神の業が広大な宇宙全体を満たす


神は高いところから

万物を見下ろし支配する

それと同時に神はこの地に救いをもたらしてきた

神は隠れた場所から常に

人間のあらゆる行動と言動を見ている

神は自分の手のひらのように人間を知っている

その隠れた場所に神は住み

天空は神が横になるベッド

サタンの力は神に届かない

神は威厳と義と裁きに満ちているのだから


神は万物を自分の足台とし

まなざしを全宇宙に向けてきた

そして神は人の間を歩き苦楽を 味わってきた

人間世界であらゆるものを味わったが

人間は真に神を認識することもできず

また神が地を巡り歩いてもまるで気付かなかった

なぜなら神は沈黙し超自然的な業を行わなかったから

それゆえ真に神を見た者は居なかった

しかし今はかつてとはちがう

神は業を行うがそれはすべての時代を通して

誰も見た事の無い業である

神は言葉を述べるがそれはすべての時代を通して

誰も聞いた事の無い言葉である

なぜなら神は人類すべてが

肉となった神を知ることを求めているから

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第五章」より編集

前へ: 万象は神の手の中にある

次へ: 神は天におり、地にもいる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

私は神の愛に報いよう

長年にわたり私は 世界の 海原を漂ってきた 私は心の底から堕落し 魂は汚れに満ちている しかし神は恵みの手を差し伸べ 憐れみをもって私を救った 今、私は感謝に溢れ 全能神の家に戻っていく たとえ今、神に救われていても 私は自分の性質を変えていくべきだ 鍛錬や苦痛が伴うとしても 私…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索