全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

ずさんであればあなたは本分を尽くしていない

本分を尽くすふりだけするのは禁物です。このように行動し続けると本分を十分に尽くすことはできません。それには心を尽くさなければならないのです。この機会を得るのは難しいことです。神が機会を与えても、あなたがそれを掴まなければ好機は失われます。その後本分を尽くす別の機会を見つけようと思っても、それは容易ではありません。実際、そのような機会は巡ってこないでしょう。神の働きは人を待たず、それは本分を尽くす機会も同じです。巡ってくる好機は少ないので、それをしっかり掴まなければなりません。

本分を尽くす際、用心深くない人がいます。その人はどんなことをとても乱雑で、何をするにしても見て見ぬふりをします。働くにあたってまったく用心深くないのです。何かをするよう言われると、少しだけ努力します。働きが基準に達しているか誰かが確かめに来たら、少しばかりよい仕事をしますが、そうでない時は手を抜き、誰にも気づかれまいと思い込みます。やがて他の人は気づき、それを見抜きす。誇りも人格も完全に捨ててしまったのです。誰もこのような人を信頼しないなら、どうして神が信頼しますか。このような人は信頼に価しません。

本分を尽くす際、いつもふりをするだけで、神の前で偽るなら、あなたは大きな危険にさらされています。故意に偽ることの結末は何ですか。短期的に見れば、あなたは堕落した性質をもち、頻繁に罪を犯していながら悔い改めず、真理を実践する方法を知らず、実践することもしません。長期的に見れば、いつもこのようなことを行なうようになります。大きな過ちは犯さないかもしれませんが、絶えず小さな過ちを犯します。最終的に、そのような行為の結果は改善できず、あなたの結末は無に帰します。

『キリストの言葉の記録』の「いのちへの入りは本分を尽くすことから始まるべき」より編集

前へ:どうすれば救いの道を歩めるか

次へ:人は神に多く要求しすぎる