全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

受肉の奥義(3)

神がその働きを行なうとき、何らかの構築や運動にとりかかるためにやって来るのではない。神はその職分を全うするためにやって来るのである。神が肉となるのは、働きのひとつの段階を遂行し、新しい時代を開くためだけである。今や神の国の時代が到来し、神の国への訓練が始まった。この段階の働きは、人間の働きでも人間をある程度まで完全にするための働きでもない。それは神の働きの一部を完了するためのものである。神の働きは人間の働きではなく、また地上を去る前に人間をある程度まで完全にするためのものでもない。それは神の職分を完全に全うし、神が行なうべき働きを終えることである。すなわち、地上における神の働きのための適切な手はずを整え、それゆえ神が栄光を得ることである。受肉した神の働きは、聖霊によって用いられる者の働きとは異なる。神が地上で働くとき、神はその職分を全うすることしか関心がない。神の職分に関連していない他のあらゆることに関しては、見て見ぬふりをするほど何の関与もしない。神はただ行なうべき働きを実行し、人がするべき働きには全く関心を持たない。まるで他のあらゆることは全く神の責任ではないかのように、神の行なう働きは自身が存在する時代と全うしなければならない職分に関連していることだけである。神は人として生きる上でのもっと基本的な知識を自身に備えることはせず、社交術を学んだり、人が理解できる他のことを習得しない。神は人が持ち合わせていなければならないあらゆることには全く関心を示さず、ただその本分である働きをするだけである。そして、人が見ると、受肉した神はあまりにも欠陥があり、人が持つべき多くのものも無視するほどで、これらのことは理解していないように思われる。人生の一般的知識のような事柄や、行動の原則や他人との付き合いなどは神にとってなんら重要性はないようである。しかし、あなたは受肉した神から異常な行動などは少しも感ずることはできないであろう。すなわち、神の人間性は、普通の人としての生活とその頭脳による普通の論理的思考を維持するだけであり、善と悪を見分けることを可能にする。しかし、神には他の何も備わってはおらず、それらはすべて人(被造物)だけが持つべきものである。神が肉となるのはその職分を全うするためだけである。神の働きは時代全体に向けられており、特定の人あるいは場所に向けられているのではなく、全宇宙に向けられているのである。これが神の働きの方向性であり、神が働く原則である。これは誰によっても変えることはできず、人はそれに一切関与することはできない。神は肉となるたびに、その時代の働きとともに来るのであって、人間が神をよく理解し、神についての洞察を得られるように20年、30年、40年、さらには70年、80年のあいだ人間のそばで暮らそうという意図を持って来るのではない。そんな必要はない。そのようなことをしても、神の本来の性質について人間が持っている認識を深めることにはまったくならない。かえって人間の観念が増えるだけで、人間の観念や思想を旧弊にしてしまう。だから、あなたがたは皆、受肉した神の働きとは何であるのかを正確に理解しなければならない。あなたがたは「わたしは普通の人の生活を経験するために来るのではない」というわたしがあなたがたに語った言葉を理解していないのではないか。あなたがたは「神が地上に来るのは、普通の人として生きるためではない」という言葉を忘れてしまったのか。あなたがたは神が肉となることの目的を理解せず、また「被造物の生活を経験する目的で神が地上に来ることなど、どうしてあり得ようか」の意味を知らないのではないか。神はその働きを完成させるために地上に来るのであり、地上での彼の働きは束の間である。彼は神の霊がその肉体を教会の並はずれた指導者に養育することを目的として地上に来るのではない。神が地上に来るとき、それはことばが肉となることである。しかし、人は神の働きを知らないので、さまざまなことを神に押し付ける。しかし、あなたがたはみな、神は「肉となったことば」であり、神の代役を一時的に果たすために霊により養われた肉ではないことを認識しなければならない。神自身は養われたものではなく、肉となったことばであり、今日、神はあなたがたのあいだでその働きを正式に行なう。あなたがたは皆、神の受肉が事実であることを知っており認めているが、実は自分で使える能力を超える理解をあたかも得たかのように振舞っているのである。あなたがたは、受肉した神の働きから神が肉となることの意義と本質まで、まったく認識しておらず、ただ記憶した言葉を軽々しく暗唱して他人に従っているだけである。受肉した神はあなたが思い描くとおりであると信じているのか。

