全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

人を救おうとする神の切実な願いを知る者はいない

神はこの世を創造し、神がいのちを授けた生ける存在である人を、この世にもたらした。次いで、人は両親や親族を持つようになり、もはやひとりぼっちではなくなった。最初にこの物質世界を目にして以来、人は神の定めの範囲内で存在するように運命づけられた。生けるものひとりひとりを成人になるまでの成長を通じて支えるのは、神からのいのちの息である。この過程において、神の配慮の下で人が生き、成長しているとは誰も信じない。むしろ、人は自分が両親の愛情と配慮の下で成長し、自分の成長はいのちの本能によって司られていると考える。何故なら人は、誰がいのちを授けてくれたのか、それはどこから来たのかについて知らず、ましてやどのようにいのちの本能が奇跡を造り・生みのかについては、なおさら知らないからである。

人にはただ、食物がいのちの継続の基であり、忍耐がいのちの存続の源であり、人の心にある信念が、人の生存の富であるということだけが分かっている。人は神からの恵みと備えを感じない。そして人は、神によって授かったいのちを浪費するのである。……神が日夜目を留めている者のなかには、率先して神を礼拝しようとする者はひとりもいない。神は、神が何の期待もしていない人に対して、計画した通りの働きを続ける。神は、いつの日か、人が夢から覚め、突然いのちの価値と意義について悟り、神が人に全てを与えたその代価がどれほどかを理解し、人が自身のもとへ戻ってくることを神がどれだけ熱心に待ち望んでいるかを知ることを願いながら、その働きを続ける。

『言葉は肉において現れる』の「神は人間のいのちの源である」より編集

前へ:人類が神を礼拝すれば人々は幸運を得ることができる

次へ:全ての者よ、人類の運命に注意を払え