言葉は肉において現れる

目次

神とその働きを知る者だけが神の心にかなう

受肉した神の働きは二つの部分から成る。最初に神が肉となった時、人々はそのこと知りも信じもせず、イエスを十字架につけた。二度目も、人々は神を信じないで、まして、知りもせず、またしてもキリストを十字架につけた。人間は神の敵ではないだろうか。もし人間が神を知らないのなら、どうして神の親しい友となれようか。また、どうして神を証しする資格を得られよう。神を愛し、神に仕え、神に栄光を捧げるとは言うが──それは人を欺く嘘ではないのか。もしそのような非現実的で実際の役に立たないことに自分の人生を捧げるなら、それは虚しい努力ではないか。誰が神であるか知らないで、どうして神の親しい友となれようか。そういう努力は漠然とした抽象的なものではないか。それは人を欺くものではないのか。どうして神の親しい友となれようか。神の親しい友となることの実際の意義とは何であろう。あなたは、神の霊の親しい友となることができるだろうか。あなたは、聖霊がどれほど偉大で崇高であるか、わかっているだろうか。目に見えず、触れることもできない神を深く知ること──それは漠然とした抽象的なものではないか。そのようなことを追求することに実際的な意義があろうか。それはみな嘘偽りではないのか。あなたは神の親しい友となることを追い求めながら、実際はサタンの言いなりになる子犬である。何故ならあなたは神を知らず、目に見ることも触れることもできない、自分の観念で作り出した、実在しない「あらゆるものの神」を追い求めているのだから。曖昧に言って、そのような「神」はサタンであり、実を言えば、あなた自身なのだ。あなたは自分自身の親密な友となることを求めているに過ぎないが、それでも神を深く知りたいと言う──それは神への冒瀆ではないのか。そんな努力にどんな価値があるのか。もし神の霊が肉にならないなら、神の実体は目に見えず、触れることもできないいのちの霊に過ぎない。形がなく不定形で、非物質的な存在であり、人間には近づくことも理解することもできない。そのような非物質的で不可思議で、はかり知れない霊の親密な友になどどうしてなれようか。それは冗談ではないのか。こんなばかげた理屈は根拠がなく非現実的だ。創造された人間は本質的に神の霊とは異なっている。そうならば、どうして両者が親密な友となることができようか。もし神の霊が肉として具現化されなければ、もし神が肉となって、へりくだり被造物にならなければ、被造物である人間には神の親しい友となる資格もなければその能力もない。また、魂が天国に入った後で、神の親しい友となる機会をもつかもしれない敬虔な信者を除いては、大方の人は、神の霊と親しくなることはできないだろう。それに、もし受肉した神の導きにより天にいる神の親しい友になりたいと願っているのなら、その人は驚くほど愚かな異生物ではないのか?人間は目に見えない神に「誠実」であろうとするだけで、目に見える神にはほんの少しも注意を払わない。目に見えない神を追い求めるのは実に簡単なのだから──人間は自分の好きなようにやるだろう。しかし、目に見える神を求めるのは、それほど容易なことではない。漠然とした神を求める人間は全く神を見出すことができない。何故なら漠然とした抽象的な物事は、すべて人間の想像の産物であって、人間には得ることができないものだからだ。もしあなた方のところに来た神が手の届かない崇高な神であり、近寄りがたい神であったなら、どうしてその意志を求められようか。また、どうして神を知り、神を理解できるのか。もし神が自分の働きをするだけで、人間と通常の接触を持たなかったら、あるいは、普通の人間性をもたず、普通の人間には近づき難いのなら、また、たとえあなた方のために多くの働きをしたとしても、まったく接触がなくあなた方には見ることもできないのなら、どうして神を知ることができるのか。もしこの本来の人間性を持った肉が存在しなければ、人間には神を知るすべは何もない。神の受肉があることによってのみ、人間はこの肉にある神の親しい友となる資格を与えられる。人間が神と親しい仲になれるのは、人間が神と接することができるからであり、人間が神と共に暮らし、共に交わり、徐々に神を知るようになるからだ。もしそうでなければ、人間の努力は無駄なのではないか。つまり、人間が神と親しくなることができるのは、神の業だけによるのではなく、受肉した神の現実性と正常性のためである。神が肉になることによってのみ、人間はその使命を果たす機会を得、真の神を礼拝する機会を得る。これこそ、最も現実的かつ実際的真理ではないか。