真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

二十六番目の言葉の解釈

神の語るすべての言葉から、神の日が日ごとに近づいていることがわかる。あたかも、神の日がまさに人々の目前にあるかのようであり、明日にもやって来るかのようである。そこで、神の言葉を読んだ後、すべての人々は恐怖に襲われ、世界の荒廃も感じている。それは、あたかも木々の葉が落ち、霧雨が降ってくるように、すべての人々が跡形もなく消え去ったかのようであり、すべての人々が地上から一掃されてしまったかのようである。彼らはみな不吉な感情を抱いている。すべての人々は、懸命に努力して神の意志に応え、神の意志が妨害を受けずに順調に進行するようにと願っているが、こうした気持ちはいつも不吉な感覚と入り混じっている。今日の神の言葉を取り上げてみよう。言葉が大衆に広められ、全世界に向けて公表されたら、そのとき、すべての人々は頭を垂れて涙するだろう。「わたしは地上すべてを観察し、世界の東に義と威厳、怒り、刑罰をもって現れ、すべての人間たちにわたしを現す。」という言葉によって、霊的事柄を理解するすべての人々は、神の刑罰を逃れることは誰もできないこと、すべての人々は刑罰の苦しみを経験した後、自分たちと同じ種類の人々に従うであろうことを理解するからである。真にこれは神の働きの一段階であり、誰もそれを変えることはできない。神がこの世界を創造したとき、人類を導いた時、神はその英知と驚くほどの力とを示した。そして神がこの時代を終わらせるときに初めて人々は神の真の義と荘厳さ、怒り、刑罰を見るのだ。さらに、神が与える刑罰を通して初めて、人々は神の義と威厳、怒りを見ることができるのである。これは、終わりの日に神の受肉が必要不可欠であるのと同様、人々が辿らなければならない道なのである。神は全人類の終りを宣言した後、神が人間に対して今日行う働きを示す。例えば、神は次のように言う。「かつてのイスラエルは、もうない。そして今日のイスラエルは立ち上がった。塔のようにまっすぐに、この世に、すべての人間の心の中に立ち上がった。今日のイスラエルは必ずや、わが民を通じて存在の源を得る。」「ああ、忌まわしいエジプトよ。…どうしてわたしの刑罰の内に存在できないのか。」神は人々に向かって、神の手で正反対の二つの国から得た成果を故意に示す。ある意味では世俗的なイスラエルに言及し、別の意味では神に選ばれた者すべてを指し示す――すなわち、神に選ばれた者たちが、イスラエルが変化するのに伴いどう変化するかを指摘する。イスラエルが完全に本来の形に戻ったとき、選民たちはすべてそれ以後完全なものにされるだろう――すなわち、イスラエルは神の愛する人々の意味のある象徴なのである。その一方で、エジプトは神が嫌う者たちの代表の集合である。エジプトが腐敗すればするほど、神に嫌われる人々も堕落していく――そして、バビロンはその後滅びる。このことは明確な対比を形成する。イスラエルとエジプトの終焉を宣言することによって、神はすべての人々の終着点を明らかにする。このように、神はイスラエルについて述べるとき、エジプトについても語る。このことから、エジプトの崩壊の日は世界が壊滅する日であり、神がすべての人々に刑罰を与える日であることがわかる。そしてこれはまもなく起こるだろう。つまり、これは神によって今にも達成されようとしており、人間の肉眼にはまったく見えないものだが、なくてはならないものでもあり、誰も変えることはできないことだ。