言葉は肉において現れる

目次

完全にされるべき者は、精錬される必要がある

神を信じているのであれば、神に従い、真理を実践し、自分の本分を果たす必要があるほか、自分が経験すべき物事を知る必要がある。単に取り計らい、修練、裁きを経験し、神を享受するだけで、神の自分に対する修練や取り計らいを感じることが出来ない状態は、容認されない。あなたがたはおそらく、こうした修練の時に、自らの状況を確実に維持するであろうが、それでも依然として不十分である。あなたがたは進歩する必要がある。神を愛することに関する教えは、際限が無く、決して終わることが無い。人々は、神への信仰を単純に考えすぎているが、ひとたび実体験を得ると、神への信仰は、自分が思うほど単純では無いことに気付く。神が人間を精錬する業を行われる時、人間は苦しみ、人間の神に対する愛が深まり、人間に対して、神の御力の多くが明らかにされる。人間に対する精錬が少なければ少ないほど、人間の神に対する愛も少なくなり、人間に対して明らかにされる神の御力も少なくなる。人間に対する精錬と苦しみ、苦悶が多ければ多いほど、人間の神に対する真の愛が深まり、神への信仰も純粋なものとなり、神に関する人間の知識も深まる。あなたがたの経験から、精錬や苦痛、取り計らい、修練が多い者は、神を深く愛し、神に関して、深く豊富な知識があることが分かるであろう。何も取り計らいを経験していない者には、表面的な知識しか無く、単に「神は極めて親切で、人々に恵みをお与えになるので、人間は神を享受できる。」と述べることしか出来ない。取り計らいと修練を経験した場合、人間は神に関する真の知識を述べることができるようになるであろう。したがって、神の人間に対する御業が奇しければ奇しいほど、その御業は一層貴重であり、重要なものであり、その御業が自分にとって乗り越えるのが困難であり、自分の考えと相容れないものであればあるほど、神の御業が自分を征服する力、得る力、完全にする力が高くなる。神の御業の意義は、甚大であるのだ。神がこのような御業により人間を精錬しなかった場合、その神の御業は効果に乏しく、重要では無くなるであろう。これが、神が世の終わりに特定の人々を選ばれた特別な意義の背景となる理由である。従前、神は、そうした人々を選ばれ、得られるであろうと言われていた。神のあなたがたに対する御業が大きければ大きいほど、あなたがたの神に対する愛は一層深く純粋なものとなり、また神の御業が大きければ大きいほど、神の知恵に一層深く感謝することが出来るようになり、神に関する自分の知識も深くなる。終わりの日には、6千年におよぶ神による統御計画が終焉を迎える。神の計画は、それほど簡単に終わることが有り得るであろうか。神が人間を征服された時、神の御業は終わるのであろうか。神の計画は、それほど単純なものであろうか。人間は、神の計画をそうした単純なものであると考えているが、神が行われる物事は、それほど単純なものでは無い。神の御業は、そのうちどの部分であるかを問わず、いずれも人間にとって想像を絶するものである。仮に神の御業を推し量ることが出来るとしたら、神の御業には重要性も価値も無いであろう。神が行われる御業は想像を絶するものであり、あなたがたの考えとは異なるものである。そして御業があなたがたの考えと相容れないものであればあるほど、その御業は一層有意義なものであり、あなたがたの考えと一致すればするほど、その御業は無意味なものとなるであろう。現在、あなたがたは神の御業が奇しすぎると感じ、奇しければ奇しいほど、あなたがたは神が想像を絶するものであると一層強く感じ、神の御業が遠大であることを、一層深く理解する。仮に、人間の征服のために必要とされるのが、通り一遍の御業のみであり、それで御業が完了するとしたら、人間は神の御業の重要性を見ることが出来ないであろう。現在、あなたがたは既に多少の精錬を受けているが、あなたがたの人生における成長に対して、その精錬は極めて有益なので、そうした困難はあなたがたにとって最も必要とされるものである。今日、あなたがたは既に多少の精錬を受けているが、後に真に神の御業を見て、ついには「神の御業は実に奇しいものだ」と言うであろう。あなたがたは、心の中でそう呟くであろう。神の精錬 (奉仕者の試練[a]と何回かの刑罰) を暫く経験した後に、「神を信じることは、実に難しい」と言い出す者も居るであろう。この「難しさ」は、神の御業が想像を絶するものであること、大きな意義と価値を持っていること、人間にとって大切にする価値のあるものであることを示している。仮に私が多くの業を行った後で、あなたがたに少しも知識が無かったとしたら、それでも私の業には価値があるであろうか。私はあなたがたをして、神への奉仕は実に困難だ、神の御業は極めて奇しく、神は真に賢明であられる、神は実に愛に溢れておられる、と言わせしめるであろう。暫く経験した後に、あなたがたがこうした言葉を言うことが出来るのであれば、それはあなたがたが神の御業を得たことを証明するものである。いつの日か、あなたがたが海外で福音を伝えている時に、誰かに「あなたの神への信仰は、どのようなものか」と尋ねられたら、あなたがたは「神の御業は実に素晴らしい」と言えるようになるであろう。あなたがそう言うのをその者が聞くと、その者は、あなたの中には重要な何かがあること、神の御業は実に想像を絶するものであることを感じるであろう。これが、真に証しをするということである。あなたがたは、神の御業は知恵に溢れている、あなたがたに対する神の御業は、真にあなたがたを確信させ、あなたがたの心を征服した、と述べるであろう。神は人間が愛する以上の価値があるので、あなたがたは常に神を愛するであろう。あなたがたがこうした事柄を述べることが出来るのであれば、あなたがたは人々の心を動かすことができる。こうしたことは、全て証しに立つということである。あなたがたが影響力の高い証しとなり、人々を感涙させることが出来るならば、それはあなたがたが真に神を愛していることを示すものである。それは、あなたがたが神に対する愛の証しとなり、あなたがたを通して神の御業を表現することが出来るからである。そして、あなたがたの表現により、他の人々は神の御業を探し求め、神を経験し、そうした人々が遭遇するあらゆる環境において揺るぎなく立っていることが出来る。この方法で証しをすることのみが、真に証しをすることであり、まさに現在のあなたがたに必要とされるものである。あなたがたは、神の御業は極めて貴重であり、人々にとって大切にする価値がある、神は極めて貴重であり豊かである、神は話すことが出来るだけでなく、人々の心を精錬し、人々に喜びをもたらし、さらに人々を得て、征服し、完全にすることも可能であられる、と述べる必要がある。あなたがたは、自らの経験から、神が極めて愛すべき存在であられることを知るであろう。しかるに、あなたがたは現在、どの程度神を愛しているだろうか。あなたがたは、心からそうした事を述べられるであろうか。あなたがたがこうした言葉を心の底から表現できる時、あなたがたは証しをすることが出来るであろう。あなたがたの経験がこの段階に達した後、神の証しに立つことが可能となり、証しに立つ資格を得ることが出来るであろう。自分の経験がこの段階に達していない場合、未熟であるため、こうした事柄は不可能であろう。精錬に際して、あなたがたに弱点があるのは普通のことであるが、精錬の後には、必ずや「神は御業において極めて聡明であられる」と言うことが出来るであろう。このことの実際的認識が真に可能であれば、それは大切なものであり、自分の経験は貴重である。

