全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

実践 (3)

あなたがたは、独立して生きる能力を備え、自分自身で神の言葉を食し、飲み、神の言葉を経験し、他の者の指導を受けずとも、正常な霊的生活を送ることが出来なければならない。あなたがたは神の現在の言葉に依存して生き、真の経験の中に入り、ほんとうに理解することができなければならない。そうしてはじめて、あなたがたは揺るぎなく立つことが出来るようになる。現在、多くの人々は、将来の苦難や試練のことについて充分に理解していない。将来、ある人々は苦難を受け、またある者たちは懲罰を体験するであろう。この懲罰は一層厳しいものとなるであろう。それは事実の到来となるであろう。今日、あなたが経験し、行い、表現することは、全て将来の試練のために基礎を築く。そして、あなたは少なくとも独立して生活できなければならない。今日、教会に居る多くの者たちの状況は大体次のようである。もし教会の仕事をする働き人たちがいれば、彼らは喜ぶが、働き人たちが居ないと、彼らは喜ばない。また彼らは、教会の仕事にも自分で神の言葉を食し飲むことにも何の注意も払うことがなく、ほんの僅かの重荷さえ荷おうとしない。彼らは寒號鳥のようなものである。[a]率直に言うが、多くの人々において、わたしが行った業は、単なる征服の業でしかない。なぜなら、多くの者たちは根本的に言って完全にされるに値しないからである。ごく一部の人々だけ完全にされることが可能である。これらの言葉を聞いて、もしあなたが、神によって為された業は、単に人間を征服するためだけのものであると考え、ただいい加減に従っているのであれば、そのような態度がどうして受け入れられようか。あなたに良心があれば、重荷を負い責任感を持たなければならない。あなたはこう言わなければならない。「私は、自分が征服されるか、完全にされるかは気にしないが、この証しの段階はしっかりと担わなわなければならない。」神の創造物として、人は神によって完全に征服されることができる。そして最終的には、神を満足させ、自分の心の内にある愛と、また自らを全て神に捧げることにより神の愛に報いることが出来る。これが人間の責任であり、それは人間が果たすべき本分であり、また、荷うべき重荷であり、人間はこの任務を完遂しなければならないのだ。そうしてはじめて、人間は神を真に信仰していることになる。現在、あなたが教会でやっていることは、自分の責任を果たすことであろうか。それは、あなたが重荷を荷っているかどうか、またあなたの認識に依る。この業を体験することにおいて、もし人間が征服され、真の認識を備えているのであれば、自分の将来性や運命とは無関係に、従うことが出来るであろう。そうすることにより、神の大いなる業の全部が実現されるであろう。なぜなら、これらの人々はそれ以外のことは何も出来ず、それ以上の要求は何も満たせないからである。しかし、未来においては、ある人々は完全にされるであろう。彼らの器は改善され、自らの霊において一層深い認識を備え、彼らのいのちは成長するであろう・・・。しかし、ある者はそれを全く達成出来ないので、彼らを救うことはできない。彼らが救われ得ないとわたしが言うのには理由がある。未来において、ある者は征服され、ある者は排除され、ある者は完全にされ、また、ある者は用いられる――ゆえに、ある者は患難を体験し、ある者は懲罰(天災と人災を含む)を体験し、ある者は排除され、またある者は生き残るであろう。こうして、それぞれの群れが、人間の一つの型を代表するように、各人がその種類によって分類されるであろう。全ての人々が排除されるというわけでも、全ての人々が完全にされるというわけでもない。なぜなら、中国人の器は極めて乏しく、パウロのような自己認識を持つ者は、彼らの内にごく少数しか居ないからである。これらの人々の間には、ペテロと同様に神を愛する決意を持つ者や、ヨブと同様の信仰を持つ者は殆ど居ない。ヤーウェに対して、ダビデと同等の畏敬やダビデと同じレベルの忠誠心を持つ者は皆無に等しい。あなたがたは、何とあわれなことか。