さて、あなたはまだ天で神と親しくなりたいと思っているのだろうか。神がある程度まで自分を謙らせることによって、つまり、神が肉となる時、初めて人間は神の親友となれるのだ。神は霊的存在だ。それほど崇高で測り知れない霊と、どうして人間が親友として相応しくなれよう。神の霊が肉の中に下り、人間と同じ外観をした被造物になってはじめて、人間は神の意志を理解でき、本当に神のものとなれる。神は肉として語り、働く。喜びや悲しみ、人間の患難を共にし、人間と同じ世界に生き、人間を守り、人間を導く。神はそうして人間を清め、人間が救いと祝福を得られるようにする。これらのものを得て、人間は真に神の意志を理解し、そうなってはじめて、神の親友となれる。これだけが実際的なことだ。もし神が人間の目に見えず、触れることもできないのなら、どうして人間が神の親友になれよう。これは空虚な教義ではないか。

今日、神への信仰において、多くの人はまだ漠然とした抽象的なものを追い求めている。そうした人々は、現在神が為している業の現実を知らず、まだ文字や教義の世界で生きている。そのうえ、ほとんどの者は、まだ「神を愛する新世代の人々」、「神の親友」、「神の愛の模範と型」、「ペテロの例」といった、新たな語句の表す現実に触れていない。それどころか、いまだに漠然とした抽象的なものを追い求め、教義をやみくもに探り回し、これらの言葉の現実性をまったく理解していない。神の霊が肉になる時、あなたはその働きを実際にその目で見、手で触れることができる。しかし、それでもまだ神と親しくなることができず、神の真の友になることができないのなら、どうして神の霊の親友になれるだろう。もし現在の神を知らないのなら、どうして神を愛する新世代の一員になれるだろう。それは空文であり虚しい教理ではないだろうか。あなたは聖霊を見、その意志を感じ取れるだろうか。それは空虚な言葉ではないのか。ただこうした語句や用語を口にするだけでは不十分だし、決意だけでは神の心にかなうことはできない。あなたは、こうした言葉をただ口にすることだけで満足しており、自分の欲求と、自分の非現実的な理想を満たし、自分なりの観念や考え方を満足させようとしているだけだ。今日の神を知らないのなら、あなたが何をしようと、神の心からの願望を満たすことはできないだろう。神の真の友であるということは、どういう意味だろうか。まだこのことが理解できないのか。神の親しい友は人間だから、神もまた人でなければならない。即ち、神が肉となり、人となったのだ。同類の者だけが互いを、心をゆるし合える友と呼び、親友だと言える。もし神が霊的存在なら、どうして被造物である人間が神の親しい友になれるのか。

あなたの神への信仰、真理の探究、あなたの行動様式さえ、みな真理に基づいたものでなければいけない。あなたのすることはすべて実践的でなければならない。幻想や空想的な物事を求めてはいけない。そうした行動には何の価値もないし、さらに、そのような生き方には何の意味もない。なぜなら、あなたの追い求めるものや人生は、ほかならぬ偽りと欺きでしかないものの中で費やされ、価値や意義のあることを探求しないので、得るものはばかげた理屈や、真理ではない教理だけだからだ。そうしたことは、あなたの存在の意義や価値には何の関わりもなく、空しい状態に陥るだけだ。そうして、あなたの全生涯は何の価値も意義もないものになる──そして、もし有意義な人生を求めないのなら、たとえ百年生きたとしても、全てが虚しいだろう。どうしてそれを人生と言えるのか。それは、実際の所動物の一生ではないのか。同様に、あなた方が神への信仰の道をたどろうとしても、目に見える神を求めることを何もしないで、目に見えず、触れることもできない神を拝んでいるのでは、そうした努力はいっそう虚しいものではないか。結局、その努力は瓦礫の山となるだろう。そうした追求に何の益があるのか。人間の最大の問題は、見ることも触れることもできないもの、途方もなく神秘的で驚異的なもの、人間の想像を超えた、普通の人間には手の届かないものだけを愛する点だ。それが非現実的であればあるほど、人間はそれを分析し、他のものには目もくれずそれを追い求め、自分はそれを手にすることができるという幻想を抱く。それらが非現実的であればあるほど、ますます綿密に調べ、分析し、それらについて、自分なりのこと細かな考えを紡ぎだす。それに対して、物事が現実的であればあるほど、人間はそれらを素っ気なく扱う。ただそれらを見下し、蔑みさえする。これはまさに、あなた方がわたしのしている現実的な働きに対してとっている態度ではないのか。物事が現実的であればあるほど、あなた方は、ますます偏見を持つ。