全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第七十八章

働きは、人間によってではなく、わたしによって行われると、わたしは以前言った。わたしにとっては、全てのことがゆったりしており楽しいが、あなた方にとっては、物事は非常に異なり、あなた方が何をしようと、それは極めて困難である。わたしが承認するものは何でも、わたしによって必ず成し遂げられるであろう。一方、わたしが承認する者は誰でも、わたしによって完全にされるであろう。人間たちよ──わたしの働きに干渉してはならない。あなた方が心配する必要があるのは、わたしの導きに従うこと、わたしが愛することを行い、わたしが憎む全てのことを拒むこと、罪から抜け出すこと、そして自らをわたしの愛の抱擁の中に委ねることだけである。わたしはあなた方に自慢しているのでも、誇張しているのでもない。真実は本当にそうである。わたしが、世界を滅ぼそうとしていると言うなら、瞬く間に世界は灰になるであろう。あなた方は、しばしばあまりにも心配し過ぎて、自らに重荷を加え、わたしの言葉が空しいものであることを深く恐れて、わたしのために逃れる道を見つけようとして走り回る。盲目な愚か者たちよ。あなた方は自分の価値さえ知らないのに、わたしの助言者になろうとしている。あなたにその価値があるのか。鏡でよく見てみなさい。

あなたに告げよう。臆病者は、その臆病のために懲らしめられなければならず、一方、極めて信仰の厚い者は、その信仰のために祝福を得るであろう。はっきり言うと、今最も重要な点は、「信仰」である。あなた方の上に臨むであろう祝福がまだ現されていないときでも、あなた方は、わたしのために全てを費やす必要がある。いわゆる「祝福される」と「災難を受ける」ということは、この側面を指している。わたしの子らよ。わたしの言葉は、まだあなたの心の中に刻まれているか。「わたしのために心から尽くす者よ、わたしは必ずあなたを大いに祝福するであろう」。今日、あなたは本当にその内に宿っている意味を理解しているか。わたしは空しい言葉は話さない。今から後、隠されたものは何もない。つまり、以前わたしの言葉の中に隠されていたことが、全く隠されることなく、一つ一つ、あなた方に告げられるのだ。さらに、それぞれの言葉は、わたしが本当に意味することであり、わたしの前に隠されている全ての人々、出来事、物事を明らかにすることは容易に成し遂げられ、わたしにとって難しくないことは、言うまでもない。わたしが為す全てのことには、わたしの普通の人性の側面、それにわたしの完全な神性の側面が含まれている。あなた方は本当にこれらの言葉をはっきりと理解しているだろうか。だからわたしは繰り返し言うのだ。あまり急ぎ過ぎてはならない。わたしにとって、人や物事を露わにするのは難しいことではないが、それにはいつもわたしの時がある。そうではないか。どれだけ多くの人々がわたしの前で、狐の霊、または犬や狼として、その真の姿を暴露されたのだろうか。わたしが定めた特定の時に、誰もが自分の真の姿を露わにする。それは、わたしが行う全てのことは、わたしの計画の一部だからである。この点についてのあなたの理解は明確でなければならない。

「その時はもう遠くない」ということが指しているものを、あなたは本当に理解しているだろうか。過去に、あなたはそれがわたしの日を意味するといつも思っていたが、あなた方は皆、あなた方の観念に基づいて、わたしの言葉を解釈してきた。あなた方に告げよう。今から後、わたしの言葉を間違って解釈する者は誰でも、間違いなく愚か者である。わたしが話した「その時はもう遠くない」という言葉は、あなた方が祝福を享受する日を指している。つまりそれは、全ての悪霊が滅ぼされて、わたしの教会から追い出される日であり、人間による物事のやり方が拒まれ、さらには、全ての大きな災害が降りかかる日を指している。これを覚えておきなさい。それは「全ての大きな災害」であり、もうこれを誤解してはならない。わたしの大きな災害は、わたしの手から全て同時に全世界に降りかかるであろう。わたしの名を得た者たちは祝福され、この苦しみを被ることは決してないであろう。あなたはまだ覚えているだろうか。わたしが言ったことをはっきり理解しているだろうか。わたしが話す時が、わたしが働きを始める時である(このとき大きな災害が来る)。あなた方はわたしの意図を本当に理解していない。あなた方は、なぜわたしがあなた方にそのような厳しい要求をし、あなた方に全く寛容を示さないのか理解しているか。国際情勢が緊迫しており、中国国内の(いわゆる)権力者たちが全ての準備をしている時は、時限爆弾がまさに爆発しようとしている時でもある。七つの国からの真の道を求めている者たちは、どんな代価を払おうとも、水門を破る水のように必死になって中国に殺到するであろう。ある者はわたしに選ばれ、他の者たちはわたしのために奉仕するが、彼らの中に長子はひとりもいない。これはわたしが為すことである。これはわたしが世界を創造したときにすでに行われた。人間の観念を取り除きなさい。わたしが意味不明なことを話していると思ってはならない。わたしが考えることは、わたしが成し遂げたことである。またわたしの計画は、わたしがすでに達成したものである。あなたはこのことについて、はっきりしているだろうか。

