言葉は肉において現れる

目次

三十五番目の言葉

わたしは人間の中でわたしの働きを実行し始め、彼らがわたしと同じ流れの中で生きることを許した。わたしはまだ彼らと共にいる間に働きを完了させるつもりであるが、それは彼らがわたしの救済計画全体の中でわたしが管理する対象だからである――そして彼らがすべてのものの主人となることがわたしの望みである。したがってわたしは人間の中を歩き続ける。人間とわたしは今の時代に入るので、わたしは気持ちがすっかり安らぐ。わたしのペースが速まったからである。これらの人たちがどのように遅れずについてこられるのだろう。わたしは無感情で頭の鈍い人々に大いに働きかけてきたが、彼らはわたしを大切に思っていないし、愛してもいないので、何も得ることができない。わたしはすべての人々の中で住んでおり、地上でも地下でも彼らの動きを観察してきた。「人間」と呼ばれるすべての人々はわたしに抵抗している。まるで「わたしに抵抗すること」が彼らの職務明細書の中に書かれているかのようである。あたかも、この仕事を実行しなければ、彼らは引き取り手のいない、行くあてのない孤児になってしまうかのようだ。しかし、わたしは人々をその行いや態度に基づいて独断的に判断したりはしない。むしろ、その能力に応じて彼らを支援し、養う。人間はわたしの救済計画全体の主人公なので、わたしはこの「人類」の役割にある人々をさらに導き、彼らがその役割を心から、能力の限りを尽くして行えるようにし、その結果、わたしが監督を務めるこの劇が完全に成功することを目指す。これは人類に対するわたしの祈りである。ひょっとしてこの祈りがなければ、彼らはできるだけ見事に自分の役割を演ずることができないのではないだろうか。わたしは人々がわたしに求めることを達成できるが、わたしが彼らに求めるものを彼らは達成することができないのではないだろうか。わたしが力で人間を服従させるということはできない。これはわたしの最後の要求である。わたしはまったく真剣に誠意をもって彼らに懇願している。彼らは本当にわたしが求めるものを行うことができないのだろうか。わたしは何年もの間人々に与え続けてきたが、お返しとして何も受け取っていない。これまでわたしに何かくれた人がいただろうか。わたしの血、汗、涙は山にかかった雲のようなものにすぎないのだろうか。わたしはこれまで何回も人々に「予防接種」をして、わたしの要求事項は苛酷ではないと語ってきた。では、なぜ人々はたえずわたしを避けるのだろう。わたしが彼らを捕まったらすぐに殺される雛のように取り扱うからだろうか。わたしは本当にそのように野蛮で非人間的なのだろうか。人間はいつも自分の概念に従ってわたしを評価する。わたしに関する彼らの概念は天におけるわたしの実体[a]に一致しているのだろうか。わたしは人々の概念をわたしの楽しみの対象とするつもりはない。むしろ、わたしは彼らの心を正しく評価すべきものとして見ている。しかし、わたしは彼らの良心にはまったくうんざりしている。なぜなら、彼らは、わたし自身が良心を持っていないと考えているからである。したがって、わたしはこの話題に関する意見をさらに発展させた。しかし、わたしは彼らの良心を直接批判することは断る。むしろ、わたしは辛抱強く、同情しながら彼らを導き続ける。結局、人間は弱く、どんな仕事も実行することができないのだ。

今日、わたしは正式に限りのない懲罰の領域に一歩踏み込んだ。そして今人類と共にそれを楽しんでいる。さらにわたしは彼らに直接指示しており、彼らはわたしの指示に従っている。だれも敢えてわたしに反対しようとはしない。すべての人々はわたしの指導の下にあり、わたしが割り当てた義務を行っている。なぜならこれは彼らの「職務明細書」の中に記されているからである。天地にある万物の中で――わたしの計画に敢えて服従しない人がいるだろうか。わたしの支配下にない人がいるだろうか。わたしの言葉や働きに対して称賛や賛美の言葉を発しない人がいるだろうか。人間はわたしの行いや行動を称賛するので、わたしのどんな些細な動きにも、わたしの働きの流れに懸命に従う。誰がそこから逃げることができるだろう。誰がわたしの整えた働きから離れることができるだろう。わたしの管理上の命令によって、人間は留まることを強いられる。わたしの命令がなければ、彼らは皆「前線」からこっそりと戻り、「脱走兵」になっていただろう。死を恐れない人がいるだろうか。人々は本当に進んで我が身を犠牲にするだろうか。わたしは誰にも無理強いはしない、なぜなら、わたしはずっと以前に人の性質を完全に理解したからだ。したがって、わたしはいつも人々が以前決してしたことのない計画に着手している。誰もわたしの働きを実行できないので、わたしは直接戦場に足を踏み入れて、人生の戦いに関わり、サタンに対応している。今日、サタンは極端にはびこっている。なぜわたしはこの機会を利用してわたしの働きの中心を見せびらかせてわたしの力を明らかにしようとしないのか。以前に言ったように、わたしはサタンの策略をわたしの引き立て役として利用している。これは最善の機会ではないだろうか。今だけわたしは満足そうな微笑みを示すが、それはわたしが目的を達成したからである。わたしはもはや走り回って、人々に「助け」を求めたりしない。わたしは忙しく動き回るのはやめたし、もはや放浪者の生活は送らない。これからは、平穏に暮らす。人間も同様に無事であろう。わたしの日が来たからである。地上でわたしは人として忙しい生活を送ってきた、そこでは多くの不正行為が行われたと思われる。人の目には、わたしは彼らの喜びや悲しみだけでなく、災難も共有しているように映っただろう。人間同様、わたしも天の下にある地上で暮らしてきた。したがって、彼らはいつもわたしを被造物と見なしてきた。人々は天にいるわたしを見たことがないので、わたしのためにあまり努力を費やしたことがない。しかし、今日の状況を考えると、人々はわたしが彼らの運命の支配者であり、雲の上から語りかける話者であることを認めざるを得ない。したがって、人間はわたしの前で崇拝して地面にひれ伏した。これはわたしの凱旋の証拠ではないだろうか。これはすべての敵対勢力に対するわたしの勝利の描写ではないだろうか。世界は終わりに近づきつつあり、人類は大々的な浄化を経験するだろうという予感を、すべての人々が持っている。しかし、彼らは、わたしが要求することを実際に意識して実行することができないので、わたしの懲罰を受けて泣くしかない。何ができるというのだ。誰がこれらの人間に服従するなと言ったのだろう。誰が彼らに最後の時代に入れと言ったのだろう。なぜ彼らは人間としてこの大破局前の世界に生まれたのだろう。すべてはわたしが直接取り決めているのだ。文句を言える人はいない。