現在、完全にされることに関して話すことは、一つの側面に過ぎない。何があろうと、あなたがたはこの段階の証しをしっかりと荷わなければならない。もし神殿で神に仕えるよう求められたとしたら、あなたがたはどのようにして仕えるだろうか。あなたが司祭でなく、長子や神の子としての地位も無かったとしたら、それでも忠誠を尽くすことが出来るであろうか。それでも、あなたは神の国を広めるために全力を尽くすことが出来るであろうか。あなたは神に託された業をしっかりと行うことが出来るであろうか。あなたのいのちがどの程度成長したかを問わず、今日の業は完全にあなたを心の中で確信させ、あなたに自分の全ての観念を捨てさせる。あなたがいのちを追求するために必要とされるものを備えているかどうかを問わず、全般的に、神の業は、あなたを完全に確信させるであろう。ある人々は、「私は神を信じるが、いのちを追求するとはどういう意味なのか分からない。」と言う。またある者は、「私の神への信仰は全く混乱してしまっている。私は自分が完全にされ得ないことは分かっている。だから刑罰を受ける心構えはある。」と言う。このような、刑罰を受けたり滅ぼされたりする心構えがある者であっても、今日の業が神により行われていることを認めさせられなければならない。また、ある人々は言う。「私は完全にされることは求めないが、現在、私は進んで神の全ての訓練を受け、正常な人間性を実際に生き抜き、自分の器を改善し、神の采配のすべてに服従する意欲を持っている・・・。」このように、彼らもまた征服され、証しを為しており、それはこれらの人々にある程度の認識があることを証明するものである。この段階の業は極めて迅速に行われた。そして今後、海外においては一層迅速に遂行されるであろう。現在、海外の人々は皆待ちきれずに中国へと殺到している――ゆえにあなたがたが完全にされ得ることがないのであれば、海外の人々を待たせることになるであろう。その時、あなたがたの状態を問わず、時が来ればわたしの業が終結され、完成される。わたしはあなたがたがどのぐらいよくいのちの中に入ったか、あるいはどのような状態にあるか心に留めない。あなたがたは、わたしの全ての業を遅らせることはできない。わたしは全人類のために業を行っているのだ。だからあなたがたにそれ以上の時間を割く必要は無い。あなたがたは少しもやる気が無く、全く自覚に欠けている。あなたがたには完全にされるだけの価値が無い――あなたがたにはほとんど見込みが無い。たとえ人々がだらしなく、いい加減であり続け、自分の器を改善出来ないままであったとしても、未来において、それが全宇宙の業を妨げることは無いであろう。神の業が完了する時が来れば、それは終結し、人間が排除される時が来れば、人間は排除されるであろう。無論、完全にされるべき者たち、また、完全にされるに値する者たちは完全にされる――しかし、あなたがたに本当に望みが無いのであれば、神の業はあなたがたを待ちはしないであろう。最終的に、あなたが征服されるのであれば、それも証しすることであるとみなすことが出来る。神があなたがたに要求する事には限りがある。人間がどれほど高いレベルに達することが出来たとしても、それは彼らの証しのレベルでなけらばならない。これらの証しが極限の高みに達し、鳴り響かんばかりに圧倒的なものとなるであろうことは、人間の想像するようなものではない――これが、あなたがた中国の人々の中で達成されることは決してあり得ない。わたしは今までずっとあなたがたに関与してきた。それは、あなたがた自身も見てきたのだ。わたしはあなたがたに対し、わたしに背かないように、反抗的にならないように、わたしに隠れて恥ずべき事をしないようにと告げてきた。わたしはあなたがたに、面と向かって幾度となくこれらの言葉を告げたが、それでさえ充分ではなかった――わたしが振り向くや否や、彼らは態度を変える。そして、ある者たちは良心の呵責も一切なく、密かにわたしに反抗する。あなたは、わたしがそれについて何一つ知らないとでも思っているのだろうか。わたしを困らせて、ただで済むとでも思っているであろうか。あなたがわたしに隠れて、わたしの業を取り壊そうとしている時、わたしがそれを知らないとでも思っているのであろうか。あなたの卑小なごまかしが自分の人格に取って代わることができるとでも思っているのだろうか。あなたはいつも見かけだけ従順であるように見えるが、密かに裏切りを企んでいる。