言葉は肉において現れる

目次

教会生活と日常生活を話し合うこと

人々は、自分の教会生活の中でしか変化することが出来ない、教会の中で生活していなければ変化は不可能である、そして自分の日常生活では変化出来ないと感じる。あなたがたは、この問題を認めることが出来るだろうか。私は神を日常生活に含めることに関して話をしたが、それは神を信じる者が神の言葉の現実性に真摯に取り組む道である。事実、教会生活は人間を完全にする方法のうち、ごく一部でしか無い。人間を完全にする主要な環境は、依然として日常生活である。それが私の言う実際の実践であり実際の訓練であり、それによって人間は正常な人間性のある生活を実現し、日常生活において真の人間像を行動で示すことが可能となる。ひとつの側面として、人間は自分の教育水準を向上し、神の言葉を理解できるようにし、理解能力を得るために教育を受ける必要がある。別の側面として、正常な人間性の識見と理知を得るために、人間として生きるために必要な基礎知識を習得する必要がある。なぜなら、人間はほぼ完全にそうした部分が欠如しているからである。さらに、人間は教会生活により神の言葉を味わい、漸進的に真理を明瞭に理解するようになる必要がある。

神を信じる上で、人間は日常生活に神を含める必要があると言われるのは何故であろうか。教会生活は人間を変化させる能力があるが、それ以上に重要なこととして、人間は日常生活において真理に対する真摯な取り組みを行う必要がある。嘗てあなたがたは、常に自分の霊的状態と霊的な問題について話をする一方で、多くの物事において訓練や訓練に対する真摯な取り組みを無視した。あなたがたは毎日読み書きし、話を聞いていた。料理しているときに「神よ、あなたが私の中のいのちとなりますように。今日という日を、どのように過ごすべきでしょうか。どうか私に恵みと啓きをください。今日、あなたが私を啓く事が何であれ、あなたの御言葉が私のいのちとして作用するように、今それを理解させてください。」と祈りを捧げた。また、食事をしているときも、「神よ、あなたは私達にこの食事を授けてくださいました。あなたが私達に恵みを授けますように。アーメン。あなたを自分のいのちのよりどころとさせてください。あなたが私達と共にありますように。アーメン。」と祈りを捧げた。食後に皿を洗っている時も、再び「神よ、私はこの椀です。使用後のこの椀は、サタンに堕落させられ私達のように、水で洗わなければなりません。そしてあなたが水で、あなたの御言葉は私のいのちに恵みを授ける流水です。」と呟く。そう言い終わって、就寝時もまた「神よ、あなたは一日中私に恵みを与え、導いてくださいました。あなたに心から感謝します。」と呟く。あなたがたはこうして一日を過ごして眠りに就く。殆どの者がこうして毎日を過ごし、現在に至っても実際の真摯な取り組みに注意を払う事が無く、祈りの中でお世辞を述べることだけに重点を置いている。これは従前の人間生活であり、昔の人間生活である。殆どの者がこれに準じており、実際の訓練を欠き、真の変化は、ほんの僅かしか無い。こうした者は祈りの中でお世辞を述べ、言葉で神に接するが、理解の変化が欠如している。分かりやすい例として、自宅の片付けを挙げる。あなたがたは自宅が散らかっていることに気付き、座って「神よ、サタンがこの家に与えた堕落を見てください。神よ、あなたを讃え、あなたに感謝します。私はこの家のように汚れており、あなたの救いと啓きがなければ、私はこの事実に気付かなかったでしょう。」と祈る。あなたがたはそこに座して呟き、長いこと祈りを捧げた後、何も無かったかのようにふるまい、独り言をつぶやく老いた女性のような態度を取る。あなたがたは、このように本当の真摯な取り組みの無いまま、無数の表層的実践を行って霊的生活を送る。現実への真摯な取り組みの訓練には、人間の日常生活と実践的な問題が含まれる。そうした物事だけが、人間を変化させることが出来る。日常生活が無ければ、人間は変化出来ない。それならば、祈りでお世辞を述べることが、何の役に立つというのか。人間の本性を理解しなければ、全てが時間の無駄であり、実践の道が無ければ、全てが徒労である。適切な祈りは、人間の内面を適切な状態に維持することが出来るが、人間を完全に変化させることは出来ない。人間の独善、横柄さ、自惚れ、傲慢さ、堕落した性情に関する知識は、祈りで得られるものではなく、神の言葉を味わうことで見出され、日常生活で聖霊の啓きにより知られるものである。昨今の人間は皆発言力に長けており、これまでの時代で最も高尚な話を聞いてきているが、そのうち日常生活で実行されているのは、ごく僅かである。つまり、人間の日常生活に神は不在であり、変化後の新たな人間の生活が欠如している。日常生活で真理を行動で示すことは無く、神を日常生活に含めることも無い。人間は、あたかも人間が地獄の子であるかのような生活を送っている。これは明白な逸脱ではなかろうか。