あなたがたは今、何を追求しているであろうか。あなたがたが追求しているべき事柄は、自分が神の御業を表現できるかどうか、神の声となり表出たりうるかどうか、神に用いられる者として適しているかどうかである。神は自分に対して、実際にどの程度の御業を行われたであろうか。自分はどれだけ見て、どの程度触れたであろうか。また、自分はどの程度経験し、味わったであろうか。神があなたがたを試されたか、あなたがたを取り扱われたか、あなたがたを修練されたかを問わず、あなたがたに対して神の御業が行われたが、しかしあなたがたは、神を信仰する者として、神により完全にされることを望む者として、神の御業を自らの実経験により表現することが出来るであろうか。あなたがたは、そうした表現を通して神を態度で示すことが出来るであろうか。あなたがたは、自らの実経験により、他の人々に与え、神の御業のために自らを費やすことが出来るであろうか。神の御業の証しに立つには、神の御業を表現できる必要があり、それは自らの経験、知識、そして経験した苦難により実行される。あなたがたは、神の御業の証しに立つ者であろうか。あなたがたには、そうした志があるであろうか。神の御名、そしてさらに神の御業の証しに立ちつつ、神の民に対して神が求める像を態度で示すことが出来るのであれば、あなたがたは神の証しである。実際に神の証しをする方法はどのようなものか、というと、神を行動により示すことを望み、求めて、言葉により神の御業を表現して人々に神の御業を理解させることである。こうした事柄を心から求めているのであれば、あなたがたは神により完全なものとされるであろう。神により完全なものとされ、最終的に祝福されることのみを求めるのであれば、あなたがたの神への信仰に対する見方は純粋ではない。あなたがたは、神の御業を実生活において理解する方法、神が自分に対して御旨を示された時に神にご満足いただく方法、神の奇しさと知恵の証しをする方法、自分に対する神の精錬と取り扱いを実際に示す方法を追求する必要がある。こうしたことはすべて、現在あなたがたが知ろうとする必要のある事柄である。あなたがたの神への愛が、単に神が自分を完全にした後に神の栄光に与るようにするためであれば、その愛もまた十分ではなく、神の必要条件に達し得ない。あなたがたは、実際に神の御業の証しに立ち、神の必要条件を満たし、神が人間に対して行われる御業を経験することができる必要がある。その御業が苦痛であるか、涙であるか、悲しみであるかを問わず、その全てを実際に経験できる必要がある。それらは全て、あなたがたが神の証しとなることが出来るようになるためである。厳密に言うと、あなたがたは現在、何による支配下において苦難を経験し、完全となることを求めているであろうか。それは神の証しに立つためであろうか。それは、肉の祝福や将来的な見通しのためであろうか。自分の意図、動機、自分が目指す目標は、全て正しくする必要があり、自分自身の意志をその指針としてはならないものである。ある者が、完全にされて祝福に与り、権力を掌握することを求める一方で、別の者が、神にご満足いただき、真に神の御業の証しとなるために完全にされることを求めるのであれば、あなたがたは、その2つの追求方法のうち、どちらを選ぶであろうか。前者を選ぶのであれば、あなたがたは神の基準から遠くかけ離れている。私は従前、私の業を宇宙全体に明らかに知らしめ、私が宇宙における至高の存在として支配するであろうと述べた。その一方、あなたがたに託されているのは、神の御業の証しとなることであり、あなたがたが王となって全宇宙に披瀝することではない。全宇宙をして神の御業で満たせしめることである。神の御業を万人に見せ、認めさせることである。このことは、神ご自身に関連して言われることであり、人間がすべき事は、神の証しをすることである。今、あなたがたは神についてどの程度知っているであろうか。今、あなたがたはどの程度神の証しに立てるであろうか。神が人間を完全にされる目的は何であろうか。あなたがたは、神の御旨を理解した後、いかにして神の御旨に配慮すべきであろうか。完全にされることと、神の御業に対する証しを行動で示すことを望み、そうした推進力があるのであれば、難しすぎることは何も無い。今、人間に必要とされているのは、確信である。あなたがたにこうした推進力があるのであれば、肉の否定性、消極性、惰性、観念、人生哲学、反抗的性情、感情などを捨て去るのは、容易である。

