神の二つの受肉の意義

律法の時代が終わり

神は恵みの時代に救いの業を始めた

最初の受肉はイエス・キリストの体を通して

人を罪から贖った

彼は人を十字架から救った

人のサタンに似た性質はなかなか消えない

終わりの日 人を清めるため神は裁く

それが成し遂げられて初めて

神は救いの業を終え 安息の中に入る


神は人の間に住み 苦難を味わい

神の言葉を人に授ける

人が触れられるのは神の受肉した体だけ

人は彼から救いを受け

全ての言葉と真理を悟る

第二の受肉は人を清めるのに十分で

全ての業と受肉の意味を完結する

肉による神の業は今終わる

神はもう受肉しない

神はもう受肉しない

受肉後 肉による神の業と救いは終わる

何故なら

神は人を分け 選びの民を得るから

第二の受肉は赦されし者を救う

彼らの性質は変わり 潔くなるだろう

サタンから解放され

神の王座に戻るだろう

これこそ完全に聖なるものとされる道


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 神の二度の受肉は人類の救いのため

次へ: 受肉の意義は終わりの日の受肉が全うする

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の愛はいつも私の心の中にある

Ⅰ 神に従う私の旅路で 、私は神の愛の全てを楽しんだ。神のみ言葉と要求は全て神の守りと愛である。私が弱り果てて涙する時、み言葉は私を励ましてくれる。私が失望する時はいつも、み言葉が私を立ち上がらせてくれる。(神よ)あなたの愛は貴く、後悔などない。私の中にあなたの愛を深く感じる。…

終わりの日のキリストが東方に現れる

大いなる光が暗い地に現れる。 東方の稲妻が今、光を放った。 これは人の子の降臨である。 この事実についてどうして声を上げて歌わずにいられようか。 あなたは受肉された実際の神。 全能神よ、私たちはあなたをいつも讃美する。 あなたのことを声高らかに歌う。 全能神よ、私たちはあなたをい…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

私はあなたに創られ、あなたのものです

山あり谷あり変化して 雨風の中 あなたの後を追う 危険や苦難は真の愛 真情の炉 打たれた心は不滅の愛であなたを慕う 何度冬は春になっただろう! 苦きも甘きも味わってきた 秋風は絶え 春の花を歓迎する 気まぐれな戦士の生活! あなたの思いが分かる あなたは謙虚に世に来られたが…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索