全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

精練を経ることによってのみ、人は真に神を愛することができる

精練の間、どのように人は神を愛するべきだろうか?精練を経験してからは、精練の間に人々は真に神を賞賛することができ、欠けているものがどれほどあるかを理解する。精練が大きいほど肉を捨てることがより可能になり、精練が大きいほど神に対する人々の愛はより大きくなる。これはあなた方が理解しなければならないことである。なぜ人々は精練されなければならないのか?精練によりどんな効果を達成することが目的なのか?人における神の精練の働きの意義は何か?真に神を求めるなら、神の精練をある程度経験した後で、精練というものが大変にすばらしく、最も必要なことだと感じるだろう。精練の間に人はどのように神を愛するべきか?神を愛する決意をして神の精練を受け入れることによってである。精練されている間、あなたは心の内に苦しみを抱く。それはあたかもナイフで心をえぐられるかのようであるが、それでもあなたは神を愛する心により神の意を満たそうとし、肉を労わろうとはしない。これが神への愛を実践することの意味である。内面で傷つき、苦しみはあるレベルに達しているが、あなたは依然喜んで神の前に来てこう祈る。「ああ神様!私はあなたから離れることはできません。私の中には暗闇がありますが、それでもあなたの意を満たしたいのです。あなたは私の心をご存知です。あなたの更なる愛を授かりたいのです。」これが精練の間の実践である。神への愛を基礎として使えば、精練によりあなたは更に神に近づき、神との親密さが増す。あなたは神を信じているのだから、神の前にあなたの心を差し出さねばならない。神の前であなたの心を捧げ、あなたの心を神に委ねるなら、精練の間にあなたが神を否定することや神から離れることはできなくなるだろう。このようにして神とのあなたの関係はより親密により正常になり、神との交わりはより頻繁になるだろう。常にこのように実践すれば、あなたはさらに多くの時間を神の光の中で過ごし、神の言葉の導きの下でより多くの時間を過ごし、あなたの性質にもより多くの変化が起き、認識は日々増えるだろう。その日が来て神の試練が突然降りかかっても、あなたは神の側に立つことができるだけでなく、神への証も立てることができるだろう。その時、あなたはヨブやペテロのようであるだろう。神への証を立て、あなたは真に神を愛し、喜んで神のために命を投げだすだろう。あなたは神の証人であり、神に愛される者となろう。精練を経た愛は強く、弱くはない。いつ、どのように神があなたを試練にあわせるかにかかわらず、あなたは自らの生死に悩むことなく、喜んで神のためにすべてを捨て、神のためにどんなことでも耐えることができる。かくして、あなたの愛は純粋になり、信仰は真となるだろう。そうして初めてあなたは真に神に愛される者となり、神により全き者となるのである。

人々がサタンの影響を受けるようになれば、人々は自らの内に神への愛を持たず、以前のビジョン、愛と決心は消え去ってしまう。人々は神のために苦しみを受けなければならないとかつては感じていたのに、今は神のために苦しみを受けることは恥で、不平不満には事欠かない。これがサタンの働きである。それは人がサタンの領域に落ちたことを示している。もしこの状態に陥ったなら祈りなさい、そしてできるだけ早く他の道へ回りなさい。そうすれば、サタンの攻撃から守られるだろう。人がサタンの影響を最も受けやすくなるのは苦しい精練の間である。そのような精練の間にどのようにあなたは神を愛すれば良いのだろうか?強い意志を持ち、あなたの心を神の前に明け渡し、持てる時間全てを神に捧げるべきである。神がどのようにあなたを精練しても、あなたは真理を実践して神の意を満たし、自ら神を求め、神との交わりを求めるべきである。このような時には、消極的になるほどより否定的になり、容易に後退してしまうだろう。自分に与えられている役割を果たすことが必要なときは、たとえうまくできないとしてもできる限りのことを行いなさい。神へのあなたの愛だけを使って行いなさい。あなたがうまく行ったとか失敗したなどと他人は言うだろうが、他人が何を言おうとあなたの動機は正しく、あなたは独善的ではない。あなたは神のために行動しているからである。他人があなたを誤解しても、あなたは神に祈り、このように言うことができる。「ああ神様!私は他人が私に寛容であることも、許してくれることも願いません。あなたを愛することができ、心に確信を持つことができ、私の良心が澄み切っていることだけを願います。他人が私を賞賛することや高く評価することを私は望みません。私は心からあなたの意を満たすことを求めるだけです。できる限りのことを行って私の役割を果たします。私は拙く、愚かで、力量もなく、盲目ですが、神は愛らしいと知っており、私が持つものすべてを喜んであなたに捧げます。」このように祈ればすぐに神へのあなたの愛が現れ、あなたは心の中でより強く確信する。これが神への愛を実践することの意味である。経験を重ねるにつれ、2回失敗しても1回成功し、5回失敗しても2回成功することがあるだろう。このように経験を重ね、失敗の中でのみ、あなたは神の愛らしさを理解し、あなたの内に欠けているものを発見するだろう。次にこのような状況に遭遇したら、自分自身に注意を払い、歩みを加減し、さらに頻繁に祈ることが必要である。あなたは徐々にそのような状況で勝利する力を得るだろう。そのような状況で勝利できれば、あなたの祈りには効果があったのである。今回勝利したのがわかれば、あなたは内に喜びを感じ、祈るときには神を感じることができ、聖霊の存在が去っていないことが分かるだろう。そうなって初めて、あなたの中で神がどのように働くのかわかるだろう。このように実践することは経験に至る道をあなたに与えるだろう。真理を実践しなければあなたの内には聖霊が存在しなくなるだろう。しかし実践すれば、あなたが内に傷ついても、その後は聖霊があなたと共にいて、祈りの際に神の存在を感じることができ、神の言葉を実践する力を持つだろう。そして、兄弟姉妹との交わりの際に、あなたの良心の重荷となるものはなくなり、平安を感じるだろう。そして、このようにして、あなたが行ってきたことを明らかにすることができるだろう。他人が言うことが何であろうとも、あなたは神との正常な関係を持つことができ、他人に制約されず、あらゆるものを超越するだろう。そしてその中で、神の言葉の実践が効果的であったことをあなたは実証するのであろう。

