言葉は肉において現れる

目次

実践 (3)

あなたがたは、独立して生きる能力を備え、自分自身で神の御言葉を食べ飲みし、神の御言葉を経験し、他の者の指導を受けずに正常な霊的生活を送ることが出来る必要がある。あなたがたは、神の現在における御言葉に依存して生活し、真の経験に真摯に取り組み、理解することができる必要がある。そうしてはじめて、あなたがたは揺るぎなく耐えることが出来るようになる。現在において、将来の苦難や試練のことを完全に理解していない者が多い。今後、苦難を受ける者や罰を受ける者も居るであろう。この罰は一層厳しいものとなるであろう。その罰は事実の到来である。現在あなたがたが経験し、行い、表現する物事は、全て将来の試練の基礎を築き、あなたがたは少なくとも独立して生活できる必要がある。今日、教会に居る多くの者の状況は、教会に関する作業を行う人々が居る場合、そうした者は満足であるが、そうした人々が居ない場合は不満である、といったものである。またそうした者は教会の作業にも自らの飲食にも注意を払うことがなく、負担することが何も無い。そうした者は寒空の中で鳴くリスのようなものである。[b]率直に言うが、多くの人々にとって、私が行った業は、単なる征服の業でしかない。なぜなら、多くの者が基本的に完全にされるに相応しくないからである。限られた少数の者のみに、完全にされる可能性がある。こうした話を聞いて、神の御業が単に人間を征服するためだけのものであると考え、うわべだけで付き従っているのであれば、そうした態度が容認されることが、どうしてあり得ようか。あなたがたが真に良心を備えているのであれば、重荷を負い、責任感があるはずである。あなたがたは「自分が征服されるか、完全にされるかは気にしないが、この証しの段階を正しく負担する必要がある。」と述べる必要がある。神の創造物として、人間は神によって完全に征服され、神を満足させ、自分の心の愛により、また自らを全て神に捧げることにより神の愛に報いることが出来る。これが人間の責任であり、それは人間が果たし、負担すべき責任であり、人間はこの託された責任を完遂する必要がある。そうしてはじめて、人間は神を真に信仰していることになる。現在、あなたがたが教会で行うのは、自分の責任を果たすことであろうか。それは、あなたがたが負担を負っているかどうか、またあなたがたの知識による。この御業を経験する上で、人間が征服され、真の知識を備えているのであれば、自分の将来的見通しや運命とは無関係に、従うことが出来るであろう。そうすることにより、神の大いなる御業は、全体として実現されるであろう。なぜなら、そうした人々はそれ以外のことが出来ず、それ以上の要求を満たせないからである。しかし、将来において、完全にされる者も居るであろう。そうした者の能力は改善され、自らの霊に一層深い知識を備え、自分の生活が成長するであろう。しかし、それを全く実現出来ず、したがって救われ得ない者も居る。そうした者が救われ得ないと私が言うのには、理由がある。今後、征服される者も居れば、排除される者、完全にされる者、使われる者も居る。ゆえに、苦難を受ける者も居れば、罰 (天災と人的災害を含む) を受ける者、排除される者、生き残る者も居る。これについては、各人がそれぞれ特定の種類の人間を表す集団に分類されるであろう。全員が排除されるというわけでも、全員が完全にされるというわけでもない。なぜなら、中国人の能力は極めて乏しく、パウロのような自己認識を持つ者は、ごく少数しか居ないからである。そうした者の中には、ペトロと同様に神を愛する決意を持つ者や、ヨブと同様の信仰を持つ者は殆ど居ない。ヤーウェに対して、ダビデと同等の崇敬や忠義を持つ者は皆無に等しい。あなたがたは、何と情け無い存在であろうか。

