真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

神は真理といのちを無償で人類に授けます

1 神は万物の中で最も貴いものを人類に授けました。神は、自身のいのちと神が持つものと神そのものを無償で人類に与え、それによって人が生き、神が持つものと神そのものと真理という神の賜物を生きる指針と道に変え、神の言葉を自分のいのちとし、そのいのちに拠って生きられるように望んでいるのです。人にいのちを授けるとともに、神が人に要求するひとつのことは、人が神のいのちを受け取って自分のいのちとし、そのいのちを生きることです。人がそのいのちを生きるのを見ると、神は満足するのです。

2 神の言葉を自分のいのちとして受け入れつつ、人間は真理を理解するようにもなり、人間であることの原則も得て、人間であるために必要な根を生やし、人間となるために歩むべき方向を得るのです。もはやサタンに惑わされることも縛られることもなくなり、邪悪な人に惑わされることも利用されることもなくなり、邪悪な流れに汚されず、退廃させられず、縛られず、誘惑されません。人間は天と地の間を自由に生き、解放されます。神の支配下にあって純粋に生きることができ、いかなる悪や闇の力によっても傷つけられることはありません。ですから、神の働きを経験することで、人間の受け取る分が最も多く、人間が最大の受益者なのです。

3 このいのちを生きている限り、人間はいかなる痛みを経験することもなくなり、幸せに、困難なく生きるのです。自由に生き、神と正常な関係を持つのです。もはや神に対して反抗も敵対もできません。むしろ、神の支配下にあって純粋に生きることができるのです。正しく、まっとうな人生を生き、内側からすべてが純粋な人間になるのです。神がもたらすいのちを受け入れることでのみ、あなたは自分の命を救えます。そのいのちを得れば、あなたの命は限りないものになります。それが永遠のいのちです。


『キリストの言葉の記録』の「人間は神の経営計画の最大の受益者」より編集

前へ:神が人のためになすことはすべて誠実

次へ:いのちの水の川