全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

人間を救う働きとはサタンを打ち破る働きである

1 裁きであれ刑罰であれ、神のすべての働きは、サタンに向けられ、人間を救いサタンを打ち破るため。その働きの唯一の目的は、最後までサタンと戦うこと。神は勝利するまで休まない。なぜなら、神の働きはサタンに向けられ、堕落した者たちはサタンの支配のもとにあるから。もし神がサタンとの戦いを始めず、人がサタンと決別しないなら、人が神のものとなることは絶対にない。人がサタンの虜となり、神のものとならないなら、サタンが打ち負かされた証拠にはならず、サタンは敗北しなかったことになる。神の六千年にわたる働きの本質とは、赤い大きな竜との戦いであり、人を救う働きもまた、サタンを打ち負かす働きである。

2 神は六千年にもわたって戦い、働いてきた。最終的に人を新しい領域に連れて行くために。サタンが打ち負かされると、人は完全に自由になる。それぞれの段階は、人の実際の必要に適っているので、神はサタンを倒すことができる。人がサタンの虜となり、神のものとならないなら、サタンが打ち負かされた証拠にはならず、サタンは敗北しなかったことになる。神の六千年にわたる働きの本質とは、赤い大きな竜との戦いであり、人を救う働きもまた、サタンを打ち負かす働きである。

3 神は六千年にわたる救いの計画において、第一段階では律法の働きを為し、第二段階では恵みの時代の働き為し、第三段階では人類を征服する。この働きは、サタンが人間を堕落させた度合いに応じて為される。この働きの目標はサタンを打ち負かすこと。この三段階はすべてそのためにある。神の六千年にわたる働きの本質とは、赤い大きな竜との戦いであり、人を救う働きもまた、サタンを打ち負かす働きである。

前へ:全ての奥義が明らかにされた

次へ:どうすれば神に用いられるに相応しい者になれるのか