言葉は肉において現れる

目次

実践 (5)

恵みの時代では、イエスが御言葉の一部を述べ、御業の一段階を行った。これらには前後関係があり、そうした御言葉と御業は当時の人々の状態に適したものであった。イエスは当時の状況に併せて御言葉を述べ、御業を行った。また、主は一部の預言を述べた。主は、終わりの日に真理の御霊が来て、その時真理の御霊は、ある御業の段階を行うであろうと預言した。つまり、主ご自身がその時代に行う御業以外について、主は明瞭に理解していなかった。受肉した神が行う御業には限界があった。ゆえに、主はその時代の御業のみを行い、主と無関係な他の御業は行わなかった。その時、主は感情や構想に従ってではなく、時代と状況に即して御業を行った。主を導いたり指示したりした者は居なかった。主の御業の総体が主の実体であり、それは受肉した神の御霊により実施されるべき御業であった。それは、受肉した神により導かれた御業の全てであった。おそらく、恵みの時代の恵みと平和により、あなたがたの経験は感情や人間の感覚に関連する物事が多く含まれることになったのであろう。イエスは、単に主ご自身が見聞きした物事に従って御業を行った。つまり、御霊が直接御業を行ったということである。使いが主の御前に現れて夢を見させたということも、強い光が主を照らして何かを見せたということも無かった。主は自由気ままに御業を行った。なぜなら、主の御業は感情に基づくものでは無かったからである。つまり、主が御業を行ったとき、主は手探りで予想せずに、容易に御業を行い、自分の考えや自分の目で見た物事に従い、それを主に付き従っていた使徒達に直ちに伝えて御業を行い、御言葉を述べた。これが神の御業と人間の業の相違点である。人間が業を行う時、人間は追求と予想を繰り返し、常に他人が築いた基礎に基づいて模倣と思考し、一層深い真摯な取り組みを実現する。神の御業は主の実体の定めであり、主は、ご自身がなすべき御業を行い、人間の業に由来する知識を用いて教会に恵みを与えず、人間の状態に基づいて現在の御業を行う。したがって、このようにして御業を行うことは、人間が業を行うよりも数千倍自由である。人間にとって、それは神がご自身の本分を遵守せずに望むままに御業を行っているように思われるほどである。しかし、主が行う御業は、全て新たな御業であり、受肉した神の御業が感情に基づいていることは決して無いということを、あなたがたは知るべきである。

当時イエスに付き従っていた使徒達が、ある程度経験を積み、主日が来たように感じた時、すぐに主に会った。それが使徒達が抱いていた感情であり、使徒達にとって、その感情は最も重要であった。しかし、実際には、人間の感情は信頼出来ない。使徒達は、心の中で、自分達の旅路の終点に近付いていると感じたり、自分達が行った業と経験した苦難は、すべて神により定められたものであると感じたりした。そしてパウロは、自分が走るべき行程を走りつくし、戦いをりっぱに戦いぬき、義の冠が自分を待っているばかりである、と述べた。それがパウロが抱いていた感情であり、パウロはそれを手紙に書き記して数多くの教会へと送った。そうした行動は、パウロが教会のために負っていた重荷に由来するものであったので、聖霊はそうした業に全く留意しなかった。パウロが「義の冠がわたしを待っているばかりである」と述べた時、パウロは自分の中で咎を一切感じなかった。パウロは不安を感じず、咎められることも無かったので、パウロはその感情が至って普通で正しいと考えた。パウロは、それが聖霊に由来すると考えた。しかし、それを今検討すると、それは聖霊に由来するものでは無かった。それは、人間が見た幻でしか無かった。人間の中には、幻が多数ある。当時、神はその幻に留意することも、それについて意見を示すことも無かった。聖霊の御業の殆どが、人間の感情により行われるものでは無い。聖霊は人間の感情では御業を行わない。しかし、神が受肉する前の辛く暗い時代や、使徒も業を行う者も居なかった時代は、この限りでは無く、その段階において、聖霊の御業は人々に特別な感情を与えた。たとえば、人間に神の御言葉の導きが無かった時、人間は祈る時に言い尽くせない幸福を感じ、心の中に喜びがあり、安らかで落ち着いた気持ちになった。人間が御言葉の導きを得た時、人間の霊は明瞭になり、行動は御言葉による啓きを受けた。必然的に、人間は平和を感じ、安らいだ。人間が危険にさらされた時、あるいは神が人間の特定の行為を止めた時、人間の心は胸騒ぎを感じ、落ち着かなかったが、それは首を絞められて息が出来ないような感じでは無かった。人間がこのように感じた時、それは環境が過度に恐ろしかったり、敵対的であったりして、それにより人間は恐怖感を抱き、極めて不安になったからである。しかし、それほどまでに人間を臆病にしたのは、聖霊ではなかった。そうした時、その感情の半分は、人間の怯えた反応に由来し、全てが聖霊に由来するものでは無かった。人間は、常に自分の感情の中で生活しており、そうした生活を長年続けてきている。人間の心が落ち着いている時、人間は (自分の望みが落ち着いた気持ちであると考えるため) 行動し、人間の心が落ち着いて居ない時、人間は (自分の嫌気や嫌悪が不安感であると考えるため) 行動しない。物事が円滑に進んでいる場合、人間はそれが神の御旨であったと考える。(実際には、そうした物事は自然の物事の法則であり、円滑に進んで然るべきものであった。)物事が円滑に進まない場合、人間はそれが神の御旨で無かったと考え、急いで元に戻ろうとする。しかし、人間がそうした出来事に遭遇する場合、それは大抵自然の物事の法則である。もし一層努力していたならば、問題を適切に処理出来た事は確実であり、物事は遙かに円滑に進んでいたであろう。たとえば、キャベツを買いに行く時、市場価格は1斤[b]2角[a]であるが、自分は1斤1角であるべきだと感じるとする。事実、その価格は自分の心にある考えに過ぎず、その価格で買おうとしても決して買うことは出来ないため、神は自分がキャベツを買うことを望んでいないと考える。

