全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

神の働きに真に従う者は神のものになれる

神の明白な証しに立つことは、実践の神に関する認識があるか否か、そしてその普通であるだけでなく正常なこの人の前に従い、死に至るまで従い続けられるか否かに専ら関連する。この従順さによって真に神の証しに立つならば、それはあなたが神により得られたことを意味する。死に至るまで従い、彼の前で不満がなく、裁いたり中傷したりせず、観念を抱かず、その他いかなる意図ももたないことにより、神は栄光を得るであろう。人々により蔑まれている普通の人物の前における従順さと、死ぬまで観念を抱かずに従うことが出来ることが、真の証しである。

神が人間に対して入るよう要求する現実とは、あなたが神の言葉に従い、神の言葉を実践し、実際の神の前にひれ伏し、自らの堕落を知り、神の前で自らの心を開き、最終的にこれらの神の言葉によって神に得られることが出来ることである。神は、そうした言葉があなたを征服し、あなたを完全に神に対して従順にする時、栄光を得る。それによって神はサタンを辱め、神の働きを完了する。受肉した神の実際性に関して、あなたが何も観念を抱かないのであれば、すなわちこの試練において揺るぎなく立つならば、あなたは良い証しを立てている。

実践の神に関して完全に理解し、ペテロのように死に至るまで神に従うことが出来る日が来るならば、あなたは神により得られ、完全にされるであろう。全ての人間が試練の最中にあるのは、神の実際性のためである。彼の働きは実践的であり、超自然的ではない。彼の実践的言葉、実践的発言を観念なしで完全に理解し、彼の働きが実践的となるほどに彼を真に愛することが出来ることによって、あなたは神によって得られるであろう。神が得る人の集団は、神すなわち神の実際性を知る人々の集団であり、それにも増して神の実践的な働きに従うことが出来る人々である。

『言葉は肉において現れる』の「神の実際性に絶対的に服従できる者は真に神を愛する者である」より編集

前へ:神の意志を失望させることはできない

次へ:神は地獄の生活から人を救うことを望む