唯一の神が行う三段階の働き

神の性質は全て

恵みの時代や律法の時代 終わりの日だけでなく

六千年の救いの計画により明らかにされた

終わりの日の働きは裁き 怒り 刑罰だ


終わりの日の働きは

律法の時代や恵みの時代の働きと替えられないが

この三つは結びつき一体となる

これらは神が別々の時代に行ったことだ

始まりは律法の時代の働き

贖いは恵みの時代の働き

そして終わりの日の働きが全てを締めくくる

異なる時代 異なる場所の三段階の働きは

唯一の神と一つの霊の働きであり

それらを分割する者は神に敵対する者だ


ヤーウェからイエス

そして今に至るまでの三段階は

切れない一本の糸のように

神の救いの計画の全域に及び

全て一つの霊により行われる働きだ

世界の創造以来

神はいつも人間を導いてきた

神は始めであり終わりであり

神は最初であり最後であり

神によって一つの時代が始まりそして終わる

始まりは律法の時代の働き

贖いは恵みの時代の働き

そして終わりの日の働きが全てを締めくくる

異なる時代 異なる場所の三段階の働きは

唯一の神と一つの霊の働きであり

それらを分割する者は神に敵対する者だ


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 受肉した神は人間の救いという最も重大な働きをする

次へ: 終わりの日の受肉した神は神の経営を終える

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

私たちは神に賛美を捧げて歌います

私たちは神の声を聞き 神に立ち返り 子羊の足跡を追う キリストの婚宴で 日々神の言葉を食べて飲み その水と糧で 私たちの霊は新たないのちを得る 聖霊により真理を理解し 私たちは実践の神を知る 神の国の生活は非常に豊か 神自身に導かれ、牧される 私たちは真理を実践し本分を尽くし 心…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

私たちは共に教会に集う

私たちは共に教会に集う 私たちは共に教会に集う それは神を愛する人々の集い。 私たちは神の言葉を飲み食いし、真理について交わり、 私たちの心は甘美さと幸福に満ちている。 過去の記憶から、私たちは悔恨と罪責感を抱いている。 互いを知った今、私たちは神の愛の中で生きる。 偏見も壁も…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索