人間が試練を受けている時に弱くなったり、自分に否定的になったり、神の御旨や自分の実践の道に明瞭性が欠如するのは、普通のことである。しかしいずれにせよ、あなたがたは、ヨブのように、神の御業を信じ、神を否定しないようにする必要がある。ヨブは弱く、自分が生まれた日を呪ったにもかかわらず、人生においては万事がヤーウェにより与えられること、そしてその全てを奪うのもまたヤーウェであることを否定しなかった。いかにして試されようとも、ヨブはこの信念を堅持した。あなたがたが自らの経験の中で、神の御言葉からどのような精錬を受けるかを問わず、神はあなたがたの信仰を要求されている。このように、完全にされるのは、あなたがたの信仰と願望である。それに触れたり、それを見たり出来ない時が、あなたがたの信仰が必要とされる状況である。ある物事が目に見えない時、そして自らの観念を捨てられない時、あなたがたの信仰が必要とされる。あなたがたが神の御業について不明瞭な時、あなたがたの信仰と、あなたがたが揺るぎなく立ち、証しをすることが必要とされる。ヨブがこうした状態に達した時、神がヨブの前に現れ、ヨブに対して語りかけられた。つまり、あなたがたの信仰の中からのみ、神を見ることが可能となり、あなたがたに信仰が有る時、神があなたがたを完全にされる。信仰が無ければ、神はそれを行うことが出来ない。神は、あなたがたが望む物事が何であれ、それを与えられるであろう。あなたがたに信仰が無ければ、神はあなたがたを完全にすることが出来ず、あなたがたは神の御業を見ることは出来ず、いわんや神の全能性を見ることなど出来ないであろう。あなたがたに信仰があり、自分の実経験の中で神の御業に触れることが出来るのであれば、神はあなたがたの前に現れ、あなたがたを内面から啓き導かれるであろう。この信仰が無ければ、神はそうした御業を行うことが出来ないであろう。あなたがたが神への望みを失ったとしたら、どうして神を経験することが出来ようか。したがって、神が行われる御業が何かを問わず、あなたがたに信仰があり、神に対する疑念を抱かず、神に対する真の信仰がある場合のみ、神はあなたがたの経験の中で啓き照らし、あなたがたは神の御業を見ることが出来るであろう。こうした事柄は、全て信仰によって実現され、信仰は精練によってのみ実現される。すなわち、精錬無くして信仰は育まれ得ない。信仰とは何を指すであろうか。信仰とは、ある物事を人間が触れたり見たり出来ず、神の御業が人間の観念と相容れず、人間の手の届かない物である場合に、人間が持つべき純粋な信条であり、誠実な気持ちである。ここで言う信仰とは、そのことを指す。苦難や精錬の時、人間は信仰を必要とし、信仰には精錬が伴う。これらは不可避である。神が御業を行われる方法や、あなたがたが置かれた環境を問わず、あなたがたはいのちを求め、自分に対して行われる神の御業を求め、真理を追求出来るであろう。あなたがたは神の御業に関する知識を得て、真理に従って行動出来るようになるであろう。それがあなたがたの純粋な信仰であり、神への望みを失っていないことを示すものである。あなたがたは依然として精錬の中で真理を追求し、神を真に愛すことが可能であり、神に対する疑念を抱かないであろう。神の御業が何であろうと、あなたがたは真理を実践して神にご満足いただき、神の御旨を深く追求し、御旨に配慮することが出来るであろう。これのみが、神への真の信仰である。以前は、自分が王として支配するであろうと神が述べられた時に神を愛し、神が隠れることなくご自身を示されていた時に神を求めていたが、現在、神は隠されていて見えず、自分に多くの問題が発生している。この時、あなたがたは神への望みを失うだろうか。このように、あなたがたは、常にいのちを追求し、神の御旨を満たすことを追求する必要がある。これが真の信仰というものであり、最も純粋で美しい愛である。

