは、どのようなものであろうか。布でくるまれた赤子とは、この世に生を受けたばかりの新生児である。布でくるまれた赤子は、人間が最も小さく未熟な時期である。

この段階の人間は、基本的に神の信仰に関する認識や意識が皆無である。この段階の人間は道に迷い、あらゆる物事について無知である。これらの人々は、長期間にわたり神を信じてきた場合と、そうではない場合があるが、道に迷い、無知な状態により、布にくるまれた赤子の段階に分類される。布にくるまれた赤子の段階の状態の正確な定義は、次の通りである:この段階の人間は、神を信仰してきた期間を問わず、常に考えが混乱し、低能である。この者は、自分が神を信仰する理由も、神が誰であるかも、神についても、何も知らない。この者は神に付き従うが、自分の心に神という存在の具体的な定義が無く、自分が付き従っているのが神であるかどうかを判断出来ず、したがって神を信仰し、神に付き従うべきかを知らないことは尚更である。これが、この種の人間の実情である。この種の人々の考えは不明瞭であり、端的に言えば、この種の人々の信仰は一種の混乱である。この種の人々は常に当惑と空虚の状態にある。すなわち、こうした人々は、概して混乱、誤解、低能さといった状況にある。こうした人々は神の存在を見たり感じたりしたことが無いので、こうした人々と神を知ることを議論することは、象形文字で書かれた書籍を読ませるに等しい。すなわち、こうした人々はそうした議論を理解することも、受け容れることもない。こうした人々にとって、神を知るということは、架空の神話を聞いているに等しい。こうした人々の思想には不明瞭な部分があるものの、実のところ、神を知ることは時間と労力の無駄であると固く信じている。これが、布でくるまれた赤子という種類の人間である。

次に議論する種類は、「乳飲み子」の段階にある人間である。

布でくるまれた赤子の段階にある人々と比較すると、乳飲み子の段階にある人々は、ある程度の進歩がある。しかし、残念ながら、この段階の人々は、神に関する認識が一切無い。こうした人々は、依然として神に関する明瞭な理解や洞察力が欠如し、神を信じるべき理由について、それほど確信していないが、自分の心には、独自の目的と明瞭な考えがある。こうした人々は、神を信じるのが正しいかどうかについては、懸念が無い。この種の人々が神への信仰により求める目的は、神の恵みに与り、喜びと平安を得て、快適な生活を送り、神の慈悲と保護を得て、神の祝福の下で生活することである。この種の人々は、神を知っている程度については懸念していない。この種の人々は神の認識を求める衝動が無く、神が何をしているか、神が何をしたいと望んでいるかに懸念が無い。この種の人々は、ただ盲目に神の恵みを享受し、神の祝福を多く得ることを求めている。この種の人々はこの時代に100倍の恵みと祝福を求め、将来的に永遠の命を求める。こうした人々の思想、消費、献身、そして苦難には、神の恵みと祝福を得るという、共通する目的がある。こうした人々は、それ以外のことに無関心である。この種の人々が確信しているのは、神が自分の安全を守り、恵みを与えるということのみである。こうした人々は神が人類を救いたいと望む理由や、神が言葉や業により達成することを望んでいる結果については興味が無く、それほどの確信も無い。こうした人々は、神の本質や義の性質を知るために努力したことが無く、知ることに関心を抱くことも無い。こうした人々はこれらの問題に関して意識しようとせず、知りたいとも思わない。こうした人々は神の業、神の人間に対する要求、神の心、その他神に関する事柄について問いかけることを望まず、また問いかけることも無い。なぜなら、こうした人々は、これらの問題が、自分達が神の恵みを享受することとは無関係だと考えているからである。こうした人々が関心を抱くのは、恵みを与えることが可能な、自分の個人的利益に関連する神に限られている。こうした人々には、それ以外のことに一切興味が無いので、神を何年信仰しても、現実の真理に入ることが出来ない。こうした人々に対して頻繁に神の言葉を注いだり授けたりする者が居なければ、こうした人々が神への信仰の道を継続することは、困難になる。こうした人々は、従前の喜びと平安、神の恵みを享受できない場合、信仰を辞める傾向が強い。これが、2番目の種類である乳飲み子の段階にある人々である。

