人は神に多く要求しすぎる

人はあまりに多くを神に求め、それは途方もない要求です。神にあれこれするよういつも求める人にはひとかけらの理知もありません。人は完全に神に服従することも、神を崇めることもできません。むしろ自分の好みにしたがって無理な要求ばかりするのです。人は神が忍耐強く、常に寛容で、人を見るたびに真理を伝え、いつも語りかけることを、期待します。あなたがたはこれらの点について反省すべきです。人間の理知は欠陥だらけではないですか。神の指揮と采配に完全に従うことも、神からもたらす全てのものを受け入れられないだけでなく、逆に神にさらなる要求を押しつけます。このような要求をする人が神に忠実だと言えますか。どうして神の采配に従えますか。どうして神を愛せますか。


神がどのように人を愛し、寛容で、人を見守り、思いやるべきか、誰しも要求しますが、自分がどのように神を愛し、神のことを考え、神を思いやり、満足させ、心の中に神をもち、神を崇めるべきかについては何の要求もしません。人の心にそのようなものがありますか。それらは人が行なうべきことなのに、精進しないのはなぜですか。一時的に熱心な人もいますが、長続きはしません。小さな挫折に遭うと挫け、失望し、不平を漏らすのです。人には多くの問題があり、真理を追求し、神を愛し満足させるよう努める人はほとんどいません。人間にはまったく理知がなく、間違った位置に立ち、自分をとりわけ価値ある存在だと見なしているのです。


『キリストの言葉の記録』の「常に神に対して要求がある者は最も理知に欠ける」より編集

前へ: 軽率に働くことは本分を尽くすことではない

次へ: 人はなぜいつも神に要求するのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

私は一生涯を神に捧げたい

時に、神と過ごし 時に離れたが 神は誰より愛して下さる 神よ、私は反抗して 何度もあなたを悲しませた どうして忘れられよう 私の中のあなたの業と託されたことを心に留め 御業によって最善を尽くしてきた 神は私に出来ることをご存知だ 私は生涯をあなたに捧げたい 何も求めず、希望も計…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索