言葉は肉において現れる

目次

実践 (6)

現在、多くの人々には、パウロのような理性と自己認識が無い。パウロには、主イエスにより打ち倒されたものの、既に主のために業を行い苦難を受ける決意があった。イエスはパウロに病を与え、パウロは業を開始した後、その病に苦しみ続けた。なぜパウロは、自分の肉にとげがあると述べたのだろうか。そのとげとは、実際には病であり、パウロにとって、それは致命的な弱点であった。パウロが行った業がどれほど優れていたか、パウロの苦難を受ける決意がどれほど強かったかを問わず、パウロには常にこの病があった。パウロは現在のあなたがたよりも遙かに器量が優れていた。パウロは器量が優れていただけでなく、パウロには自己認識があり、あなたがたよりも優れた理性を備えていた。現在、ペトロと同等の理性に達することは問題外である。なぜなら、多くの者がパウロと同等の理性に達することさえ出来ないからである。パウロは、イエスに打ち倒された後、弟子達を迫害するのを止めてイエスのために説教をして苦難を受け始めた。それでは、パウロは何に触発されて苦難を受けたのであろうか。パウロは、自分が強い光を見たので、主イエスの証に立つ必要があり、弟子達を迫害するのを止め、神の御業に反抗するのを止める必要がある、と考えた。パウロは、強い光を見た後、神のために苦難を受け始め、自分を神へと捧げ始めて、決心を固めた。「強い光」がパウロに示された後、パウロは神のために業を行い始め、またパウロは決心を固めることが出来たが、それはパウロが理性を備えていたことを示す。宗教において、パウロは極めて高位の存在であった。パウロは知識豊富で才能に溢れ、殆どの人々を見下し、パウロには、ほぼあらゆる者よりも強い個性を持っていた。しかし、「強い光」がパウロに示された後、パウロは、主イエスのために業を行う必要があると言った。それはパウロの理性であった。パウロが弟子達を迫害した時、イエスがパウロに来て「パウロ、なぜわたしを迫害するのか」と言った。パウロは即座に倒れて「あなたは、どなたですか」と述べた。天からの声は「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。」と言った。パウロはすぐに目覚め、理解し、そうして初めてイエスがキリストであり神であることを知った。私は服従する必要がある。神は私にこの恵みを授けられ、私は神をそのように迫害したが、それでも神は私を打ち倒されたり呪われたりしなかった。私は神のために苦難を受ける必要がある。パウロは自分が主イエス・キリストを迫害し、主の弟子たちを殺していること、神は自分を呪われず、自分の上に光を照らしたことを認識した。パウロはそれに感化されて「私は神の御顔を見上げなかったが、神の声を聞き、神の強い光を見た。神が本当に私を愛されていること、そして主イエス・キリストがまさしく人間に恵みを授け神であられ、主は人間の罪を永遠に赦されることが、今になってやっと分かった。私は自分が罪人であることを本当に理解した。」と述べた。しかし、後に神はパウロを用いて業を行い、当座そのことを忘れた。その時のパウロの決意、正常な人間の理性、そして自己認識は、あなたがたが達することが出来ないものである。現在、あなたがたは多くの光を授かっているのではなかろうか。神のご性情は威厳、怒り、裁き、そして罰の性情であることを、多くの者が見たのではなかろうか。呪い、試練、精錬が人間に降りかかってきたが、人間は何を知ったであろうか。あなたがたは、自らの鍛錬と取り扱いから、何かを得たであろうか。辛辣な御言葉と打ちのめし、そして裁きがあなたがたに何度も降りかかったが、あなたがたはそれらに留意しない。あなたがたにはパウロが備えて居た理性さえ、少しも無い。あなたがたは極めて遅れているのではなかろうか。パウロが明確に理解できなかったことは多かった。パウロが知っていたのは、単に光が自分を照らしたことだけであり、自分が打ち倒されたことに気付かなかった。