全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

神が人間を用いるということ

聖霊に特別な指示と導きを与えられた人を除いては、自立して生きられる人間はいない。なぜなら、人間は神に用いられる人々の働きと牧養が必要であるからだ。そこで、神はその時代時代で、神の働きのために教会を牧養するという仕事に没頭する様々な人を育てる。つまり、神の働きは、神が好ましく思い、神が認める人々により為されなければならない。聖霊は、その人々にあって働きに用いるのに相応しい部分を用いなければならず、彼らは聖霊により完全にされることで神に用いられるのに相応しくなるのである。人間は余りにも理解する能力に欠けているため、神の用いる人々により牧養される必要がある。それは神がモーゼを用いたのと同じである。当時神は用いるに適う多くのものをモーゼに見出したのであり、神はそれをその段階での神の働きを行うのに用いたのである。神は、今の段階では、働くために聖霊が用いることができる部分を利用しながら人を用いるのであり、聖霊はその人を指導すると同時に、残りの用いることのできない部分を完全にするのである。

神が用いる人が行う働きは、キリストや聖霊の働きに協力するためのものである。この人は、人間の間にあって神により立てられ、神により選ばれた者全員を率いるために存在する。また、その人は、人間が協力して行う働きをするよう神に立てられている。人間が協力して行う働きができるこうした人にあっては、神が人間に対して求めるものの更に多くと、人間の間にあって聖霊が行わなければならない働きが、その人を通じて実現されるのである。別の言葉で言うと、次のようになる。神がその人を用いる目的は、神に従う者全員が神の心をより良く理解し、神の要求をより多く達成できるようにするためである。人間は直接神の言葉や神の心を理解できないため、神はそうした働きを行うために用いる人を立てたのである。神が用いるそういう人は、神が人々を導くための手段とも、神と人々との間にあって意思を伝える「通訳者」とも言えるであろう。このように、そうした人は神の家で働く人々や神の使徒である人々とは異なる。神の家で働く人々や神の使徒と同様に、そうした人は神に仕える人とは言えるが、その働きの本質と神に用いられる背景において、そうした人は他の働き手や使徒とは大きく異なるのである。その働きの本質と神に用いられる背景に関して言えば、神が用いる人は神により立てられ、神の働きのために神により整えられ、神自身の働きに協力する。そうした人の仕事には決して誰も代わりとなることができないであろう。神性の働きに不可欠なのは人間の協力である。一方、他の働き手や使徒が行う働きは、その時々における教会に関する取り決めの多くの側面を伝えて実行するに過ぎないか、教会の生活を維持するために単にいのちを施すという働きのみをする。そうした働き手や使徒は神に任命されたのではなく、聖霊が用いる者と呼ばれることはなおさらない。彼らは教会の中から選ばれ、一定期間訓練を受け養成された後、適した者が残され、適していない者は元いた場所に帰される。こうした人々は教会の中から選ばれるため、中にはリーダーになるとその本性を現す人もおり、様々な悪事を働いて排除される人すらもいる。しかし、神が用いる人は神により整えられた人であり、ある種の器量を備え、人間性を持ち合わせているのである。そういう人は聖霊により前もって整えられ、完全にされており、聖霊によって全てが導かれ、特にその働きについては聖霊により指導され、命じられる-そしてその結果、神に選ばれし者らを導く道からは逸れることがない。なぜなら、神は確実に自らの働きに責任を持ち、神は常に自らの働きを行うからである。

前へ:一人ひとりが自らの役割を果たすことについて

次へ:真理を理解したらそれを実行せよ

他のお気に入り

  • 働きと入ること(10)

    人類がここまで発展してきたことは、前例のない状況である。神の働きと人がいのちに入ることは肩を並べて進むのであるから、神の働きもまた比類の無い程の大いなる好機である。現在まで人間がいのちに入ることは、人間がかつて想像し得なかった不思議である。神の働きは絶頂を迎え、それに続いて人間の「入ること」[1]…

  • 招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない

    わたしは地上において、わたしの追随者となるように多くの人々を求めてきた。これら追随者の中には、祭司として仕える人々、先導する人々、子となる人々、民を形成する人々、奉仕をする人々がいる。彼らがわたしに見せる忠実により、わたしは彼らをこれら異なる種類に分ける。すべての人々がそれぞれの種類に従って分類され…

  • 二度の受肉が受肉の意義を完成させる

    神による各段階の働きには実質的な意義がある。イエスが来た時男性であったが、今回は女性である。このことから、神はその働きのために男と女の両方を造ったが、神には性の区別がないことがわかる。神の霊が来るとき、それは意のままにいかなる肉体でも持つことができ、その肉体が神を表す。男性であろうと女性であろうと…

  • あなたは誰に忠実なのか

    現在、あなたがたが過ごしている日々は決定的である。それはあなたがたの終着点と運命にとってこの上なく重要である。そのため、今日もっているものすべてを大切にし、過ぎゆく一瞬一瞬を大切にしなければならない。この生涯を無駄に生きたことにならないように、可能な限りの時間を作り出し、最大の成果を獲得できるように…