おお神よ、あなたを恋しく思います

私は黙し、無言であなたを恋しく思います。

あなたの言葉を読み、大いなる悔恨を感じています。

目に涙を溜め、早くまたあなたとともにありたいと望みます。

私の頑なな心はあなたをたびたび傷つけ、

正すことのできない過ちは数多い。

あなたの御顔を見られないと私の心は痛み、

春夏秋冬あなたを待っています。

自責の念に満たされて昼夜を過ごします。

罪の涙が私の顔を流れ落ち、私は悔恨に満ちています。

過去の過ちを取り消したくてたまらず、

あなたに私の心の内を明かしたいと切望しています。


幸せな日々を思い郷愁の念でいっぱいです。

たびたびあなたの御顔と微笑を思います。

あなたの笑い声が耳の中で響いています。

生きている限りあのお声を忘れません。

この長い歳月は私に苦悩をもたらし、

孤独に彷徨うのは耐え難いほどです。

時間を巻き戻せればと夢見て、

本当にあなたとともにあることを切望しています。

どこにおられるのです、愛する方よ。

私の心はあなたの御顔を見たくて、

あなたに抱擁されたくてしかたがありません。

私の心はいつもあなたの御心と調和し、

美しい愛の歌を生み出すでしょう。

前へ: ああ神よ、私はどれほどあなたを慕っているか

次へ: 全能神に想い焦がれて

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

私はあなたに創られ、あなたのものです

山あり谷あり変化して 雨風の中 あなたの後を追う 危険や苦難は真の愛 真情の炉 打たれた心は不滅の愛であなたを慕う 何度冬は春になっただろう! 苦きも甘きも味わってきた 秋風は絶え 春の花を歓迎する 気まぐれな戦士の生活! あなたの思いが分かる あなたは謙虚に世に来られたが…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

私たちは神に賛美を捧げて歌います

私たちは神の声を聞き 神に立ち返り 子羊の足跡を追う キリストの婚宴で 日々神の言葉を食べて飲み その水と糧で 私たちの霊は新たないのちを得る 聖霊により真理を理解し 私たちは実践の神を知る 神の国の生活は非常に豊か 神自身に導かれ、牧される 私たちは真理を実践し本分を尽くし 心…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索