全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第二十一章

聖霊の働きはあなた方を新しい天地へと招き入れた。全てが新たにされており、全てがわたしの手の中にある。全てが新たに始まったのである!人々はその概念ゆえに考え抜くことができず、それが理解できない。しかし働きをしているのはわたしであり、その働きにはわたしの知恵がある。だからあなた方は自分の概念や意見をすべて脇に置くとよい。神に委ねて何事も心配することなく、神の言葉を飲食することを考えるとよい。このように働くことで、わたしは神聖な責任をこの肩に背負っている。実際、人々がこうでなければならないというようなものはない。むしろ、神が驚くべきことをするのであって、それにより神自身の全能性を示している。人々は神のことでなければ、自慢してはならない。そうでなければ損出を被るだろう。神は貧しい人を塵から引き上げ、謙虚な人は必ずや高く上げられる。わたしは自分の知恵をあらゆるかたちで用いて宇宙教会を支配し、全ての国々と全ての人々を支配する。それら全てがわたしの中にあり、教会にいるあなた方がみな私に従うようになるためである。これまで従わなかった者も今わたしの前に従順でなくてはならず、互いに従い、互いに慎み、いのちにおいて互いに繋がり、互いに愛し合い、他人の長所によって自分の短所を補い、協力しあって仕えなければならない。そうすれば教会は建てられ、サタンに手柄を立てる隙を与えない。そうして初めて、わたしの経営(救いの)計画は失敗することなく達成されるであろう。ここでもうひとつ覚えておいて欲しいことがある。誰々はこういう人だからとか、こんな事をしたからといってあなた方のうちに誤解を生じさせて、霊的に衰退することのないようにしなさい。わたしにとって、それは不適切で無意味なことである。あなたが信じるのは、人間ではなく神ではないのか。役割が全く違うのである。からだはひとつ。それぞれが自分の本分を尽くし、それぞれの持ち場で最善を尽くし――幾分熱があれば、その分光を発する――いのちの成長を求めなさい。そうすれば、わたしは満足する。

あなた方が考えるべきことは、わたしの前で心静かにしていることだけである。わたしと親しく交わりなさい。そして理解できないことについては更に追い求め、祈りを捧げ、わたしの時間を待ちなさい。全てのことを霊により明確に理解しなさい。向こう見ずな行動を避け、道から外れないようにしなさい。そのようにして初めて、あなたがわたしの言葉を飲食することで真の実りがある。頻繁にわたしの言葉を飲食し、わたしの言ったことを思い巡らし、わたしの言葉を実践することに注意を向け、わたしの言葉の現実に生きなさい。これが重要なことである。教会を建て上げることはいのちの成長の過程でもある。もしいのちが成長しなくなれば、あなたは建て上げられることはない。ありのままに任せたり、肉、熱意、寄付、資格に頼ったりするなら、どんなに善良でも、建て上げられることはない。いのちの言葉の中に生き、聖霊の啓きと照らしの中に生き、自分の実状を知り、人として変わらなくてはならない。霊にあって同じ識見を持ち、新たな啓きを持ち、新たな光に遅れずに進まなければならない。絶えずわたしの近くにいてわたしと交わり、日常生活の様々な行動の基準をわたしの言葉とし、わたしの性質を生き、あらゆる種類の人や出来事、ものをわたしの言葉を基準として適切に対処できるようにしなければならない。

もしあなたがわたしの旨を理解し、配慮したいと願うなら、わたしの言葉に留意しなければならない。慌てて物事を行なってはならない。わたしが認めないものは悲惨な結末を迎える。祝福はわたしの賞賛したことにおいてのみ来る。わたしが語ることは、そのようになる。わたしが命じることは確定する。あなたがたはわたしが許可していないことは決して行なってはならない。怒りを避けるためである。そのような事になってからでは手遅れとなるであろう。

前へ:第二十章

次へ:第二十二章

他のお気に入り

  • 神を信じているなら神に従うべきだ

    どうして神を信じるのか。ほとんどの人はこの質問に戸惑う。彼らは常に実際の神と天の神について2つのまったく異なる観点を持っている。そのことから分かるのは、彼らが神を信じるのは神に従うためではなく、何か恩恵を被るため、あるいは災難の苦しみから逃れるためなのである。その時だけ彼らは多少従順になるが、その従…

  • 神と人は共に安息に入る

    はじめ、神は安息の中にいた。その時、地上には人類も他の何物もなく、神は何も働きをしなかった。人類が存在するようになり、さらに人類が堕落してしまった後、神ははじめて経営(救い)の働きに取りかかった。その時から神はもう安息せず、人類の間で忙しく働き始めた。人類が堕落したため神は安息を失い、また大天使が裏…

  • 唯一の神自身 10

    神は万物のいのちの源である (4) 本日は特別な事項について話し合っている。信者一人ひとりが知り、経験し、理解すべき主要な事項は、主に2つしかないが、その2つとは何であろうか。そのうち1つは人間の個人的ないのちの成長であり、もう1つは神を知ることに関するものである。あなたがたは、神を知ることに関して…

  • 神の心にかなう奉仕とは

    今日、わたしたちがおもに語り合うことは、神を信仰する上で人々はいかに神に仕えるべきか、神に仕える者たちが満たすべき条件、またどの真理を理解すべきなのか、そして、あなたたちの奉仕にはどのような逸脱があるかなどである。あなたたちはこれら全てを理解すべきである。これらの事柄は、あなたたちがどのように神を信…