言葉は肉において現れる

目次

三十六番目の言葉

すべてはわたしの手によって采配される。誰があえて自分の好き勝手な行いをしようものか。誰がそれを簡単に変え得るというのか。人は、埃が舞うかのように、薄汚れた顔で空中を漂い、頭からつま先までひどく不快なものとなる。わたしは雲の中から打ち沈んだ心でそれを見る。かつては活気に満ちていた人は、なぜこのような風采に成り下がったのか。なぜ人はそれに気づかず、 気にもとめないのか。なぜ人は何も構わずに、汚れにまみれるままに任せるのか。それは、人に自分自身に対する愛と尊重がないからである。人はなぜいつもわたしが求めることを避けるのか。わたしは人に対して残酷で無慈悲であるということなのか。わたしは恣意的で理不尽だということなのか。なぜ人はいつも怒りに燃えた目でわたしを見るのか。なぜ人はいつもわたしを嫌うのか。わたしは彼らを道の終わりまで導いてこなかったであろうか。人は、首にかけられたくびきを両手で掴み、敵を見張るかのように両の目でわたしをじっと睨む以外に何もしないため、わたしの刑罰に何も見出さなかった。わたしは、このとき初めて人がどれだけやつれ衰えているかを認識する。試練の中で耐え忍んだ者は誰もいないとわたしが言うのは、このためである。人の背丈とはまさにこのようなものではなかろうか。人は、わたしがその「測定値」の数字を見せることを必要とするのか。人の「身長」は地にうごめく小さな芋虫ほどしかなく、「胸」は蛇と同じ幅しかない。わたしは、こう言うことで人を見くびっているのではない。人の背丈とはちょうどそのようなものではないか。わたしは人を堕落させたのか。人は跳ね回る子供のようだ。動物と遊ぶことさえもあるが、変わらず幸福である。人は、不安や悩みのない生活をする猫のようだ。これは霊の導きによるものかもしれないし、天の神の役割によるものかもしれないが、わたしはこの世の人の贅沢な生活にひどくうんざりしている。寄生虫と変わらない人の生活のために、「人間の人生」という言葉に対するわたしの「関心」はいくらか増した。ゆえに、わたしは人間の人生に対して多少「敬意」を持つようになったのである。意味のある生活を創り出すことができるのは人しかいないと思われるからである。わたしにそうする能力はないため、わたしはただ「山」にこもる。人の苦難を経験し、見守ることはできないからである。しかし人はわたしにそれを強要する。わたしにはそうする以外選択がないのだ。わたしは人の采配に従うことしかできず、人と共に経験を要約し、人と共に人間の人生を経験する。わたしはかつて、天で都全体を旅してまわり、天の下では全ての国々を旅してまわった。しかし誰もわたしを見出さず、わたしが動き回っていたときにその音を聞いただけである。人の目に、わたしは何ら跡を残すことなく行き交うと映る。それはちょうど、わたしが彼らの心の中で目に見えない偶像になったかのようであるが、人はそれを信じない。これがすべて人の口から告白された事実ではないということなのか。このとき点で、彼らが罰せられるべきだと認めない人がいるのだろうか。確固たる証拠を目の前にしても、人はまだ堂々と振る舞うことができるのか。

わたしは人の中で商取引をする。わたしは彼らの汚れと不義をすべて拭い去る。こうして、彼らの心がわたし自身の心に従うように彼らを「処理」するのだ。それにもかかわらず、人の協力は業のこの段階において不可欠である。彼らはいつも釣られたばかりの魚のように飛び跳ねているからである。このため、わたしは事故を避けようと釣られた魚をすべて殺した。この後、魚は従順になり、少しも文句を言わなかった。わたしが人を必要とするとき、彼らはいつも姿を隠している。彼らは、驚異的な場面に出くわしたことがないか、田舎で生まれ、都会の事柄については何も知らないかのようである。わたしは人に欠ける部分に知恵を与え、彼らがわたしを知るようにする。人は非常に貧しいため、わたしは個人的に人の中に来て彼らに「富への道」を与え、彼らの目を開く。こうすることによって、わたしは人を救っているのではないのか。これは人に対するわたしの憐みではないのか。愛は無条件に与えるのではないのか。刑罰には憎悪しかないのであろうか。わたしは異なる観点から人に説明したが、人はこれを言葉と教義としか見なさない。わたしの言葉は、あたかも人の手によって在庫処理のために売られる二流の商品かのようである。従って、わたしが山の村を飲み込む激しい嵐が来ると人に言うとき、誰も全く気にかけず、数人が疑いつつも住まいを移すだけである。残りの者は、無関心であるかのように、わたしが空のツバメであるかのように、そこに居残る。彼らはわたしの言うことを全く理解しない。山が崩れ、地がばらばらに裂けるときにのみ、人はわたしの言葉を思い出す。彼らはそのとき初めて夢から目を覚ますが、時はすでに遅く、大きな洪水に飲み込まれ、水面に彼らの死骸が浮かぶ。わたしはこの世の悲惨さを目にし、人の不運のためにため息を漏らす。わたしは人の宿命のために多くの時間を費やし、大きな代価を支払った。わたしには涙腺がないと人は思っているが、涙腺のないこの「奇人」は人のために多くの涙を流した。しかし人はこれについて何も知らず、わたしが存在しないかのように、この世において手に持つ玩具で遊ぶだけである。このため、今日の状況において、人は無神経で頭が鈍いままであり、今だ洞窟に横たわっているかのように、地下室で「凍った」ままなのである。人の行いを見たわたしの選択は、去ること以外にない…