世界創造以来、わたしは人々の間を歩き回り、地球上に存在している彼らと付き合ってきた。しかし、過去の時代では、わたしによって選ばれた者は一人としていなかった。誰もがわたしの沈黙によって拒絶された。これは、過去のそれらの人々がひたむきに献身的にわたしに仕えなかったからである。したがって、わたしももっぱら彼らだけを愛することはなかった。彼らはサタンの「贈り物」を受け取り、次に振り向いてそれらをわたしに捧げた。そうする時、これはわたしに対する中傷ではなかっただろうか。そのような捧げものが出されている時、わたしは嫌悪感を出さず、むしろこれらの「贈り物」をわたしの救済計画に使う材料に加えることによって、彼らの陰謀をわたし自身の使用に変えようとした。後にそれらが機械によって処理されたら、わたしは結果として生じる廃棄物をすべて焼き捨てるだろう。現代の人間はわたしにたくさんの「贈り物」を捧げていないが、わたしはそのために彼らを責めたりはしない。これらの人々はいつも極貧で何も持っていない。したがって、彼らの状況の現実を観察して、わたしは人間の世界に来てからは決して彼らに理不尽な要求をすることはなかった。むしろ、彼らに「材料」を与えた後、わたしは自分が望む「完成品」を探し求めてきただけである。これだけが人間が達成できるものだからである。わたしは苦境の中で何年も過ごしてきて、適切な要求を考え出す前に人として生きることの意味を学んだ。人間の生活をわたしが経験しなかったら、人々でさえ話し合うのはむずかしいと思うような事柄をどうしてどうしてわたしが理解できただろう。それにもかかわらず、人々はそのようには考えない。つまり、彼らはただわたしが全能で、超自然的な神自身だから理解できると言うのだ。これはまさに歴史を通じて、そして今日に至るまですべての人々が抱いてきた概念ではないだろうか。わたしは、地上では本当にわたしの全体を知ることができる人は皆無であると言った。この意見には言外の意味がある。つまり、これはただの無駄話ではないのだ。わたしはこのことを自分で経験し、観察してきたので、詳細を理解している。わたしが人間世界に降りて来なかったら、誰がわたしを知る機会を持つだろう。誰がわたしの言葉を直接聞けるだろう。誰が彼らの中でわたしの姿を見ることができるだろう。古代以来、わたしはいつも雲の中に隠れていた。わたしは早くから、終わりの日に人間世界に降りてきて彼らの模範としての役割を果たすと予言していた。このため、今日人々は幸運にも彼らの視野を広めている。これはわたしが彼らに授けた親切な行為と言うものではないだろうか。ひょっとして彼らはわたしの善意をまったく理解しないのではないだろうか。なぜ人間はそのように鈍感で物分かりが悪いのだろう。ここまで来たのに。なぜ彼らはまだ目覚めないのだろう。わたしはこの世に何年もいるが、誰がわたしを知っているだろう。わたしが人々を罰するのは驚くに値しない。彼らはわたしの権威を使うための対象であるように見える。あたかも、彼らがわたしの鉄砲の中の弾丸で、いったん発砲したら皆どこかに行ってしまうように見える。これは彼らの想像である。わたしはいつも人間を尊敬してきた。わたしは決して故意に彼らを奴隷のように利用したり取引に使ったりしたことはない。わたしが彼らから離れることができず、彼らもわたしから離れることができないからである。このように生と死の絆がわたしたちの間で形成されているのだ。わたしはいつも人間を大切に愛している。心情は相互的であったことはないが、彼らはいつもわたしの方を向いている。そのためわたしは彼らに対し努力を続けている。わたしは人々をわたし自身の宝物のように愛している。彼らは地上におけるわたしの救済計画の「源泉」だからである。したがって、わたしが彼らを除去することはまずない。人間に対するわたしの心は決して変わらない。彼らは本当にわたしの誓いを信じているのだろうか。どうしたら彼らはわたしを満足させることができるのだろう。これがすべての人類の課題である。わたしが彼らのために残した「宿題」である。彼らが皆、宿題を完成させるために一生懸命働くことがわたしの望みである。

1992年4月23日

脚注:

a. 原文には “reality of.”(~の実体)の語句はない。