全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の羊は神の御声を聞く(新信者必読)

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第6章 神への信仰において備えるべきいくつかの識別

7. 外的な善行と性質の変化の違い

関連する神の言葉

性質の変化とは、主に人の本性の変化を指します。人の本性に関する物事は、外面上の行いに見られるものではありません。本性は、人の生存の意義や価値とじかに関係しています。つまり、人の人生観と価値観、魂の奥深くにあるもの、その人の本質に直接かかわっているのです。真理を受け入れられない人は、こういう面で変化を遂げません。神の働きを経験し、すっかり真理に入り、価値観、生存観、人生観を変え、自分の見方を神の見方に合わせ、完全に神に従い、自分を捧げられるようになってのみ、 性質が変わったと言えるのです。あなたはいくらか努力しているように見えるかもしれません。困難にあってもめげないかもしれません。上層部から来る働きの手はずを遂行できるかもしれませんし、行けと言われたところへはどこへでも行けるかもしれません。しかし、こういうことは振る舞いにおける小さな変化に過ぎず、性質の変化となるには不十分です。あなたはたくさんの道を走り、多くの困難に苦しみ、大変な屈辱に耐えることができるかもしれません。あなたは神をとても近くに感じ、聖霊があなたの内側で何らかの働きをするかもしれません。しかし神があなたの観念に合わないことをするように言うと、あなたはやはり従わず、言い訳を探し、神を避難して抗議するまで神に逆らい、拒むかもしれません。これは深刻な問題です。これは、あなたにまだ神に敵対する本性があり、一切の変化を経ていないことを示しています。

『キリストの言葉の記録』の「性質の変化について知るべきこと」より

人は良い振る舞いをすることができますが、それは必ずしもその人に真理があるということではありません。熱意は人に教義を尊重させ、規則に従わせることしか出来ません。真理の無い人は実質的な問題を解決することが一切出来ず、教義が真理の代わりになることは不可能なのです。性質が変わった人は違います。性質の変化を経た人は真理を理解しており、あらゆる事柄を識別することができ、神の旨に沿うにはいかに行動するべきか、真理の原則に沿うにはいかに行動するべきか、神を満足させるにはいかに行動するべきかを知っており、自らが露わにする堕落の本質を理解しています。そのような人は自分の考えや観念が露わになると、識別力をもちいて肉を捨て去ることができます。性質の変化はこのように現れます。性質の変化にまつわる主要な事は、彼らが真理をはっきり理解しており、物事を実行するときにある程度正確に真理を実践し、堕落した性質がさほど頻繁には露わにされないということです。一般的に、性質が変化した人はとりわけ理性と識別力があるように見え、真理を理解しているために独善性や傲慢をそれほど多くあらわしません。彼らは露わにされた堕落の多くを見通して識別することができ、故に傲慢さを生じさせません。彼らは人間のあるべき立場をわきまえており、いかに理性的に振る舞うべきか、いかに忠実に本分を尽くすべきか、言うべき事とそうでない事、誰に何を言い行なうべきかをわきまえています。このような人々が比較的理性的だと言われるのはそのためです。性質を変える人々は真に人間の姿を生き、真理を自分のものにしています。彼らはいつも真理と一致する話し方や見方をすることができ、あらゆる行ないに原則があり、いかなる人間や物事にも影響されず、みな自分の見方をもっていて、真理の原則を保つことができます。彼らの性質は比較的安定しており、熱しやすく冷めやすいということはなく、どのような状況にあってもいかに本分をきちんと尽くし、神を満足させるためにはいかに物事を行なうべきかを理解しています。性質が変えられた人々は、表面的に自分を良く見せるために何をするべきかに重点を置いたりしません。彼らは神に満足してもらうためにどうすべきかを心の中で明確に把握しているのです。それ故、外面的には熱心には見えなかったり、偉大なことを成し遂げたようには見えなかったりするかもしれませんが、彼らのすること全ては意味があり、価値があり、現実的な結果をもたらします。性質が変えられた人々が真理を多く得ていることは確かです。このことは彼らの物事の見方や行動の原則を通して確認できます。真理を得ていない人々は性質の変化など経験していないのは絶対です。これは人間性において成熟していれば性質の変化を得られるということではありません。性質が変えられるというのは、ある人の本性の中にあるサタン的な毒の一部が、神を認識して真理を理解することによって変えられることをまず第一に指します。つまり、そのようなサタンの毒は清められ、神によって表される真理がその人に根付き、いのちとなり、存在の基礎となるということです。そうなって初めて新しい人になり、性質もそれ故に変わるのです。性質の変化はその人の外的な性質が以前より柔和になったことを意味するのでもなければ、傲慢だった人が理性的な言葉使いをするとか、相手の話しを聞かなかった人が他人の話を聞けるようになったとかいうことを意味するのでもありません。このような外的変化を性質の変化とは言えません。もちろん、性質の変化にはこれらの状態も含まれますが、何よりも重要なのはその人の内なるいのちが変えられたということです。神の表す真理が彼らのいのちそのものとなり、サタン的な毒は取り除かれ、ものの見方が全く変わり、それらのどれも、この世のものとは全く違うものとなります。彼らには赤い大きな竜の策略と毒がはっきり分かります。彼らはいのちの真の本質を得ています。そのようにして彼らのいのちの価値が変わったのです。これが最も基本的な変化であり、性質の変化の本質なのです。

