小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神の権威は独特なものである

神の権威は独特のものである。それは神特有の表現と本質である。神に造られたものであれ、なかれ、誰もこのような本質を持ってはいない。創造主だけがこのような権威を有する。唯一なる神がこの本質を持っているのである。神はあらゆるものを創造し、その全てを支配する。神は単にいくつかの天体を支配するだけでなく、神は、被造物や人類の一部だけでなく、万物をその全能の御手の中に支えている。大きいもの小さいものから、目に見えるもの見えないもの、天体から微生物、その他様々な形で存在するものにいたるまで。これは神が支配する「あらゆるもの」という言葉を厳密に意味するものである。

神の権威は、測り知れないようだ。しかし、それは抽象的であるはずがない。神の権威は毎日、刻々と人と共にあり、人はその現実性を見たり感じたりできる。この事実は神の権威がここに存在することを証明する。神だけがこのような権威を持っているということを、それは人間に理解させる。神はあらゆるものを創造しその全てを支配する。彼は単にいくつかの天体を支配するだけでなく、神は、被造物や人類の一部だけでなく、万物をその全能の御手の中に支えている。大きいもの小さいものから、目に見えるもの見えないもの、天体から微生物、その他様々な形で存在するものにいたるまで。これは神が支配する「あらゆるもの」という言葉を厳密に意味するものである。これが神が権威を振るう範囲、神の支配の範囲である。