あなた方は、そういうものを調べる手間もかけず、ただ無視する。そうした現実的なありのままの条件を見下して、最も現実的である神について数多くの観念をもち、神の現実性と正常を受け入れることができない。そのようにして漠然としたものの中で信じているのではないか。あなた方は、過去の漠然とした神については揺るぎない信念を持っているが、今日の真の神には何の興味も示さない。それは、過去の神と現在の神とが二つの別の時代に属するからではないのか。それはまた、過去の神が天の崇高なる神であるのに対して、現在の神は地上のちっぽけな人間であるからではないのか。そのうえ、人間の崇める神は人間が頭で作り出した神であるのに対して、今日の神は地上で生まれた現実の肉だからではないか。結局のところ、人間が神を探求しないのは、今日の神は余りにも現実的であるからではないのか。何故なら、今日の神が人間に求めているのは、まさに、人間が最もしたくないこと、最も恥と思うことだからである。これは、人間にとって困難なことではないか。これは、人間の古傷をさらすことではないのか。このように、現実を追い求めない者は、受肉した神の敵、反キリストとなる。これが明白な事実ではないのか。神がまだ肉となっていない過去においてなら、あなたは信仰的な人物、あるいは敬虔な信者であったかもしれない。神が肉となった後、そうした敬虔な信者の多くは、自ら知らずして、反キリストになった。それがどういうことか、あなたに解かるだろうか。あなたの神への信仰においては、あなたは現実に焦点を合わせることをせず、真理を求めることもなく、偽りにとらわれているではないか──それが、受肉の神に敵意をもつ最も明白な原因なのではないか。受肉の神はキリストと呼ばれる。だから受肉の神を信じていない者たちはみな反キリストなのではないか。それで、あなたが信じ愛しているのは、ほんとうに、この肉なる神だろうか。それは確かに実在し極めて正常で、生き呼吸している神であるのか。厳密に何を、あなたは求めているのだろう。それは天か、それとも地か。それは観念か、それとも真理か。それは神なのか、それとも超自然の存在なのか。実際、真理とは、人生の格言の中でも最も現実に則しており、人類の全ての格言に勝るものなのだ。それは神が人間に要求すること、神が自ら為した業である。だから、「人生の格言」と呼ばれる。これは何かから要約された格言ではなく、また、偉人の有名な引用でもない。そのようなものではなく、これは天と地と万物の主から人間に告げたものであり、人間によって要約された言葉ではなく、神本来のいのちなのである。だからそれは、「至高のいのちの格言」と呼ばれるのだ。人間が真理を実践しようとする努力とは、自分の任務を遂行すること、つまり、神の要求を満たすために努力することなのだ。この要求の真髄は、最も現実的な真理であり、誰にも達成できない空虚な教理などではない。あなたの追求するものが何の現実性もない教理だけであるのなら、真理に反抗していることになるのではないか。あなたは真理を攻撃する者ではないのか。そのような人間がどうして神を愛することを追求できようか。現実性のない人々とは、真理に背く人々であり、みな生まれながらに反抗的なのだ。

どのように追求しようと、何よりもまず、神が今日行なっている働きを理解し、この働きの意味を知っていなければいけない。あなたは、終わりの日に神が来る時、神がどんな働きをもたらすのか、どういう性質で来るのか、そして、人間の中に何が完成されるのかを理解し、知らなければならない。神が到来して行なう肉における業を知り、理解していなければ、どうして神の意志を求め、神の親しい友になれるのか。実際、神の親しい友になることは難しいことではないが、簡単なことでもない。人間は理解できれば、それを実行に移すことができる。この場合それは複雑ではない。理解できなければ、それははるかに難しい。さらに、人間には、漠然としたものの中に神を追い求めるという傾向がある。もし人間が神を求める時、自分のよって立つところがなく、自分が固持すべき真理を知らなければ、それは土台がないということであり、そのため、堅固に立つのは容易なことではない。今日、真理を理解しない者、善と悪の区別ができない者、何を愛し何を憎めばよいのか分からない者たちが大勢いる。そうした人々が、堅固に立つことなどありえない。神を信じる鍵は、真理を実行に移すこと、神の心を思いやり、神が受肉して来た時、神が人間に行なう業と、神の語る言葉の原則を知ることだ。大衆に従ってはならない。自分が何をなすべきかについて信条がなければいけない。