人間の生活に含まれて居る感情は多すぎる。特に、神を信じ始めた時から、人間の感情は日々増加し、常に人間を困惑させ、迷わせる。人間は、どこから始めれば良いか分からず、多くの物事についてよく分からなくなる。しかし多くの場合、人間が感情に従って行動したり話をしたりすると、大原則に反する物事で無い限り、聖霊は反応しない。それはパウロが感じた義の冠のようなものである。長年にわたり、パウロの感情が誤りであると考える者は居らず、パウロ自身も自分の感情が誤っていると感じることは無かった。人間の感情は何に由来するであろうか。無論、それは人間の脳による反応である。様々な環境や問題に従って、様々な感情が生まれる。殆どの場合、人間は人間の論理で推論して一連の公式を得るが、それが原因となって人間の様々な感情が形成される。人間は、無意識のうちに自分の論理的推論を行い、そのようにして感情は人間の生活で依存するものとなり、(パウロの冠や、リー証人の「空で主と出会うこと」などのように) 生活の中で心の支えとなる。神が人間の感情に異議を唱える術は皆無に等しく、神は人間の中で感情が生まれるままにしておかねばならない。現在、私はあなたがたに対して明瞭に話をしているが、あなたがたが自分の感情に従い続けるのであれば、あなたがたは依然として曖昧さの中で生活しているのではなかろうか。あなたがたは、明らかに自分に対して述べられた言葉を受け容れず、常に自分の感情に依存している。その点において、あなたがたは、群盲象を評す[c] ような状態にあるのではなかろうか。またあなたがたは最終的に何を得るであろうか。

現在、受肉した神が行われた御業は、すべて現実である。それは、あなたがたが感じたり想像したり出来るものでは無く、いわんや推測出来るものなどでは無い。それは、自分に事実が発生した時に理解することが出来る物事でしか無い。時として、事実が発生したにもかかわらず、あなたがたは依然として明確に理解できず、神がご自身で御業を行い、事件の真の事実を大幅に明瞭にした時のみ、人間が理解できるようになる。当時、イエスの使徒達には、数多くの幻があった。使徒達は、主日が間近に迫っていて、間もなく自分達がイエスのために死んで主イエスと会えるであろうと考えていた。しかし、その時は未だに到来していない。ペトロは、この感情に極めて敏感であった。ペトロは、その時は来ていなかったが常にその時が来たと感じながら、丸々7年待っていた。使徒達は、自分のいのちが成熟し、自分の感情が倍増し、そうした感情が敏感になったと感じていたが、使徒達は数多くの失敗を経験し、成功することは出来なかった。使徒達自身は、何が起きているのか分からなかった。本当に聖霊に由来する物事が満たされないことがあり得るであろうか。人間の感情は信頼出来ない。人間には脳や思想、自分自身の考えがあるので、人間は、その時の状況や状態に基づいて、自分自身で想像力豊かな精神的関連性を作り出す。特に、健全な精神的理性を持つ者に何かしらの出来事が発生した場合、そうした者は興奮して想像力豊かな精神的関連性を作り出さずには居られない。このことは、特に高尚な知識や理論を備え、長年にわたってこの世を取り扱って来た結果、精神的関連性が一層豊かになった「専門家」に該当する。そうした関連性は、そのような専門家が気付かぬうちに自分の考えを支配し、極めて強い感情となり、そのような専門家はそれで満足する。人間が何かしら行動することを望む時、感情と想像が生まれ、その感情と想像が正しいと考える。その後、人間は、感情と想像が満たされていないことを知っても、何が上手く行かなかったかを解明出来ない。おそらく、そうした者は神が計画を変更したと考えるであろう。

