全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第四十二章

全能神の御業は何と偉大なことか!何と奇しきことか!何と素晴らしいことか!七つのラッパが鳴り響き、七つの雷が送られ、七つの鉢が投げられる──これはすぐに公然と明らかになり、疑いの余地はない。神の愛は日々、わたしたちの上に注がれ、唯一全能神だけがわたしたちを救うことができるのだ。わたしたちが不幸に遭うか祝福を受けるかは、まったく神にかかっており、わたしたち人間にはこれを決定するすべはない。心から自らを神に捧げる者には、必ず大きな祝福が与えられるが、命を守ろうとする者は、命を失うだろう。すべてのものと、すべての事は全能神の手の中にある。もうあなたの歩みを止めてはならない。膨大な変化が天と地を訪れ、人間は隠れることができず、苦い悲しみの涙しかなく、他に選択の余地は無い。現在の聖霊の働きに従いなさい。聖霊の働きが進行する段階については、各々が自分の中ではっきりさせるべきであり、もはや他の人によって思い出させられる必要はない。今はもっと全能神の前に来て、すべてのことを尋ねなさい。神は必ずあなたの内に啓示を与え、大切な時にはあなたを守るだろう。恐れてはならない。神はすでにあなたの全存在を所有している。そして、神の守りと配慮があるのだから、何を恐れる必要があるのか。今日、神の旨の成就が間近に迫っている。恐れる者は誰であれ損失を被るだろう。わたしはあなたに理不尽なことを言っているのではない。あなたの霊の目を開きなさい。そうすれば、天は瞬時に変化する。何を恐れているのか。神の手がほんの少し動けば、天と地はすぐに滅ぼされるのだ。人間が心配して何になるというのか。すべてのことは神の手の中にあるのではないのか。神が天と地は変わると言えば、それらは変わるのだ。神がわたしたちは完全にされると言えば、わたしたちは完全にされるのだ。人間は心配する必要はなく、静かに前進すべきである。しかし、人間は多くの注意を払って、よく見張っているべきである。天は瞬時に変化するかもしれない。人間は肉眼は大きく開けることができるが、それでもなお何も見ることができない。急いで見張りなさい。神の旨が成就し、神の事業が完成し、神の計画は成功した。神の子らはみな、神の玉座に到着し、全能神と共にすべての国々とすべての人々を裁く。教会を迫害し、残虐に神の子らを傷つけてきた者たちは厳しく罰される。それは確かである。本当に自分自身を神に捧げ、すべてをしっかり掴んでいる者たちを、確かに神は変わることなく永遠に愛するだろう。

前へ:第四十一章

次へ:第四十三章

他のお気に入り

  • 贖いの時代における働きの内幕

     わたしの全経営(救いの)計画、六千年にわたる経営(救いの)計画は三段階、あるいは三時代から成る。それは始まりの律法の時代、次に恵みの時代(贖いの時代でもある)、そして終わりの日の神の国の時代である。これら三時代におけるわたしの働きは、各時代の性質によって異なるが、それぞれの段階においてこの働きは人…

  • 働きと入ること(1)

    人々がいのちの正しい道を歩み始めて以来、不明瞭なままになっている事柄が多くある。人々は神の働きについて、また自分たちがなすべき多くの働きに関して依然として完全な混乱状態にある。それは、一方では人々の経験における逸脱と理解力の限界に起因し、他方では、神の働きがまだ人間をその段階に至らせていないからであ…

  • 神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを知っているか

    古い時代は過ぎ去り、新しい時代が到来した。年々歳々、来る日も来る日も神は多くの働きを行ってきた。神はこの世にやって来て、またこの世から去っていった。そのような周期が幾世代にもわたって続いてきた。今日も、神は以前と同じように、神は為さねばならぬ働き、まだ完了していない働きを続行している。何故なら今日ま…

  • 道……(1)

    生涯において自分がどのような挫折を経験するのか、どのような精錬を受けるのかを知る者はいない。挫折や精錬が職業上のことである者もいれば、将来の見通しに関する者、生家に関連する者、結婚に関する者もいる。しかし、そうした者と本集団に属する私達との相違点は、現在私達は神の言葉のために苦難を受けているというこ…