そして、それを堅持することだ。神によって明示された、あなたの内にあるものを堅持することが、あなたの助けとなる。もしそうしなければ、あなたは今日は道を逸れて、明日は別の方向に逸脱し、本当のものは何も得られないだろう。これでは、あなたのいのちに何の益もない。真理を理解しない者はいつでも他人に従う。もし人が、これは聖霊の働きだと言うと、あなたもまた、これは聖霊の働きだと言う。もし人がこれは悪霊の仕業だと言うと、あなたもまた、疑惑を持つか、あるいは、それは悪霊の仕業だと言う。あなたはいつでも他人の言葉を物真似して繰り返すだけで、自分では何も識別できないし、自分の頭で考えることができない。それは、自分でものごとを区別できない、立脚点を持たない者である。このような人は価値のない惨めな人間だ。そうした人々は、いつでも他人の言葉を繰り返す。今日、これは聖霊の働きだと言われていても、いつの日にか、誰かがこれは聖霊の働きではなくて、人間の仕業に過ぎないと言う。しかし、あなたはそれを自分で見極める事ができず、他人がそう言うのを聞くと、同じことを繰り返して言う。実際は聖霊の働きであるものを、人間の働きだと言う。あなたは、聖霊の働きを冒瀆する者たちの一人となったのではないか。これは、物事の判断がつけられなくて神に敵対しているのではないか。いつの日か、どこかの愚か者がやって来て、「これは悪霊のしわざだ」と言うと、それを聞いたあなたは途方にくれて、またもや他人の言うことに縛られてしまうかもしれない。誰かが混乱を引き起こすようなことを言うたびに、あなたは自分の立脚点に固く立つことができなくなる。それは、真理を把握していないからだ。神を信じ、神に関する認識を追求するのは、容易なことではない。それは、ただ寄り集まって説教を聞くだけでは達成されないし、熱情だけでは完全になれない。あなたは、経験し、知り、原則に基づいて行動し、聖霊の働きを獲得しなければいけない。経験を積めば、多くのことを判別できるようになる──善悪、正邪、何が血肉によるもので何が真理によるものであるかを区別できるようになるだろう。あなたは、こうしたことの区別ができなければいけない。そうすれば、どういう状況にあっても、迷うことはないだろう。これのみが、あなたの真の基盤なのだ。神の働きを知ることは単純なことではない。あなたは、基準と目標をもって探究しなければいけない。あなたは、どのようにして真理の道を求めるか、何を基準にしてそれが真理の道かどうかを推し量るか、そして、それが神の業であるかどうか、ということを知らなければならない。真理の道を探求する上での最も基本的な原則は何だろう。あなたは、それが聖霊の働きがあるかどうか、それらの言葉が真理を述べているかどうか、誰について証しされているのか、それが何をもたらすか、といったことを調べなければならない。真理の道と偽りの道とを判別するには、いくつかの基本的な知識が必要だ。最も基本的なことは、そこに聖霊の働きがあるかどうか、ということである。人間の神への信仰の真髄は神の霊を信じることであるからだ。受肉した神への信仰も、その肉が神の霊の体現であることに基づいている。だから、そうした信仰はなおも聖霊への信仰であるということになる。霊と肉の間には違いがある。しかし、この肉体は霊から来たものであり、肉となった言葉であるのだから、人間が信じるのは、なおも神に内在する実質なのだ。そこで、それが真理の道であるかどうかを区別するには、何よりもまず、そこに聖霊の働きがあるかどうかを見て、その後で、その道に真理があるかどうかを見るのだ。この真理は本来の人間性のいのちの性質である。つまり、神がはじめに人間を創造した時に人間に要求したこと、すなわち、(人間の理知、見識、知恵そして、人間であることの基本的な知識を含む)本来の人間性すべてである。即ち、この道が人間を本来の人間性に導くものかどうかを見極めなければならない。述べられている真理が本来の人間性の現実において必要なものかどうか、この真理が実用的で現実的であるかどうか、また、それは最も時宜にかなったものであるかどうか、といったことを調べなければいけない。もし真理があるのなら、それは人間を普通の現実的経験へと導くことができるはずだ。更に、人間はいっそう正常になり、人間としての理知はより完全になる。人間の肉体における生活と霊的生活とはさらに秩序あるものとなり、喜怒哀楽はより正常なものとなる。これが第二の原則である。もうひとつの原則がある。それは、人間は神についてより多くの認識をもっているかどうか、そのような業と真理を経験することは神への愛を呼び起こすかどうか、その人をより親密に神のもとへ近づけるかどうかということだ。