神がシオンに戻るとき


すべてが秩序正しくなるとき、それはわたしがシオンに戻る日である。そして、その日はすべての人々によって記念されるだろう。わたしがシオンに戻るとき、地上のすべてのものは静まりかえり、安らぐ。わたしがシオンに戻って来ると、すべてのものは本来の外観を取り戻す。その時、わたしはシオンでわたしの働きを開始し、悪者を罰し、善人に報い、わたしの義を実施し、わたしの裁きを実行するだろう。わたしは、わたしの言葉を使って、すべてを成し遂げ、あらゆる人とあらゆる物にわたしの刑罰の手を体験させる。わたしは、すべての人々に、わたしの栄光のすべて、わたしの知恵のすべて、そしてわたしの豊かさのすべてを見せる。すべてがわたしによって完成するので、立ち上がって批判する者は一人もいない。この中に、誰もがわたしの名誉のすべてを見て、すべてのものがわたしの勝利のすべてを体験するだろう。あらゆるものがわたしと共に現れるからだ。


このことから、人はわたしの偉大な力と権威を十分に見ることができる。誰もわたしを憤慨させることはなく、誰もわたしを妨げようとはしないだろう。すべてのことはわたしによって公けにされる。何かをひとつでも隠そうとする者は誰か。わたしはそのような者には絶対に憐みを示さない。このような惨めな者はわたしの厳しい罰を受け、このような屑はわたしの目の前から取り除かれなければならない。ほんの少しの容赦もなく、彼らの感情をまったく考慮せずに、わたしは鉄の杖で彼らを支配し、わたしの権威を用いて彼らを裁く。なぜなら、わたしは、感情を持たず、威厳があり、誰にも憤慨させられることのない神自身だからであるわたしは、本質的には子羊ではなく、獅子である。誰もあえてわたしを怒らせることはない。また、わたしを怒らせる者は誰であれ、何の感情も示されず、わたしが直ちに死によって罰する。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第一百二十章」より編集

前へ: 神自身がこの世界に来るとき

次へ: 新時代の戒めは極めて意義深い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の愛はいつも私の心の中にある

Ⅰ 神に従う私の旅路で 、私は神の愛の全てを楽しんだ。神のみ言葉と要求は全て神の守りと愛である。私が弱り果てて涙する時、み言葉は私を励ましてくれる。私が失望する時はいつも、み言葉が私を立ち上がらせてくれる。(神よ)あなたの愛は貴く、後悔などない。私の中にあなたの愛を深く感じる。…

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

誰が神の心を理解できるだろう

地にいる神は常に黙し 人のどんな酷い行いも心にとめず 父に託された業を全うするのみ 誰が神の素晴らしさに気づくだろう 神の子以外の誰が父なる 神の重荷を気にかけその意志を知るだろう 人類よ いつになれば神の心を思い 神の意図を理解するのか 神は地に来て 人の世の苦難を受ける …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索