全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

二十二番目の言葉

神を信じることは簡単ではない。その過程で人は混乱し、全てを食し、どれも興味深い、実に味わい深いと思う。未だに拍手している人たちがいる。霊に全く識別力がないのである。この経験を要約してみる価値はある。終わりの日に、あらゆる種類の霊が現れてそれぞれの役割を演じ、神の子どもたちが前進することに公然と反発し、教会建設の破壊に参加する。このことを軽く受け止めてサタンに働く隙を与えるなら、教会に混乱をもたらし、人々はパニックに陥って絶望し、深刻な場合はビジョンを失う。そのような事になれば、長年におよぶわたしの苦労が全て無になってしまう。

教会建設の期間はサタンにとっても熱狂する時である。サタンは僅かの人間を通して妨害することがよくあるが、一番簡単にサタンの役を演じてしまうのは、霊を知らない者や新たに信者となった者たちである。聖霊の働きを知らないために、両手を前へ差し出して、まったく自分の思うままに、自分のやり方や観念に沿って、思いつきで行動する人は多い。黙っていなさい。これはあなたを守るために言っているのである。良く聞いて従いなさい。教会と社会は異なる。自分の思うままを話してはならず、考えていることを何でも口にだしてはならない。ここは神の家なのだから、それでは上手くいかない。神は人のやり方は受け入れない。霊に従って物事を行い、神の言葉を生きるならば、他の人達はあなたに敬服するだろう。まず自分自身の中にある困難を神に頼って解決しなさい。自分の堕落した性質に終わりを告げ、自分の状態を真に理解し、どうすべきかを知りなさい。分からないことは交わって話し合いなさい。自分を知らないままではいけません。まず、自らの病を癒し、そしてわたしの言葉をもっと飲食し、わたしの言葉を熟考することにより、わたしの言葉に沿って人生を生き、物事を行ないなさい。家にいるか外にいるかに関わらず、神の力があなたの中に働くようにしなさい。肉とありのままのあり方を捨てなさい。常に神の言葉があなたの中にあって支配するようにしなさい。いのちに変化がないと心配するには及ばない。徐々に、自分の性質が大きく変わったと感じるようになる。以前はすぐに注目されるようなことをし、誰の言葉にも従わなかったり、また野心的であったり、独善的、横柄であったとしても、それらを徐々に捨てるだろう。今すぐにそれらを捨てたいと思っても、それは不可能である。なぜなら、古い自我が他人にそれらに触れさせず、あなたの中に深く根付いているからである。ゆえに、あなたは自ら努力する必要があり、前向きに、そして積極的に聖霊の働きに従い、意志を用いて神に協力し、わたしの言葉を進んで実践しなければならない。罪を犯せば神があなたを鍛錬する。戻って来て理解するとき、あなたの中で全てがすぐよくなる。自分の好きなように話しているなら、すぐに内面で鍛錬されることになる。知っての通り、神はそのようなものを喜ばないので、すぐに止めるならば、あなたは心の中の平安を取り戻す。新信者の中には、いのちがどのように感じるもので、いのちを感じて生きるということがどのようなことか理解できない者もいる。あなたも、口に出さないだけで、なぜこのように内面が落ち着かないのか疑問に思うことがある。そのような時は、あなたの思いや心があるべき状態でないのである。あなたは自分で選択し、自分の観念と意見を持つ時がある。他の人が自分に劣ると考える時がある。時には自分勝手な計算をして、祈ったり自分を省みることを怠り、結果的に内面の平安を感じられない。あなたは問題が何であるかを分かっているのだろう。直ちに心の中で神の名を呼び求め、神に近づけばよい。そうすれば回復する。心が動揺して平安を欠いている時に、神があなたに語らせてくれるなどと決して思ってはならない。新信者は特に、このことに関して神に聞き従わなければならない。神が人の内面に与えるのは平安、喜び、明瞭さ、確信である。人はそれを理解できず、混乱して思うにまかせて物事をしてしまうことが多いが、そのようなものはどれも妨害となるので、よく注意しなければならない。もしそのような傾向があるならば、まずそうならないように予防薬が必要である。そうでなければ、妨害行為を行なってしまい、神に打たれることになる。独善的になってはならない。他の人達の長所を用いて自分の弱さを正し、他の人達がどう神の言葉によって生きているかを良く見て、その人達の生き方と言動が学ぶに値するものであるかどうかを見極めなさい。他の人達が自分より劣ると考えるなら、あなたは独善的であり、慢心しており、誰のためにもなっていない。大切なのはいのちに焦点を当て、わたしの言葉をもっと飲食し、経験し、知り、純粋にあなたのいのちとすることである。これが重要なことである。神の言葉によって生きることのできない人のいのちが成熟できるだろうか。いや、できない。常にわたしの言葉によって生きなくてはならない。生活において、わたしの言葉が行動規範でなければならない。わたしの言葉により、あるやり方で物事を行なうことで神が喜び、別のやり方で物事を行なうことを神は嫌うことを感じるようになる。あなたは徐々に、正しい道を歩くようになる。神から出るものは何で、サタンから出るものは何かを理解しなくてはならない。神から出るものはあなたのビジョンをさらに明確にし、神にますます近づかせ、兄弟姉妹と心から愛を分かち合うようにさせる。そして神の重荷に対して配慮を示すことができ、神を愛する心は止むことがなく、目の前には進む道がある。サタンから出るものはあなたのビジョンも、それまで持っていたもの全てをも失わせる。神から離れ、兄弟姉妹に対する愛も失せ、憎しみの心を持つようになる。絶望し、もはや教会生活を望まなくなり、神を愛する心が失せる。それがサタンの働きであり、邪悪な霊の働きがもたらす結末である。

今が正念場である。あなた方は最後の一瞬まで懸命に働かなくてはならず、霊の目を澄み切らせ、善悪が見分けられるようにし、教会建設のために努力の限りを尽くさなければならない。サタンの虜とならないようにし、宗教的な妨害や邪悪な霊の働きを避けなさい。教会を清め、わたしの旨が妨げられずに実行されるようにしなさい。そうすれば災いに先立つこの短い時間に、わたしはできる限り迅速にあなたを真に完全にし、栄光へと連れて行く。

前へ:二十一番目の言葉

次へ:二十三番目の言葉

他のお気に入り