3番目の種類の人間は、乳離れした子供、幼年期の段階である。

この種類の人々には、ある程度の明瞭な意識がある。これらの人々は、神の恵みを享受するということが、自分自身にその実体験があるということではない、ということを認識している。これらの人々は、喜びと平安、恵みを求めることに飽き足らないとしても、または神の恵みを享受した体験談を語ること、あるいは神が自分達に与えた恵みを讃えることにより証をすることが出来るとしても、そうした物事は、自分達にいのちや真理の現実があることを意味するものではない、ということを心得ている。こうした人々の意識からは、神から与えられるものは全てが恵みであるという野性的な希望はなくなっている。神からの恵みを愉しみながら神のために何かをしたいと考える。彼らは本分を尽くし、少しの試練と疲労に耐え、神とある程度協調することを願っている。しかし、こうした人々は、神への信仰の追求が極めて不純であり、心の中にある個人的な意図や望みが極めて強く、また性質が極めて傲慢であるため、こうした人々が神の望むことを満足させること、神に忠誠であることは、極めて困難である。したがって、こうした人々は、自分達の個人的な望みを実現することも、神との約束を守ることも出来ないことが、多々ある。多くの場合、こうした人々は自己矛盾に陥る。すなわち、こうした人々は出来る限り神を満足させたいと願う一方で、持てる力の全てで神に反対する。こうした人々は、神に忠誠を誓うが、すぐに誓いを撤回してしまう。さらにこうした人々は、もう一つ別の自己矛盾に陥ることも、ことさらに多い。すなわち、こうした人々は真摯に神を信じる一方で、神と神に由来するもの全てを否定する。こうした人々は、自分達が神により啓かれ、導かれ、施され、助けられることを切望する一方で、自分達の逃げ道を求める。こうした人々は神を知りたいと願う一方で、神に近づくことを避けようとする。こうした人々は、近づくのではなく、常に神を回避し、神に対して心を閉ざしている。こうした人々には、神の言葉や真理に関する表面的な認識と経験があり、神と真理に関する表面的な理論をわきまえている一方で、こうした人々は潜在的に、神が真理であることを確認することも、判断することも出来ない。こうした人々は、神が真に義であることを確認できず、また神の性質と本質が事実であると判断出来ない。ましてや神の真の存在を確認することも判断することも出来ないのは当然である。こうした人々の神の信仰には、常に疑念と誤解、想像や空想が伴う。こうした人々は、神の恵みを享受するとともに、自分の信仰を豊かにするため、また神への信仰における経験を積むため、神への信仰に関する理解を確認するため、そして自ら決めた人生を歩み、人間にとって義なる動機を達成させて虚栄心を満たすため、自分が実行可能な真理であると信じる物事をしぶしぶ行う。また、こうした人々は、祝福を得たいという自らの欲望を満たすため、人間の祝福を一層多く得ることに賭けるため、また神を得るまで生きながらえるという大きな志と一生涯の願望を叶えるため、自分が実行可能な真理であると信じる物事を行う。こうした人々が神の啓示を得ることは、殆ど無い。なぜなら、こうした人々の願望と、神の祝福を得るという目的が、自分達にとって極めて重要だからである。こうした人々は、その願望を諦めず、また諦めることに耐えられない。こうした人々は、恵みを得る願望や、神を得るまで生きながらえるという長年にわたり大事にしてきた願望が無ければ、神を信仰する動機を喪失すると考え、恐れている。従って、こうした人々は真理と対峙することを望まない。こうした人々は、神の言葉や業に対峙することを望まない。こうした人々は神の性質や本質を認めることを望まず、ましてや神を知るという問題に取り組もうとすることなどは一切ない。それは、自分の想像が神、神の本質、神の義なる性質に置き換えられた場合、自分達の望みが煙のように消えて無くなってしまうからである。またそれは、自分達が純粋な信仰と呼んでいるものや、何年もの努力の末に築き上げた「功績」が消滅し、無価値なものとなってしまうからである。またそれは、自分達が長年にわたる血と汗をもって勝ち得てきた「領域」が崩壊寸前のものとなってしまうからである。これは、こうした人々の長年にわたる重労働と努力が、何の役にも立たないこと、一から再出発する必要があることを意味するからである。こうした人々にとって、それが最も耐えがたい心の苦痛であり、それは自分達が最も恐れる結果である。したがって、こうした人々は常に膠着状態にあり、譲ることは無い。これが、3番目の種類である乳離れした子供の段階にある人々である。