このことによって、それが真理の道であるかどうか見定めることができる。最も基本的なことは、この道が超自然的なものではなく、現実的なものであるかどうか、また、それが人間にいのちを与えるものであるかどうかということだ。もしそうした原則にかなうものであれば、この道が真理の道であると結論づけられる。わたしがこれらのことを述べるのは、あなた方の将来の経験において別の道を受け入れさせるためではなく、また、もうひとつ別の新時代の業が将来現れると予言するためでもない。わたしがこれらのことを述べるのは、あなた方が、今ある道が真理の道であると確信でき、今日の業をただ半信半疑で信じ、その業ついて不確かで見通すことができないようなことのないようにするためである。自分では確信を持ってはいても、まだ惑いの道を辿っている人々さえいる。そのような確信は信条に基づいたものではないから、彼らは遅かれ早かれ、除かれなければならない。とりわけ熱心に従っている者たちでさえ三割は確かだが、五割は不確かである。このことは、その人たちには基礎がないことを示している。あなた方の能力はあまりに貧弱であなた方の基礎が浅すぎるために、区別することがわかっていないのだ。神は同じ業を繰り返しはしない。現実的でない働きは行なわない。神は人間に過分な要求をしない。また、神は人間の理知の外にある業は行なわない。神が為す業はみな、人間の正常の理知の範囲内で行われ、本来の人間の理知の外には及ばない。また、神の働きは人間の正常な必要に沿ったものである。もしそれが聖霊による働きであるなら、人間はずっと正常になり、その人間性はさらに正常になる。人間はサタンに堕落させられた自分の性質、人間の本質についての認識を増し、真理への渇望は更に大きくなる。これはつまり、人間のいのちがどんどん成長し、人間の堕落した性質においては、より一層の変化が可能となる。これら全てが神が人間のいのちになるということの意味である。もし、ある道が、人間の本質であるこれらのものを明らかにすることができないのなら、また人間の性質を変えることができないのなら、さらにまた、人間を神の前へ導き、神についての真の理解を与えることができないのなら、あるいは、人間性をさらに卑しめ、その理知をますます異常なものにするのなら、その道は真の道ではあり得ず、悪霊の業、あるいは、古い道なのだ。要するに、それは聖霊が現在為している働きではないということだ。あなた方は長年神を信じてきたが、それでも真理の道と偽りの道との違いを判別し、真理の道を探求するための原則についてほんの僅かの知識さえない。ほとんどの人々は、こうした事がらに興味を持ちさえしない。そういう人々は、ただ大多数が行く方へ行き、多数派の言うことを繰り返しているだけだ。どうしてこれが真理の道を探している者だと言えようか。どうして、そうした人々が真理の道を見いだせよう。もし、こうしたいくつかの重要な原則を把握したなら、何が起ころうと、あなたは欺かれることはないだろう。今日、人間が識別できることが肝要である。これは普通の人間が備えているべきもの、人間がその経験の中でも持っているべきものである。今日になっても自分が追い求めるものについて何も判別できず、人間的な理知がまだ成長していないのでは、人間はあまりに愚かで、その追求の努力は誤った、道を外れたものである。今日、あなたの追求にはわずかばかりの判別力もない。たしかに、あなたは、あなたが言う通り真理の道を見出したのかもしれないが、それを本当に自分のものにしているのだろうか。あなたは、何かを識別できているのだろうか。真理の道の本質とは何であるか。実のところ、あなたは真理の道を獲得してはいない。あなたは、何の真理も得ていない。つまり、神があなたに要求することを何も成し遂げていない。だから、あなたの堕落した状態に何の変化もない。そのような方法で追求し続けるなら、あなたは最終的には淘汰されるだろう。今日まで従ってきたならば、あなたは、自分がたどってきた道が正しいものであると確信しているべきで、もう疑問はないはずだ。多くの人は常に些細なことが原因で不確かで、真理を追求することをやめてしまう。このような人々は、神の働きについて何の認識も持っておらず、困惑しながら神に従っている者たちだ。神の働きを知らない人々は、神の真の友であることができず、また、神について証しすることもできない。祝福だけを求め、漠然とした抽象的なものだけを追い求めている者たちにわたしは忠告する。あなたの人生が意義あるものとなるように、できるだけ早く真理を追い求めなさい。もう自分を欺くのはやめなさい。