正常な人間像を復元するためには、つまり正常な人間性を実現するためには、人間は単に神を言葉で喜ばせるだけではいけない。それは人間が自らに害を与えていることであって、そうした行動が真摯な取り組みや変化に役立つことは無い。したがって、人間が変化を実現するためには、少しずつ実践し、時間をかけて真摯な取り組みを行い、少しずつ追求と探求を行い、肯定的な面から真摯な取り組みを行い、真理の実践的生活、聖人の生活を送る必要がある。今後は、それに現実の問題、現実の物事、そして現実の環境が関与し、人間は実践訓練を受けることが可能となる。そのためにお世辞は不要であり、その代わりに現実の環境における訓練が必要とされる。人間は、自分の能力が乏しいことを確認し、その後神の言葉を適切に食べ飲みし、適切に真摯な取り組みを行い、適切な実践を行うようになった。それが、人間が現実を得る方法であり、一層早く真摯な取り組みを実現する方法である。人間を変化させるためには、多少の実践性が存在する必要があり、人間が現実の問題や物事、環境で実践する必要がある。教会生活に依存するだけで、真の訓練を実現可能であろうか。人間は現実に対して真摯に取り組めるか、というと、それは不可能である。人間が日常生活に対して真摯に取り組めないならば、人間は旧来のやりかたや生活を変化させることが出来ない。それは、人間の怠慢さや高依存度だけに起因するものではなく、人間に生活能力が全く無いこと、またそれ以上に、神が人間に対して要求する正常な人間像の基準をまったく知らないことも、その原因となっている。従前、人々は常に語り、述べ、交流し、ついには「雄弁家」となるに至ったが、いのちの性情の変化を求める者は皆無であり、遠大な理論を追求することを主張するのみであった。故に、現在において、あなたがたはこうした神への信仰生活を変化させる必要がある。あなたがたは、ひとつの事柄、問題、人間に集中し、真摯な取り組みを行う必要がある。あなたがたは重点的に物事を行う必要がある。そうして初めて、あなたがたは成果を挙げることが出来る。人間を変化させることは、人間の本質から始める必要がある。業は、人間の本質、生活、怠慢さ、依存性、卑屈さに重点を置く必要があり、人間を変化させるには、この方法によるしかない。

教会生活は一部の分野で成果を挙げることが出来るものの、重要なのは、依然として日常生活が人間を変化させられることであり、人間の従来の本質は日常生活無くして変化させられない、ということである。ここで、恵みの時代におけるイエスの業を検討しよう。イエスが従前の律法を廃し、新たな時代の戒律を定めた時、イエスは日常生活の例を用いて話をした。日曜日にイエスが弟子たちを連れて麦畑を歩き、弟子たちが空腹だった時に穂を摘んで食べた時、信者以外の者がこれを見て、イエスと弟子たちは安息日を守っていないと言った。そうした者は、安息日にいずれの業もしてはならず、井戸に落ち込んだ牛を救うことは許されないと言った。イエスはこの出来事により新たな時代の戒律を次第に広めていった。当時、主は実践的な問題を多数用いて人々を理解させ、変化させた。聖霊が神の業を行う際に基づく原則であり、人間を変化させることが可能な方法は、これだけである。実践的問題が欠如し、人間が知識を理論のみで習得し、知識としてのみ物事を理解可能な場合、それは人々を変化させるのに効果的な方法ではない。訓練により知恵と識見を得ることについて、どうすればそれを得ることが出来るだろうか。人間は、話を聞いたり、本を読んだり、知識を得たりするだけで、知恵と識見を得られるだろうか。そうした方法は、いかにして知恵と識見の習得に繋がるであろうか。人間は、日常生活において、理解し、経験するよう努める必要がある。ゆえに、人間には訓練が不可欠であり、日常生活から逸脱することは出来ない。人間は、教育水準、表現力の度合い、理解力、分別、神の言葉を理解する能力、常識、人間性の規則その他人間が身に付けるべき人間性に関連する物事など、様々な側面に配慮し、真摯に取り組む必要がある。知識を得た後、人間は真摯な取り組みに重点を置く必要があり、その後に変化が実現可能となる。人間が理解していても実践を怠ったならば、どうして変化が起きようか。現在、人間が理解している事は多いが、人間は現実を行動で示さないので、神の言葉の本質的な知識はほんの僅かしか得られない。あなたがたは僅かに啓かれているに過ぎない。あなたがたは聖霊に多少照らされているが、日常生活への真摯な取り組みが皆無であるか、あるいはそれを気にかけることも無い場合もあるので、僅かな変化しか起こらないであろう。人間は極めて長い年月を経て多くを理解してきたので、理論に関する自分の知識について多くを語ることが出来るが、人間の外面的性情は不変であり、人間の元来の能力はそのまま少しも高まることが無い。その場合、あなたがたは何時になったら真摯な取り組みを行うであろうか。