嘗て、人間は神の御前で決意を固め、「誰が神を愛さなかったとしても、私は神を愛する必要がある。」と言っていた。しかるに今、あなたがたは精錬に直面している。この精錬が自分の観念と相容れないので、神への信仰を失う。これは真の愛であろうか。あなたがたは今まで何度もヨブの業に関して読んでいるが、その業を忘れてしまったであろうか。真の愛は、信仰の中からのみ形成され得る。自分の精錬により神に対する真の愛を育み、自分の実経験のなかで信仰により神の御旨に配慮し、信仰により自らの肉に背き、いのちを求めることが、あなたがたのなすべきことである。これらを行えば、神の御業を理解出来るであろう。しかし、信仰が欠如している場合、神の御業を理解することも経験することも出来ないであろう。神により使われ、完全にされたいと望むのであれば、苦難を受ける意志、信仰、忍耐、服従を、全て備えている必要がある。神の御業を経験する際は、神の御旨を把握し、神の悲しみに配慮できる必要がある。人間を完全にすることは容易ではなく、自分が経験する精錬それぞれにおいて、あなたがたの信仰と愛が必要とされる。神により完全にされたいのであれば、道に従うだけでも、神のために費やすだけでも十分ではない。神により完全にされる者となり得るためには、多くの物事を備えている必要がある。苦難に直面した時、肉を考えず、神に対して不平を言わずに居ることが出来る必要がある。神があなたがたから隠れられている場合、あなたがたは神に付き従う信仰を持ち、従前の愛を、その愛が衰えたり消え去ることなく維持出来る必要がある。神が行われる御業が何かを問わず、神の計画を尊び、神に対して不平を言うよりも自らの肉を呪うことを望む必要がある。あなたがたは、試練を受ける時、自分が愛する物事と訣別する未練や深い悲しみをしてもなお、神にご満足いただく必要がある。真の愛、真の信仰と言えるのは、こうした行いのみである。あなたがたは、自分の器量がどの程度であるかを問わず、まず苦難を受ける意志と信仰を備え、そして肉に背く意志を備えている必要がある。神の御旨を満たすために、個人的に苦難を受け、自分の個人的利益を失うことを望まなければならない。また、従前神にご満足いただけなかった事について、自分自身を悔いる心を持ち、ただちに自分のことを悔いる必要がある。こうした事柄はいずれも不可欠であり、神はこうした事柄によりあなたがたを完全にされる。これらの条件を満たしていない場合、あなたがたは完全にされ得ない。