神が肉となるのは、時代を導き新しい働きを始めるためだけである。あなたがたはこの点を理解しなければならない。これは人の役割とは大きく異なり、このふたつを同じ次元で話すことはできない。人が働きを行なうために用いられるようになるまでには、長期にわたる教育と完全にされることが必要で、それには特別に高位の人間性が必要とされている。人間は普通の人間としての理知を維持できなければならないだけでなく、他人との関係における行動をつかさどる原則や規則を多く理解し、その上、人の知恵や道徳についてさらに多くを学ばなければならない。これが人が備えていなければならないものである。しかし、受肉した神に関してはそうではない。というのは、神の働きは人を表すのでもなければ、人の働きでもないからだ。むしろ、それは神自身の直接的表現であり、神が行なわなければならない働きの直接的遂行である。(当然、神の働きは行なわれるべき時に行なわれ、気軽に無作為に行なわれるのではない。むしろ、神の働きはその職分を全うするべき時に始まる)。神は人の生活や人の働きに関与しない。つまり、神の人間性はこれらのどれも備えていない(しかし、これは神の働きに影響しない)。神はその職分を全うするべき時に、するだけである。神の地位が何であっても、神はすべき働きをただ進めるだけである。人が神について何を知っていようと、あるいは神についての意見が何であろうと、神の働きは影響されない。これはちょうどイエスがその働きをしたときのようである。誰もイエスが誰であるかはっきり知らなかったが、イエスはただ自身の働きを進めた。だがそれはイエスがしなければならない働きを行なう上で、何の影響も与えなかった。よって、イエスは最初自身の身分を告白することも、宣言することもなく、ただ人を従わせた。当然、これは神のへりくだりだけではなかった。それは神が肉体で働く方法であった。神はこの方法でのみ働くことができた。というのは、人は裸眼で神を認識できなかったからである。たとえ認識していたとしても、人は神の働きを助けることはできなかったであろう。さらに、神は人が神の肉体を知るために肉となったのではなかった。それは働きを行ない、職分を全うするためであった。この理由で、神は自身の身分を公けに知らせることに重点を置かなかった。神がしなければならないすべての働きを完成させたとき、神の身分と地位はすべて自然に人に明らかになった。受肉した神はただ沈黙を守り、決して何も宣言しない。神は人のことや、人が神に従うことにどのように対処しているかなどに気を留めないが、ただ職分の成就とすべき働きを進めていくだけである。誰も神の働きに立ちはだかることはできない。神の働きを終える時が来ると、それは必ず終結され、終わらせられる。だれもそれに反する指示を出すことはできない。神の働きが完成し、神が人から離れてはじめて、まだ完全には明確ではないにしても、神が行なう働きを人は理解するのである。そして、神が最初に働きを行なったときの神の意図を人が完全に理解するには長い間がかかるであろう。すなわち、神が肉となる時代の働きは二部に分かれる。一部は肉となった神自身が行なう働きと肉となった神自身が語る言葉から成る。ひとたび神の肉体の職分が完全に成就されると、働きの別の部分は聖霊によって用いられる人によって実行される。それが人が自分の役目を果たす時である。というのは、神はすでに道を開いており、今こそ人がそこを歩まなければならないからである。すなわち、肉となった神は働きの一部を行ない、聖霊や聖霊によって用いられる人たちがその働きを引き継ぐのである。それゆえ、この働きの段階で受肉した神によってなされる主要な働きを人は知らねばならない。また、人に求められていることに合わせて神に要求しようとしないで、神が肉となる意義や神がなすべき働きを人は正確に理解しなければならない。ここに人の過ち、観念、それ以上に不従順があるのである。

