全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第五十六章

わたしは悪を行う者、権力を振るう者、神の子らを迫害する者たちを罰する行動を開始した。これからは誰でも心の中でわたしに逆らう者には、わたしの行政命令の手が必ず下るであろう。このことを知りなさい。これはわたしの裁きの始まりであり、わたしは義を実践する感情のない神であるので、誰にも憐みは示されず、誰も放免されない。あなた方はこれを認識したほうが良い。

わたしは悪を行う者を罰したいのではなく、むしろそれは彼ら自身の悪によって彼らにもたらされる報復である。わたしは誰も早急に罰さず、誰をも不当に扱わない──わたしはすべての者に義を行う。わたしは確かにわたしの子らを愛し、わたしを反抗する悪人どもを確かに憎む。これがわたしの行動の背後にある原則である。あなた方はみなわたしの行政命令について識見を得るべきである。さもなくば、あなた方はほんの少しの恐れも持たず、わたしの前で不注意になり、わたしが完全にしたいもの、完成させたいもの、わたしが得たいもの、わたしの国がどのような人間を必要としているかを知ることはないだろう。

わたしの行政命令は。

1.誰であれ、心の中でわたしに逆らう者は裁かれる。

2.わたしが選んだ者たちについては、間違った考えを持とうと即座に鍛錬される。

3.わたしを信じない者は脇へ置いておき、最後の最後まで不注意に話し行動するままにさせておき、そして彼らを徹底的に罰し、分類する。

4.わたしを信じる者たちについては、わたしはいかなる時にも彼らを世話し守るであろう。わたしはいかなる時も救いの手段を使って、彼らをいのちで満たす。これらの人々はわたしの愛を得、決して躓いたり、道を見失ったりすることはない。彼らの持つどんな弱点も一時的なものであり、わたしは決してそれらを思い出さない。

5.信じているように見えるが本当は信じてない者たち、すなわち神がいることを信じているがキリストを求めず、かといって抵抗しない者たち、この種の人々は最も惨めであるが、わたしの業をとおしてわたしは彼らにはっきりと見せる。わたしの行為をとおして、わたしはこの種の人々を救い、取りを戻すだろう。

6.わたしの名を一番最初に受け入れた神の長子らは祝福されるであろう。わたしは必ずあなた方に最高の祝福を授け、あなた方は心ゆくまで楽しむだろう。誰一人それを妨げようとはしないだろう。これがわたしの行政命令であるため、すべてがあなた方のために完全に用意されているのだ。

全ての側面において、あなた方はわたしの手が何を為しているのか、わたしの心の中にどんな思いがあるのかを見ることができるはずである。それらは皆あなた方のためではないのか。あなた方のうち誰がわたしのためにいるのか。あなた方は自らの心の中の思いや、自らが話す言葉を調べたことがあるか。これらのことに良心的に取り組んだことがあるか。頭の混乱した者たちよ!自堕落なことよ!聖霊の抑制を受け入れていない!わたしはあなたの中で何度もわたしの声を発したが、何の反応もなかった。もう鈍感であってはならない!あなたの本分はわたしの旨を把握することであり、何よりもそれはあなたが入るべき道である。皆混乱し、識見がなく、わたしが何をあなた方の中で成し遂げたいのか、またわたしがあなた方から何を得たいのかがはっきり見えていない。わたしの旨を理解するためには、まずわたしに近づき、わたしともっと交わることから始めなければならない。わたしの旨を理解することができないといつも言っているが、すでに自分自身のもので満たされているのだ。それならどうしてわたしがあなたに対して働くことができようか。あなたは積極的にわたしの前に来ることがなく、ただ消極的に待っているだけである。わたしがあなたは虫のようなものだと言うと、あなたはそれを不当だと感じ、受け入れない。今回は立ち上がってわたしと協力するべきである。消極的になってはならない。それはあなたのいのちを後退させる。積極的になることは、他人にではなく自分自身に益をもたらすのである──あなたはまだこれを認識せず、理解していないのか。わたしの旨はあなたの中で常に明らかにされている──それを感知していないのか。なぜそれに注意を払ったことがないのか。なぜわたしの旨を把握できたことがないのか。わたしの旨を把握することは、あなたに何の益ももたらさないのか。

あなたの中にわたしが行くべき道と休むべき家を持つことができるように、あなたがあらゆる側面においてわたしの旨への考慮を示すことが出来ることを願っている。もはやわたしを邪魔してはならない。それは残酷すぎる!あなたはわたしの言葉を全く理解しておらず、それらに反応することもない。注意して今がどういう時であるのか悟りなさい──もう待っている場合ではない!わたしの足跡にしっかりついて来ないのであればもう遅すぎる。ましてそれを贖うすべなどあるはずはない。

前へ:第五十五章

次へ:第五十七章

他のお気に入り

  • 成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている

    多くの人は、自分がいずれ辿りつく終着点のため、あるいは一時的に楽しみにあずかるために神を信じている。神による取り扱いを経験したことのない者にとって、神を信じることは、天国に行くためであり、また見返りを得るためなのであって、完全にされるためでも、被造物としての本分を尽くすためでもない。つまり、ほとんど…

  • あなたは誰に忠実なのか

    現在、あなたがたが過ごしている日々は決定的である。それはあなたがたの終着点と運命にとってこの上なく重要である。そのため、今日もっているものすべてを大切にし、過ぎゆく一瞬一瞬を大切にしなければならない。この生涯を無駄に生きたことにならないように、可能な限りの時間を作り出し、最大の成果を獲得できるように…

  • 性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

    数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪くなり、神に反対する悪魔になり、神への人の反抗の歴史は「史記」に記録されるほどになり、人自身でさえその反抗的行いに完全な説明ができなくなってしまっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよいかわからなくなってい…

  • どのように地上の神を知るか

    あなた方はみな、神の前で報われ、神の寵愛を受けたいと願っている。神を信じ始めた者は誰でもそのようなことを望むものである。誰もが高尚な物事を追い求めることに夢中になり、誰ひとり他者に後れを取りたくないからである。これが人というものである。まさにそれゆえに、あなた方の多くが絶えず天の神の機嫌を取ろうとし…