神の業は誰にも推し測れない


神と人は同等には見なされない

神の本質と業は人の推測を越えた

不可解なもの

神が自ら全ての業を行い

人の間で語らないなら 神の旨が

理解されることはない


たとえ生涯を

神に捧げても

神の承認を得ることは

できない


人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?


神の業がなければ どんな良い行いも無意味だ

神の思いは人の思いより常に高い

神の知恵を推測できる者はいない

だから、神と神の働きを見抜いたと思う人々は皆無力で

皆傲慢で無知だと神は言う。


サタンは全ての肉なる者を堕落させ

人の本性は神に逆らう

彼らは神と同等でなく 神の働きの

助言はできない


人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?


神が人をどう導くかは、神自身の働き

人はただ服従すべきであり、あれこれ意見してはならない

人はちりにすぎないから

我らは神を求めようとしているのだから 

決して神の働きに自分の観念を

重ね合わせてはならない


自分の堕落した本性を使って

神の働きに逆らおうとしてはならない

それは反キリストになることではないか

そんな主張が神への信仰だろうか


人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?


我らは神はいると信じ

神を満足させて神を見ようとするのだから

真理の道を追い求め

神と一致する道を求めるべきだ

かたくなに神に敵対するべきではない

そんなことから何の良いものが生まれようか


人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

『言葉は肉において現れる』の「序文」より編集

前へ: トマスの逸話は後世への警告

次へ: 想像で神の出現を規定してはならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

宇宙は神様への賛美で鳴り響く

歌と踊りに満ち、世界は賛美の海。私たちは踊り、星は跳び跳ね、月は微笑み、賛美が宇宙を満たす。全能神、終わりの日のキリストが、地上に来て、真理を語り、すべての国々と宗教を揺さぶる。選民は神様の声を聞き、神様に立ち返り礼拝する。シオンでは、神様はご自身を宇宙に向けて、ご自身の義と聖を…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索