神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く


神はこの地で新しく始め

この地で栄光を受ける

最後の美しい光景で

神は心の情熱を伝える


神の鼓動にしたがって

水は踊り、山は動き

波は岩礁に打ち付ける

神が心を語るのは難しい


計画通りに神は行った

それは神により定められ

神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ

神の国の前途は何と美しいのだろう

神の国の王は勝利者

頭からつま先まで

血や肉の痕はなく

その全ては神聖だ


雅歌の最愛の方のように

神は聖徒たちより美しく

昔の聖徒たちより高貴だ

神は人類の中の模範だ


神と人は比べられない

人は神を見上げることにもふさわしくなく

神の顔にも姿や形象にも達せない

神の体は聖なる栄光で輝き

人の考えで汚されていない

その全身は天の霊気と義で溢れ

美しい香りが流れ出す

神の国の前途は何と美しいのだろう

神の国の王は勝利者

頭からつま先まで

血や肉の痕はなく

その全ては神聖だ

『言葉は肉において現れる』附録「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈」の「第十二章」より編集

前へ: 神の国の王は勝利した

次へ: 神の国は人類の間に打ち建てられる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神の愛はいつも私の心の中にある

Ⅰ 神に従う私の旅路で 、私は神の愛の全てを楽しんだ。神のみ言葉と要求は全て神の守りと愛である。私が弱り果てて涙する時、み言葉は私を励ましてくれる。私が失望する時はいつも、み言葉が私を立ち上がらせてくれる。(神よ)あなたの愛は貴く、後悔などない。私の中にあなたの愛を深く感じる。…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索