神は人に神の肉体を知らしめたり、人に受肉した神の肉体と人の肉体の違いを区別させたりする目的で受肉するのではない。神は人の識別能力を鍛えるために受肉するのでもない。ましてや受肉した神を人が礼拝し、そこから神が偉大な栄光を受ける意図を持って受肉するのでもない。これらのどれも神が肉となる本来の意図ではない。また、神は人を咎めるためや、意図的に人をさらけ出すために、あるいは人に困難をもたらすために肉となるのでもない。これらのうちどれも神の本来の意図ではない。神が肉となるときはいつも、それは不可避の働きなのである。それは神が行なうさらに偉大な働きと、さらに偉大な経営(救い)のために神がそのように行動するのであり、人が想像するような理由のためではない。神はその働きに必要なときだけ地上に来るのであり、必ず必要なときである。神はさまようことを意図に地上に来るのではなく、神がすべき働きを実行するために来る。そうでなければどうして神がこの働きを行なうというそのような重荷を背負い、大きな危険を冒すのだろうか。神はそうしなければならない時にだけ、また常に特別な意義をもって肉となる。もしそれが人に神を見させ、彼らの視野を広げるためだけであったなら、神は絶対にそのように軽々しく人の間には来ないであろう。神が地上に来るのは、その経営と偉大な働きのためであり、神がもっと人を得るためである。神は時代を代表し、サタンを打ち負かすために来るのであり、サタンを敗北させるために肉となる。さらに、神は全人類の生活を導くために来る。これらのことはすべて神の経営に関係することで、全宇宙の働きに関することである。もし神が人に神の肉体を知らしめ、目を開かせるためだけに受肉したのなら、なぜ神はすべての国々を旅しないのであろうか。そんなことはいともたやすいことではないであろうか。しかし神はそうしなかった。その代り、住みつき神のすべき働きを開始するのに適した場所を選んだ。この肉体だけでも大いに意義がある。神はひとつの時代全体を代表し、ひとつの時代全体の働きを行なう。前の時代を終わらせ、新しい時代に導く。これらの事すべては、神の経営に関する重要な事柄で、地上に来た神によって実行される働きの一段階の意義である。地上に来たとき、イエスはいくつかの言葉を語り、いくらかの働きを行なっただけだった。イエスは人のいのちを懸念せず、その働きを完了させた後は去って行った。今日わたしが話しを終え、わたしの言葉をあなたがたに伝え、そしてあなたがたもすべて理解した後には、あなたがたのいのちがどのようになろうとも、働きのこの段階は終了したことになる。それから先は、この段階を継続し、これらの言葉にしたがって地上で働く者がいなくてはならない。そのとき、人間の働きと構築が始まるであろう。しかし現在は、ただ神の働きが神の職分を全うし、働きの一段階を完成させる。神は人間とは違った働き方をする。人間は集会や討論会を好み、儀式を重んじる。神は人間の集会や会合をとても嫌う。神は人間とは形式ばらずに話し、語る。これが神の働きであり、これは極めて解放されたものであり、あなたがたをも自由にする。しかし、わたしが何よりも嫌うのはあなたがたと集まることであり、あなたがたのように厳しく管理された生活に慣れることはできない。わたしは規則を激しく嫌悪する。規則が人間をがんじがらめにするあまり、人間は動いたり、話したり、歌ったりすることまで恐れ、その目はじっとあなたを睨みつけている。わたしはあなたがたの集まり方や大きな集会をとても嫌悪する。このような方法であなたがたと集うのはとにかく拒否する。なぜなら、このような生き方では人は拘束されたように感じるからである。あなたがたは儀式も規則も過剰に守っている。あなたがたに主導権をもたせると、全員を規則の領域へと導いてしまうであろう。あなたがたの指導のもとでは、人間は規則を捨て去る方法をもたないであろう。その代わり、宗教的熱心はますます激しいものとなり、人間の実践行為の数はさらに増えていくであろう。集まると疲れることなくひたすら説教したり話し続ける者や、十数日間も休まず説教し続けることができる者がいる。