教会生活は、生活の一種類に過ぎず、人間が集って神の言葉を味わう生活でしかなく、人間の生活のうち僅かな部分を占めるに過ぎない。ある者の日常生活が、適切な霊的生活、神の言葉を適切に味わうこと、神に祈り、正しく神の側に居ることを含めて、その者の教会生活と同じであるとしたら、万事が神の旨と真理に従って行われ、神の前で祈りを捧げて静まり、聖歌を歌い、踊るような日常生活のみが、神の言葉の生活へと人間を導くことが出来る。殆どの者が、自分の教会生活の数時間に重点を置き、その数時間以外については「配慮する」ことが無く、それについて懸念することが無いかのようである。また、神の言葉を食べ飲みする時や聖歌を歌う時、祈る時のみ、聖人の生活に真摯な取り組みを行い、それ以外の時は従来の自分自身に戻る者も多数居る。そうした生活で人間が変わることは無く、人間が神を知ることが出来るようにはならない。神を信じる上で、人間が自らの性情の変化を望むならば、人間は自分を日常生活から切り離すべきではない。あなたがたは、日常生活において自分を知り、自分を捨て、真理を実践し、万事における自分の行動の原則や常識、規則を知った後、自らの漸進的な変化を実現することが出来る。あなたがたが理論の知識のみに重点を置き、現実を深く検証することや日常生活に真摯に取り組むことなく、宗教儀式の中で生活するならば、あなたがたが現実に対して真摯に取り組むことは決して無く、自分自身や真理、神を知ることは無く、常に盲目で無知なままとなるであろう。神が人間に業を行う目的は、1日のうち数時間だけ人間が適切な人間生活を送り、あとは肉の中で生きることを可能とすることではない。また、それは人間の知識や理論を変化させることでは無い。むしろ、それは人間の旧来の性情、旧来の生活の全て、時代遅れな考えと精神的なものの見方を変化させることである。教会生活のみに重点を置くことで、人間の旧来の生活習慣や長年にわたって送ってきた生活のありかたが変わることは無いであろう。なにがあろうと、人間は日常生活から乖離してはならない。神は、教会生活だけではなく日常生活においても、人間が正常な人間性や真理を行動で示すこと、そして自分の役割を果たすことを要求している。人間が現実に対して真摯に取り組むには、全てを日常生活に方向付ける必要がある。神を信じる者が日常生活に対して真摯に取り組むこと、自分を知ること、日常生活において正常な人間性を行動で示すことが出来ないならば、その者は落伍者となるであろう。神に従わない者は皆、日常生活に対して真摯に取り組むことが出来ない者である。そうした者は皆、人間性について語るが、行動では悪魔の本性を示すものである。そうした者は皆、真理について語るが、行動では教義を示す者である。日常生活において行動で真理を示すことが出来ない者は、神を信じるが、神に嫌い捨てられる者である。あなたがたは日常生活に対する真摯な取り組みを実践し、自らの欠点と反抗、無知、そして異常な人間性と弱さを知る必要がある。そうすることで、あなたがたの知識は、全て自分の実際の状況や困難と統合される。こうした知識のみが本物であり、あなたがたが自分の状態の把握や性情の変化を実現することを可能とし得るものである。

人間の完全化が正式に開始されているので、人間は日常生活に対して真摯に取り組む必要がある。ゆえに、変化を実現するには、日常生活に対する真摯な取り組みから始めて少しずつ変化する必要がある。あなたがたが人間の正常な生活を避け、霊的問題について語るだけであれば、物事は単調でつまらないものとなり、非現実的となるのであるから、どうして人間は変化できようか。現在あなたがたは、真の経験に対する真摯な取り組みの基礎を構築するために、日常生活に対して真摯に取り組むようにと伝えられている。これは人間のなすべき事のひとつである。聖霊の業は、専ら指導であり、それ以外は人間の実践と真摯な取り組みに依存している。誰もが、様々な道により日常生活への真摯な取り組みを実現し、神を日常生活に含め、正常な人間性を行動で示すことが出来る。それだけが、有意義な生活である。