真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の声を聞き、神の出現を見る

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

1.なぜ神は人類を救う働きを行うのか

関連する神の言葉

「はじめ、神は安息の中にいた。その時、地上には人類も他の何物もなかったし、神は何も働きをしなかった。人類が存在するようになり、さらに人類が堕落してしまった後、神ははじめて管理の仕事に取りかかった。その時から神はもう安息せず、人類の間で忙しく働き始めた。人類が堕落したため神は安息を失い、また天使長が裏切ったため神は安息を失った。もしサタンを打ち負かさず、堕落した人類を救わなければ、神は永遠に安息の中に入ることができない。人が安息を失ったので、神も安息を失った。神がもう一度安息の中に入る時、人も安息の中に入る。安息の中の生活とは、戦いも道徳的堕落も、持続する不義もない生活である。そのような生活には、神に敵対するいかなる勢力の侵入もないだけでなく、サタン(サタンとは敵対する諸力を指す)による妨害もサタンの堕落も存在しない。万物がおのおのその同類のものに従い、造物主を礼拝する。天上も地上も平穏になる。これが人類が安息に入った生活である。神が安息の中に入った時、地上にはもうどんな不義も持続せず、もういかなる敵対勢力の侵入もなくなる。人類も新しい領域の中に入る。すなわち、彼らはもはやサタンに堕落させられた人類ではなく、サタンに堕落させられた後救われた人類である。人類の安息の日々は、神にとっての安息の日々でもある。神は人類が安息の中に入ることができないため、安息を失ったのである。つまり、神は本来、安息に入ることができなかったのではない。」

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

「以下はそれに対する事実である、この世がまだ存在していなかったとき、大天使は天国の天使の中で最も偉大だった。大天使は、天国のすべての天使に対する権限を握っていた。それは神から大天使に与えられた権威だった。神を除いて、大天使は天国の天使の中で最も偉大だった。神が後に人間を創造したとき、大天使はこの世において神に向けて大きな裏切りを行った。大天使は、人間を支配し、神の権威を超越したかったため、神を裏切ったと言われるのである。エバを誘惑して罪に陥れたのは大天使だった。大天使が神を裏切ったのは、この世に自分の王国を建設し、人間に神を裏切らせて、代わりに自分に従わせたかったからである。大天使は自分に従う者がたくさん存在することを知った。天使たちは、地上の人々と同じく、大天使に従った。鳥と獣、木々、森、山、川、およびこの世のあらゆるものは、人であるアダムとエバの管理下にあり、アダムとエバは大天使に従った。大天使はそのようにして神の権威を超越し、神を裏切ろうと考えた。後に大天使は多くの天使たちに神を裏切らせ、それが汚れた霊となった。今日までの人間の発展は、大天使の堕落に影響されているではないか。人間が今日あるような状態なのは、大天使が神を裏切り、人間を堕落させたからである。……この世の人間と万物は今、サタンの支配下にあり、邪悪な者の支配下にある。神は自身の行為を万物に示し、そうすることで人々がみな神を知ることを望んでおり、それによりサタンを倒し、神の敵を徹底的に滅ぼしたいと考えている。神が自身の行為を示すことでこの働き全てが成し遂げられる。神の創造物のすべてはサタンの支配下にあり、そのため神はそれらに自身の全能性を啓示し、それによりサタンを倒すことを望んでいる。もしサタンがいなかったなら、神は自身の行為を示す必要はなかっただろう。もしサタンの妨害がなかったなら、神は人間を創造してエデンの園で生活するように導いていただろう。神は、サタンの裏切りの前に、天使や大天使のために自身の行為を決して啓示しなかったが、それはなぜだろうか。天使や大天使が神を知り、始まりにおいて神に従ってもいたなら、神はそれらのむなしい行為の働きを実行していなかっただろう。サタンと悪霊の存在のために、人々は神を拒絶し、反抗的な性質があふれんばかりに満ちているため、神は自身の行為を示すことを望む。神はサタンと戦うことを望むため、自らの権威を用い、自らのあらゆる働きを用いて、サタンを倒さなければならない。そうすることで、神が人間の中で遂行する救いの働きは、人々に神の英知と全能性を知らしめるものとなる。」

