全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

神を信じていながら愛さないのは無駄な人生

神を愛することから学ぶ教訓ほど意味の深い教訓はなく、人々が生涯抱き続けた信仰から学ぶ教訓は、いかに神を愛するかであると言える。つまり、神を信じるなら、神を愛さなければならない。神を信じるだけで、神を愛さず、神についての認識を獲得しておらず、心の底から湧き上がる本当の愛で神を愛したことがなければ、神に対するあなたの信仰は無益である。神を信じていても神を愛さなければ、あなたは無駄に生きていることになり、あなたの全人生はあらゆる人間の人生の中で最も低いものになる。あなたが生涯を通じて神を愛することも、神に満足してもらうこともなかったら、あなたが生きていることの意味は何なのだろう。あなたが神を信じることの意味は何なのだろう。それは無駄な努力ではないだろうか。

2 人々が神を信じ、愛するつもりならば、代償を払わなければならない。何らかのやり方で外へ向かって行動しようとするよりはむしろ、彼らは自分の心の奥底にある本当の見識を求めるべきである。あなたが歌やダンスに夢中になっていても、真理を実践することができなければ、あなたが神を愛していると言えるだろうか。神を愛するには、あらゆる事において神の心を求めることが必要で、しかもあなたに何かが起きた時には心の中で深く探り、神の心を把握し、この件に関する神の心は何か、神はあなたに何を達成して欲しいのか、どのように神の心を覚えるべきかを知ろうとしなければならない。

『言葉は肉において現れる』の「神を愛することだけが本当に神を信じることである」より編集

前へ:神の恵みを享受するだけでは神を知ることはできない

次へ:あなたは喜んで心の中の愛を神に与えるのか?