これらは皆、大きな集会であり人間の会合である。これらは飲食や楽しみ、霊が自由にされた生活とは無関係である。これらは皆、会合である。あなたがたの同僚会合や、大小の集会、これらすべてにわたしは大いに嫌悪感を覚え、一切関心を持ったことがない。わたしの働き方の原則は次のようなものである。すなわち、集会で説教するつもりはないし、大規模な公的集まりで何かを宣言したくもないし、ましてやあなたがた全員を数日間の特別会議に呼び集めたいとも思わない。あなたがた全員が行儀良く座って集まっているのを好ましいとは思わない。あなたがたが儀式の枠組みの中で生きているのを見るのがわたしは嫌いである。さらに、わたしはあなたがたのそのような儀式に参加するつもりはない。あなたがたが儀式を行なえば行なうほど、わたしはそれを忌み嫌う。あなたがたの儀式や規則にわたしは少しの関心もない。あなたがたがどれほど巧みに行なおうとも、わたしにとってはどれもおぞましいだけである。これは、あなたがたの計画が不適切であるとか、あなたがたが下劣過ぎるというのではない。あなたがたの生き方が嫌いなのである。さらに、わたしにはそれに慣れることができないのである。あなたがたはわたしが行なおうとする働きをまったく理解していない。当時ある場所でイエスがその働きを行なったとき、説教を終えると、弟子たちを連れてその町を去って行った。イエスは弟子たちを先導しながら、弟子たちと話し合い、大衆から離れていた。イエスはしばしばこのような働き方をした。イエスは人々から離れ、愛する弟子を何人か連れて、彼らが理解すべき道について語りながら山に登っていった。イエスが大勢の人々のあいだで行なった働きは、数も少なく稀であった。あなたがたの神への願いによると、肉となった神は普通の人の生活を過ごすべきではないのである。座っていようと、立っていようと、歩いていようと、神はその働きを行なわなくてはならず、語らなければならない。神は常に働かなければならず、決して「作動」をやめることはできない。さもなければ、神はその本分を尽くしていないことになる。このような人間の要求は人間の理知に一致しているだろうか。あなたがたの人格はどこにあるのか。あなたがたは要求しすぎではないのか。わたしの働きはあなたに調べられるべきであろうか。わたしが職分を全うするところをあなたに監督される必要があるであろうか。わたしはどのような働きを行なうべきか、またいつ行なうべきか、よく分かっている。他者からの介入は不要である。わたしは大した行ないをしなかったようにあなたには見えるかもしれないが、あのときはその時点でのわたしの働きは終わったのである。たとえば、四福音書の中のイエスの言葉を考えてみたまえ。これらの言葉も限られていたのではないか。イエスがシナゴーグに入り説教をしたとき、長くても数分後にはこれを終えていた。話し終えると、イエスは弟子たちを連れて舟に乗り、何の説明もせずに出発した。シナゴーグにいた人々は互いに議論し続けたであろうが、それはイエスとはもう関係のない事となってしまった。神は必要な働きだけをし、それ以上何も追加しなかった。現代では、多くの人がわたしにもっと話すように、一日に数時間語るようにと要求する。あなたがたによると、語らないと神は神でなくなり、語るものだけが神である。あなたがたは皆、目が見えていない。皆、野蛮人だ。理知など持ち合わせない無知ども。あなたがたは観念を持ちすぎている。あなたがたの要求は行き過ぎである。あなたがたは冷酷である。あなたがたは神が何であるかまったく理解していない。あなたがたは、語る者、演説する者ならば誰でも神と、言葉を与えてくれる者であれば誰でも「父」と信じている。教えてほしい。顔立ちの整った非凡な外観をしたあなたがたは皆、少しでも理知というものを持っているのか。あなたがたは天の掟を知っているのか。あなたがたは、ひとりひとりが堕落した強欲な役人のようである。そんなあなたがたが、いかにして分別がつくのか。正誤の区別ができるのか。わたしはあなたがたに豊かに与えてきたが、あなたがたの中の何名がそれに価値を見出したのか。誰がそれを完全に自分のものにしているのか。あなたがたは自分たちが今日歩んでいる道を誰が切り開いたのかを知らない。