小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神の御心はいつも全ての人に明らかである

1

人類の創造以来ずっと、神は自らの存在、御心所有するもの、性質を誰に対しても、そしてすべての人に対して常に明らかである。

2

神は自らの本質、性質、御心を故意に隠したことは一度もなかった。人間が、神の御働き、御心に注意を向けないから、神に対する理解が哀れなほどに低いだけだ。人類の創造以来ずっと神は自らの存在、御心、所有するもの、性質を誰に対しても、そしてすべての人に対して常に明らかである。

3

つまりこれは、神が実体を隠しながらもいつも人々のそばにいてどの瞬間にも、神の御心、性質、本質を現しているということだ。そしてある意味では、神の実体をもすべての人々に明らかである。しかし、人々が盲目で不従順なので神が現れるのを見ることがない。神が現れるのを見ることがない。人類の創造以来ずっと神は自らの存在、御心、所有するもの、性質を誰に対しても、そしてすべての人に対して常に明らかである。

4

人類の創造以来ずっと神は自らの存在、御心、所有するもの、性質を誰に対しても、そしてすべての人に対して常に明らかである。