全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

刑罰と裁きのペテロの認識

ペテロの愛は純粋な愛であった。これこそが完全にされる経験であり、完全にされることの最高の領域であり、これ以上に有意義な人生はない。ペテロは神の刑罰と裁きを受け入れ、神の義なる性質を大切にし、ペテロに関することで、それ以上貴いことはなかった。彼は言った。「サタンは私に物質的な享楽を与えるが、私はそれを貴ばない。神の刑罰と裁きが私の上に臨むこと──私はそこから恵みを受け、喜びを見出し、祝福される。神の裁きがなかったとしたら、私は決して神を愛さず、依然としてサタンの領域で暮らし、サタンに支配され、命令されていることだろう。そうした場合、私は決して真の人間とはなれないだろう。なぜなら、私は神を満足させることができず、私の全てを神に捧げることもなかったはずであるからだ。

たとえ神が私を祝福されず、あたかも私の中で火が燃えているように、心に慰めがないままになって、平安も喜びもなく、また神の刑罰と訓練が決して私から離れなくとも、神の刑罰と裁きの中から、私は神の義なるご性質を見ることができる。私はそれに喜びを感じる。人生において、それ以上に貴いことも有意義なこともない。神の守りと慈しみが容赦のない刑罰と裁き、呪いと打ちのめしとなったが、私はそれでもなおこれらの事を嬉しく思う。なぜなら、そうしたことは私を一層清め変化させることができ、私を神に近づかせ、私が一層神を愛し、神への私の愛を一層清くすることができるからである。これにより、私は創造物としての自分の本分を尽くすことができるようになり、サタンの影響から遠ざけられるので、もはや私はサタンに仕えない。

私を救ったのは神の刑罰と裁きであり、私の一生は神の刑罰と裁きとは不可分である。地における私の生活はサタンの支配下にあるので、神の刑罰と裁きによる慈しみと守りがなかったとしたら、私は常にサタンの領域下で生活していたであろうし、なにより、有意義な人生を実際に生きる機会も術もなかっただろう。神の刑罰と裁きが決して私から去らない場合にのみ、私が神により清くされることが可能となるであろう。神の厳しい御言葉と義なるご性質、そして神の威厳ある裁きによってのみ、私は最高の守りを得て、光の中で生き、神の祝福を得たのだ。清くされ、自らをサタンから解放し、神の支配下で生きることができること──それこそが現在における私の人生の最大の祝福である。」これがペテロが経験した最高の領域である。

『言葉は肉において現れる』の「ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識」より編集

前へ:裁きと刑罰において人の子の姿を見る

次へ:性質の変化のみが真の変化