現在、神に仕える者は神のために苦しむ方法を理解するのみならず、それ以上に、神への信仰は、神への愛の追求のためであると知るべきであることを、全ての人々が理解している。あなたがたを神が使われるのは、単にあなたがたを精錬したり、苦しませたりするためでなく、あなたがたに神の御業、人生の真の重要性、そしてとりわけ神に仕えることは容易な業ではないことを理解させるためである。神を経験することは、神の恵みを授かることというよりも、むしろあなたがたの神に対する愛のために苦難を受けることである。あなたがたは神の恵みを受けているのであるから、神の罰も受けるべきであり、その全てを経験する必要がある。神のあなたがたに対する啓示を経験することもあれば、あなたがたに対する神による処遇と裁きを経験することもある。そのようにして、あなたがたは全側面を経験する。神は、あなたがたに対して裁きの御業を行われ、訓練の御業も行われた。神の御言葉は、あなたがたに処遇を与えるが、それと同時にあなたがたを啓き照らす。あなたがたが逃げたいと思う時、神の御手は依然としてあなたがたを捉えている。こうした御業は全て、人間に関する物事の全てが神の意のままであることを、あなたがたに知らせることを目的とする。あなたがたは神への信仰とは苦難を受けたり神のために多くの事を行うことである、あるいは自分の肉の平穏や、自分の物事を全て成功させることを目的とすると思うかも知れないが、神への信仰において、こうした目的はいずれも人間が持っていてはならないものである。このように考えているのであれば、それは誤った見方であり、あなたがたは完全にされ得ない。神の御業、義なるご性情、知恵、御言葉、そして奇しさ、計り知れなさは、全て人間が理解しようと努めるべき物事である。そうした理解により、個人的な要求や希望、心中の観念を払拭するように。こうした事柄を排除してはじめて、あなたがたは神の要求される条件を満たすことができる。そうしてはじめて、あなたがたはいのちを得て神にご満足いただける。神の信仰は、神にご満足いただき、神が求められている性情を態度で示し、無価値な人々をして神の御業と恵みを表出せしめることを目的とする。これが、神への信仰に対する正しい観点であり、あなたがたが追求すべき目標である。あなたがたは、神への信仰に関する正しい観点を持ち、神の御言葉を得ることを求めなければならない。神の御言葉を食べ飲みし、真理を態度で示し、とりわけ神の実践的な御業、奇しい御業、肉にあって行われた実践的御業を理解できなければならない。あなたがたは、自分の実経験により神が人々に対して御業を行われる方法と、神の人間に対する御旨を理解することができる。こうしたことは、全てあなたがたの腐敗したサタンのような性情を排除することを目的とする。あなたがたの中にある不浄さと不義を払拭し誤った意図を取り除けば、あなたがたは神への真の信仰を育むことができる。真の信仰を得てはじめて、あなたがたは神を真に愛することができる。あなたがたは、神への信仰を基礎としてのみ、神を真に愛することができる。神を信じずに、神を愛することができるだろうか。あなたがたは神を信じているので、それについては考えが混乱することはないはずである。神への信仰が自分に恵みをもたらすことが分かるとすぐに活力に満ち、精錬を受けなければならないと知るとすぐにその活力を全て失う者が居る。それは、神への信仰だろうか。結局、神への信仰は神に対する完全な服従である。神を信じていても、神に対する要求、捨てきれない宗教的観念や個人的な利益が多数あったり、神に対して肉の恵み、肉や魂の救いを求めて居る、といった事は、全て誤った観点を持つ人々の示す事柄である。宗教的信念を持つ人々は、神を信仰しているものの、性情を変えることや、神に関する知識を求めず、自らの肉の利益のみを追求している。あなたがたのうち多くの者には、宗教的信念として分類される信仰がある。それは神に対する真の信仰ではない。神を信じるためには、神のために苦しむ心と、自我を捨てる意志を備える必要がある。あなたがたがこの2つの条件を満たさない限り、その信仰は、神への信仰とはみなされず、あなたがたは性情を変えられないであろう。心から真理を求め、神を知ろうと努め、いのちを求める者のみが、神を真に信仰している者である。

あなたがたが試練の時を迎えた場合、あなたがたは神の御業をどのように受け止めて試練に立ち向かうであろうか。あなたがたは否定的になるであろうか、それとも神による人間の精錬を肯定的な側面から理解するであろうか。あなたがたは自分に対する精錬から何を得るであろうか。神に対する自分の愛が深まるであろうか。あなたがたは、精錬を受ける時、ヨブの試練を受け止めて、自分に対する神の御業に真剣に対処することが出来るであろうか。ヨブの試練により、神が人間をお試しになる方法を理解できるであろうか。ヨブの試練から、どのような熱意を感じることができるであろうか。自分の精錬の最中に、あなたがたは神の証しに立つことを望むであろうか、それとも快適な環境で肉を満足させることを望むであろうか。神への信仰に対するあなたがたの意見は、実のところ、どのようなものであろうか。あなたがたの信仰は、肉のためではなく、神のためであろうか。あなたがたの追求には、実のところ目的が存在するであろうか。あなたがたは、精錬を受けて神により完全にされることを望んでいるであろうか、それとも神により罰を与えられ、呪われた方がよいと思っているであろうか。実のところ、あなたがたは神の証しに立つことをどのように考えているであろうか。真に神の証しとなるために、人間はどのような環境で何をすべきであろうか。実際の神は、あなたがたに対して実際の御業を数多く示されているが、あなたがたが立ち去ろうと常に考えているのは何故だろうか。神に対するあなたがたの信仰は、神のための信仰であろうか。あなたがたのうち殆どの者にとって、神への信仰は個人的な計画と個人的利益の追求のためのものである。神のために神を信仰する者は寡少であるが、これは反逆ではなかろうか。