全てのことは、わたしの思いとわたしの計画にかかっている。わが子よ。わたしはあなたのためにあなたを選んだ。さらにそれは、わたしがあなたを愛しているからである。誰であれ心の中で逆らったり、嫉妬の思いを膨らませたりする者は、わたしの呪いと燃える炎によって死ぬであろう。今日神の国がすでに形成されているので、これはわたしの国の行政命令に関わることである。しかし、わが子よ、あなたは慎重でなければならず、これを一種の資本として扱うべきではない。あなたは父の心に配慮し、それを通して父の苦心の努力を理解すべきである。このことから、わが子は、わたしがどんな種類の人間を一番愛し、どんな種類の人間を二番目に愛し、どんな種類の人間を最も憎み、またどんな種類の人間を忌み嫌うのかを理解していなければならない。自らに圧力を加え続けてはならない。あなたがどのような性質を持っていようと、それは全てわたしによって予め定められており、それはわたしの神聖な性質の一面の現れである。あなたの不安を投げ捨てなさい。わたしはあなたに対して憎しみを抱くことはない。わたしはどのようにこれを言うべきなのか。あなたはまだ理解していないのか。あなたはまだ恐れに拘束されているか。誰が忠実であり、誰が熱心で、誰が誠実で、誰が不実であるか―わたしはそれを全て知っている。なぜなら、前にも言ったように、わたしは自分の手のひらのように聖徒たちの状態を知っているからである。

わたしの目には、全てのことがすでにずっと前に成し遂げられ、明らかにされている(わたしは人間の心の奥底を探る神である。それはただ、わたしの普通の人性の側面をあなた方に示すためであり、それが全てである)。しかし、あなた方にとっては、それは隠されており、達成されていない。これは全て、あなた方がわたしを知らないからである。全てがわたしの手の中にあり、全てがわたしの足の下にあり、わたしの目は全てのことを探る。誰がわたしの裁きを逃れることができようか。全てのけがれた者、隠し事のある者、私の背後で裁く者、反抗心を抱く者など──わたしの目に貴くない人々は皆、わたしの前でひざまずき、自分の重荷を下ろさなければならない。おそらくこれを聞いた後、幾人かの者たちは少しは心が動かされるかもしれないが、他の者たちは、それがこれほど深刻なものだとは信じないだろう。わたしはあなた方に警告しよう。賢い者は急いで悔い改めるがよい。あなたが愚か者なら、ただ待っていなさい。その時が来るとき、誰が災いに遭うのか見ていなさい。

天はまだ元の天であり、地はまだ元の地であるが、わたしの見解では、天と地はすでに変わっており、かつての天と地ではない。天とは何を指しているのか。あなたは知っているか。また今日の天は何を指しているのか。過去の天は何を指していたのか。これをあなた方に伝えよう。過去の天とは、あなた方が信じていたが、誰も見たことのない神を指していた。そして、それは人々が真の誠実さで信じていた神である(何故なら、彼らは神を見ることができなかったからである)。一方、今日の天とは、わたしの普通の人性とわたしの完全な神性、つまりこの実際の神自身を指している。それは同じ神であるが、なぜわたしは、わたしが新しい天だと言うのか。これは全て人間の観念に向けられている。今日の地とは、あなた方がいるところを指している。過去の地には、聖なる場所が一つもなかったが、あなた方が今日行くところは、聖なるものとして区別されている。だからわたしは、それが新しい地だと言うのである。ここで言う「新しい」とは、「聖なる」ということを指す。新しい天と地は今や完全に実現した。あなた方は、このことについてはっきりしているだろうか。わたしは全ての奥義をあなた方に、1ペ-ジごとに明らかにするであろう。慌てなくてもよい。さらに大きな奥義があなた方に明らかにされるであろう。

前へ:第七十七章

次へ:第七十九章

他のお気に入り

  • 働きと入ること(6)

    働きと入ることとは、根本的に実際的であり、神の働きと人がいのちに入ることを指している。人は神の本当の顔と神の働きをまったく理解していないので、いのちに入ることに非常な困難が生じた。今日まで、多くの人々は、神が終わりの日に完成する働きのことをまだ知らない。あるいは、なぜ神が人の姿となり、禍福を共にする…

  • 働きと入ること(1)

    人々がいのちの正しい道を歩み始めて以来、不明瞭なままになっている事柄が多くある。人々は神の働きについて、また自分たちがなすべき多くの働きに関して依然として完全な混乱状態にある。それは、一方では人々の経験における逸脱と理解力の限界に起因し、他方では、神の働きがまだ人間をその段階に至らせていないからであ…

  • あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である

    あなたはイエスに会いたいと思うか。イエスと共に生きたいと思うか。イエスの語る言葉を聞きたいか。もしそうであれば、イエスの再臨をどのように歓迎するのか。あなたは完全に備えができているか。どのようにしてイエスの再臨を歓迎するのか。イエスに付き従う兄弟姉妹は皆イエスをよく歓迎したいだろう。しかしあなたは考…

  • 働きと入ること(9)

    深く根付いた民族的伝統と精神的姿勢が、人間の純粋な子供のような心に影を落として久しい。あたかも感情や自我の意識が全く欠如しているかのように、人間性のかけらもなく人の魂を攻撃してきた。これら悪魔のそんなやり方は極めて残忍であり、それはあたかも「教育」と「育成」が、魔王が人間を殺す伝統的方法になったかの…