全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第十七章

教会が建てられつつあり、サタンはそれを必死に破壊しようとしている。サタンはわたしの建設するものを何としても破壊したがる。ゆえに教会は急いで清められなければならない。くずや邪悪なものは一切残っていてはならない。完璧であり、以前と同じように清くありつづけるために清められなければならない。あなたがたは常に目を覚まし、待っていなければならない。わたしの前にて、さらに祈らなければならない。いくつも存在するサタンの企てやずる賢い策略を見極め、霊を知り、人々を知り、どのような人や物事をも見分けることができなくてはならない。わたしの言葉をもっと飲食し、さらに重要なこととして、自分でそれを飲食できなければならない。あらゆる真理を身に付けてわたしの前に来なさい。わたしがあなたがたの霊の目を開き、霊の中に存在する全ての奥義を見ることができるようにするために……教会がその建設段階に入ると、サタンに対する[a]聖徒の戦いが起こる。サタンのさまざまな忌まわしさがあなたがたの前に明らかになる。あなたは進むのを止めて後ずさりするのか、それとも、わたしにより頼んで立ち上がり、歩き続けるのか。サタンの堕落した醜い素性を全て露わにしなさい。情に流されたり、憐れみをかけたりすることが一切あってはならない。死ぬまでサタンと戦いなさい!わたしがあなたの後ろ盾であるから、男子の精神を持たなければならない。サタンは死の苦しみの中で暴言を吐いているが、わたしの裁きを逃れることはできない。サタンはわたしの足の下にいて、またあなたがたの足に踏みつぶされているのだ。これは事実である!

全ての宗教的な妨害者と教会建設を破壊するものには微塵も寛容を示してはならない。私は彼らをすぐに裁く。サタンを曝き、踏みつけ、完全に破壊し、隠れる場所もないようにしなさい。どのような悪魔も幽霊も、全て必ずその姿を私の前に露わにし、わたしはそれらを地獄に落とし、それらはそこから二度と解放されることはない。みなわたしたちの足の下にあるのだ。真理のために善き戦いを戦おうとするならば、まずサタンに働く機会を与えないこと。そのためには、心をひとつにして協力して使え、自分独自の観念、意見、視点、物事のやり方を全て捨て、わたしにおいて心を静め、聖霊の声に焦点を合わせ、聖霊の働きに心を傾けて神の言葉をつぶさに経験しなければならない。意図するものは、わたしの旨を行うこと、それのみでなければならない。他に意図するものがあってはならない。心をこめてわたしを見上げ、わたしの行いとわたしのやり方をしっかりと見つめ、怠ることがあってはならない。霊を研ぎ澄まし、しっかりと目を開いていなさい。通常、意図と目的が正しくない者、周りに注目されたい者、何かやりたくてたまらない者、妨げになりやすい者、宗教的教義を得意とする者、サタンの追従者などが何かしようと立ち上がるなら、教会にとってやっかいな存在となって兄弟姉妹の言葉の飲食が無駄になる。そのような者が芝居気に振舞うのを見たならば、即刻止めなくてはならない。度重なる忠告にもかかわらず変わることがなければ、彼らは大いに苦しむこととなる。決して譲ることなく頑なに自分達のやり方を通す者たちが自らを弁護して罪を覆い隠そうとするなら、教会はすぐにそのような者たちを排除し、巧みに動けるような余裕を一切与えてはならない。僅かなものを惜しんで多くを失ってはならない。視点を全体像に合わせなさい。

あなたがたの霊の目はいまや開かれ、教会の中の色々な種類の人達を見分けることができるはずである。

霊的な事柄を理解でき、霊を知っているのはどのような種類の人か。

霊的な事柄を理解できないのはどのような種類の人か。

邪悪な霊を中に持っているのはどのような種類の人か。

サタンが働いているのはどのような種類の人か。

妨害しがちな人はどのような種類の人か。

聖霊が働いているのはどのような種類の人か。

神の重荷を考慮するのはどのような種類の人か。

わたしの旨を行うのはどのような種類の人か。

わたしの忠実な証し人は誰か。

聖霊が全ての教会に与える啓きが今日の最も崇高なビジョンであることを知りなさい。これらのことに頭を混乱させていてはならない。そのかわり、時間をかけてしっかりと理解しなければならない。これはあなたがたのいのちの進歩にとって極めて重要である。目の前にあるこの事が理解できなければ、この道を先に進むことはできず、いつ誘惑に遭って囚われるかもわからず、飲み込まれてしまうかもしれない。今重要なのは、心においてわたしに近づき、わたしと更に交わることが出来ることに集中することであり、足りないこと、求めることは、わたしの近くにいて交わることで補われるであろう。あなたのいのちは必ず施され、新たな啓きを得る。あなたがかつてどれ程無知であったかをわたしが考えることはなく、あなたがたの罪を思い出すこともない。わたしはあなたがどれだけわたしを愛するかを見る。他の全てのものにも増してわたしを愛することができるか。わたしはあなたが戻ってきてわたしに頼り、かつてのように無知でなくなるかどうかを見る。立ち上がって公然とわたしに反抗し、他人を裁く者がいる。彼らはわたしの言葉を知らず、わたしの顔すら見つけられない。わたしの前で心からわたしを探す者、義に飢え渇く心をもつ者には、わたしが啓示し、明らかにし、自分の目でわたしを見られるようにし、直接わたしの旨を把握できるようにする。わたしの心は必ずあなたに明らかにされ、あなたは理解することができる。あなたはわたしの言葉に従って、わたしがあなたに啓くことを実践しなければならない。そうでなければあなたは裁かれる。わたしの心に従いなさい。そうすれば迷うことはない。

