全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神の二つの受肉の意義

律法の時代が終わった後、神は、恵みの時代に救いの業を始めた。最初の受肉は、イエス・キリストの肉体を通して 人を罪から贖った。彼は人を十字架から救った。でも、人のサタンに似た性質はなかなか消えない。終わりの日、人を清めるため、神は裁く。それが成し遂げられて初めて、神は救いの業を終わらせ、安息の中に入る。

神は人の間に住み、苦難を味わい、神の言葉を人に授ける。人が触れることができるのは、神の受肉した体だけである。彼を通して人は救いを受け、全ての言葉と真理を悟る。第二の受肉は、人を清めるのに十分で、すべての業と受肉の意味を完結する。肉による神の業は今終了する。神はもう受肉しない。

この受肉の後、肉による神の業と救いは終わる。何故なら神は人を分類し、選びの民を獲得するからだ。第二の受肉は、赦されし者たちを救う。彼らの性質は変わり、彼らは潔くなるだろう。サタンの影響から自由になり、神の王座に戻るだろう。そう、これだけが完全に聖なるものとされる方法だ。

前へ:神の怒りの象徴的な意味

次へ:神の取り扱いはその人の態度で決まる

他のお気に入り