神は人が心から悔い改めることを望む

神はニネベの人々に怒り

彼らの町を滅ぼすと宣告した

だが彼らが断食を宣言し

粗布と灰をかぶると

神の心は穏やかになり変った

ニネベの人々への神の怒りは

憐れみと寛容へと変わった

彼らが罪を告白し悔い改めたから

神は人に怒る時

真に悔い改めることを望み

悔い改めるなら憐れむ

人の悪ゆえに神は怒る

神に耳を傾け

悔い改め 悪の道を離れ

暴力を全て捨て去るなら

憐れみと寛容が与えられる

この神の性質の現われに矛盾はなく

彼らの悔い改めの前後に

神はこれらの異なる本質を現わし

神の本質が現わされた

こうして人は神の本質と現実性を@見ることを許された

そしてまた

人は神の本質を侵害しては@ならないことが示された


神はその態度によって人々に知らせた

神は憐れみを示したくないのではない

心から悔い改め 暴力から離れ

悪から立ち返る者がほとんどいないだけだ

ニネベの人々への扱いは

憐れみを得られることの現われで

悔い改め悪を離れるなら

神の心は変わる

神は人に怒る時

真に悔い改めることを望み

悔い改めるなら憐れむ

人の悪ゆえに神は怒る

神に耳を傾け

悔い改め 悪の道を離れ

暴力を全て捨てさるなら

憐れみと寛容が与えられる


『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より編集

前へ: 人間に対する神の姿勢

次へ: 神の業の原則は変わらない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

誰が神の心を理解できるだろう

地にいる神は常に黙し 人のどんな酷い行いも心にとめず 父に託された業を全うするのみ 誰が神の素晴らしさに気づくだろう 神の子以外の誰が父なる 神の重荷を気にかけその意志を知るだろう 人類よ いつになれば神の心を思い 神の意図を理解するのか 神は地に来て 人の世の苦難を受ける …

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神の愛はいつも私の心の中にある

Ⅰ 神に従う私の旅路で 、私は神の愛の全てを楽しんだ。神のみ言葉と要求は全て神の守りと愛である。私が弱り果てて涙する時、み言葉は私を励ましてくれる。私が失望する時はいつも、み言葉が私を立ち上がらせてくれる。(神よ)あなたの愛は貴く、後悔などない。私の中にあなたの愛を深く感じる。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索