神は次のように言う。「わたしに敵対する者はみな、必ず永遠に刑罰を受ける。わたしはねたみ深い神だから、わたしは人間の行いを軽々しく赦さない。」なぜ神はこのように絶対的な表現で話すのだろう。そして神が赤い大きな竜の国で直接肉の姿になったのはなぜだろう。神の言葉から神の目的が見て取れる。神が来たのは、人々を救うためとか、人々に対して思いやりを示すため、あるいは心遣いをするため、あるいは守るためではない――そうではなく、神に反対するすべての者たちに刑罰を与えるために来たのである。なぜなら、神はこのように言うからだ。「誰もわたしの刑罰を逃れることはできない。」神は肉の体で生きており、そのうえ、普通の人の姿をしている――しかし、人々が主観的に神を知ることのできない弱さを持っているという理由で神が人を許すことはない。それどころか、神は正常なので人々のすべての罪をとがめ、神の肉の姿を見るすべての人々に刑罰を受けさせる。こうして、これらの人々は赤い大きな竜の国に属さない人々の犠牲になってしまう。しかし、これは神の受肉の主要目的の一つではない。神が受肉した主な目的は、肉の体で赤い大きな竜と戦い、戦いを通して竜の面目をつぶすためである。神の偉大な力は、霊としてよりも肉の姿で赤い大きな竜と戦うことによっていっそう証拠立てられるので、神は肉の体で戦い、神の行いと無限の力を示すのだ。神の受肉によって、無数の人々が「罪なく」非難されてきたし、数えきれないほどの人々が地獄に投げ込まれ、刑罰を受けてきて、肉の体で苦しんでいる。これは神の義なる性質の証明であり、神に反対する人々が今日どのように変わろうとも関係なく、神のまっすぐな性質はけっして変わらないだろう。一度非難された人々は永久に非難され、再び立ち上がることはけっしてできない。人の性質は、神の性質ようになることができないのだ。神に反対する者たちに対して、人々は熱くなったり冷たくなったりし、左右に揺れ、上下に行き来し、始めから終わりまで一定であることができない。時には彼らを骨の髄まで憎み、時には強く抱きしめる。このようなの状況はもう発生している。なぜなら人々は神の業を知らないからである。神が次のような言葉を言うのはなぜだろう。「天使は結局天使で、神は結局神である。悪魔は結局悪魔である。不義なる人々はやはり不義であり、神聖なる人々はやはり神聖である」。あなたがたはそれを理解できないのだろうか。神の記憶が間違っているということだろうか。そこで神は言う。「それぞれ同じ種類のものたちと共に、それと知らぬ間に家族のもとに戻っていく。」このことから、次のようなことがわかる。すなわち、今日、神はすでにすべての物を種族別に分類しているので、世界はもはや「無限世界」ではなく、人々はもはや同じ大きな釜の飯を食う仲間ではなく、それぞれの義務をそれぞれの家で実行し、自分の役割を果たしているのだ。これは天地創造時の神の本来の計画であった。すなわち、人々は種類に応じて分類された後、「それぞれ自分の食事を採り」――神は裁きを始めようとした。そこで、神の口から次の言葉が出てきた。「被造物の以前の形を回復させ、すべてを本来の姿に戻す。すべては大きく変わり、すべてはわたしの計画の内に戻る。」これがまさに神のすべての働きの目的であり、容易に理解できる。神はその働きを完了する――人間は神の働きを妨げることができるだろうか。そして神は人間との間に確立した約束を破棄することができるだろうか。誰が聖霊の行いを変えることができようか。人間の中にできる者がいるだろうか。

