全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第八十九章

あなたが行うあらゆることにおいて、わたしの意図に沿うことは容易ではない。それは、自らを強制してそのようなふりをするという問題ではなく、わたしに拠る世界の創造以前に、わたしがあなたにわたしの素質を授けていたかどうかによって決まるのだ。これは人間にできることではない。わたしが愛する者をわたしは愛し、誰であれ、長子であるとわたしが言えば、確かに長子であり、それは絶対に正しい。あなたは長子の振りをしたいかもしれないが、それは無駄であろう。あなたはわたしがあなたを見分けられないと思うのか。わたしの前で行儀良くしているだけで十分なのか。それほど簡単なことだろうか。絶対に違う。あなたはわたしの約束を携え、わたしによって予め定められていなければならない。あなたがわたしの背後で何をやっているのか、わたしが知らないとでも思っているのか。あなたはふしだらである。わたしへのあなたの奉仕が終わったら、さっさと火と硫黄の池に戻りなさい。あなたを見てわたしはうんざりし、胸が悪くなっている。わたしに仕えていながら、わたしのために忠誠を尽くさず、ふしだらで自制心がなく、わたしの意図が分からない者は皆、奉仕が終わった後、私の前から消え失せよ。さもなければ、わたしがあなたを放り出す。これらの人々はわたしの家(すなわち、教会)には、一時たりとも留まることはできない。わたしの名声を傷つけて、わたしの名に恥をもたらすことがないように、彼らはここから出て行かなければならない。これらの人々は皆、赤い大きな竜の子孫である。彼らはわたしの経営を邪魔するために赤い大きな竜によって送り込まれたのだ。彼らはわたしの働きを妨害するための欺瞞を専門にしている。わたしの子らよ。これを見破らなければならない。これらの人々と交わってはならない。この種の人間を見たら、すぐに彼らから遠ざかり、彼らの罠にはまってあなたのいのちに害が及ぶことのないようにしなさい。わたしは、不注意に話し、考えることなく行動し、ただ冗談を言っては笑い、つまらないお喋りに耽る人たちを最も忌み嫌う。わたしはこのような人間は誰もいらない。彼らは皆サタンの種類である。何の理由もないのに人をからかい、彼らはいったい何であるのか。馬鹿げたことを話したり、やったりしても、彼らは恥を知らないのか。実際、この種の人間は、最も価値がない。わたしはずっと前にそれを見抜き、とっくに彼らを見捨てたのである。そうでなければ、どうしてわたしが彼らを鍛錬することなく、彼らが繰り返し馬鹿げたことを話していることがあるだろうか。彼らは本当に赤い大きな竜の子孫である。今わたしはこれらのものを一つずつ取り除き始めた。サタンの子孫をわたしの長子、わたしの子らやわたしの民として用いることができようか。それでは、わたしは混乱してしまうではないか。わたしは絶対にそんなことはしない。あなた方はこれをはっきりと理解しているか。

あなた方が今日遭遇するあらゆることは、良いことであれ悪いことであれ、すべてはわたしの知恵の手によって定められたのである。すべてがわたしによって指揮され、支配されてきた。これは決して容易に人類ができることではない。ある人たちはまだわたしのことで心配し、手のひらに汗をかいている。彼らは全く心配する必要はない。彼らは主な任務を怠り、霊の中に入ることがないが、それでもいのちの成長を望んでいる。彼らの望みは無駄である。彼らは全く切望しないが、それでもまだわたしの意図を満たそうとしている。あなたはわたしのために心配するが、わたしは心配しない。あなたは何を心配しているのか。わたしのためのあなた方の働きにおいては、あなたは白々しい嘘をつきながら、いい加減にふるまっている。わたしはあなたに告げる。わたしはこの瞬間から、わたしの家からこの種の人間を追い出す。そのような者はわたしの家でわたしに奉仕するに相応しくない。そのような者は自分の行動でわたしを冒涜するので、わたしはこの種の人間を忌み嫌う。「わたしに対する冒涜は赦されない罪である」と言うとき、これは誰を指しているのか。あなた方はこれを明確に理解しているか。この種の人間は、すでにこういう罪を犯しているにも関わらず、問題はまだそれほど深刻ではないと信じている。本当にこの混乱した人は盲目で、無知で、彼の霊は塞がれている。わたしはあなたを放り出す。(これはわたしへのサタンの誘惑であるので、わたしはこれをこんなにも憎む。この課題は繰り返し言及されるが、そのつどわたしを怒らせる。わたしはそれを抑えられない。誰もそれを止めることはできない。もしその時が来ていたら、わたしはとうの昔に彼を処分していただろう)(このことは、外国人が中国に群がるようになると信じていない人々が、現時点にまだたくさんいるという事実に関連している。今もなお彼らは信じておらず、わたしの怒りを煽り、それは煮えこぼれんばかりである。)

わたしの家では、どのような人間がわたしの心に適っているのか。つまり、創造の前に、わたしはどのような種類の人間を、わたしの家で永遠に生きるように予め定めたのか。あなた方は知っているか。あなた方は、わたしがどのような人々を愛し、どのような人々を憎むのか、考えたことがあるか。わたしの家は、わたしと心を同じくする人々、わたしと良い時と苦難を分かち合う者、すなわち、祝福と困難の両方を共有する人々のためにある。これらの人々は皆、わたしが愛することを愛し、わたしが憎むことを憎むことができる。彼らはわたしが忌み嫌うものを棄てることができる。わたしが、彼らは食べてはならないと言うなら、彼らはわたしの意図を満たすために、進んで空腹のままでいる。このような人たちは喜んでわたしに忠実であり続け、わたしのために尽くし、私の苦心の努力への配慮を示すことができ、常にわたしのために一生懸命働く。したがって、わたしはこの種の人には長子の地位を与え、わたしが持っているすべてのものを与える。わたしはすべての教会を導く能力を持っており、これを彼らに与える。わたしには知恵があり、これもまた彼らに与える。わたしは真理を実践するために苦しむことができ、わたしはまた、これらの人々に意志を与え、わたしのためにどんなことでも苦しむことができるようにする。わたしには多くの素質があるが、わたしはこれも彼らに与え、彼らをほんの少しの違いもなく、全くわたしと同じようにし、人々が彼らの中にわたしを見るようにする。今、わたしはこれらの人々の中にわたしの完全なる神性を注いでいる。それは彼らがわたしの完全なる神性の一つの側面を生き、わたしを完全に表現できるようにするためである。これがわたしの意図である。外見のこと(わたしと同じ物を食べ、わたしと同じ物を着ること)で、わたしのようになろうとしてはならない。そのすべては役に立たず、これらのことを求めるとき、あなた方自らを失うだけである。何故なら、わたしの外観を模倣しようとする者は、サタンのしもべであり、この試みはサタンの策略であり、またサタンの野望である。あなたはわたしと同じになろうとするが、あなたはそれにふさわしいのか。わたしはあなたを踏みにじって殺す!わたしの働きは常に進行しており、世界のすべての国々へ拡大している。急いでわたしの足跡について来なさい。

前へ:第八十八章

次へ:第九十章