神の精練が大きいほど人々は神をさらに愛することができる。人々の心の苦しみは人々のいのちに有益であり、神の前でより平穏になり、神との関係がより近くなり、神の至高の愛と救いをよりよく理解できる。ペテロは何百回も精練を経験し、ヨブはいくつかの試練を受けた。あなた方が神によって全き者になることを望むのであれば、あなた方も同じく何百回も精練を経験しなければならない。この過程を通過してのみ、この過程に依拠することによってのみ、あなたは神の心を満たすことができ、神によって全き者になるのである。精練は、神が人を完全にする最も良い手段である。精練と厳しい試練だけが神への真の愛を人々の心にもたらす。苦難がなければ人々は神への真の愛に欠ける。もし人々が試練により試されず、真に精練されなければ、人々の心は常に外の世界で漂い続けるだろう。ある程度まで精練された後、あなたは自分の弱みと困難を理解し、どれほど欠けるところがあるか、遭遇する多くの問題をどれほど克服できないか、あなたの不従順がいかに大きなものかを知るようになるだろう。試練の間のみ人々は現実の状態を正しく知ることができるだろう。そして試練によって人々が全きものとなることがより可能になる。

その生涯を通じ、ペテロは数百の精練を経験し多くの苦難を受けた。この精練は神に対するペテロの至高な愛の基礎となり、ペテロの一生で最も重要な経験となった。ペテロが神への至高の愛を持つことができたのは、ある意味では、神を愛する決意ゆえであった。しかし、より重要なのは、それはペテロが経験した精練と苦しみゆえであった。この苦しみは神を愛する行路の指針となり、ペテロにとって最も記憶に残ったものとなった。神を愛する際に人々が精練の苦しみを受けなければ、人々の愛は自然さと嗜好に満ちたものである。そのような愛はサタンの考えに満ちており、神の心を満たすことはまったくできない。神を愛する決心を持つことは真に神を愛することと同じではない。人々の思考には人間的な発想がないかのように、人々の思考はすべて神のためであるかのように、心の中で考えることがすべて神を愛するためであり、神の意を満たすためであるとしても、その人々の思考が神の前に出された時、そのような思考は神により賞賛も祝福もされない。人々が真理をすべて十分に知り、すべての真理を完全に理解しても、それが神を愛することの印であるとは言えず、すべての真理を十分に理解した人々が実際に神を愛しているとは言えない。多くの真理を理解したにもかかわらず、精練を経験していない人々は、これらの真理を実践することができない。精練の間においてのみ人々はこれらの真理の本当の意味を理解し、そうして初めてそのような真理の内的な意味を純粋に認識できる。その時、人々が再び試みると、真理を適切に実践することができ、神の心と調和することができる。その時、人々の人間的な考えは少なくなっており、人間としての自然性の程度は下がり、人間的な感情は消え去る。そのようになってのみ人々の実践は神への愛の真の表明となる。神への愛の真理の効果は話された認識や精神的な意思によって達成されるものではなく、単に理解することによっても達成することはできない。人々は代価を支払う必要があり、精練されている間に多くの苦痛を受け、そうして初めて人々の愛は純粋になり、神自身の心を求めるものになる。人は神を愛せよという神の要求では、情熱や自然さによって人が神を愛することは求められない。神に奉仕するためにただ忠誠と真理を用いることで人は神を真に愛することができる。しかし人は自然性に生き、それゆえ真理と忠誠によって神に仕えることができない。人は神についてあまりにも情熱的であるか、あるいはあまりに冷たく無頓着であり、極端に神を愛するか、あるいは極端に神を憎む。自然性に住む人々は常にこの両極端の間に住み、常に真理がない状態に生き、自らは正しいと信じている。