『言葉は肉において現れる』の「あなたは人間全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである」より

「遠い昔にサタンに踏みつけられた人類は、サタンの似姿で行動し続けてきた――それどころかサタンの化身でさえあった。彼ら自身がサタンの明確な証人である証拠だ。そのような人類、そのような人間のくず、あるいは、そのような堕落した人間家族の子孫――彼らがどうして、神の証しに立つことができようか。どこからわたしの栄光は現れるのだろうか。わたしの証しに立てるものはどこにいるのか。わたしに敵対し人類を堕落させている敵はすでに、わたしが創造し、わたしの栄光とわたしの生きることで満ち溢れた人類に汚点を残した。敵はわたしの栄光を奪ってしまった。そしてそれが人に吹き込んだものはサタンの醜悪さで並々と飾られた毒と善悪の知識の木の果実からの汁に他ならない。はじめにわたしは人類を造った。すなわち、わたしは人類の先祖であるアダムを造った。彼は形作られ、命に溢れ、活力に溢れ、さらにわたしの栄光とともにあった。それはわたしが人を造った輝かしい日であった。続いてエバがアダムの体から生み出された。彼女も人の祖先である。そうして、わたしが生み出したこの人たちは、わたしのいのちの息で満たされ、わたしの栄光で溢れんばかりであった。アダムはもともとわたしの手によって形作られ、わたしの形を表現したものであった。したがって、『アダム』の元の意味は、『わたしの息を吹き込まれ、わたしの栄光を吹き込まれ、有形ですばらしい形をとり、そして霊と息をもつ、わたしの創造物』である。アダムはわたしを表すことができ、わたしのかたちをもつことができ、わたしのいのちの息を受け取り、霊を賦与された唯一の創造物であった。はじめにエバは、わたしが造ることを決めていた、いのちの息を与えられた2番目の人であって、『エバ』の元の意味は、『わたしの栄光を持続するための創造物』であり、わたしの生命力で満たされ、さらにはわたしの栄光が賦与された。エバはアダムから生れた。したがって、彼女もまたわたしの似姿をとっていた。なぜなら、彼女はわたしをかたどった2番目の人であったからである。『エバ』の元の意味は、『霊を与えられ、肉と骨で存在し、わたしの2番目の証であると同時に人類におけるわたしの2番目の形である生きた存在となる』というものである。彼らは人類の祖先であり、純粋で貴重な宝であり、生来霊をもって生きている存在であった。しかし、邪悪なる存在が人類の祖先の子孫を踏み潰し略奪し、人間の世界を暗闇にした。その結果、子孫たちはもはやわたしの存在を信じない。なお一層いまいましいのは、この邪悪なるものが人々を堕落させ踏み潰すと同時に、残酷にも、わたしの栄光、わたしの証しとなるもの、わたしが人々に授けた生命力、わたしが彼らに吹き込んだ息やいのち、人間世界におけるわたしのすべての栄光、さらには、わたしが人類に注ぎ込んだ骨身を惜しまない努力のすべてを奪い去ってしまうことである。人類はもはや光の中にはおらず、わたしが彼らに与えたすべてのものを失ってしまった。そして、わたしが授けた栄光を捨ててしまった。一体彼らはどうやって、わたしが創造主であることを認めることができるだろうか。どうやって天上のわたしの存在を信じることができようか。地上でわたしの栄光が現れるのを、どうやって見出すことができようか。どうやって、この孫息子や孫娘たちは、彼らの先祖たちが崇めた神を彼らの創造主と理解することができようか。この哀れな孫息子や孫娘たちは、わたしがアダムとエバに授けた栄光も姿も、証となるものも、さらに彼らが寄り掛かっている授けられた命をも、その存在をほんの少しも顧慮することもなく邪悪なるものに、気前よく、『差し出してしまった』。そして、わたしの栄光のすべてを邪悪な者に与えてしまった。だから『人間のくず』と言われるのではないだろうか。そのような人類、そのような邪悪な悪魔、そのような歩く屍、そのようなサタン、そのようなわたしの敵が、どうやってわたしの栄光を得ることができようか。わたしは、わたしのものであった栄光、人々の間でのわたしの証しとなるものや遠い昔人類に与えたものである、かつてわたしに属していたものすべてを取り戻し、人類を完全に征服する。しかしあなたは、わたしが造った人間がわたしの似姿と栄光を伴う聖なる人であったことを知らなくてはならない。彼らはもともとサタンのものではなく、サタンに踏みつけられる対象でもなく、サタンの毒の痕跡すらない、純粋にわたしが現れたものであった。それだからわたしは、わたしの手によって造られた、他の何ものにも属したことのないわたしの最愛の聖なる人間たちだけを欲することを全ての者に知らせる。さらに、わたしは彼らに喜びを感じ、彼らをわたしの栄光として見る。しかしわたしが欲するのは、サタンによって堕落させられ、今日サタンに属しているような人類ではない。彼らはもはや、わたしの本来の創造物ではない。わたしは人間の世界でわたしの栄光を再び得ることを望んでいるから、サタンに対するわたしの勝利によるわたしの栄光の証拠として、人類の生き残りどもを完全征服する。わたしは、わたしに対する証をわたしの結晶化としてしか受け止めず、喜びとしてしか受け止めない。わたしの意図はそのようなものである。」