律法の時代の人々の中にも、特定の感情を抱いていた人々が多数居たが、自分の感情の誤りは、現在の人々よりも少なかった。なぜなら、以前は人間がヤーウェの出現を目の当たりにし、使者と会うことが可能であり、また夢を見たからである。現在の人々は幻や使者を見ることが出来ず、したがって自分の感情にある誤りが多い。人間が感情を抱くことは不可避である。旧約聖書の人々にも感情があり、そうした人々はその感情は至って正しいと考えていたが、人々の中に使者が頻繁に現れて、それにより人々の感情の誤りが低減されていた。現在の人々が何か特に正しいと感じ、それを実践する時、聖霊はそうした人々を咎めない。そうした人々の内面には感情が全く存在せず、そうした人々は安らかである。そうした人々が実践し終えた後に自分が誤っていたことを知るのは、聖体によるか、神の御言葉を読むことによるほか無い。ある点では、人間の前に現れる使者が不在であり、夢は希であり、空に幻を見ることは一切無い。別の点では、聖霊は人間の咎めと鍛錬を増やしていない。人間に対する聖霊の御業は殆ど無い。ゆえに、人間が神の御言葉を食べ飲みせず、実践の道を理解せず、実際に追求しないならば、人間は何も刈り入れないであろう。聖霊の御業の原則は、神は、ご自身の御業が関与しない物事には一切留意されない。何かしら神の管轄外の物事があると、神は決して介入されず、人間が自ら望むあらゆる問題を全て発生させるのを許す。あなたがたは、自分の望み通りに行動出来るが、あなたがたがどうしたらよいか分からない日が来るであろう。神は、ご自身の肉にあって誠実に御業を行うのみであり、そうした「業」や人間の狭い世界に介入したり参与することは無い。その代わりに、神は人間の世界に十分な余地を与え、神がなすべき御業を行う。現在、あなたがたは、5毛使い過ぎても咎められず、5毛節約しても褒められない。それは人間の問題であり、聖霊の御業とは一切無関係である。その点に関するあなたがたの行動は、私の業の範囲外にある。

当時、ペトロは多くの言葉を述べ、多くの業を行った。そうした言葉や業には人間の観念に由来するものが一切無いことが有り得るであろうか。そうした言葉や業が全て聖霊に由来するということは、あり得ない。ペトロは、神の創造物に過ぎず、また神に付き従う者であり、イエスでは無くペトロであって、イエスとペトロの本質は同じではない。ペトロは聖霊により遣わされたが、ペトロの行った事や述べた事全て[e]が聖霊に由来するということは無い。なぜなら、ペトロは結局のところ、ひとりの人間だからである。パウロは多くの言葉を述べ、教会に宛てて大量の手紙を書き、そうした手紙が聖書で選集にされている。聖霊は一切意見を述べなかった。なぜなら、パウロが手紙を書いていた時は、パウロが聖霊により使われていた時だからである。パウロは幻を見て、それを書き留め、主の許の兄弟姉妹へと送った。イエスは何も意見を述べず、一切反応しなかった。聖霊がこのようにしたのは、何故だろうか。聖霊がパウロを止めなかったのは何故だろうか。なぜなら、一部の不純な物事は人間の正常な考え方に由来し、そうした不純な物事は不可避だからである。その上、パウロの行動は阻害から生じたものでは無く、人間の正常な状態を阻害しなかった。そうした人間による業がある時、人間は、それを受け容れやすいと判断した。人間の正常な考え方が相互に混合されるのは、そうした不純な物事が何も阻害しない限り、普通の事である。つまり、正常な考え方の人間は、皆そのように考える能力がある。人間が肉にある時、人間には独自の考えがあるが、こうした正常な考えを排除する術は無い。あなたがたに脳があるのであれば、あなたがたには考えがあるはずである。しかし、神の御業を暫く経験した後、人間の脳にある考えは減るであろう。人間は、一層多くの物事を経験した時、一層明瞭に理解できるようになり、したがって阻害することが減るであろう。つまり、人間の想像と論理的推測が論駁された時、人間の異常な感覚は減るであろう。肉にあって生きる者には、すべて独自の考えがあるが、最終的に、人間に対する神の御業が、人間の考えが人間を阻害出来なくなり、人間が感情に依存して生活しなくなり、人間の実際の器量が成熟し、神の御言葉により現実の中で生きられるようになり、曖昧で空虚な物事を行うのを止める程度に達するであろう。その時、人間は障害を発生させる行動を取ることが出来なくなるであろう。こうして、人間は幻を見なくなり、それ以降、人間の行動は、人間の真の器量となるであろう。

注:

a. 「角」 (別称「毛」) は中国の通貨単位。中国の基準となる通貨単位は元。1元は10角。

b. 「斤」は中国の秤量単位。1斤は500グラム。

c. 「群盲象を評す」は、盲人と象の喩え話である。この話では、数名の盲人が象に手で触れ、各人は自分が触れた部分が象という動物の全体であると考える。人間がいかにして部分的観察や判断を真理全体であると勘違いするかに関する喩えである。

d. 原文では「the words of God (神の御言葉)」が省略されている。

e. 原文では「that he did and said (行った事や述べた事)」が省略されている。