全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第八十八章

人々は、わたしの働きの速度がどの程度速まっているか、どうしても想像できない。その奇跡は起こっているのだが、人には理解しがたい。この世界を創造して以来、わたしの働きの速度は速まり続けていて、働きが止まることは決してない。全宇宙と世界は日ごとに変化し、人々も着実に変化を続けている。これらはすべてわたしの働きであり、すべてわたしの計画であり、そのうえ、わたしの経営である――誰もこれらのことを知らず、理解しない。わたし自身があなた方に語る時だけ、わたしがあなた方に面と向かって交わる時だけ、あなた方はほんの少し知る。そうでなければ、誰もわたしの経営(救いの)計画の青写真をまったく知らない。わたしの力はそれほど大きく、さらにわたしの行動は見事であり、誰もそれを変えることはできないのだ。従って、今日わたしが言うことはその通りに実現し、これはどうしても変えることはできない。人間の概念にはわたしに関する認識は微塵もない――そこにあるのは、すべて無意味なおしゃべりなのだ。もう十分だとか、満足したなどと考えてはいけない。あなたに言っておくが、まだ先は長いのだ。わたしの経営(救いの)計画すべての中で、あなた方が知っているのはごくわずかなのだから、わたしが言うことに耳を傾け、わたしが命じたことは何でもしなければならない。すべてわたしの望む通りに行動しなさい。そうすれば必ずわたしの祝福を得るだろう。信じる者は誰でも受け、信じない者は誰でも自分の中で実現できると考えていたものを何も手に入れないだろう。これはわたしの義であり、さらに、わたしの威厳、怒り、刑罰である――わたしは誰の心も思いも、また動きも、ひとつも見逃すことはない。

わたしの言葉を聞いて、ほとんどの人は当惑して顔をしかめ、恐れ震える。わたしはあなたを誤解しているのだろうか。あなたは赤い大きな竜の子供たちの一人ではないということなのだろうか。あなたは善良なふりをしているのだ。そしてわたしの長子のふりをしている。わたしが盲目だと思っているのか。人々を見分けることができないと思っているのか。わたしは人々の心の奥底を詮索する神なのだ。これはわたしがわたしの子らに向かって語ることであり、あなた方――つまり、赤い大きな竜の子らにも向かって語ることである。わたしはすべてを間違いなくはっきりと見る。わたしが自分の行動がわからないことなどあろうか。そのことは極めてはっきりしている。なぜわたしは自分が神自身であり、宇宙の万物の創造主であると言うのだろう。なぜわたしは人々の心の奥底を調べる神であると言うのだろう。わたしは各人の状況はすべて十分に分かっている。わたしは自分が何をするべきか、何を言うべきかわからないとあなた方は思っているのだろうか。それはあなた方の懸念することではない――わたしの手によって殺されないように気をつけるがよい。さもないとあなた方は損失を被るだろう。わたしの行政命令は寛大ではない。わかるだろうか。上述のすべてはわたしの行政命令の一部である。わたしがあなた方に語る日から後、もしさらなる違反があれば、当然の報いがあるだろう。過去にあなた方は理解しなかったからだ。

今、わたしは行政命令をあなた方に公布する(これは公布したその日から有効で、人々に応じてそれぞれの刑罰を割り当てる)。

わたしは約束を守り、すべてはわたしの手の中にある。疑う者は誰でも必ず殺される。考慮する余地はない。彼らは直ちに根絶やしにされ、わたしの心からは嫌悪が取り除かれる。(このことから、殺されるものは誰もわたしの国に属する者の一人であるはずはなく、サタンの子孫に違いないことが確認できる。)

長子たちとしてあなた方は自分の立場を守り、自分の本分をしっかり尽くし、他人のことに首を突っ込む人になってはいけない。あなた方はわたしの経営(救いの)計画のために身を捧げるべきであり、行く先々でわたしへのよい証しをして、わたしの名を賛美するべきである。恥ずべきことはせず、すべてのわたしの子らやわたしの民の模範となるべきである。一瞬たりとも慎みをなくしてはいけない。いつも長子という身分で皆の前に現れ、卑屈な態度ではなく、胸を張って堂々と歩かなければならない。わたしはあなた方にわたしの名前を侮辱するのではなく、称えることを要求している。長子たちはそれぞれ自分の役割を持っており、何でもして良いわけではない。これはわたしがあなた方に与えた責任であり、義務を怠ることはできず、わたしがあなた方に委ねたことを全身全霊で、全力を用いて果たすことに専念しなければならない。

この後、長子たちには、世界中の至る所ですべてのわたしの子らと民を牧養するという義務が委ねられ、全身全霊でそれを遂行できない者には誰でも、わたしは罰を与えるだろう。これはわたしの義である――わたしは長子たちでさえ容赦しないし、寛大な処置を与えない。

わたしの子らか、わたしの民の中に、わたしの長子たちの一人を馬鹿にしたり、侮辱したりする者がいたら、わたしはその者を厳しく罰するだろう。わたしの長子たちはわたし自身を表し、誰かが彼らに対してすることは、わたしに対してすることでもあるからだ。これはわたしの行政命令の中でもっとも厳しいものである。わたしはわたしの子らや民の中の誰であれ、この命令に背く者に対しては、長子たちに、わたしの義を思うさま実施させる。

誰であれわたしを軽薄な態度で見る者をわたしは着々と見捨てていく。たとえば、わたしの食べ物、衣服、睡眠にだけ注目する者、わたしの外面的事柄だけに関心を向け、わたしの重荷を考慮しない者,自分自身の役目をきちんと果たすことに注意を払わない者などである。これは聞く耳を持つ者すべてに向けられる。