『言葉は肉において現れる』の「本物の人とは何を意味するか」より

「主イエスが人間とともに生活した時、イエスは農民が作物の手入れをしているのを見、毒麦とは何か、パン種とは何かを知っていた。またイエスは人間が宝を好む事を知っていたので、宝と真珠の喩えを用いた。さらにイエスは漁師が網を投げるのを頻繁に見るなどしていた。その他の喩えについても同様である。主イエスは、こうした人間生活における活動を見、またそうした生活を経験していた。イエスは通常の人間と全く同様に、人間が食べる1日3回の食事など、日々繰り返される活動を経験していた。イエスは一般的な人間生活を自ら経験し、その他の者の生活を見た。イエスがこうした事柄を目の当たりにし、自ら経験したときに考えたのは、どうすれば良い生活を送れるか、どうすれば一層自由で快適な生活が送れるか、といったことではない。神が実際の人間生活を経験した時、主イエスは、サタンの腐敗に支配されサタンの領域で生活し、罪の中で生きる人々の困難、悲惨さ、そして悲しさを目の当たりにした。イエスが自ら人間生活を経験している時に、イエスは腐敗の中で生きる人々がいかに無力であるかを経験し、また罪の中で生き、サタンや悪による拷問のなかで迷う人々の悲劇を見て、経験した。……イエス自身は、受肉して行う事柄に対する責任が極めて重大であることや、神が直面する痛みがいかに残忍であるかを知っていたものの、罪の中にある哀れな人々を見、そうした人々の悲惨な生活や、律法に基づく力ない奮闘努力を見た時、神は一層深い悲しみを感じ、人間を罪から救うことに対する切望が強くなっていった。イエスが直面する困難がどのようなものであれ、また神が感じる痛みがどのようなものであれ、罪の中で生きる人間を贖い出そうという神の決意は次第に強固なものとなっていった。この過程において、主イエスは、自身が行う必要のある業と、自身に託された物事を、一層明確に理解した、と言えるであろう。またイエスは、自身が行う業を完遂させたいという希望を徐々に強めていった。人間のあらゆる罪を負い、人間を贖い、そうすることで人間が罪の中で生きることがなくなり、罪のためのいけにえにより自身が人間の罪を忘れることができるように、そしてそれにより人類の救いの業を一層進展させたいという思いを、徐々に強めていった。主イエスは、心のなかで、自らを人類に進んで捧げ、自らを進んで犠牲にした、と言えるであろう。またイエスは進んで罪のためのいけにえとなり、十字架にはり付けになり、この業を完遂することを望んでいた。イエスが人間生活の悲惨な状態を見た時、一分一秒も遅れることなく、早急に自身の使命を成し遂げることを、一層強く求めた。神がこうした喫緊の必要性を認識した時、神は自身の受ける痛みがどれほど酷いものか、どれほどの恥辱に耐えなければならないかなどとは考えていなかった。イエスの心にあったのは、自らを捧げ、罪のためのいけにえとして十字架にはり付けられる限りにおいて、神の旨が実行されて新たな業を始めることが出来る、罪の中にある人間生活、罪の中に存在する人間の状態が全く別のものに一変する、という確信のみであった。イエスの確信と、実行を決意した業は、人間の救いに関連するものであり、イエスの唯一の目的は、神の旨を遂行して業の次の段階を開始出来るようにすることであった。この時主イエスの心にあったのは、そのようなことであった。」