人の目に、わたしは人のために良いことを沢山行ったと見えるため、彼らは今の時代の模範としてわたしを見る。しかし、彼らがわたしを人の宿命の支配者として、万物の創造主として見なしたことはない。彼らはわたしを理解していないかのようである。人はかつて「理解万歳」と叫んだが、「理解」という言葉を分析するために時間をかけた者はおらず、人にわたしを愛する望みがないことがわかる。今日、人はわたしを全く尊重せず、彼らの心にわたしの居場所はない。苦しみが来る日、彼らはわたしに対する真の愛を見せることができるのか。人の義は形なきままで、見ることも触れることもできない。わたしが望むのは人の心である。人の体の中で最も貴重なものは心だからだ。わたしの行いは、人の心で報われるに値しないのか。人がわたしに心を渡さないのはなぜか。なぜいつも心を自分の胸の内に抱き込んで、それを解き放とうとしないのか。人の心は、人の人生全体を通じて平安と幸福を確保できるのか。わたしが人に何かを求めるとき、地の埃を手に一杯つかんでそれをわたしに投げつけるのはなぜなのか。これは人のずる賢い企みなのか。これはちょうど、行く当てのない通りすがりの人をだまし、自宅に誘い込んだ後、狂暴になってその人を殺そうとするようなものである。人は、わたしに対してもそのようなことをしたがった。まばたき一つせずに人を殺す死刑執行人、人を殺すことを第二の天性とする悪魔の王であるかのようである。人は今もこのような手管を弄しようとわたしの前に来る。しかし彼らに彼ら自身の計画があるように、わたしにも自分自身の対応手段があるのだ。たとえ人がわたしを愛さなくとも、わたしの対応手段を今このときに人に明らかにしないことなどできようか。わたしには、人を扱うことにおける無限の計り知れない技能がある。人のどの部分も、わたしによって個人的に操られ、処理されるのだ。最終的に、わたしは愛するものから引き離される苦痛を人に耐えさせ、彼らをわたしの定めに従わせるだろう。そのとき、人にどんな不満があるというのだろう。わたしが行う事は、すべての人のためではないのか。過去、わたしが人にわたしの業の段階を告げたことはなかった。しかし今日、これまでとは異なる時代においてわたしの業の内容は過去とは異なり、その結果として人がつまずき倒れることのないように、わたしは前もってわたしの業を人に告げてきた。これはわたしが人に注入したワクチンではないのか。どういうわけか、人がわたしの言葉を真剣に受け止めることはなかった。空腹で、何を腹に入れるか選り好みしなかったために、胃を弱らせてしまったかのようである。しかし、人は彼らの「健康体質」が第一級であるとし、「医師」の忠告を無視する。わたしは、彼らの鈍感さを見て人のために憂う。人は背丈が低すぎ、まだ人間の人生を経験したことがないため、恐れを知らない。彼らの心の中に「人間の人生」という言葉は存在せず、それらを重んじることもなく、わたしがむやみに話す老女になったかのように、わたしの言葉を嫌悪するだけである。要するに、いずれにせよ、わたしは人がわたしの心を理解できるのを願うのである。人を死の地へ送ることはわたしの望むところではないからだ。人が今この瞬間のわたしの気持ちを理解できるように。そしてまさに今わたしが背負う重荷を慮ることができるように。

1992年4月26日