現在、完全にされることに関する話は、一側面に過ぎない。何があろうと、あなたがたはこの適切に証しをする段階を堪え忍ぶ必要がある。もし自分が神殿で神に仕えるよう命じられたとしたら、あなたがたはどのようにして仕えるだろうか。あなたがたが司祭でなく、神の最初の息子や神の子としての地位が無かったとしたら、それでも忠義を尽くすことが出来るであろうか。それでも、あなたがたは御国を広めるためにあらゆる事を行うことが出来るであろうか。神の委託の御業を適切に行うことが出来るであろうか。あなたがたの人生がどの程度成熟しているかを問わず、現在の御業は完全にあなたがたを確信させ、あなたがたに自らの観念を捨てさせる。いのちを追求するために必要とされる物事を全て備えているかどうかを問わず、神の御業は、あなたがたを完全に確信させるであろう。「私は神を信じるが、いのちを追求するとは何を意味するかが理解できない」と言う者や、「神への信仰について、考え方が混乱している。私は完全にされ得ないことは分かっているので、罰を受ける心構えはある。」と言う者もいる。このような、罰を受けたり滅ぼされたりする心構えがある者であっても、現在の御業が神により行われていることを認めさせられる必要がある。また、「私は完全にされることを求めないが、現在私は神の訓練全てを受け、正常な人間性を行動で示し、自分の能力を改善し、神の計画すべてに従うことを望んでいる。」と言う者も居る。こうした事については、こうした者もまた征服され、証しをし終えており、それはこうした人々に一定の知識があることを証明するものである。この段階の御業は極めて迅速に行われ、今後、海外においては一層迅速に行われるであろう。現在において、中国国外の人々は皆待ちきれずに中国へと殺到している。ゆえにあなたがたが完全にされ得ないのであれば、国外の人々を待たせることになるであろう。そうした場合、あなたがたの状態を問わず、私の業が終結を迎えて完了する時が来る。私はあなたがたがどの程度真摯に取り組んでいるか、どのような状態にあるかに配慮しない。私は、あなたがたが私の業を止めることを許さない。私は全人類に関する業を行っているので、あなたがたにそれ以上の時間を割く必要は無い。あなたがたは意欲と自覚が極めて欠如している。あなたがたには完全にされるだけの価値が無く、その潜在性も殆ど無い。今後、人間が不注意で迂闊であり続け、自分の能力を改善出来ないままであったとしても、それが原因で宇宙全体の業が中断されることは無いであろう。神の御業が完了する時、それは終結し、人間が排除される時が来れば、人間は排除されるであろう。無論、完全にされるべきであり、その価値のある者は、それと同時に完全にされる。しかし、あなたがたに本当に望みが無いのであれば、神の御業はあなたがたを待たないであろう。最終的に、あなたがたが征服されるのであれば、それは証しに立つことでもあるとみなすことが出来る。神があなたがたに要求される事には、限りがある。人間がどれほど大きな器量になることが出来たとしても、それは自分の証しの程度であるに相違ない。そうした証しが最高限度に達し、徹底されることは、人間の想像するようなものではない。中国の人々が底まで到達することは一切あり得ない。私は今まであなたがたと関与し続け、それはあなたがた自身も知っている。私はあなたがたに対し、私に隠れて反抗しないように、反逆的にならないように、恥ずべき事をしないように、と伝えた。私はあなたがたに、面と向かって何度もそう伝えたが、それでも不十分であった。私が去ろうとするとすぐに、あなたがたは態度を変えて、良心の呵責も一切なく、密かに私に反抗する者も居る。あなたがたは、私がそれについて全く知らないと思っているだろうか。私を困らせて、ただで済むと思っているであろうか。あなたがたが私の影で、私の業を台無しにしようとしている時、私がそれを知らないと思っているであろうか。あなたがたの些細ないたずらは、自分の役に代わるものとなると考えているだろうか。あなたがたは常に従順であるように思われるが、不忠実さが隠されており、心の中に邪悪な考えを秘めている。そしてあなたがたのような者には、死でさえも罰として不十分である。