全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第六十三章

自分自身の状態を理解しなさい。そしてそれ以上に、自分が歩むべき道を明確に知りなさい。わたしがあなたの耳を引っぱり上げて物事を指摘するのを、もうこれ以上待っていてはならない。わたしは人の心の最も奥深いところを探る神であり、わたしはあなたの一つひとつの思いや考えを知っている。あなたの行いや振る舞いを知っているのは尚更である。だがあなたの行いや振る舞いには、わたしの約束を伴っているだろうか。わたしの旨を伴っているだろうか。そのことを本気で求めたことがあるだろうか。ほんとうに時間をかけて求めたことはあるだろうか。本気で努力したことはあるだろうか。わたしはあなたを批判している訳ではない。あなた方はこの側面を無視しているだけだ。あなた方はいつも混乱して何に関しても明確に理解することができない。あなたにはその原因が分かるだろうか。それは、あなた方の考えが不明瞭で、あなた方の観念はすっかり根付いてしまい、その上、あなた方はわたしの旨になど配慮を示さないからだ。一部の人たちは次のように言うだろう。「私たちがあなたの御心に配慮を示さないなどと、どうして言えるのですか。私たちは常にあなたの御心を把握しようとしているのですが、どうしてもそれが把握出来ないのです。一体どうすればいいのでしょうか。私たちが何の努力もしないとあなたは本当に言えるのですか。」あなたに聞こう。あなたは、自分がわたしに対してほんとうに忠誠を尽くしているなどと言う気か。完璧な忠誠をもって自分をわたしに捧げているなどとあえて言うのは誰か。残念ながら、そう言える者はあなた方の中にひとりとしていないだろう。何故なら、言うまでもなく、あなた方はみな自分の選択と好みに従い、さらには、自分の意図を持っているからである。偽ってはならない。わたしはずっと前からあなた方がその心に思うことを全て知っていた。敢えて説明する必要があるだろうか。あなた方は、もっとあらゆる側面から吟味しなければならない(あなた方の思いや考え、あなた方が言うすべてのこと、一つひとつの言葉、あなたの一つひとつの動作における全ての意図と動機など)。そうすることで、あなた方は全ての側面においてもっと霊的に成長することができ、更には全き真理を身に着けることができるようになる。

もしわたしがこのように話さなければ、あなた方は未だに混乱したままで、一日中肉の快楽を渇望し、わたしの旨に配慮しようする意欲などとは全くないだろう。わたしは、あなた方を救うために、絶えずこの愛の手を使っているが、あなた方にはそれが分かるだろうか。それに気づいたことがあるだろうか。わたしは心からあなたを愛している。あなたはわたしを心から愛すると言うだろうか。自分に問うてみよ。わたしの前に出て、あなたのひとつひとつの行いにおいて、本当にわたしの吟味を受け入れることができるか。あなたは本当に自分の行動ひとつひとつをわたしに調べさせるだろうか。わたしが、あなたは放蕩にふけっていると言うと、あなたはすぐに自己防衛しようとする。わたしの裁きはあなたに下る。今あなたは真相に目覚めるべきだ。わたしの語ることは全て真実であり、あなたの内的実状を指摘する。ああ、人間たちよ!あなた方は何と扱い難いことか。わたしがあなたの実状を指摘しなければ、あなたは言葉によって心の中で納得することがない。わたしがそうしないなら、あなた方は、この地上に自分より賢い者はいないと思いながら、いつも自分の古い考えにしがみつき、自分の考え方にこだわる。あなたはただ独善的になっているだけではないのか。自己満足と無頓着に溺れ、傲慢でうぬぼれているだけではないのか。それを自覚すべきだ。自分が賢いとか非凡だなどと思わず、自分の欠点や弱点を常に意識すべきだ。そうすれば、わたしを愛するというあなたの決意が揺らぐことはなく、かえって益々強固になり、あなたの状態も益々良くなるのである。更に大切な事には、あなたのいのちが日々更に成長を続けるのである。