わたしの言葉に入っていくことを求める人々には、恵みと祝福が二倍注がれ、日々新たな啓示を得、新たな識見を得、日々わたしの言葉を飲食する中で益々新鮮に感じるだろう。あなたは自分の口でそれを味わう。それは何と甘美なことか。……注意深くしていなさい。ある程度の識見と甘美さを味わったからといって満足してはならない。大切なのは、求め続けることである。聖霊の働きは真に素晴らしく、現実的だと考える人がいるが、これこそ全能神が公に現れたのであり、さらに偉大なしるしと不思議が先に待っている。注意して、常に目を覚ましていなさい。源から目を離してはならない。わたしの前で静まり、注意深く耳を傾け、わたしの言葉について確信を持ちなさい。曖昧さが少しでもあってはならない。僅かでも疑うなら、門の外側で迷子になるであろう。明確なビジョンを持ち、確固たる地に立ち、このいのちの流れにどこまでもついて行きなさい。少しでもためらってはならない。ただ食べ飲みし、讃美し、清い心をもって求め、決して諦めてはならない。分からないことは何であれ、さらにわたしの前に持ってきて、心に疑いを抱いて大きな損出を被ることの決してないようにしなさい。ついて来なさい。ついて来なさい。離れずにいなさい。妨げとなるものを振り払い、自堕落になってはならない。心をつくして求めなさい。後戻りしてはならない。あなたの心を常に捧げ、そうでない瞬間がないようにしなさい。聖霊には常に新たな働きがあり、新しい事をし、毎日新しい啓示がある。山上での変容――神の聖い霊の体が現れた!義なる太陽が光りと輝きを発し、全ての国々とすべての人々はあなたの栄光に輝く顔を見た。わたしの光がわたしの前に来る人々の上に輝く。わたしの言葉はあなたを導く光である。右や左に逸れることなくわたしの光の中を歩き、あなたが走るとき、それは無駄にはならない。はっきりと聖霊の働きを見なければならない。そこにわたしの旨がある。全ての奥義は隠されており、徐々にあなたに現わされる。常にわたしの言葉を心に留め、わたしの前に来て、さらに交わりなさい。聖霊の働きは進展する。わたしの足跡を辿りなさい。偉大な業が用意されており、ひとつひとつがあなたに現わされる。配慮する者、目を覚まして待つものはそれらを見る。怠けていてはならない。神の経営(救いの)計画は最終段階を迎えており、教会建設は成功し、勝利者の数は既に決められている。勝利に勝ち誇る男子がつくられ、彼らはわたしと共に王国に入り、わたしと共に王位に就き、鉄の杖を持って全ての国々を支配し、わたしと共に栄光の中にいるであろう。

脚注

a.原文には「サタンに対する」という語句は含まれない。

前へ:第十六章

次へ:第十八章

他のお気に入り

  • 神の現れによる新時代の到来

    六千年間にわたる神の経営(救いの)計画が終わりを告げようとしている。そして、神の国の門は神の現れを求める人々にすでに開かれている。兄弟姉妹たちよ、何を待っているのか。あなたがたが探し求めているものは何か。神の現れを待っているのか。神の足跡を探し求めているのか。ああ、神の現れがどれほど慕わしいものか。…

  • 肉となった神と神に使われる人々との間の本質的違い

    これまで幾多の年月に渡って、神の霊はこの地上で働きを進める中で探りつづけている。これまで数々の時代に渡って、神は自らの働きを行うために非常に多くの人々を使ってきた。しかし神の霊には依然として、ふさわしい安息所はない。そのため神は、さまざまな人々の間を移動しながら自らの働きを行い、主に人々を用いてそれ…

  • あなたは神への忠誠を保たなければならない

    聖霊は教会の中で現在どのように業を行っているであろうか。その様子が分かるだろうか。兄弟姉妹にとって、最大の困難は何であろうか。兄弟姉妹には、何が最も欠けているであろうか。現在、試練の最中に否定的な者が居て、中には不平を言ったり、神がもはや言葉を述べていないので先へ進むのを止めてしまったりする者さえ居…

  • 神の心にかなう奉仕とは

    今日、わたしたちがおもに語り合うことは、神を信仰する上で人々はいかに神に仕えるべきか、神に仕える者たちが満たすべき条件、またどの真理を理解すべきなのか、そして、あなたたちの奉仕にはどのような逸脱があるかなどである。あなたたちはこれら全てを理解すべきである。これらの事柄は、あなたたちがどのように神を信…