パウロの個人的な考えでは、光が自分を照らした後、自分を神のために費やし、神の為に苦難を受け、あらゆる事を行って主イエス・キリストのために道を開き、しゅにより贖われるべき罪人を一層多く得る必要があった。これがパウロの決意であり、パウロの業の唯一の目的であった。しかし、パウロが業を行った時、パウロは依然として病を患っており、死ぬまで治らなかった。パウロは20年以上にわたって業を行った。パウロは大いに苦難を受け、数多くの迫害と艱難を経験したが、無論パウロの試練はペトロの試練よりも遙かに少なかった。あなたがたにパウロと同様の理性が無いのであれば、それは何と悲惨なことであろうか。そうした状態で、神はどうしてあなたがたの中で一層大いなる御業を始めることが出来るだろうか。

パウロが福音を広めた時、パウロは大いなる苦痛を受けた。当時のパウロの決意、パウロが行った業、パウロの信仰、忠義、愛、忍耐、慎み、その他パウロが行動で示した数多くの外面的性情は、現在のあなたがたよりも高度であった。より厳しく言えば、あなたがたには正常な理性が全く無い。あなたがたには良心や人間性さえ皆無であり、欠如している物事が極めて多い。したがって、大抵は、あなたがたが行動で示している物事には、正常な理性も、自己認識の兆しも全く見当たらない。パウロの身体は病を患っていたが、パウロは引き続き「この病は何であろうか。全ての御業を主のために行っているが、なぜこの病は私から去らないのか。主イエスが私を試されているのだろうか。主が私を打ち倒されたのだろうか。主が私を打ち倒されたのであれば、その時私は死に、こうした御業を主のために行うことも、多くの光を授かることも不可能だったであろう。その上、主は私の決意に気付いておられた。」と祈り、求めた。パウロは、その病は神が自分を試しているものであり、自分の信仰と意志の力を鍛えていると、常に感じていた。それがパウロの考えている事であった。実際には、パウロの病は、主イエスがパウロを打ち倒した時からの続発症であった。その病により、パウロに精神的重圧が加えられ、パウロの反抗的性情の多くが除去された。あなたがたがパウロの状況にあったとしたら、あなたがたは、どうするであろうか。あなたがたの決意はパウロの決意よりも強いであろうか。パウロよりも多くの苦難を受けることが出来るだろうか。現在の人間が軽症を煩ったり大きな試練を経験したりした時、人間は苦難により完全に狼狽させられる。もし、あなたがたが鳥かごに入れられ、決してそこから出して貰えないならば、必要な食べ物や飲み物が全て与えられるので、あなたがたは大丈夫であろう。そうでなければ、あなたがたは狼のようになるであろう。多少の制約や苦難を受けることは、あなたがたのためになる。もし、あなたがたが気楽な時を与えられたとしたら、あなたがたは放っておかれるであろう。それならば、あなたがたはどうして守られようか。現在、あなたがたが守られているのは、あなたがたが罰を受け、呪われ、裁かれているからである。現在、あなたがたが守られているのは、あなたがたが苦難を受けているからである。そうでなければ、人間は遙か以前に堕落していたであろう。私は故意に物事をあなたがたにとって難しいものにしているのでは無く、人間の本性は強く根付いているので、人間の性情を変化させるには、そうする必要がある。現在、あなたがたにはパウロのような理性や自己認識、良心すら無い。あなたがたは、自分の霊を目覚めさせるために、常に圧力をかけられ、罰と裁きを受ける必要がある。罰と裁きは、あなたがたの人生最良の物事である。そして必要に応じて、事実の到来による罰も存在する必要があり、そうして初めてあなたがたは完全に服従するようになるであろう。あなたがたの本性は、罰と呪いが無ければ、あなたがたは頭を下げることも服従することも望まないようなものである。自分の眼前に事実が無ければ、効果は無いであろう。あなたがたの性格は過度に卑しく無価値である。