『キリストの言葉の記録』の「外面的な変化と性質の変化の相違」より

宗教の領域では、多くの人々は肉体を抑制したり、十字架を負ったりして生涯にわたって大いに苦しみ、最期の息を引き取るまで苦しみ忍耐することさえする。中には死ぬその朝まで断食を続けている者もいる。このような人々はよい食物やよい衣服を生涯自らに否定し、苦しみだけを重視する。彼らは肉体を抑制し、自らの肉を捨てられる。彼らの苦しみに耐える精神は賞賛に値する。しかし、彼らの考え方、観念、精神的態度、そしてまさに古い本性は、まったく取り扱いを受けていない。彼らは自らを真に理解していない。彼らが心に抱いている神の姿は、伝統的な抽象的で漠然としたものである。彼らの神のために苦しもうという決意は、熱意と積極的な性格から来ている。彼らは神を信じてはいるが、神を理解していないし、神の心を知りもしない。彼らは神のためにただ盲目的に働き、盲目的に苦しんでいる。彼らは識別することを一切重視しないし、自分たちの奉仕が実際に神の心を満たすようにするにはどうするかということもほとんど考慮していない。また、神を理解するためにはどうするかということもほとんど知らない。彼らの仕える神は本来の姿のものではなく、自分たちが作り上げた神、彼らが人から聞いた神、あるいは、書物にある伝説的な神である。そして、彼らは生き生きとした想像力と信仰心から神のために苦しみ、神が望む働きに取り組む。彼らの奉仕はあまりに不正確で、実際にはほんとうに神の心を満たすような奉仕をしている人は誰もいない。どんなに苦しむことを厭わないとしても、彼らの元来からの奉仕についての考え方と彼らの想像する神の姿は変わっていない。彼らは神の裁きと刑罰、精錬と完成を経験していないからであり、誰も彼らを真理で導いていないからである。たとえ救い主イエスを信じていても、彼らの誰一人として救い主を見たことがない。彼らはただ伝説と噂で神を知っているだけなのである。だから、彼らの奉仕は目の見えない人が父親に仕えているように、目を閉じて行き当たりばったりに仕えているにすぎない。このような奉仕で最終的に何を達成できるであろうか。そして、誰がそれを認めるのであろうか。最初から終わりまで、彼らの奉仕はまったく変わらない。彼らは人間の作り出した教えを受け、自分たちの性質と好みとに基づいた奉仕をする。それでどんな褒美を受けられるのであろうか。イエスを見たペテロでさえ神の心にかなう奉仕の仕方を知らなかった。彼が理解したのは最後、老年になってのことである。このことから、取り扱いも刈り込みも経験したことがなく、導いてくれる人がいたことがない、目の見えない人々について何が言えるであろうか。現在あなたがたのうちの多くの者の奉仕は、そうした目の見えない人たちのもののようではないのか。裁きを受けていない人々、刈り込みと取り扱いを受けず変わらずにいる人々──こうした人々はまったく征服されていないのではないか。そうした人々が何の役に立つだろうか。考え方、人生の理解、神についての理解が何の変化もなく、少しも実際に得たものがないのなら、けっして奉仕によって顕著な成果を得られない。ビジョンなしで、神の働きについての新しい理解なしでは、征服された者にはなれない。そうであるなら、あなたの神に従う方法は、あの苦しみ断食する人たちと同じである。──それは少しも役に立たない。彼らのすることには証しがないからこそ、その奉仕が無駄だとわたしは言うのである。彼らは生涯をとおして苦しみ、監獄で過ごし、あらゆる瞬間に耐え、愛と優しさを重視し、十字架を負う。彼らは世の中からけなされ、拒まれ、あらゆる苦難を経験してきた。彼らは最後まで従うが、それでも征服されておらず、征服されたことについて何の証しもできない。彼らは少なからぬ苦しみを経ているが、心の中ではまったく神を知らずにいる。彼らの古い考え方、古い観念、宗教的実践、人間がつくった理解、人間の考えは取り扱いを受けていない。そこには新しい理解がまるでない。彼らの神についての理解は、少しも真実でも正確でもない。彼らは神の心を誤解している。それが神に仕えるということでありえるであろうか。あなたが過去にどのように神を理解していたとしても、あなたは今日も同じ理解をもち続けており、神が何をしようと、自分なりの観念や考えに基づいた神に関する理解をもち続けているとしよう。つまり、神について新しい本物の理解を何ももっておらず、神の真の姿や性質を知ることができないでいるとしよう。あなたの神についての理解がまだ封建的な迷信的な考え方に基づいていて、人間の想像や観念に導かれているとしよう。もしそうなら、あなたはまだ征服されていないのである。わたしがこうしたことを今述べているのは、あなたに理解させ、この認識によって正しく新たな理解へと導くためである。また、あなたのもっている古い考えや古い認識を捨てて、新たな理解をもてるようにするためでもある。もしほんとうにわたしの言葉を飲み食いするなら、理解は大きく変わるであろう。神の言葉を飲み食いするときに従順な心を持ち続けるなら、考え方は変わるであろう。繰り返し刑罰を受け入れられる限り、古い考え方は徐々に変化するであろう。古い考え方が新たなものに置き換えられるなら、実践もまたそれに伴って変わっていくであろう。このようにして、奉仕はますます適切なもの、ますます神の心にかなうものになっていくであろう。もし自分の生活、人生の理解、神についての多くの観念を変えられるなら、持って生まれた性質は徐々に減じるであろう。これが、そしてこれこそが、神が人間を征服した結果なのである。これが人間に見られる変化である。神を信じていながら、あなたの知っていることが、自分の体を抑制し、耐え、苦しむことだけで、自分のしていることが良いのか悪いのか、まして、それが誰のためなのかはっきりわかっていないのなら、どうしてそのような実践が変化につながるであろうか。