わたしはこの話を繰り返し取り上げたが、人々は真剣に受け入れることができず、その重要性を十分に知ることができず、それゆえ人々は自己欺瞞の信念に生き、そして真理ではない神への愛の錯覚に生きている。歴史を通じて、人類が発展して何世代かが過ぎ、人間に対する神の要求はますます高くなり、神に対して人が完全であることを神はますます求めるようになった。しかし、神に関する人の認識はますます曖昧かつ抽象的になり、それに伴って神に対する人の愛はますます不純になった。人の状態と人の行いのすべては神の心と調和しないものとなっている。これはサタンにより人がこれまで以上にひどく堕落したからである。これは神がますます、そしてさらに多くの救いの働きをすることを必要とする。人はますます神に厳しい要求を持ち、神に対する人の愛はますます小さくなっている。真理をなくし不従順に生き、そして人々は人間性のない生を生きる。人々は神への愛のかけらもないばかりか不従順と反抗に満ちている。人々は神への最大の愛を持ちあわせており、神に対してもはや寛容であることができないと思っているが、神はそのようには考えていない。人の神への愛がいかに汚れているのか神には十分に明らかであり、人の迎合ゆえに神が人に対する考えを変えたことはなく、献身の結果としての人間の善意に報いたこともない。人間とは異なり神は区別することができる。真に神を愛しているのは誰か、愛していないのは誰かを神は知っており、熱情により圧倒され人の一時的な衝動のために自身を失ったりせず、人の本質と行動に従って人を処遇する。結局のところ神は神であり、神には神の尊厳と洞察力がある。結局のところ人は人であり、真理と矛盾する人の愛により神が振り向くことはないであろう。逆に、神は人が行うすべてを適切に処遇する。

人間の状態と神に対する態度に直面し、神は新しい働きを行い、神に対する認識と服従を人に得させ、愛と証しの両方をも得させた。従って、人は神による精練、神の裁き、取り扱いや刈り込みを経験しなければならず、それなしでは人は神を知ることも決してなく、神を真に愛し、神への証を立てることもできない。神による人間の精練は一方的な効果のためだけでなく多面的な効果のためである。人の決意と愛を完璧にするため、このような方法でのみ、真理を求めようとする人々の中で神が精練の働きを行う。真理を求めようとする人々、そして神を慕う人々には、このような精練より意味のあるもの、大きな援助となるものはない。つまるところ神は神であり、神の性質はそれほど容易に人により知られ理解されるものではない。一日の終わりに神が人と同じ性質を持つようなことはなく、したがって人が神の性質を知ることは容易ではない。真理は人が本質的に持っているものではなく、サタンによって堕落した人々が容易に理解するものではない。人には真理がなく、真理を実践する決意がなく、苦しみを受け、精練されあるいは裁かれなければ、人の決意は決して完璧にならないだろう。すべての人々にとって精練は耐えがたく、受け入れ難いものであるが、神が義なる性質を人に明らかにし、人に対する要求を公にし、より多くの啓きとより現実的な刈り込みと取り扱いを与えるのは精練の間である。事実と真理の比較により、神は人自らについてのより大きな認識と真理を人に与え、神の心をより深く理解させ、そうしてより真理に近く純粋な神への愛を人に得させる。それらは精練を実行する神の諸目的である。人の中で神が行う働きのすべてには固有の目的と意義がある。神は無意味な働きをせず、人に恩恵がない働きもしない。精練は人々を神の前から取り除くことを意味するものではなく、地獄で人々を滅ぼすことも意味しない。それは精練の間に人の性質を変え、動機や従来の見方を変え、神に対する人の愛を変え、人の一生を変えることを意味する。精練は人の真の試練のひとつであり、真の鍛錬の一形態であり、精練の間のみ人の愛はその本質的な機能を果たすことができる。

前へ:ペテロはどのようにイエスを知るようになったか

次へ:神を愛する者たちは永遠に神の光の中に生きる

他のお気に入り