全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第四十二章

全能神の御業は何と偉大なことか!何と奇しきことか!何と素晴らしいことか!七つのラッパが鳴り響き、七つの雷が送られ、七つの鉢が投げられる──これはすぐに公然と明らかになり、疑いの余地はない。神の愛は日々、わたしたちの上に注がれ、唯一全能神だけがわたしたちを救うことができるのだ。わたしたちが不幸に遭うか祝福を受けるかは、まったく神にかかっており、わたしたち人間にはこれを決定するすべはない。心から自らを神に捧げる者には、必ず大きな祝福が与えられるが、命を守ろうとする者は、命を失うだろう。すべてのものと、すべての事は全能神の手の中にある。もうあなたの歩みを止めてはならない。膨大な変化が天と地を訪れ、人間は隠れることができず、苦い悲しみの涙しかなく、他に選択の余地は無い。現在の聖霊の働きに従いなさい。聖霊の働きが進行する段階については、各々が自分の中ではっきりさせるべきであり、もはや他の人によって思い出させられる必要はない。今はもっと全能神の前に来て、すべてのことを尋ねなさい。神は必ずあなたの内に啓示を与え、大切な時にはあなたを守るだろう。恐れてはならない。神はすでにあなたの全存在を所有している。そして、神の守りと配慮があるのだから、何を恐れる必要があるのか。今日、神の旨の成就が間近に迫っている。恐れる者は誰であれ損失を被るだろう。わたしはあなたに理不尽なことを言っているのではない。あなたの霊の目を開きなさい。そうすれば、天は瞬時に変化する。何を恐れているのか。神の手がほんの少し動けば、天と地はすぐに滅ぼされるのだ。人間が心配して何になるというのか。すべてのことは神の手の中にあるのではないのか。神が天と地は変わると言えば、それらは変わるのだ。神がわたしたちは完全にされると言えば、わたしたちは完全にされるのだ。人間は心配する必要はなく、静かに前進すべきである。しかし、人間は多くの注意を払って、よく見張っているべきである。天は瞬時に変化するかもしれない。人間は肉眼は大きく開けることができるが、それでもなお何も見ることができない。急いで見張りなさい。神の旨が成就し、神の事業が完成し、神の計画は成功した。神の子らはみな、神の玉座に到着し、全能神と共にすべての国々とすべての人々を裁く。教会を迫害し、残虐に神の子らを傷つけてきた者たちは厳しく罰される。それは確かである。本当に自分自身を神に捧げ、すべてをしっかり掴んでいる者たちを、確かに神は変わることなく永遠に愛するだろう。

前へ:第四十一章

次へ:第四十三章

他のお気に入り

  • キリストは真理をもって裁きの働きを行う

    終わりの日の働きとは、すべての人をその性質に応じて区分し、神の経営(救いの)計画を締めくくることである。時が近づき、神の日が来たからである。神の国に入る人すべて、すなわち神に最後の最後まで忠実な人すべてを、神は神自身の時代に連れて行く。しかし、神自身の時代が来る前は、神の働きは人間の行いを観察したり…

  • 性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

    数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪くなり、神に反対する悪魔になり、神への人の反抗の歴史は「史記」に記録されるほどになり、人自身でさえその反抗的行いに完全な説明ができなくなってしまっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよいかわからなくなってい…

  • 神の国の時代は言葉の時代である

    神の国の時代に神は言葉を使い、新たな時代の到来を知らせ、神の働きの方法を変え、その時代全体の働きを行なう。これが言葉の時代において神が働く原則である。神は異なる視点から語るために肉となり、肉に現れる言葉である神、神の知恵と驚くべき素晴らしさを人間が本当に見ることができるようにした。このような働きは、…

  • 終着点のために善行を十分積むように

    わたしはあなたがたの間で多くの仕事を成し遂げ、もちろん、何度も言葉を発して来た。しかし、わたしの言葉やわたしの働きは、終わりの日のわたしの働きの目的を完全に達成していないと感じる。終わりの日には、わたしの働きは特定の人や人々のためではなく、わたしの本来の性質を現わすためにある。しかし、無数の理由から…