『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内なる真実(3)」より

そのような宗教熱心な人たちはいつ集まっても、「お元気でいらっしゃいましたか。」と尋ねる。そして姉妹は、「神様に負い目がありますが、神様の御心をなかなか成就することができません。」と答える。また別の人は「私もなんです。神様に負い目がありますが、神様に満足していただくことができません。」と答える。この僅かな言葉にも、彼らの心の奥深くにある卑劣な心が表現されている。そのような言葉は実に忌まわしく、あまりにも不快だ。そのような人たちの本性は神に敵対している。現実に焦点を合わせている人たちは、心にあることをそのまま言葉にし、会話の中で自分たちの心をさらけ出す。偽りの行いはひとつもなく、礼儀にこだわらず、空虚な社交辞令もない。彼らはいつも単刀直入で、この世の規律を守ることはない。また、理性を失って大げさに振る舞う人たちがいる。他の人が歌うと踊り始め、鍋の米が焦げていることさえも気が付かない。そのような人たちは敬虔でもなく、尊敬に値しない。あまりに軽率な人たちである。全て現実の欠如の顕れである。ある人たちは霊的いのちについて語り合うとき、神に負い目があるとは語らなくても心の中には神への心からの愛を秘めている。あなたが神にどれほど負い目があるかは他の人たちとは無関係だ。あなたは人ではなく神に負い目があるのだから。それならあなたがこのことを絶えず誰かに話したところでどうなるのだろうか。あなたは外観の熱心さや見せかけではなく、現実において成長することに重点を置くべきだ。