だからわたしに対して要求を、このような馬鹿げた不合理な要求を続ける。あなたがたは、恥ずかしさのあまり赤面していないのか。わたしは十分話したのではないのか。十分行なったのではないのか。あなたがたの中で誰がわたしの言葉を宝として真に大切にできるのか。わたしのいるところでは、あなたがたはわたしをほめそやすが、背後では嘘をつき騙す。あなたがたの行動はあまりに卑しく不快である。あなたがたはわたしに語ることを要求し、働くことを要求するが、それはあなたがたの生活を変革させるためではなく、せいぜい自分の目を楽しませたり視野を広げたりするためである。あなたがたに向けて、わたしはすでにどれほど語りかけたであろうか。あなたがたの生活はとうの昔に変革しているはずである。それなのに今なぜ、以前の状況に逆戻りを続けるのか。もしや、わたしの言葉が奪われて、あなたがたには届いていなかったのであろうか。実のところ、あなたがたのような堕落者にはこれ以上何も言いたくない。それは無駄になるであろう。こんなむなしい働きはしたくない。あなたがたはいのちを欲しているのではなく、自分の目を楽しませたり視野を広げたりすることだけを望んでいる。あなたがたは皆、自分を欺いているのである。わたしがこれまであなたがたと向かい合って話したことのうち、どれくらいを実践したのか教えてもらいたい。あなたがたは詐欺を行なって他人を騙しているだけである。あなたがたのうち、傍観者として見学を楽しんでいる人たちをわたしは忌み嫌う。あなたがたの好奇心は非常におぞましい。真理の道をさがし求めているか真理を渇望するがゆえにここにいるのではないなら、わたしはそんなあなたがたを嫌悪する。あなたがたがわたしの言葉に耳を傾けるのは、好奇心を満たすためや欲望を満たすためだけであることをわたしは知っている。真理の存在を探し求め、いのちに入るための正しい軌道を探ろうという考えがあなたがたにはない。このような要求はあなたがたのあいだに全然存在していない。あなたがたは神のことを、研究し賞賛するための玩具とみなしているに過ぎない。いのちを求めるあなたがたの情熱は小さ過ぎるが、好奇心に満ちた欲望はそうではない。このような人々にいのちの道について話すのは、空気に向かって話すのと同じである。話さない方がましであろう。言わせていただこう。あなたがたが自分たちの心の中の空隙を満たしたいとだけ思っているのならば、わたしのもとへ来ない方がよい。それよりは、自分たちの命に集中するべきである。自分自身を弄ぶのはやめなさい。好奇心をいのちの探求の基盤にしたり、あなたがたに語りかけるようにわたしに頼んだりするための言い訳にするべきではない。これらはすべて詐欺であり、あなたがたは熟練した詐欺師である。もう一度、あなたに尋ねる。わたしがあなたに入っていくように求めることのうち、どれくらいを実際に行なったのか。わたしがこれまであなたに話したことをすべて理解したのか。わたしが話したことをすべて実践することができたのか。

あらゆる時代の働きは神自身によって開始されるが、神の働き方が何であれ、神は運動を起こしたり、あなたがたのために特別な会議を催したり、ある種の組織を設立するために来るのではないことを知るべきである。神は神がすべき働きを行なうためにだけ来るのである。神の働きは誰によっても制限されることはない。神は望むとおりにその働きを行ない、人が何を思っても、どんなことを知っていても、神はその働きを実行することだけに関心がある。世界の創造から現在まで、すでに三段階の働きがあった。ヤーウェからイエスまで、律法の時代から恵みの時代まで、神は決して人のために特別会議を召集したり、全人類を一堂に招集して特別な世界的な作業会議を開催し、それにより神の働きの領域を拡張しようとしたことはない。神は適切な時に適切な場所で、ひとつの時代全体の最初の働きを行なうだけで、それを通して時代を切り開き、人間を生活において導く。特別会議は人の集会である。休日を祝うために人々を召集することは人の働きである。神は休日を祝うことはなく、それ以上に、休日を嫌う。神は特別会議を召集しないし、それ以上に特別会議を忌み嫌う。肉となった神の働きは何であるか今や正確に理解すべきである。

前へ:受肉の奥義(2)

次へ:受肉の奥義(4)

他のお気に入り