罰と裁き無くしては、あなたがたにとって征服されることは困難となり、あなたがたの不義と反逆を沈静化することも困難となるであろう。あなたがたの従来の本性は、極めて深く根付いている。もし、あなたがたが王座に就いていたとしたら、天の高さや地の深さについて知る由もなく、ましてや、自分が何処へ向かっているかなど、見当も付かないであろう。自分が何処から来たかさえ分からないのだから、どうして創造主のことなど知ることが出来ようか。現在における時宜を得た罰と呪いが無ければ、あなたがたの終わりの日は遙か以前に訪れていたであろう。あなたがたの運命は言うまでも無い。あなたがたの運命は一層危機に瀕するのではなかろうか。こうした時宜を得た罰と裁きが無ければ、あなたがたはどれほど傲慢になり、堕落するであろうか。現在、この罰と裁きがあなたがたに与えられ、あなたがたの存在を維持してきた。もし、自分の「父親」が「教える」のと同じ要領で、あなたがたが教えられていたとしたら、一体どのような世の中になっていたであろうか。あなたがたには、自制と反省の能力が皆無である。あなたがたのような人間にとって、私の目的を達成させるために付き従い、服従し、妨害しないようにするだけで精一杯である。あなたがたは、現在の罰と裁きを受けるのが、一層優れているべきではなかろうか。あなたがたには、その他にどのような選択肢があるだろうか。パウロは、主イエスを見ても、依然として信じなかった。その後、主イエスが十字架に架けられた後、パウロはその事実を知っても、迫害と反対を続けた。それが、故意に罪を犯すということであり、それゆえパウロは打ち倒された。当初、パウロはユダヤ人の中にイエスという王が居ることを、既に聞いて知っていた。その後、パウロが宮で説教し、地のいたる所で説教している時、パウロはイエスに反対し、いかなる人間にも従うことも高慢に拒絶した。こうしたことが、当時の御業に対する甚大な障害となった。イエスが御業を行っていた時、パウロは人々を直接迫害したり捕らえたりせず、説教と言葉で御業を破壊しようとした。その後、主イエス・キリストが磔刑になった時、全力で各地を奔走してパウロは使徒を捕らえ、虐げた。「光」がパウロを照らした後になって初めて、パウロは目覚め、大いに後悔した。パウロが打ち倒された後、パウロの病は決して治らなかった。パウロは時々病が悪化したと感じ、耐えきれなかった。パウロは「一体どうしたのだろう。 実は自分は打ち倒されたのではないだろうか。」と考えた[a]。その後、パウロは知らないうちに自分が何故か回復したと感じ、再び業を始めた。しかし、病が治ることは無く、パウロが多くの業を行ったのは、この病のためであった。イエスは、パウロの傲慢さと誇りのために、パウロに病を授けられたと言えるであろう。それはパウロに対する罰であったが、同時にそれはイエスの一層大いなる御業のためでもあった。イエスは御業においてパウロの業の才能を用いられた。実際のところ、イエスの御旨はパウロを救うことでは無く、パウロを用いることであった。しかしパウロの性情は過度に傲慢で強情であったので、パウロに「とげ」が付けられた。あなたがたの中には、パウロのような者が多数居るが、自分の中に、最後まで付き従う決意が真にあるならば、あなたがたが虐げられることは無いであろう。結局、パウロが自分の業を終えた頃になると、パウロにとって病がそれほど苦痛ではなくなったように思われる。それゆえに、パウロは後に「自分が走るべき行程を走りつくし、戦いをりっぱに戦いぬき、義の冠が自分を待っているばかりである」と述べたが、それはパウロが知らなかったからである。ここでは、この事について、これ以上話をせず、引き続きパウロの肯定的かつ称賛すべき部分に関して話をする。パウロには良心があり、光がパウロを照らした後、パウロは自分を神に捧げ、神のために苦難を受けた。必然的に、これはパウロの称賛すべき側面であり、パウロの強みであった。ここでは、パウロがどのように反逆し、反抗したかについては話さず、おもにパウロが備えていた正常な人間の理性について、そしてパウロに自己認識があったかどうかについて話す。パウロには力があり、その事は、パウロが祝福された者であった事を示すと考えている者や、必ずしもパウロが罰を受けたとは限らないと考えている者が居るならば、それは理知の無い者の言葉である。