心の中に邪悪な考えを秘めている。そしてあなたのような者には、死でさえも罰として不充分である。あなたは、自分の中に働く聖霊の小さな働きが、あなたのわたしに対する畏敬の埋め合わせになるとでも思っているのだろうか。自分が天に呼び求めることで啓きを得たとでも思っているのであろうか。あなたは全くの恥知らずである。あなたはほんとうに無価値である。あなたは、自分の「善行」が天に触れ、天が例外としてあなたの舌がよく回るように天性の才能を授け、他人を騙し、わたしを欺くようにしたとでも思っているのであろうか。あなたには何と理性が欠如していることであろうか。あなたは、啓きがどこから来るのか知っているだろうか。あなたは自分が誰の食物を食べて成長したのか知っているだろうか。あなたには、何と良心が欠如していることであろうか。あなたがたのある者は、四、五年にわたる取り扱いの後でさえ変わっていない。あなたがたは、これらの事について明瞭に理解している。だから自分の本性について明瞭に理解しているべきである――ゆえに、いつの日か自分が見捨てられた時に反論しないことである。奉仕において、自分の目上の者や目下の者を欺いている者たちは、多くの取り扱いを受けている。ある者は金銭に貪欲であるために多くの取り扱いを受けている。ある者は男女の間に明確な境界を維持しないために、多くの取り扱いを受けている。怠惰で肉のことばかり考え、教会に来る時に義を実践しないために、多くの取り扱いを受けている。ある者は、どこに行ってもまともに証しをせず、故意に罪を犯し、悪業を行い、幾度も叱責されてきた。ある者は教会に来ると、文字や教義の話しをして、全ての者たちよりも自分がすぐれているかのように振る舞い、全く現実性が無い。一方、兄弟姉妹は、互いに張り合い、策略を企んでいる――彼らは、そのために度々暴露される。わたしは何度もあなたがたにこのような言葉を告げてきた。だから今日、わたしはもうこの事については話さない――あなたがたの好きなようにするがよい。あなたがたで勝手に判断するがよい。多くの人たちは、この一年ないし二年にわたって取り扱いを受けただけでなく、信者となった時に、そうした取り扱いを受けて、三年ないし四年にわたる者や、十年におよぶ者も居るが、現在まで、彼らにはそれほど大きな変化が見られない。あなたは豚同然ではないか。そう呼ばれるのが不当だとでも言うのか。あなたがたは、自分が一定の水準に達することが出来ない場合、神の業は終わらないとなど考えてはならない。あなたがたが神の要求を満たせない場合、神はなおもあなたがたのことを待つであろうか。はっきり言う――そのようなことは無い。物事をそのように楽観視してはならない。今日の業には時間制限があり、神はあなたとただ戯れているだけではない。以前、人々は、効力者の試練を体験することにおいて、自分が確固として神の証しに立つには、自分はある程度征服されなければならないと考えていた――人々は意欲的に喜んで効力者となり、日々神を讃美しなければならず、ほんの僅かでもだらしなかったり、いい加減であってはならなかった。そうした人々は、そうして初めて、真に効力者となると考えていたが、それはほんとうの現状であっただろうか。当時、人々の内に実に様々なものが現わされた。逃げ出す者も居れば、神に背く者、教会の金を浪費する者も居り、兄弟姉妹は互いに陰謀を企み、互いを呪い、けなし合っていた。それは実に大きな解放であったが、それにはひとつだけ良いことがあった。それは、誰も退く者が居なかったことである。それがこのことについて言える一番良かったことである。それが原因で、彼らはサタンの前で証しをし、その後神の民としての身分を得て、今日に至っている。神の業は、あなたの想像通りには行われない。時間切れとなったら、あなたの状態を問わず、業は終了する。ある人々は「あなたは、そのような行動によっては人間を救うことも愛することもない――あなたは義なる神では無い。」と言うかも知れない。あなたに率直に伝えるが、今日のわたしの業の核心は、あなたを征服して証しさせることである。あなたを救うことは付随事項に過ぎない。あなたが救われるかどうかは、あなたの追求により決まるのであり、わたしとは無関係である。しかし、わたしはあなたを征服しなければならない。わたしをいつも引き摺り回そうとするな――現在、わたしがあなたに業を行っているのであって、あなたがわたしに業を行っているのではない。