ここまで述べてきた3種類の状態にある人間は、神の身分や地位、義なる性質に関して、いかなる真の信仰も無い。また、こうした人々は、これらの物事について、明確かつ絶対的な認識も確信も無い。したがって、こうした3種類の人々にとって、現実的に真理に入ることは極めて困難であり、神の憐れみ、啓き、光を得ることも、極めて困難である。なぜなら、こうした人々が神を信仰する方法と、神に対する誤解のある姿勢により、神がこうした人々の心の中で業を行うことは不可能だからである。こうした人々の神に関する疑念、誤解、想像は、こうした人々の神への信仰や認識を凌駕している。これら3種類の人々は、極めて危険な種類の人々であり、この3種類は、極めて危険な段階である。ある者が神、神の本質、神の身分、神は真理であるか、神の存在は現実であるかといったことに対して疑念ある態度を取り、これらの事柄について確信出来なかったとしたら、どうして神から出たものを全て受け容れることができようか。神が真理であり、道であり、いのちであるという事実を、どうして受け容れることが出来ようか。神の刑罰や裁きを、どうして受け容れることが出来ようか。神の救いを、どうして受け容れることが出来ようか。このような者は、どうして神の真の導きと施しを得ることが出来ようか。これら3種類の段階にある人間は、いつでも神に反抗し、神を裁き、冒涜し、裏切ることができる。こうした人間は、いつでも真理の道を離れ、神を捨てることができる。これら3つの段階にある人々は、危機的時期にあると言うことができるであろう。なぜなら、こうした人々は、神への信仰の正しい道へと入っていないからである。