人のうわべだけの善行が何を表すだろうか。そのようなものは肉を表し、外見上最善のことをしたところで、ただあなた個人の性質を現すだけで、いのちを現すわけではない。人のうわべだけの行動では神の願いを成就することはできない。あなたは絶えず神に負い目があると言うが、誰かにいのちを与えたり、神を愛するように誰かを導いたりすることすらできない。それで神を満足させられると信じているのか。あなたは自分のしている事が神の心からの願いであり、霊的なことだと信じているが、実にばかげている。あなたは自分が喜ぶものや自分が願うものを神も喜ぶと信じている。あなたが喜ぶものが神の喜びを表すだろうか。人の性格が神を表すことができるのか。あなたが喜ぶものはまさしく神が忌み嫌うもので、あなたの習慣は神がひどく嫌い拒絶するものである。もしあなたが神に負い目を感じるなら、神の前に出て祈りなさい。それを誰かに話す必要などない。神の前で祈ることもせず、人の注目を引こうとするばかりでも神の心の願いを成就することができるだろうか。もしあなたの行動が常に見せかけだけなら、あなたは最もうぬぼれが強い人間だ。表面上良い行いをするだけで、現実性に欠けている人はどんなタイプの人間か。それは偽善者のパリサイ人で、単に宗教熱心でしかない。あなた方が見せかけの行いを止めず、変わることができないなら、あなた方の中にある偽善的要素は増大するであろう。偽善的要素が大きくなればなるほど神に抵抗するようになり、そして遂には神に見捨てられるだろう。

『言葉は肉において現れる』の「神への信仰は宗教的儀式でなく現実に焦点を合わせるべきである」より

説教と交わりの参考箇所

宗教界には多くの敬虔な人々がいて、こう言います。「私たちは主イエスを信じて変わりました。私たちは主のために尽くすことができ、主のために働き、主のために投獄の苦しみに耐え、それでも主の名を否定することがありません。私たちは多くの善行を行い、慈善団体に寄付し、貧しい人たちのために献金して助けることができます。これは大きな変化です。それゆえ私たちは天の御国へ引き上げられる資格があります。」あなたはこれらの言葉についてどう思いますか。これらの言葉について、何か洞察がありますか。清められるとはどういう意味ですか。あなたの行動が変わり善行を為したら、清められるのですか。ある人は言います。「私はすべてを捨てました。私は神に尽くすために、自分の仕事、家族、肉の欲望を捨てました。これは清められること同じですか。」たとえあなたがこれらの事すべてを行っても、清められたという揺るぎない証拠にはなりません。それでは、重要な点は何でしょうか。どのような側面で真の清めとみなされるものを得ることができますか。真の清めとは、神に抵抗する悪魔のような性質を清めることを意味するのです。神に抵抗する悪魔のような性質の表象とは何ですか。最も明白な表象は、人の傲慢、うぬぼれ、独善や自負心、及び歪んだ心、背信、嘘、欺瞞や偽善です。これらの悪魔のような性質が人間の一部でなくなった時、人は本当に清められるのです。人間の悪魔のような性質には、次のような十二の主な兆候があると言われています。自分自身を最も栄誉ある者とみなすこと。私に従う者を栄えさせ、私に逆らう者は滅びさせること。自分より優れているのは神だけだと思うこと。誰にも服従しないこと。他人のことをまったく考慮しないこと。いったん権力をつかむと自分の独立王国を築くこと。権力を振るう唯一の者になることを望むこと。また、すべてのものの上に君臨したいと思うこと。そして、すべてのことを自分ひとりで決めようとすることなどです。これらの徴候はすべて悪魔の性質です。人が命の性質における変化を体験する前に、悪魔のようなこれらの性質が清められなければなりません。人の性質が変わるということは、その人の本質が変わるということなので、それは新しく生まれ変わることです。以前、権力を与えられた時、その人は自分の独立王国を築くことができました。今、権力を与えられると、彼は神に仕え、神のために証しし、神の選びの民のしもべとなります。これこそが真の変化ではありませんか。以前、その人はあらゆる状況で自分自身を誇示し、他の人が自分を高く評価して崇めることを望んでいました。今、彼はどこでも神のために証しし、自分自身を誇示しません。人々が彼をどのように扱っても、彼はいっこうに構いません。人々が彼についてどのような意見を述べようと、彼はいっこうに構いません。そんなことは気にも留めないのです。彼は神を崇め、神のために証しすることだけに重点を置き、他の人たちが神を理解し、神の前で従えるように助けます。これが命の性質における変化ではありませんか。「私は愛をもって兄弟姉妹たちを扱うつもりです。どんな状況でも他の人たちのことを思いやります。自分のことは考えず、他の人の益になるように与えます。私は他の人たちが命において成長するのを助け、自分の責任を果たします。また、他の人が真理を理解して真理を獲得できるよう助けます。」これこそが自分自身を愛するように他人を愛するということです。サタンについて言うと、あなたはサタンを見分けることができ、原則を備え、サタンに対して境界線を引き、サタンの悪を徹底的に暴いて、神の選びの民が危害を受けないようにします。これは神の選びの民を守ることであり、自分自身を愛するように他人を愛することのより優れた実例です。さらに、あなたは神が愛されるものを愛し、神が憎まれるものを憎むべきです。神が憎まれるものとは、反キリスト、悪霊、邪悪な人々です。それはつまり、私たちも反キリスト、悪霊、邪悪な人々を憎むべきであるということです。私たちは神の側に立たなければなりません。私たちは彼らに妥協することはできません。神はご自身が救い祝福したいと望んでおられる者を愛されます。これらの人々のために私たちは責任を負い、愛をもって彼らを扱い、助け、導き、与え、支えなければなりません。これこそが命の性質の変化ではありませんか。さらに、あなたが何らかの過ちや間違いを犯したり、何かをする際に原則をおろそかにした時は、兄弟姉妹の批判、叱責、取り扱いや刈り込みを受け入れることができます。あなたはこれらすべてを正しく扱い、神からそれらのことを受け取り、決して恨みを抱かず、自分の堕落を解消するために真理を求めます。これこそがあなたの命における性質の変化ではありませんか。(はい、そうです……)

