新時代の戒めは極めて意義深い


新時代における戒めの意義は極めて深淵である。戒めは、神が実際に地に現れ、地にあって宇宙全体を征服し、神の栄光を肉に完全に現すであろうことを示している。また戒めは、実践の神が地上で一層多大な実践の働きを行い、神が選んだ者を全員完全にする旨であることを示している。さらに、神は地上において言葉によりあらゆる物事を実現し、「肉にある神が最も高い所へと昇って讃美され、あらゆる民と国々が跪いて大いなる神を崇拝する」という法令を現す。新時代の戒めは人間が守るべきものであり、それは人間の本分であり、実現すべき目的であるものの、そうした戒めの意義は極めて深く、ひと言ふた言では完全に説明出来ない。新時代の戒めは、ヤーウェとイエスが公表した旧約の律法や新約のしきたりに取って代わる。これはさらに深淵な教えであり、人間が想像するほど簡明ではない。


新時代の戒めには、実践的な意味合いの側面がある。すなわち、こうした戒めは恵みの時代と神の国の時代の間の接点として機能する。旧時代の実践やしきたり、そしてイエスの時代の実践や新時代よりも前[a]の実践は、新時代の戒めをもって終焉を迎える。そうした戒めにより、人間は一層実践的な神の前に連れ出され、神による直接的な完全化を受け始めることが出来るようになるが、それは完全にされる道の端緒である。したがって、あなたがたは新時代の戒めに対する正しい姿勢を身に付けるべきであり、そうした戒めに安易に従ったり、それを安易に嫌ったりしてはならない。新時代の戒めでは、ある点が重視されている。それはすなわち、人間は現在における実践の神自身を崇拝すべきである、つまり霊の本質に一層実践的に従うべきである、という点である。またそうした戒めでは、神が義の太陽として現れて人間を罪人か義なる者かを裁く時の原則にも重点が置かれている。

新時代の戒めは、神と人間が新たな天と新たな地の領域に入ったこと、またヤーウェがイスラエルの民の間で働きを行い、イエスがユダヤ人の間で働きを行ったのと同様に、神が地において一層実践的な働きを行い、より偉大な働きをより多く行うことを象徴する。

『言葉は肉において現れる』の「戒めを守ること、真理を実践すること」より編集

前へ: 新しい時代の戒め

次へ: 行政命令十項を守り神の意志に従え

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

宇宙は神様への賛美で鳴り響く

歌と踊りに満ち、世界は賛美の海。私たちは踊り、星は跳び跳ね、月は微笑み、賛美が宇宙を満たす。全能神、終わりの日のキリストが、地上に来て、真理を語り、すべての国々と宗教を揺さぶる。選民は神様の声を聞き、神様に立ち返り礼拝する。シオンでは、神様はご自身を宇宙に向けて、ご自身の義と聖を…

どんな被造物も神の愛は持っていない

神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息をつき 人のために病み うめく 人の…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索