わたしへの奉仕を終える者は誰でも素直に引き下がり、言い争わないようにしなさい。注意しなさい。さもないと、わたしはあなたにつらく当たるだろう。(これは補足である。)

わたしの長子たちは今から鉄の鞭を手に取り、わたしの権威を示す行動を始め、すべての国家や民族を統治し、すべての国家や民族の間を歩き、わたしの裁き、義、威厳をすべての国家や民族の中で実行する。わたしの子らやわたしの民は止むことなくわたしを畏れ、褒め称え、わたしに喝采を送り、わたしを賛美する。わたしの経営(救いの)計画は実行され、わたしの長子たちはわたしと共に支配することができるからである。

これはわたしの行政命令の一部であり、あとでわたしは働きの進み具合に応じてあなた方に知らせるだろう。上記の行政命令から、あなた方はわたしの行う働きの速度がわかるだろうし、わたしの働きが移動した段階がわかるだろう。これは確認である。

わたしはすでにサタンを裁いた。そのように言えるのは、わたしの意志が邪魔されず、わたしの長子たちがわたしと共に賛美されているからである。そしてわたしはすでにサタンに属する世界とすべてのものに対し、わたしの義と威光を行使した。わたしはサタンに向かって何もせず、目を留めもしない(サタンはわたしに話しかけるに値しないからである)。わたしは自分のしたいことをし続けるだけである。わたしの働きは一歩ずつ順調に進展し、わたしの意志を邪魔する者は地球上にいない。このことはサタンをある程度恥じ入らせ、サタンは完全に滅ぼされたが、これでわたしの旨が成就されたわけではない。わたしは長子たちにも、わたしの行政命令を彼らの上に実行することを許す。一方では、わたしがサタンに見せるものはサタンに対するわたしの怒りである。他方では、わたしの栄光を示す。(つまり、わたしの長子たちが、サタンの屈辱に対するもっとも顕著な証人であることを示す)。わたしが直接サタンを罰することはなく、わたしの長子たちにわたしの義と威厳を実行させる。サタンはわたしの子らを何度も虐待し、迫害し、威圧したから、今日、サタンの奉仕が終わった後、わたしはわたしの長子たちの中で成熟した者たちにサタンに対処することを許す。サタンは崩壊に対して無力であった。世界中のすべての国家が無力になったことが、そのもっともよい証拠であり、戦っている人々や交戦中の国々は、サタンの王国が崩壊したことを明らかに示している。わたしが以前いかなるしるしも不思議も示さなかったのは、徐々にサタンを辱め、わたしの名前を賛美させるためであった。サタンに対して完全にとどめを刺す時、わたしは自分の力を示し始めるのだ。わたしの言うことは実現し、人間の概念とは一致しない超自然的なことが成就するだろう(これはまもなく与えられる祝福を意味する)。わたしは生きている神自身であり、わたしには何の規則もなく、わたしの経営(救いの)計画の変化に応じて語るから、わたしが過去に言ったことは必ずしも現在には当てはまらない。あなた独自の概念に固執してはいけない。わたしは規則に従う神ではない。わたしに関しては、すべては自由で、超越的で、完全に解放されている。おそらく、昨日語られたことは今日には古臭くなる、あるいは今日には投げ捨てられる(しかしわたしの行政命令は公布されているので、決して変わることはない)。これらがわたしの経営(救いの)計画の進み方である。規則に固執してはいけない。毎日、新しい光、新しい啓示があり、それがわたしの計画である。毎日、わたしの光があなたの中に現わされるだろう。そしてわたしの声は世界と宇宙に発せられるだろう。わかるだろうか。これがあなたの本分、わたしがあなたに委ねた責任である。あなたはそれを一瞬たりとも怠ってはならない。わたしが認める人々をわたしは最後まで使う。そしてこれは決して変わらない。わたしは全能の神なので、どのような種類の人がどんなことをするべきか、どのような種類の人がどんなことをすることができるかを知っている。これがわたしの全能性なのである。

前へ:第八十七章

次へ:第八十九章

他のお気に入り

  • 唯一の神自身 7

    神の権威、神の義なる性質、そして神の聖さの概論 あなたがたは、祈りを捧げ終わった時、神の存在に心の静寂を感じるであろうか。(感じる。)心が落ち着いた時、神の御言葉を聞いて理解し、真理を聞いて理解できるであろう。心を落ち着かせることが出来ない場合、心に常に迷いがある場合、あるいは常に他のことを考えてし…

  • 悪人は罰せられなければならない

    あなたが行なう全てのことにおいて義を実践しているかどうか、またあなたの全ての行動が神によって観察されているかどうかを調べることは神を信じる者たちの行動原則である。あなたがたが神に満足してもらうことができるので、そしてあなたがたが神の配慮と守りを受け入れるので、あなたがたは義と呼ばれるだろう。神の目に…

  • 極めて深刻な問題──裏切り(1)

    わたしの業は間もなく完成する。わたしたちが共に過ごした長い年月は、過去の耐えがたい記憶となった。わたしはわたしの言葉を繰り返し語り続け、わたしの新たな業を止めることなく進めた。無論、わたしの助言は、わたしが行う業それぞれに必要な構成要素である。わたしの忠告がなければ、あなたがたは皆道を逸れて、さらに…

  • あなたがたは自分の行いを考慮すべきである

    あなたがたの生活における行いから判断すると、あなたがたは皆、あなたがたに与え、あなたがたを満たしてくれる言葉の一章を毎日必要としている。というのは、あなたがには欠けているものが余りにも多く、あなたがたの認識と受け取る能力はあまりにも乏しいからである。あなたがたは日常生活の中で、真理も良い理性もない雰…