全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の愛の本質とは

76

黑龙江省绥化市 思秋

あなたは、自分がわたしに対して常に忠実であり、わたしを愛しているにもかかわらず、病の苦痛や生活上の貧窮、友人や親戚に見捨てられること等の人生における不幸を受けたとしたら、わたしに対するあなたの忠誠や愛は依然として継続するであろうか。」(『言葉は肉において現れる』の「極めて深刻な問題:裏切り(2)」より) この神様の御言葉の一節を目にするたび、私は特に憂鬱になります。みじめな気持ちがこみ上げてきて、「親愛なる神様、あなたに忠実で、あなたを愛する人たちを、なぜそのような不幸な目に遭わせるのですか」という声なき不満を心の中で漏らしてしまいます。そのため、聖霊に用いられる人が言った「神様が最後に人にお求めになるのは愛と誠実さである」という言葉の意味を、私はなかなか理解できずにいました。

つい先日、一緒に働いていた姉妹が甲状腺機能亢進症に罹り、次第に一日に六食もとらなくてはならない状態に陥りました。病気のストレスから体力がどんどんなくなり、鬱状態のまま弱々しく、疲れきった状態で毎日の生活を送っていました。彼女の身体は、本分を尽くしたいという本人の希望通りには動かなくなり、病状もますます悪化していきました。なぜこんなことが起きているのか、私には理解できませんでした。「この姉妹は家族も、福利厚生が充実した高収入の仕事も捨てて自分の本分を尽くすことに専念し、とても忠実だった。彼女ほど自分を捧げた人がその報いとしてこんな病魔に襲われるなんて、どうしてそんなことがあり得るの……」自分の気持ちを外に出すことはしませんでしたが、私の心は動揺し、誰かがこのことを口にするたびに冷静さを失ってしまうほどでした。

それから間もなく、この姉妹とは離れ離れになりましたが、私は決して彼女のことを忘れませんでした。ある日、彼女がどうしているのか指導者に訊いたところ、こんな答えが返ってきました。「最初、彼女はとても否定的な状態で、神様の働きを受け入れるのを拒んでいたのですが、その後は意識的に自分の状態を調整し、病気に苦しむ中で神様の意図を探し求めました。やがて神様の御言葉を通じて自分自身を知り始め、自分に真の信仰がなかったことに気づきました。彼女の信仰には依然として「取り引き」の要素、つまり神様への信仰を通じて祝福を得たいという欲望が残っていました。さらに、自分の中にあるその他の反抗的要素も多く見つけました。彼女が自分自身のこういった部分に気が付くと、健康状態も劇的に改善していきました。彼女は日々回復しています。食事も一日三食に戻り、状態はかなり良くなっています。滞在しているホストファミリーで兄弟姉妹がそれぞれの状態を正しくする手助けさえできますよ……」この吉報を聞いて、私は本当に驚きました。病気の苦痛が彼女の決意をすり減らし、彼女をひどく苦しめるだろうと思っていたからです。病気に悩まされていた彼女の将来はどんどん暗くなっていくだろう思い、もう先に進めないかもしれないとさえ感じていました。しかし今日、彼女の現状を知った私は唖然とするしかありませんでした。彼女は神様への信仰を失わなかっただけでなく、病気の精錬を通して神様の働きを理解し、自分の堕落にも気づくようになったのです。彼女は経験から学び、自分のいのちにおいて改善を遂げていました。この病気は、神様の真の愛、神様による人間の真の救いの現れではないでしょうか。