現在、あなたがたが理解するようになったことは、完全にされなかった歴史上のどんな人間よりも高度である。それが試練に関する認識であれ、神への信仰に関する認識であれ、いずれにせよそれは、神を信じるどんな者の認識よりも高度である。あなたがたが理解しているのは、環境の試練を受ける前に知るようになったことであるが、あなたがたの実際の背丈は、それらのこととは全く相容れないものである。あなたがたが知っていることは、あなたがたが実践することよりも高度である。あなたがたは、神を信じる人々は神を愛すべきであり、祝福のためでなく、神の旨を満たすためだけに努力すべきであると言うが、あなたがたの生活の中に現れているものは、それとは程遠く、ひどく汚れている。ほとんどの人々が、平穏やその他の利益のために、神を信じている。あなたは、自分の利益にならなければ、神を信じず、神の恵みを受けられないのであれば不機嫌になる。これがどうしてあなたのほんとうの背丈でありえようか。家族の中で避けられない出来事(子どもが病気になる、夫が入院する、農作物が不作に見舞われる、家族の者たちからの迫害等)については、あなたは、日常生活で度々起こるこうした出来事を乗り越えることすら出来ない。このような事が起きると、あなたは当惑してどうして良いか分からなくなる――そして殆どの場合、神について不満の言葉をこぼす。神の言葉に騙された。神の業が自分を混乱させたのだと、不平を言う。あなたがたは、そのような思いを抱いたことはないだろうか。このようなことが自分に起こるのは希であると思っているだろうか。あなたがたは、こうした出来事のただ中で生活し日々過ごしている。あなたがたは、神への信仰を成功させることや、神の旨を満たす方法については、少しも考えることが無い。あなたがたの真の背丈は小さすぎる。それは、ひよこよりも小さい。自分の夫の事業で損失が出ると神について不平を言い、神の守りが無い状況に遭遇すると、やはり神について不平を言い、ひよこが一羽死んだり、囲いの中の年老いた牛が病を煩った時でさえ、不平を言い、自分の息子が家族を設ける時が来たが、十分な資金が無い場合にも、不平を言う。また、教会の働き人があなたの家で数回食事したが、教会から払戻しが無い場合や、誰も自分に野菜を送って来ない時も、不平を言う。あなたの腹は不満ではち切れそうだ。また、そのために時折集会へ行かなかったり、神の言葉を食すことも飲むこともなく、長期間にわたって否定的になるのが目に見えている。あなたに今日起こる出来事は一つとしてあなたの先行きや運命と関係が無い。これらの事は、あなたが神を信じていなかった時も起こったものだが、今日はそそれらの責任を神に負わせ、神が自分を排除したと主張する。あなたの神への信仰はどうなったのであろうか。あなたは真に自らのいのちを全て神に捧げたのではなかったか。仮に、あなたがたがヨブと同様の試練を受けたとしたら、今日、神に付き従うあなたがたのうち、揺るぎなく立つことが出来る者は一人もいないだろう。あなたがたはみな倒れるであろう。また単純に、あなたがたとペテロの間には、雲泥の差がある。今日あなたがたの資産の半分が差し押さえられたならば、あなたがたは神の存在を否定しさえするであろう。もし自分の息子や娘が自分から奪い去られたならば、不当だと叫びながら町中を走り回るであろう。あなたが人生に行き詰まったならば、「神」にそれを持ちかけ、わたしが最初にあなたに対して多くの言葉を話して脅したのは何故かと尋ねようとするであろう。こうなれば、あなたがたはどんなことでもするであろう。このことは、あなたがたがまだ何も理解せず、真の背丈を備えていないことを示している。したがって、あなたがたの中の試練は大きすぎる。なぜなら、あなたがたが理解している事は多過ぎるぐらいだが、ほんとうに知っている事は、自分が認識している事の、数千分の一にも満たないからである。単に理解や知識を得ることに留まっていてはならない。どの程度を実行に移すことが出来るか、自分の労苦の汗がどれほど聖霊による啓きと照らしに結実しているか、どれだけ多くの実践で自分の決意を現実化したのかを、あなたがたは見るがよい。あなたは、自分の背丈と実践を真剣に考える必要がある。あなたの神への信仰においては、誰かのために単に上辺だけの身振りをしようとしてはならない――あなたが獲得できるか如何は、あなた自身の追求により決まるのである。

脚注:

a.寒號鳥の話はイソップのアリとキリギリスの寓話によく似ている。寒號鳥は温暖な気候の時は巣を作らずに眠っていることを好み、隣に住むカササギが繰り返し警告したにも関わらず巣を作らず、冬が来ると寒號鳥は凍死してしまう。

前へ:三位一体は存在するのか

次へ:実践 (4)

他のお気に入り