精錬の御業は、人間の信念を完全にし、最終的には立ち去りたいが立ち去れず、わずかな希望をも奪われてなお信仰を維持し、自分の将来に全く希望が無くなる状態に達することを主な目的とし、この状態に到達してはじめて、神の精錬が完了する。人類は、生死の間を彷徨う段階には未だに達しておらず、死を体験していないので、精錬は未完である。奉仕者の段階にある者でさえ、完全に精錬されてはいなかったが、ヨブは何に頼ることもなく、精錬を完了した。人間は、希望を失い、頼るものが無くなる状態まで、精錬を受ける必要がある。その後になってはじめて、精錬は真の意味で精錬となる。奉仕者の時期には、あなたがたの心は神の御前で常に静まっていた。神が行われる御業が何であるか、神の自分に対する御旨が何であるかを問わず、あなたがたは常に神の采配に従い、最終的に全てを理解した。ヨブの試練を受けることは、ペトロの試練を受けることでもある。ヨブが試された時、ヨブは証しに立ち、最終的にヤーウェがヨブの前に来られた。ヨブが証しに立った後になってはじめて、ヨブは神の御顔を仰ぎ見るに相応しい者となった。「私は不浄の地において隠れ、聖なる国に姿を現わしている。」ということが言われているのは何故だろうか。それは、あなたがたが聖なる者であり、証しに立つ時のみ、あなたがたは神の御顔を仰ぎ見るに値する品位を得ることが出来る、という趣旨である。あなたがたが神の証しに立つことが出来ない場合、あなたがたには神の御顔を仰ぎ見るに値する品位が無い。精錬に直面したあなたがたが退却したり、神に対して不平を述べ、神の証しに立てず、サタンの高笑いの種となったとしたら、神の御姿を得ることは出来ないであろう。あなたがたがヨブのように、試練の最中に自らの肉を呪い、神に対して不平を言うことなく、自らの肉を忌み、不平を口にしたり、言葉で罪を犯す事が無ければ、それが証しに立つということである。あなたがたがある程度の精錬を受けてなお、ヨブと同様に、神の御前で完全に服従し、精錬のほか神に対する要求や、自らの観念が無いのであれば、神はあなたがたの前に現れられるであろう。現在、神はあなたがたの前に現れられない。なぜなら、あなたがたが持つ観念、個人的先入観、勝手な考え、個人的な要求、肉の利益が過多であり、またあなたがたには神の御顔を見る価値が無いからである。あなたがたは、神を見る時に自分の考え方で神を評価するであろうが、それはあなたがたが神を十字架に架けているということである。あなたがたに自分の観念と一致しない多くの物事が起きても、あなたがたがその観念を捨て、そうした物事から神の御業を知り、精錬の最中に神を愛する心を示すことが出来るのであれば、それは証しに立っているということである。自分の家庭が平穏で、肉の快楽を授かり、自分を苦しめる者が居らず、自分の教会の兄弟姉妹が自分に従っている場合、あなたがたは神を愛する心を示すことが出来るであろうか。こうした状況により、あなたがたは精錬されるであろうか。神への愛は、精錬によってのみ示され得るのであり、あなたがたは、自分の観念と一致しない物事の発生によってのみ完全にされ得る。神は、数多くの否定的な事柄や逆境によってのみ、あなたがたを完全にされる。あなたがたの知識は、サタンの数多くの業と非難、そして多くの人々におけるサタンの表現により得られるものであり、そのようにしてあなたがたは完全にされる。