あなたがたは、自分に対する聖霊の小規模な御業により、あなたがたの私に対する忠義の代わりになり得ると思っているだろうか。自分が天に呼び求めて啓きを得たと思っているであろうか。あなたがたは全くの恥知らずである。あなたがたは極めて無価値である。あなたがたは、自分の「善行」が天を感激させ、天が例外として自分に雄弁の才能を与え、他人を騙し、私を欺くことを許されたと思っているであろうか。あなたがたは何と理性が欠如していることであろうか。啓きが何によりもたらされるか、知っているだろうか。自分が誰の食べ物を食べて成長したか知っているだろうか。あなたがたは、何と良心が欠如していることであろうか。あなたがたの中には、4年、5年にわたる取り扱いの後に変わって居ない者も居り、そうした事について明瞭に理解しており、自分の本性について明瞭に理解しているはずである。ゆえに、いつか自分が見捨てられた時に反論しないことである。奉仕時に、自分の目上の者や目下の者を欺いて、多くの取り扱いの対象となっている者も居る。金銭に貪欲であるために多くの取り扱いの対象となっている者も居る。男女の間に明確な境界を維持しなかったために、多くの取り扱いの対象となっている者も居る。怠惰で肉のことだけ考え、教会に来た時に義を実践しなかったために、多くの取り扱いの対象となっている者も居る。行く先々で証しをせず、故意に罪を犯し悪業を行い、何度も注意されてきた者も居る。教会に来た時に文字や教義の話しをして、他人よりも上位の者として振る舞い、全く現実が無い者も居る一方で、兄弟姉妹が違いに謀をして競い合う。多くの場合、そうした者は、それが原因となって暴露される。私は何度もこうした話をしてきたので、もうこの事については話をしない。あなたがたの好きなようにするがよい。あなた方自身で判断するがよい。この1年ないし2年にわたる取り扱いの対象となっただけでなく、信者となった時に、そうした取り扱いを受ける期間が3年ないし4年にわたる者や、10年におよぶ者も居るが、現在まで、そうした者は少ししか変化していない。あなたがたは豚のようだと思わないだろうか。あなたがたにとって、これは不公平であろうか。自分が一定の水準に達することが出来ない場合、神の御業は終わらないと考えてはならない。自分が神の要求を満たせない場合、神はあなたがたのことを待つであろうか。はっきり言うが、そのようなことは無い。物事をそのように楽観視してはならない。現在の御業には時間制限があり、神はあなたがたと戯れているだけではない。従前において、人間は、奉仕者の試練を受ける時に、自分が確固として神の証しに立ったならば、自分はある程度征服されるに違い無いと考えていた。人間は喜んで奉仕者となることを望み、毎日神を讃美する必要があり、一切不注意であったりいい加減であってはならなかった。そうした人々は、そうすることによってのみ、真に奉仕者となると考えていたが、それが現実であっただろうか。当時、人々はあらゆる行為を行った。逃げ出す者も居れば、神に背く者、教会の金を浪費する者も居り、兄弟姉妹は互いに謀をし、互いを呪い、ののしり合っていた。それは深刻な離脱であったが、ひとつだけ良い点があった。それは、誰も退く者が居なかったことである。この件について最も良かったと言えるのは、そのことである。それが原因で、そうした人々はサタンの前で証しをし、その後神の民の身分を得て、今日に至っている。神の御業は、あなたがたの想像通りには行われない。時間切れとなったら、あなたがたの状態を問わず、御業は終了する。一部の人々は「あなたのそのような行為は人間を救うことも愛することもない。あなたは義なる神では無い。」と言うかも知れない。あなたがたに率直に伝えるが、現在における私の業の核心は、あなたがたを征服して証しに立たせることである。あなたがたを救うことは付随事項に過ぎない。あなたがたが救われるかどうかは、あなたがたの追求により決まるのであり、私とは無関係である。しかし、私はあなたがたを征服する必要がある。常に私に対して無理強いしようとしないように。現在、あなたがたが私に対してではなく、私があなたがたに対して業を行っているのである。

