小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神の国は人間の間に打ち建てられる

神の知恵は、地と宇宙に、現れている。神の知恵は万物とすべての人々の間で良い実を結んでいる。全ての物は神の国の産物のように見える。人類は神の天のもとに憩う。神の牧場の羊のように神は再びシオンで休むことが出来、一方人間は神の導きのもとで生きることが出来る。人々は神の御手の中、全てを管理する。知恵と元の姿、彼らはやっとそれらを取り戻す。もはや汚れはなく翡翠のように純粋で一人一人の顔は聖者のようである。なぜならば神の国は全ての人々の間に打ち建てられたからである。

神は人々の上を歩む。辺りをじっと見つめながら。古いものは一つもなく。前と同じ者は一人もいない。神は玉座で休まれ、全宇宙に身を横たえられる。万物は元の聖さを取り戻し、神の心は満足する。神は再びシオンで休むことが出来、一方人間は神の導きのもとで生きることが出来る。人々は神の御手の中、全てを管理する。知恵と元の姿、彼らはやっとそれらを取り戻す。もはや汚れはなく翡翠のように純粋で一人一人の顔は聖者のようである。なぜならば神の国は全ての人々の間に打ち建てられたからである。