宗教界で語られている人間の行動の変化は、命における性質の変化を表していますか。表せない、と皆言っています。何故でしょうか。主な理由は、その人がまだ神に抵抗しているからです。それは外観だけはたいへん敬虔に見えるパリサイ人と同じです。彼らは頻繁に祈り、聖書を説明し、律法の規律に非常によく従いました。彼らは外見的には非の打ちどころがなかったと言えるでしょう。人々は彼らに何の欠点も見つけることができませんでした。しかし、なぜ彼らはそれでもキリストに抵抗し、彼を罪に定めることができたのでしょうか。このことは何を示していますか。どんなに良い人のように見えても、真理を持たず、それゆえ神を知らないなら、やはり神に抵抗するでしょう。彼らは外見的にはとても善良に見えますが、なぜこれが命の性質の変化と見なされないのでしょうか。それは、彼らの堕落した性質はほんの少しも変わらず、彼らは依然として傲慢で、うぬぼれており、とりわけ独善的だったからです。彼らは自分の知識と理論を信じ、自分たちは聖書を最もよく理解していると思っていました。彼らは自分たちがあらゆることを理解し、他の人よりも優れていると信じていました。これこそが、主イエスが教え働いている時に、彼らが主イエスに抵抗して彼を罪に定めた理由です。終わりの日のキリストがすべての真理を表したということを宗教界が聞くと、それが真理であることを知っているにもかかわらず、キリストを罪に定めるのはそのためです。

『いのちにへ入ることに関する交わりと説教』第百三十八卷より

前へ:真の指導者たちと偽の指導者たち、真の羊飼いと偽の羊飼いの識別

次へ:神への信仰において神の新しい働きへの人々の反対の根源を知ること

他のお気に入り

  • 神の現れによる新時代の到来

    六千年間にわたる神の経営(救いの)計画が終わりを告げようとしている。そして、神の国の門は神の現れを求める人々にすでに開かれている。兄弟姉妹たちよ、何を待っているのか。あなたがたが探し求めているものは何か。神の現れを待っているのか。神の足跡を探し求めているのか。ああ、神の現れがどれほど慕わしいものか。…

  • 序文

    神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神を知らないすべての人々…

  • 受肉とは何か。受肉の本質は何か。

    2. 受肉とは何か。受肉の本質は何か。 参考聖書箇所 「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。」(ヨハネによる福音書 1:1) 「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた。…

  • 携挙されることは神の言葉に基づかねばならず、人間の観念や想像に基づいてはならない

    人類がみな本来の姿を回復し、それぞれ自分の本分を尽くし、自分の立場を守り、神のすべての定めに従うことができたら、神が地上で一団の、自身を礼拝する人たちを得、自身を礼拝する国を打ち立てたことになる。