昔、人々は神の言葉には決まりがあることを理解していた。神が話すや否や、話したことがすぐに成し遂げられた。このことにうそはない。神がすべての人々を罰すると言っているし、さらに、行政命令を出しているから、神の働きがある程度まで実行されたことが見て取れる。すべての人々に対してこれまでに発せられた決まりは、彼らの暮らしと神に対する彼らの態度に向けられていて、人々の本質には至らなかった。それは神の定めに基づくのではなく、当時の人間の態度に基づくと言われた。今日の神による行政命令は特別なもので、「人間はみな、種類に従い、それぞれの行いに応じて刑罰を受ける」と、そのやり方が語られている。綿密に読まなければ、この言葉の中に何の問題も見つけられない。神がすべてのものに対して己の種類に従うようにするのは最後の時代になってからのことなので、ほとんどの人はこの言葉を読んでも理解できず、混乱したままであり、相変わらず熱意に欠け、時代の緊急性がわからない。そこで彼らはこれが警告だとは受け取らない。この時点で、神の行政命令が――これは宇宙全体に広められるのだが――人間に示されるのはなぜだろう。これらの人々が全宇宙のすべてのものを代表するのだろうか。その後、神はさらにこれらの人々に対して同情を加えるということだろうか。これらの人々は頭を二つ発達させたのだろうか。神が全世界の人々を罰するとき、あらゆる種類の大惨事が襲ってくるとき、これらの惨事の結果として太陽と月に変化が起こり、これらの大惨事が終わるとき、太陽と月は変わってしまっているだろう――そしてこれが変遷と呼ばれる。敢えて言うなら、将来の大災害は耐え難いものであろう。夜は昼に取って代わり、太陽は一年間現れないかもしれない。燃えるような暑さが数か月続き、下弦の月がいつも人類に向かっていて、太陽と月が一緒に昇ってくる異様な状態が現れるかもしれない。数回の周期変動に続いて、時が経過したあと、こうした周期がまた繰り返されるだろう。神は悪魔に属する人々への処遇に特別な注意を払う。そこで神は意識してこう言う。「全宇宙の人間のうち、悪魔に属する者はみな、滅ぼし尽くされる。」これらの「人々」がまだ自分の本当の特徴を示していないとき、神はいつも彼らの奉仕を利用する。結果として、神は彼らの行為には留意せず、彼らがどんなによく行っても彼らに「褒美」を与えないし、彼らの行動がどんなに酷くても神は彼らに支払うべき「賃金」を切り詰めない。かくして、神は彼らを無視し、よそよそしい態度をとる。彼らが「善良」であるからといって、神は突然態度を変えたりはしない。時間や場所に関係なく、人間の本質は変わらないからである。ちょうど神と人間の間に定められた契約のように、まさに「たとえ海が枯れ、岩が砕けようとも、何の変化もないだろう」と人が言うように。このように、神は人々を分類するだけであり、人々をたやすく心に留めることはしない。天地創造から今日に至るまで、悪魔はけっして申し分ない振る舞いはしていない。いつも妨害し、混乱させ、異議を申し立ててきた。神が行動したり、話したりするとき、悪魔はいつも加わろうとする――しかし、神は目もくれない。悪魔の話しとなると、神の怒りは抑制がきかないほど湧き出てくる。悪魔は聖霊を持つ者に属さず、関連がなく、隔たり、分離されているからだ。七つの封印が啓示されたあと、地上の状態は次第に歩み寄り、すべてのものは「七つの封印と肩を並べて前進し」、少しも後れを取らない。神の言葉全体を通して、神は人々が麻痺した状態だと見なしていることがわかるが、彼らはまだまったく目を覚ましていない。もっと高い点に到達するため、すべての人々の力を呼び起こすため、さらに、神の働きをその最高時に終わらせるために、神は人々に、腹いっぱいになるほどに一連の質問をし、こうして神はすべての人々を奮い立たせる。これらの人々には霊的背丈が実際に備わっていないため、実際の状況に基づくならば、神の言葉で腹がいっぱいの者はいわば基準に達している品物であり、膨らんでいない人々は使い物にならないごみである。これが人間に対する神の要求であり、神の語り方の目的である。特に、神が「地上にいるわたしは、天にいるわたしとは異なっているということか。天にいるわたしは、地上に降りて来ることができないということか。地上にいるわたしは、天に連れられて行くに値しないということか。」と言うとき、これらの質問は人々が神を理解できるように、さらに踏み込んだものとなる。神の言葉から、彼らは神の差し迫った心を見る。だが、人々は神の心に応えることはできず、神は繰り返し条件を加え、こうして、すべての人々に地上にいる天の神を知ることを気づかせ、天の神でありながら、神は地上で生活していることを気づかせる。

次のような神の言葉から人間の状態が見て取れる。「人間はみな、わたしの言葉を調べ、わたしの外見がどういうふうなのかを自分なりに調査するが、みな失敗して、なんらの成果も上げられず、わたしの言葉に打ち倒され、二度と立ち上がろうとしない。」誰が神の悲しみを理解できるだろう。誰が神の心を慰めることができるだろう。神が要求するとき、誰が神の心に応えられるだろう。何の成果も上げられないとき、人々は自己を否定し、神の指揮にたいして気まぐれに振る舞う。彼らが本当の心を示すにつれて次第に、それぞれが自分自身の種類に従い、こうして天使の本質は神への純粋な服従であることがわかる。そこで、神は次のように言う。「人間は本来の形を現し。」神の働きがこの段階に達するとき、その働きのすべてが完了することになる。神は自分が神の子らと神の民の手本であることについては何も言わず、その代わりにすべての人々に本来の形を示させることに重点を置いているようである。あなたがたはこれらの言葉の真の意味がわかるだろうか。

前へ:二十二番目と二十三番目の言葉の解釈

次へ:三十番目の言葉の解釈

他のお気に入り