あなたがたが自分の実経験の中で神の御業に触れるのであれば、神はあなたがたの前に現れられ、あなたがたの内面から啓き導かれるであろう。あなたがたが神の御言葉に服従出来ないのであれば、神はこうした御業を行うことが出来ない。あなたがたは、信仰が無く、神への望みを失っている場合、どのようにして経験するというのか。あなたがたが神を真に信仰し、疑念が無く、神に対して心を開くのであれば、神はあなたがたを完全にされるであろう。神は、あなたがたの実経験と人生において、あなたがたを啓かれる。人間には、実生活において個人的な困難が多数ある上、神の御業の程度を明確に理解できず、そのために信仰が必要とされる。信仰は精錬によってのみもたらされ、精錬されることなく信仰を育むことは不可能である。あなたがたに捨て去れない観念や神に対する疑念があるのであれば、あなたがたは精錬の中へと沈んでゆくであろう。そして、あなたがたに信仰が最も必要とされるのは、そうした時である。

あなたがたの数多くの失敗経験や弱さの経験、そして数多くの悲観的状況時は、あなたがたに対する神の試練であると言えるであろう。なぜなら、あらゆる物事は神に由来し、万事も万物も、全て神の掌中にあるからである。あなたがたが失敗するか、弱いか、躓くかは、神次第であり、神の掌中にある。神の立場から言えば、それはあなたがたの試練であり、そのことを認識出来なければ、それは誘惑となるであろう。人間が認識すべきものとして、聖霊に由来する状態と、サタンに由来する可能性が高い状態という、2種類の状態がある。第1の状態では、聖霊があなたがたを照らし、自分自身を知ること、自分自身を忌み悔いること、神への真の愛を持つこと、神にご満足いただくことを決心することが可能となる。第2の状態では、あなたがたは自分自身のことを知っているが、否定的で虚弱である。それは神の精錬であると言えるであろう。また、それはサタンの誘惑であるとも言えるであろう。あなたがたが、それは神によるあなたがたの救済である、神に対して膨大な債務があると認識し、また神に対する償還して、そうした腐敗に二度と陥らないよう努め、神の御言葉を食べ飲みするよう努力し、自分のことを常に至らない存在であるとみなし、熱望する心を持つならば、それは神の試練である。苦難が終わり、自分が前進を再開した後も、神は引き続きあなたがたを導き照らし、養われるであろう。しかし、あなたがたがそれを認めずに否定的であり、自分自身を見捨てて諦めるのみであると考えるのであれば、あなたがたにはサタンの誘惑がおよぶであろう。ヨブが試練を経験した時、神とサタンは互いに賭けをし、神はサタンに対して、ヨブを悩まし、試すことを許された。ヨブを試していたのは神であられたが、実際にヨブの前に来たのはサタンであった。サタンにとっては、自分がヨブを誘惑していたが、ヨブは神の味方であり、そうでなかったとしたら、誘惑に負けていたはずである。人間は、誘惑に負けると、すぐに危険な状態に陥る。精錬を受けるということは、神による試練であると言えるが、あなたがたが良い状態でない場合、精錬を受けるということは、サタンによる誘惑であると言える。あなたがたの意見が不明瞭であれば、サタンはあなたがたを糾弾し、混乱させるであろう。あなたがたは、気付かぬうちに、誘惑に陥るであろう。

あなたがたは、神の御業を経験しなければ、決して完全とされることは無いであろう。また、あなたがたは、自分自身の経験の中で、自分の観念や動機は、どのように生まれたか、あなたがたの観念や動機に適した行動には、どのようなものがあるか、といった立ち入った事柄について考察する必要もある。神の御業を経験できる場合、それはあなたがたに器量があることを意味する。あなたがたに活力があるように見えるだけの場合、それは真の器量ではなく、あなたがたは絶対に証しに立つことが出来ないであろう。あなたがたが時間や場所を問わずに、神の御業を経験し、それについて考察し、羊飼いを離れて神に頼って独自に生活し、また神の実際の御業を理解することが可能となってはじめて、神の御旨は達成されるであろう。現在、大部分の人々が、それをどのようにして経験すれば良いかを知らない。こうした人々は、問題に直面した時、その問題への対処法を知らず、神の御業を経験できず、霊的な生活を送ることが出来ない。あなたがたは、神の御言葉と御業を、自分の実生活に採り入れる必要がある。