現在、あなたがたが理解した物事は、従前において完全にされなかった誰よりも高度である。試練に関する知識も、神への信仰も、いずれも神のその他の信者よりも高度である。あなたがたが理解しているのは、環境の試練を受ける前に知った物事であるが、あなたがたの実際の器量は、それとは全く相容れないものである。あなたがたの知識は、あなたがたが実践する物事よりも高度である。あなたがたは、神の信者は神を愛すべきであり、祝福のためでなく、神の御旨を満たすためだけに努力すべきであると言うが、自分の生活のなかで示された物事は、それとは程遠く、大いに堕落している。殆どの者が、平和などの利益のために、神を信じている。あなたがたは、神を信じることに利益が無ければ神を信じず、神の恵みを授かれないのであれば不機嫌になる。どうして、あなたがたの真の器量がこうしたものとなり得ようか。家族の中で避けられない出来事 (子どもが病気になる、夫が入院する、農作物が不作に見舞われる、家族の虐待等) については、あなたがたは、日常生活で発生するこうした出来事を乗り越えることすら出来ない。こうした出来事が発生した場合、あなたがたは当惑してどうして良いか分からなくなり、殆どの場合、神に対して苦情を述べる。神の御言葉に騙された、神の御業により困らされていると、不平を言う。あなたがたは、そのように考えるであろうか。そうした物事が自分に起こるのは希であると思うだろうか。あなたがたは、こうした出来事の中で暮らしている。神への信仰を成功させることや、神の御旨を満たす方法については、少しも考えることが無い。あなたがたの真の器量は小さすぎる。それは、ひよこよりも小さい。自分の夫の事業で損失が出ると神に不平を言い、神の守りが無い環境に遭遇すると、やはり神に不平を言い、ひよこが一羽真だ時や、高齢の牛が病を煩った時でさえ、神に不平を言い、自分の息子が家族を設ける時が来たが、十分な資金が無い場合にも、神に不平を言い、教会の従業員が自分の家で2度ほど食事したが、教会から払戻が無い場合や、誰も自分に野菜を送って来ない時も、不平を言う。あなたがたは、胃が不平で満たされ、それが原因で時折集会に出席しなかったり、神の御言葉を食べ飲みしなかったりし、多くの場合、長期間にわたって否定的になる。自分に今日起こった出来事は自分の先行きや運命と無関係である。こうした物事は、あなたがたが神を信じていなかったとしても起こるが、今日はそうした物事の責任を神に負わせ、神が自分を排除したと主張する。神への信仰はどうなったのであろうか。あなたがたは真に自らのいのちを全て神に捧げたのではなかったか。仮に、あなたがたがヨブと同様の試練を受けたとしたら、今日、神に付き従うあなたがたのうち、揺るぎなく耐えることが出来る者は居らず、全員倒れるであろう。また単純に、あなたがたとペトロの間には、果てしない相違がある。現在、あなたがたの資産のうち半分が差し押さえられたならば、あなたがたは神の存在を否定するであろう。もし自分の息子や娘が自分から奪い去られたならば、抗議しながら街路を後進するであろう。自分の人生が行き詰まったならば、「神」にその旨を告げ、私が最初にあなたがたに対して多くの話をして脅したのは何故かと尋ねようとするであろう。こうした場合、あなたがたは差し控える事無く何でもするであろう。このことは、真の器量を理解しておらず、また備えていないことを示すものである。ゆえに、自分の試練が大きすぎる。なぜなら、あなたがたが理解している物事は極めて多いが、真に知っている物事は、自分が認識している物事のうち、数千分の1にも満たないからである。単なる理解や知識で留まってはならず、どの程度を実践出来るか、自分の努力の汗のうちどの程度が聖霊による啓きと照らしに結実しているか、自分が決意したことを実現した実践はいくつあるかを確認するのが最も好ましい。あなたがたは、自分の器量と実践を真剣に捉える必要がある。自分の神への信仰においては、誰かのために単に身振りをしようとしてはならない。あなたがたが前進するか如何は、自分自身の追求により決まる。

注:

a. 原文では「the church’s (教会に関する)」が省略されている。

b. 「寒空の中で鳴くリス」は、近隣に棲むカササギの再三の忠告にもかかわらず、気候が温暖なうちに巣を作るよりも寝ていることを好むリスが登場する中国の寓話からの引用。冬が来ると、リスは凍死する。