私がそうした者と面と向かって話をし終わった後、多くの者が私に隠れて再び自堕落になり、私の言葉が重要ではないと考える。私は、何度も話をして、各段階をひとつずつ明らかにするが、そうした者は、私が最終段階を明らかにするまで「安らぎを見出し」て、それ以上の問題を起こさない。あなたがたの現状では、依然としてあらゆる詳細について容赦なく攻撃され、暴露され、裁きを受ける必要があるので、あなたがたは息つく暇も無いであろう。あなたがたは常に打たれ、暴露される必要がある。またあなたがたにとって、罰が決して自分から無くならないように思われ、呪いもまた決して自分から無くならないように思われるので、神の律法の手は、決して自分から離れないことを理解できるであろう。これはアロンがヤーウェが決して自分を離れないことを見た時のようであり、比較的良いことである。(しかし、アロンが見たのはヤーウェの継続的な導きと守りである。現在あなたがたが見る導きは罰と呪い、そして裁きである。)現在もまた、ヤーウェの律法の手は、あなたがたから離れることが無いが、ひとつだけ、あなたがたが「安心」できることがある。それは、あなたがたがどれほど反抗し、反逆し、非難したとしても、あなたがたの肉に危害は無いであろう、ということである。しかし、容認出来ない程に反逆の度が過ぎる者も居る。反逆には限度があり、神の御業を阻害することは容認されない。現在、あなたがたは悪影響を受けずに言動を行うことが出来るが、教会の生活や聖霊の御業を妨害してはならない。それ以外は、あなたがたの望む通りに行動出来る。あなたがたは、いのちを追求せずに世の中に戻りたいと言う。それならば、急いで戻ればよい。あなたがたは、神の御業を阻害しない限りにおいて、望む事全てを行うことが出来る。しかしあなたがたが知るべきことが、ひとつある。それは、そうした故意の罪人は、最終的には排除される、ということである。しかし、現在、あなたがたは咎められていない。最終的に、証に立つことが出来るのは一部の人間であろう。そしてそれ以外の人間は、危機に瀕している。あなたがたがこの流れに入りたくないのであれば、それでよろしい。現在の人々は「寛容に」取り扱われている。私はあなたがたを制限しない。あなたがたが今後の罰を恐れないのであれば、それで良い。しかし、あなたがたがこの流れの中にあるのであれば、証に立ち、罰を受ける必要がある。あなたがたが、これ以上耐えられない、少し休憩したいと言うならば、それでよい。あなたがたを止める者は居ない。しかし、あなたがたが聖霊の御業に対して有害な業や、聖霊の御業を混乱させる業を行うことを、私は許可しない。あなたがたのそうした業は、決して赦されない。どのような者が罰を受け、どのような者の家族が滅ぼされるかについて、あなたがた自身の目や耳で見聞きする物事に関しては、限度と限界がある。聖霊は軽率に御業を行うことが無い。人間の罪と、あなたがたの従前の行動全てに基づいて、あなたがたが自分の不義について処分を受け、深刻に受け止められるのであれば、あなたがたのうちに生き残ることが出来る者が居るだろうか。あなたがたに大問題が降りかかるであろう。それでは、人間はそれでも大丈夫であろうか。しかし、現在多くの人々が寛容に処分されている。あなたがたが非難や反逆、反対を行ったとしても、あなたがたが阻害しない限り、私はあなたがたに微笑みをもって接するであろう。あなたがたが真にいのちを求めるならば、多少の罰を受け、自分が好きな物事と訣別する痛みを受け、手術台に上がって手術を受け、痛みに耐え、試練を受け容れて、ペトロのように苦難を受ける必要がある。現在、あなたがたは裁きの席の前に居る。今後、あなたがたは「斬首」を受ける必要があり、それはあなたがたが自らを犠牲にする時である。

