小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

人間の人生の正しい道を歩む

1

私にあるもの全ては、ひとえに神の恵みにより、神から授かった。神は私にいのちを授けられ、私を育まれた。私はそれに報いるのが正しいと思う。神にはあらゆる権力があり、私という存在の運命を握られている。生と死は神の御手の中にある。真の人生とは、努力を尽し、神に満足していただくために生きることである。私は真理を知り、それは私を自由にした。私は価値のある人生を生きる。私は真理を知り、真理を知った私はなんと幸せなことか。私は意味のある人生を生きる。私は真理を知り、それは私を自由にした。私は価値のある人生を生きる。私は真理を知り、真理を知った私はなんと幸せなことか。私は意味のある人生を生きる。

2

私は苦さの中に甘さを味わった。それはあなたの愛の味である。新たな希望の夜明けを見たが、それは信仰と力に満ちていた。人間の人生の正しい道を歩み、慰めが私の心の深くに宿っている。自分の霊的レベルは低いが、それでも続けよう、自分自身の追求を。私は真理を知り、それは私を自由にした。私は価値のある人生を生きる。私は真理を知り、真理を知った私はなんと幸せなことか。私は意味のある人生を生きる。私は真理を知り、それは私を自由にした。私は価値のある人生を生きる。私は真理を知り、真理を知った私はなんと幸せなことか。私は意味のある人生を生きる。