神は、あなたがたに、自分の内面的な楽しみを失う、神の存在を失う、自分が居る場所が闇であるなど、ある種の感覚をあなたがたに与えられることがある。これは、一種の精錬である。何をしてもうまく行かなかったり、壁にぶち当たる。そうしたことは、神の鍛錬である。何かしらの行動をして、とりわけその行動について感じる事が無く、他人もその行動を知らないが、神はそれを知っておられる。神はあなたがたをお赦しにはならず、鍛錬される。聖霊の御業は極めてきめ細やかである。神は、人間のあらゆる言葉、一挙手一投足、考えについて、人間が内的認識を得ることが出来るよう、それらを精査される。あなたがたが何かしらの行動をして失敗し、再び同じ行動をしても失敗し、やがてあなたがたは聖霊の御業を理解する。あなたがたは何度も鍛錬を受けることにより、神の御旨に則してなすべき事や、神の御旨に則していない物事を知る。最終的に、あなたがたは聖霊の導きに対し、自分の中から正確に反応するようになるであろう。あなたがたが反抗的となり、内面から神により咎められることもあるであろう。そうしたことは、すべて神の鍛錬に由来する。神を大切に扱わず、神の御業を軽視した場合、神はあなたがたのことを一切気にかけられないであろう。あなたがたが神を真剣に捉えれば捉えるほど、神はあなたがたを一層啓かれるであろう。現在、教会には、支離滅裂な混乱した信仰を持つ人々が存在し、鍛錬の無い不適切な事柄を数多く行っているので、聖霊の御業を明瞭に見受けることは出来ない。一切の鍛錬無く戦い、金を稼ぎ、事業を行う人々も居るが、そうした人々は一層危険である。こうした人々は、現在において聖霊の御業が不在であるだけでなく、将来的に完全にされるのが困難となるであろう。内部において聖霊の御業も神の鍛錬も見受けることが出来ない人々が多数居る。こうした人々は神の御旨を明瞭に理解しておらず、神の御業を知らない人々である。精錬の最中に確固として立つことが可能であり、神が行われる御業を問わずに神に付き従い、最低限度として立ち去らずに居ることが可能であるか、あるいはペトロが達成した事柄のうち0.1%を達成可能である人々は、問題は無いが、使われる価値は無い。多くの人々は、物事を迅速に理解し、神への真の愛を備え、ペトロの段階を超えることができる。神はこの種の御業を行われ、この種の人々は神の精錬と啓示を得て、神の御旨と相容れない物事をすべて迅速に捨て去ることができる。こうした者は、金のようであり、こうした者のみが真に価値がある者である。神が様々な御業を行われ、しかしあなたがたが依然として砂や石のようであったならば、あなたがたは無価値である。

赤い大きな竜の国における神の御業は驚異的であり、想像を絶するものである。神は一部の人々を排除されるが、それはそうした人々が全員教会に居る様々な人々であり、教会の金銭を使い、他人を欺くなどしている人々だからである。あなたがたが神の御業を明瞭に理解していなかった場合、あなたがたは悲観的である。なぜなら、神の御業が見受けられるのは、少数の人々のみだからである。この時、神を真に愛している者と、そうでない者が明らかになるであろう。神を真に愛する者には聖霊の御業があり、神を真に愛していない者は神の御業により一段階ずつ明らかにされるであろう。こうした者は排除の対象となる。こうした人々は征服の御業の最中に明らかにされ、完全にされる価値の無い人々である。そして、完全にされた人々は全て神に得られ、ペトロのように神を愛することが出来る。征服された人々には衝動的な愛ではなく、受動的な愛のみを備え、神を愛すことを強要されている。衝動的な愛は実経験で得た知識により育まれる。この愛は人間の心に留まり、こうした人々を率先して神に献身させる。また神の御言葉はこうした人々の基礎となり、こうした人々は神のために苦しむことが出来る。無論、こうした物事は、神により完全にされた者が持つ物事である。あなたがたは、征服されることのみを望むのであれば、神の証しをすることは出来ない。神が人間の征服のみにより神の救いの目的を達成するのであれば、奉仕者の段階は不十分である。しかし、人間の征服は、神の最終目標ではなく、人間を完全にすることである。したがって、この段階は征服の御業であるというよりも、完全にし、排除する御業であると言うべきである。一部の人々は完全に征服されておらず、征服の過程において、ある集団の人々が完全にされる。この2つの御業は、協調的に実施される。それほどの長期にわたる御業を通して、人間は立ち去らずに居る。このことは、征服の目標が達成されたことを示す。これが征服されることの事実である。精錬は征服されるためでなく、完全にされるためのものである。精錬が無かったとしたら、人々は完璧にされ得ないであろう。このように、精錬は極めて重要である。今日、一部の人々が完全にされ、一部の人々が得られる。従前話した10件の祝福は、全て完全にされた人々を対象とするものであった。こうした人々の地上における像の変更に関する全ての事柄は、完全にされた者を対象とする。完全にされていない者は、これを達することは出来ない。

注:

a. 原文では「~の試練 (the trial of)」が省略されている。