あなたがたは、自分が神に反抗し、神を非難したとしても、神が自分の肉を滅ぼさないであろうと考え、また自分が病を患うことは無いと言えると考えるかも知れないが、神の厳しい言葉があなたがたに降りかかる時、あなたがたは隠れることが出来ず、取り乱して不安になる、ということを、終わりの日におけ御業の最終段階において、あなたがた全員が認識する必要がある。しかし現在、あなたがたは、多少の良心を備える必要がある。神に反対し、反逆する者になってはならず、悪魔になってはならない。あなたがたは、自分の祖先に背を向ける必要がある。あなたがたに真の器量があることを示すのは、それだけである。また、それはあなたがたが備えるべき人間性でもある。あなたがたはいつも、現在における自分の将来的見通しや享楽を捨て去ることが出来ない。神はあなたがたが全力で私に付き従う限り、私はあなたがたを確実に完全にする。あなたがたが完全にされた後、美しい希望がある。あなたがたは私の国へと連れられて、私と共に祝福を授かるであろう。あなたがたには終着点があるが、あなたがたに対する要求は、決して減っていない。また、条件も一つだけある。つまり、あなたがたが征服されるかどうか、あるいは完全にされるかどうかを問わず、この場所において、現在あなたがたは多少の罰を受け、苦難を受け、打たれ、修練される必要があり、また私の言葉を聞き、私の道に従い、神の御旨を行う必要がある。それが、あなたがた人間のなすべき事である。 あなたがたがどのように求めるかを問わず、あなたがたはこのようにして明確に聞く必要がある。あなたがたが真に理解したならば、あなたがたは引き続き付き従うことが出来る。あなたがたが、ここには将来的見通しも希望も無いと考えるのであれば、去ってよろしい。こうした言葉があなたがたに対してはっきりと述べられているが、あなたがたが本当に去ることを望むのであれば、それはあなたがたには良心が一切無いことのみを示す。そうしたあなたがたの行動は、あなたがたが悪魔であることを証明するのに十分である。あなたがたは、万事神に委ねるべきであると言うが、あなたがたが行動で示している物事と、あなたがたの肉に基づいて判断すると、あなたがたは依然としてサタンの領域で生活している。サタンもまた神の御手の中にあるが、あなたがた自身はサタンのものであり、未だ神により真に救われていない。なぜなら、あなたがたは依然としてサタンの影響下で生活しているからである。あなたがたは、自分が完全に救われるためには、どのようにして追求すべきであろうか。それは、あなたが何を選ぶか次第である。あなたがたは、逃げ出すことも、飛び去ることもできる。また、自分の行きたい所なら何処へでも行くことが出来る。それはあなた次第であり、あなたがたは自分が進むべき道を選ぶ必要がある。最終的にあなたがたが「私にとって、神の愛に自分の良心で報いることに勝ることは無い。また、私は多少の人間性を備える必要がある。私は、それを超える物事を実現出来ない。また自分の能力はそれほど高くない。私は神の御業の構想や意義を理解していない。私は単に神の愛に報い、神が求められる物事を全て行い、全力を尽くす。私は、神の創造物としての自分の本分を尽くす。そうすることで、私は安らぎを感じる。」と述べることが出来るのであれば、それは、あなたがたに可能な最高の証である。それは、神の創造物としての本分を尽くすという、一部の人々に要求されている最高の基準である。あなたがたは出来る限りを尽くす必要がある。神のあなたがたに対する要求は、それほど高度では無い。あなたがたが出来る限りを尽くす限り、それはあなたがたが証に立っているということである。

注:

a. 原文では「He thought (パウロは~と考えた)」が省略されている。