4番目の種類の人間は、成熟中の子供、少年期の段階である。

ある者が離乳した後、つまり豊富な恵みを享受した後、その者は、神への信仰とは何かについての追求を始め、人間は何故生きているのか、人間はどのように生きるべきか、神が人間に対して業を行うのは何故か、など、様々な問題について理解したいと思うようになる。こうしたおぼろげで困惑した考えが浮かび、そのまま心に残った時でも、人間は引き続き神からの言葉を享受し、自分の本分を尽くすことができる。この時期になると、人間は神の存在の真実に関する疑念が無くなり、神への信仰が何を意味するかを正確に把握している。それを基礎として、人間は神に関する認識を漸進的に身に付け、神の性質と本質に関して抱いているおぼろげで困惑した考えの一部に対する回答を徐々に得てゆく。こうした人間の性質の変化と神に関する認識については、この段階の人々は正しい方向性に進み始め、過渡期に入る。人間のいのちが真に始まるのは、この時期である。神を知ることに関して、心の中にある様々な疑問、すなわち、神に関する誤解、想像、観念、不明瞭な定義が解決してゆくこと、すなわち神の存在の事実を心から信じ、知ることのみならず、神に関する明瞭な定義と方向性も心の中に存在し、おぼろげな信仰が、真に神に付き従うことに変化することが、いのちがあることの顕著な徴候である。この段階において、人間は神に対する自分の誤解や誤った追求と信仰のあり方を認識するようになる。こうした人々は、真理と神の裁き、懲らしめ、訓練を受けることや、自らの性質を変えることを欲するようになる。やがてこうした人々は、この段階において、神に関する観念と想像を徐々に捨てるようになる。それと同時に、こうした人々は神に関する自分の誤った認識を正し、神に関する正しい基本情報を得る。この段階の人々が持つ認識は、それほど詳細でも正確でも無いが、少なくとも神に関する自分の観念や誤った認識や誤解を徐々に捨てるようになり、神に関して自分の観念や想像を保持しなくなる。こうした人々は、捨てる術を覚える。すなわち、自らが持つ観念に含まれる事柄や、知識やサタンから得たものを捨てる方法を知る。こうした人々は正しく、肯定的な事柄、神の言葉に由来する物事にも従うこと、真理に適合することを望むようになる。また、こうした人々は神の言葉を体験して、神の言葉を知り、実行して、自らの行動の原則そして自らの性質を変更する際の基礎として神の言葉を受け容れようとするようになる。この時期に、こうした人々は無意識のうちに神の裁きと刑罰、そして神の言葉を自分のいのちとして受け容れる。こうした人々が神の裁き、刑罰、そして神の言葉を受け容れる時、こうした人々は、自分の心の中で信じる神が実在されることを認識し、感じることができるようになってゆく。神の言葉と自分自身の経験と生活の中で、こうした人々は、自分の運命の上には、神が常にあり、人間を導き、人間に必要なものを施していることを、次第に強く感じるようになる。自分と神との関係のなかで、こうした人々は次第に神の存在を確認するようになる。したがって、こうした人々は神の業と言葉を、自分で気付く前に、無意識のうちに既に受け容れている。人間がひとたび神の言葉と業を受け容れると、人間は自分自身や、自分の持つ観念、自分の知識、想像を、終わること無く否定し続けると同時に、真理とは何か、神の心とは何かを終わること無く求め続けるようになる。人間が持つ神に関する認識は、発達のこの時期では極めて表層的であり、その認識を明確に説明したり、具体的に説明したりできない。また、この時期の人間は、感覚的にしか理解していない。しかしながら、この段階と、その前の3段階を比較すると、この段階は未熟ではあるが、既に成長に必要な要素と神の言葉による施しを享受して芽が出始めている。この段階は、地中の種のようなもので、水分と栄養素を得ると、土を割って芽を出す。そしてこの萌芽が、新たないのちの誕生を意味する。新たないのちの誕生により、人間はいのちの徴候を感じることができるようになる。いのちを得た人間は、そのいのちにより成長する。したがって、こうした基礎の上で、人間は次第に神への信仰の然るべき道へと進み、自分の持つ観念を捨て、神の導きを得て、必然的に一歩ずつ成長を遂げてゆく。この成長は、何を基準として計測されるであろうか。この成長は、神の言葉に関する人間の経験と、神の義の性質の真の理解にしたがって計測される。この成長段階では、神と神の本質に関する自分の認識を自分自身の言葉で正確に説明するのが極めて困難であると感じるものの、こうした人々は神の恵みにより悦楽を追求しようとすることも、神への信仰の背後にある自分自身の目的、すなわち神の恵みの獲得を追求することも無くなる。その代わりに、こうした人々は、神の言葉に基づいて生活することを求め神の救いの対象となることを求める。さらに、こうした人々は自信を持って神の裁きと懲罰を受ける準備が出来ている。これが、この成長段階にある人々を示す徴候である。

この段階にある人々は、神の義なる性質に関する認識を一部持っているものの、その認識は極めて不明瞭である。こうした人々は、その認識を明瞭に説明することができない一方、自分自身の中に何かを得たと感じる。なぜなら、神の刑罰と裁きにより神の義なる性質に関して、ある程度の認識と理解を得たからである。しかしながら、その認識は極めて表面的であり、初歩段階のものに過ぎない。こうした人々には、神の恵みを取り扱う上での具体的な意見を持つ。この意見は、自分が追求する目的とその追求方法に表出される。こうした人々は、もし自分達が神の言葉を体験してなお、自分達が真理を追究せず、現実的に真理に入ることを追求せず、神を満足させ、知ろうとしないままで居たならば、神への信仰に莫大な損失が生まれるということを、神の言葉や業、人間に対する様々な必要条件や露呈により、理解している。これらの人々は、神の恵みを享受している量にかかわらず、自分の性質を変えること、神を満足させ、神を知ることは不可能であることを心得ており、自分達が引き続き神の恵みのなかで生活したならば、自分達が成長し、いのちを獲得し、救いを得ることが出来ないことを、心得ている。要するに、神の言葉を真に体験することが出来ず、神の言葉を通して神を知ることが出来ない場合、永遠に赤子の段階に留まり、いのちにおいて一歩も成長することが無い。あなたが永遠に赤子の段階に留まり、神の言葉の現実に入ることが出来ず、あなたのいのちとして神の言葉を持つことがなく、神に対する真の信仰と認識を持つことがない場合、あなたには、神により完全な者とされる可能性があるだろうか。したがって、神の言葉の現実に入る者、神の言葉を自分のいのちとして受け容れる者、神の刑罰と裁きを受け容れ始める者、腐敗した性質が変化を始めている者、真理を求める心があり、神を知りたい、神の救いを享受したいという望みがある者は、全て真のいのちを持つ人々である。これが、4番目の種類の成長する子供の段階、少年期にある人々である。