その後、私は次の説教の一節を読みました。

「第5節。神様はこうおっしゃっています。『あなたは、自分がわたしに対して常に忠実であり、わたしを愛しているにもかかわらず、病の苦痛や生活上の貧窮、友人や親戚に見捨てられること等の人生における不幸を受けたとしたら、わたしに対するあなたの忠誠や愛は依然として継続するであろうか。』この要求は、人類にとって小さな試練ではありません……神様に対する人の忠実さと愛はどのような土台の上に築かれますか。神様に対して真に忠実だとどのように証明できますか。神様を真に愛していることをどうやって示せますか。それらは試練と精錬を通じて証明される必要があります……この種の試練に遭遇するとき、神様の第一の目的はあなたを暴き、あなたの忠実さと愛が本物か否かを確かめることです。第二の目的はあなたを清めることです。あなたの忠実さと愛には不純なものが混じっているからです。様々な試練の際に現われるこれらの不純なものに気づけるなら、あなたはそれらを清めていただけます。神様に対する真の忠実さと愛があれば、自分に何が降りかかろうと、どんな試練に遭遇しようと倒れることはなく、その代わり確固として神様に忠実であり続け、神様を愛し続けることができます。忠実さと愛に不純なものや、見返りを求める欲求が混じっている人は、試練が降りかかったとき容易にしっかり立てず、つまずいてしまいがちです。このような人は簡単に暴かれます。違いますか」(いのちの入りに関する説教及び交わりの「神の最後の要求を満たすことでのみ、人は救われることができる」より)この交わりの一節を読んで初めて、自分がいつも肉に縛られた考え方で神様の働きを判断していたことに気づきました。神様の愛は溢れんばかりの恵みの賜物、および肉体の喜びと平安の保証から成り立っているのだと勘違いしていました。苦しみも神様の祝福の一形態だとは考えもしませんでした。姉妹の経験を知って初めて、苦しみによる精錬が神様の愛の真の表われであることを認識したのです。神様はある状況を作り出し、ご自身の民に不幸をお与えになります。肉体的な苦痛であろうと、金銭的な苦難であろうと、その他の苦難であろうと、それは悪意からではなく、神様の愛情こもった優しさから生み出されたものなのです。人の堕落や欠点を扱うため、神様はありとあらゆる状況を作り出し、人を試し、精錬なさいます。神様はこの苦難を通じて働かれ、人を清め、変え、いのちを授けられます。人は精錬の過程において、不幸や悪事と捉えられかねない、途方もない肉の苦しみを経なければなりませんが、自分を知って神様との正常な関係をさらに築き、心の中で神様への愛を徐々に育めるよう、それは数多くの不純なもの、誤った意図や見方、途方もない欲望、そして神様への信仰における誤った目標を明らかにします。このような恩恵は快適な生活からは得られません。試練の苦痛から得た教訓を吸収し、それまで歩んできた道を振り返るとき、人はようやく、神様の裁きと刑罰、懲らしめと鍛錬には、神様の無限の愛情が行き渡っていたのだと理解できます。神様の愛は単なる糧や思いやりではありません。それは物質的な利益を授ける以外に、精錬と懲らしめと鍛錬によって苦しみを与えることでもあるのです。

神様、私の馬鹿げた正しくない考え方を正し、たとえあなたの愛が私たちの観念に一致しなくても、あなたの愛の表われが常に私たちを変化して救うことに向けられているのを分からせるため、私の周囲のあらゆる事柄を通じて働きをなさったことに感謝いたします。あなたの愛情こもった御業には大変な心労と、言葉では言い尽くせないほどの知恵が常に満ちています。また、自分がこれまであなたのことを少しも理解しておらず、あなたの愛がしばしば状況の中に隠されているのを知らなかったことにも気づきました。神様、あなたが私たちと共有してくださる愛に敬意を表し、あなたを讃え、感謝を捧げます。私も将来このような愛を受けられるようになりたいと思います。万一このような愛を受けられる時には、あなたの愛を経験し、あなたの愛を証しできるよう、どれだけ厳しい苦難でも受け入れることを誓います。

関連した内容

  • 個人的な復讐のために権力を乱用することの本質

    リーダーが、自分が不愉快に感じ、自分に反対してくる、自分とは全く異なる意見を持つ兄弟姉妹をどのように扱うかは非常に重大な問題で、慎重に対応する必要があります。リーダーが真理に入らないと、この種の問題に遭遇した時、このような人物を差別したり、攻撃的な態度に出たりします。

  • 正直な人になることは簡単ではない

    神様の御言葉を読んだり説教に耳を傾けたりすることを通じ、信仰において正直な人になることを追い求める重要性と、人は正直な人になって初めて神様に救っていただけることを理解するようになりました。かくして自分も実生活で正直な人になろうと実践を始めました。

  • 私は人生の正しい道を歩み始めたばかりです

    河北省 師含 私は貧しい農民の家庭に生まれました。私は幼少時代から分別のある子で、他の子供達と喧嘩することもなく、両親の言うことをよく聞いていました。こうして私は大人達から典型的な「良い女の子」として見られていました。他の親達は皆、私の両親は私の様な良い娘を持って幸せだと言って嫉妬するほどでした。私…

  • 神の救いを経験した

    私は、神の救いはまさに真実であることが分かりました。神の愛は誤りや空虚とは無縁なのです。それは真実であり、実在します。しかし、私は神の働きと救いに気が付くことができていませんでした。