神の言葉を行いの基礎としなさい

わたしが望むのは

与えるものや労苦を無駄にせず

わたしの心を知り

わたしの言葉を生き方の基礎とすることである

喜んで聞ける言葉かどうか

受け入れられる言葉かどうかにかかわらず

真剣に受け止めなくてはならない

あなた方のずさんで無関心な態度が

わたしを悲しませ うんざりさせる

わたしが望むのは

与えるものや労苦を無駄にせず

わたしの心を知り

わたしの言葉を生き方の基礎とすることである

わたしの言葉を何千回も読み

そらんじられるようになることを

わたしはただひたすらに願っている

そうすればわたしの期待に応えられるが

誰もそのようには生活しない

わたしが望むのは

与えるものや労苦を無駄にせず

わたしの心を知り

わたしの言葉を生き方の基礎とすることである

あなた方はみな

飲み食いするだけの退廃した暮らしに浸っており

わたしの言葉を用いて

心と魂を豊かにする者はいない

だからわたしは人の真相は裏切りであると結論づける

人はわたしを裏切り

わたしの言葉に忠心を尽くす者はいない

わたしが望むのは

与えるものや労苦を無駄にせず

わたしの心を知り

わたしの言葉を生き方の基礎とすることである


『言葉は肉において現れる』より

前へ: 常に正しい霊的生活を維持しなければならない

次へ: 真理のために良き戦いを戦いなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

誰が神の心を理解できるだろう

地にいる神は常に黙し 人のどんな酷い行いも心にとめず 父に託された業を全うするのみ 誰が神の素晴らしさに気づくだろう 神の子以外の誰が父なる 神の重荷を気にかけその意志を知るだろう 人類よ いつになれば神の心を思い 神の意図を理解するのか 神は地に来て 人の世の苦難を受ける …

私は一生涯を神に捧げたい

時に、神と過ごし 時に離れたが 神は誰より愛して下さる 神よ、私は反抗して 何度もあなたを悲しませた どうして忘れられよう 私の中のあなたの業と託されたことを心に留め 御業によって最善を尽くしてきた 神は私に出来ることをご存知だ 私は生涯をあなたに捧げたい 何も求めず、希望も計…

私たちは共に教会に集う

私たちは共に教会に集う 私たちは共に教会に集う それは神を愛する人々の集い。 私たちは神の言葉を飲み食いし、真理について交わり、 私たちの心は甘美さと幸福に満ちている。 過去の記憶から、私たちは悔恨と罪責感を抱いている。 互いを知った今、私たちは神の愛の中で生きる。 偏見も壁も…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索