あなたがわたしの旨を把握するとき、あなたは自分自身を知るようになり、そうしてわたしをより良く知るようになり、わたしに対する確信が強まっていくのである。今この時にあって、ある人が90%の確信に達することができず、常に浮き沈みが激しく、熱くなったり冷たくなったりしているのであれば、その人は間違いなく捨てられる対象となるだろう。残りの10%は完全にわたしの啓示と照らしにかかっており、それがあって、100%の確信に達するのである。現在、つまり今日、どれだけの人がこのような霊的背丈に達することができるだろうか。わたしは絶えずわたしの旨をあなたに現すので、あなたには常に心の中にいのちの感覚があるはずである。それなのになぜあなたは霊に従って行動しないのか。過ちを犯すことを恐れているのだろうか。そうであれば、なぜ実践することに焦点を合わせようとしないのか。あなたに言おう。一度や二度試しただけではわたしの旨を把握することはできない。ある過程を経なければならないのである。わたしはこのことを何度もあなたに言ってきたのだが、なぜそれを実行に移さないのか。自分が不従順だとは思わないのか。あなたは何でも即座に終わらせたがり、決して進んで努力しようとせず、時間をかけて物事をしようとすることもない。何と愚かで、それにも増してなんと無知なことか。

わたしがいつでも遠回しにではなく、はっきりと語っていることに、あなた方は気づいていないのか。なぜいつも鈍く、麻痺していて、物分かりが悪いのか。もっと自分を吟味し、分からないことがあったなら、わたしの前に頻繁に来るべきなのである。わたしはあなたに言う。わたしがこれらのことをあれこれ言うのは、あなた方をわたしの前に導き出すためだ。なぜいつまでもそれが分からないのか。わたしの言葉があなた方を混乱させたからなのか。それとも、あなた方がわたしの言葉のひとつひとつを真剣に受け止めなかったからなのか。あなた方がわたしの言葉を読むときは、自分たちのことを良く理解し、わたしに負い目があるとか、わたしの旨を把握できないとか言う。だがその後はどうだろうか。まるでそれらの言葉は自分たちには全く関係ないかのようで、あたかも、全く神を信じていない人のようではないか。見聞きしたことを消化する間もなく、ただ飲み込んでいるだけではないのか。あなたがわたしの言葉を享受するときは、馬にまたがって駆け抜けながら、ちらりと花を見るようなもので、わたしの言葉の中にあるわたしの心を把握しようなどとはしない。人々は次のようである。彼らはいつでも謙虚に見せたがるが、そのような人々は最も忌み嫌われるべきである。そのような人々が他の人達と交わる時は、いつでも他の人の前で、自分のことを知っていると言いたがるが、あたかも自分がわたしの重荷に考慮示しているかのように思わせたがるが、実は自分たちが一番愚かでばかげた人間なのである。(かれらは、兄弟姉妹たちとの交わりの中で、わたしに関する真の識見や認識を分かち合うのではなく、ただ自己顕示したいだけ、目立ちたいだけなのである。わたしはそのような人々を最も忌み嫌う。彼らはわたしをそしり、わたしを軽んじているからだ。)

わたしは頻繁に、もっとも素晴らしい奇跡をあなた方の中に現わす―あなた方にはそれが見えないのだろうか。現実と呼べるものは、わたしを心から愛する者たちによって実際に生きられる。あなた方はそれを見ていないのか。それはわたしを知ることが出来るということの最も良い証拠ではないのか。わたしに対する更に良い証しではないのか。だがあなた方はそれを認識しない。教えて欲しい。サタンによって堕落させられた、汚く、穢れ、乱れきったこの地上で、現実を生きることが出来る者は誰か。人々はみな堕落し、空っぽではないのか。いずれにせよ、わたしの言葉は頂点に達した。これ以上分かりやすい言葉はない。どんな間抜けでもわたしの言葉を読んで理解することができる。それならば、あなた方は全く努力をしていないというだけのことではないのか。

前へ:第六十一章

次へ:第六十四章

他のお気に入り