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身3」より

「一旦、征服の働きが完成すると、人は美しい世界に連れて行かれる。もちろん、この生活はまだ地上にあるが、今日の人の生活とは全く似ていない。それは全人類が征服された後の生活で、地上の人間にとって新しい始まりであり、人類にとってそのような生活を送ることは、彼らが新しく美しい領域に入ったという証拠である。それは地上における人と神の生活の始まりである。そのような美しい生活の前提として、人は清められ征服され、造り主の前に服従しなければならない。そして、征服の働きは人が素晴らしい終着点に入る前の、神の働きの最終段階である。そのような生活は地上における人の未来の生活であり、地上で最も美しい生活で、人が待ち焦がれている生活で、世界史上人が決して達成したことのない生活である。それは六千年の経営の働きの最終的結果で、人類が最もあこがれる、神が人に約束したものでもある。しかし、この約束は直ちには実現されない。終わりの日の働きが完成され、人が完全に征服され、つまり、サタンが完全に敗北して初めて、人は未来の終着点に入るのである。人は練られた後、罪のない性質になる。なぜなら、神はサタンを打ち負かしたので、敵対する勢力の侵略はなく、敵対する勢力による人の肉への攻撃がなくなるからである。そして、人は自由になり、聖くなり――永遠へと入ったことになる。暗闇の敵対する勢力が縛られて初めて、人はどこに行っても自由で、反抗的行為や敵対する者たちもいなくなる。人が無事でいるために、サタンは縛られるより他ない。今日、サタンは地上のどこにおいても問題を引き起こしており、神の経営の働きはまだ全て終わってはいないので[a]人は無事ではない。一旦サタンが敗北すると、人が完全に解放される。人が神を得てサタンの領域から抜けると、義の太陽を見ることになる。……このようにして、一旦サタンから邪魔が入らなくなると、神は自身で人間を管理し、人に命令を与えてその全人生を管理する。これによって初めてサタンが敗北したと見なされる。今日、人の一生は大方汚れの一生で、やはり苦しみと苦悩の一生である。これをサタンの敗北と呼ぶことはできない。人はまだ苦悩の海から逃げ出しておらず、人生の困難あるいはサタンの影響から抜け出しておらず、依然としてほんの少しの神の認識しか持っていない。人のすべての困難はサタンによって作られ、人の人生に苦しみをもたらしたのはサタンであり、サタンが縛られて初めて、人は苦難の海から完全に逃れることができるのである。しかし、サタンを束縛することは、人の心の征服や獲得を通して、そして人をサタンとの闘いの獲物にすることによって達成される。……その時、人は神に照らされた生活、つまり神の配慮と守りの下にある生活、そして神と共に生きる生活を獲得する。人類は地上で普通の生活を送り、人類全体は正しい軌道に入ることになる。六千年の経営計画は完全にサタンを敗北させるだろう。つまり、神は創造に従って人の本来の似姿を回復させ、そうして、神の本来の目的が成就されるという意味である。」

『言葉は肉において現れる』の「人の普通の生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」より

前へ:質問6.恵みの時代には、神様は肉となられ、人類の罪のための捧げものとなられ、人類を罪から贖われました。終わりの日に神は再び肉となられ、真理を語られ、裁きの働きをなさり、人類を徹底的に清めて救われます。なぜ神様は人類を救済する働きを行なうために二度肉となられる必要があるのでしょうか。神様が二度受肉される本当の意義とは何ですか。

次へ:神による人類経営(救い)の三段階の働きの目標を理解する

他のお気に入り