5番目の種類の人間は、成熟した、成年の段階である。

この成長段階では、まだよちよち歩きの前進と後退を繰り返す幼児期を終え、人々のいのちは安定し、停滞することなく前進し、前進を阻むことが出来るものは誰も居ない。前途には依然として険しい苦難が待ち受けているが、これらの人々はもはや弱くもなく、恐れることもなく、手探りで前進することも、方向を見失うことも無くなる。こうした人々の基礎は神の言葉の実経験に深く根ざしている。こうした人々の心は、神の威厳と偉大さに引かれ続けている。こうした人々は、神の後に続き、神の本質を知り、神の全てを知ることを切望する。

この段階の人々は、自分が信じている相手のこと、神を信じるべき理由、自分のいのちの意味を、既に明確に認識しており、また神が表出することがすべて真理であることも、明確に認識している。こうした人々は、長年の経験から、神の裁きと刑罰無しでは、神を満足させることも、神を知ることも、神の前に実際に出ることも決して出来ないことを理解している。こうした人々の心には、試されることにより神の義なる性質を知り、純粋な愛を得ると同時に、神を真に深く理解し知るために、神によって試されたいという強い願望がある。この段階の人々は、神の恵みを享受してパンを食べて満足する幼児の段階に、既に完全に別れを告げている。こうした人々は、もはや神に対して寛容さと憐れみを求めて法外な望みをかけるようなことはせず、むしろ自分達の腐敗した性質を離れ、神を満足させるために、終わることの無い刑罰と裁きを受けることを望むだけの自信を身に付けている。こうした人々の神に関する認識や追求、そして自分の最終目標の追求は、全て自分の心の中で完全に明瞭な状態にある。したがって、成人期段階の人々は、おぼろげな信仰の段階、その後の恵みにより救いを獲得する段階、試練に耐えられない未熟な段階、不明瞭な段階、手探りで進む段階、頻繁に進むべき方向を見失う段階、突然の高熱や低温が繰り返される不安定な段階、目隠しされたまま神に付き従う段階を、既に完了している。この種の人々は、神の啓示と光を頻繁に受け、神との真の関係と交わりを頻繁に行う。この段階で生活する人々は、神の心の一部を既に把握し、自分達の行動の中に、真理の原則を見出すことが可能であり、神の望みを満足させる方法を心得ている、と言えるであろう。それに加えて、既にこうした人々は神を知る道を見出し、自分が持つ神に関する認識について証をし始めている。段階的な成長過程のなかで、こうした人々は、人間を創造した神の心、人間を経営する神の心など、神の心に関する漸進的な理解と認識を身に付けて来た。さらに、こうした人々は、本質という意味での神の義なる性質に関する漸進的な理解と認識も身に付けてきた。この認識は、人間の観念や想像により代えることの出来ないものである。この段階では、ある者のいのちが完全に成熟している、またはその者を義である、完全であるとは言えないものの、こうした人々は、既にいのちの成熟段階に向けて歩み出している。こうした人々は、既に神の前に来て、神と、その言葉と向かい合うことが出来る。この種の人間は、従前に沢山の神の言葉や、多くの試練と鍛錬、裁きと刑罰を極めて多く経験しているため、この種の人間の神への服従は、相対的ではなく、絶対的である。こうした人々の神に関する認識は、無意識から明瞭かつ正確な認識へ、表面的なものから深層的なものへ、不明瞭から詳細かつ具体的なものへ、と変化している。また、困難な手探りによる前進と受動的な要求から、努力不要の認識と積極的に証をすることへと変化している。この段階の人々は、神の言葉の真理に関する真実を持ち、ペテロのような完全への道を歩み始めていると言えるであろう。これが、成熟した成人の段階、5番目の種類の人間である。

2014年10月30日