全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

十番目の言葉の解釈

教会建設の時代、神が神の国の建設について語ることはほとんどなかった。語ったときでさえ、教会建設の時代の言葉で話した。神の国の時代が到来すると、神は教会建設時のいくつかの手法や懸念を一筆で取り消し、以降それについて触れることは一切なかった。これはまさに、常に新しく決して古くなることのない、根本的な意味合いでの「神自身」を表している。過去になされたかもしれない事柄と同様に、過ぎ去った時代の一部であるという意味において、神は紀元前に起こった出来事を一つのくくりとし、一方で現代は「紀元後」と呼ばれる。この点において、教会建設の作業は神の国の建設前に必要な序文であるとも言え、これにより神がその国で主権を行使する基盤が据えられた。今日、教会建設は神の国の建設の陰でしかなく、神の国の建設こそが地上での神の働きの中心である。教会建設が行われる前に、神はその作業のあらゆる細部について準備を行い、適切な時の到来を待ってその作業に取り掛かった。そして神は、「神の国の時代は、結局のところ、古い時代とは異なっている。これは人間の行いとは関わりがない。すなわち、わたしは地上に降りた後、自分で働きをする──人間が考えも成し遂げもできない働きを。」と述べた。確かに、この作業は神自身が行わねばならない。人にはそのような作業を行う能力はなく、それには不十分である。神以外に、人間の誰がそのような偉大な作業を行うことができるであろう。他に誰が死ぬほどの苦しみを人類全体に与えることができるであろう。人間がそのようなことを計画できるであろうか。神が「わたしは地上に降りた後、自分で働きをする」と言うのは何故だろうか。神の霊はこの空間から本当に消えてしまったということがあるだろうか。「わたしは地上に降りた後、自分で働きをする」というのは、業を行なうために神の霊が受肉したことと、人間を通して神の霊が明らかに働いていることの両方を指している。神が自ら業を行うことで、多くの人々が自分の目で神を見られるようになり、自分たちの霊において注意深く探る必要がなくなった。さらに、すべての人間が霊の働きを目の当たりにするようにし、人の肉体と神のそれには本質的な違いがあることを明らかにしている。同時に、あらゆる空間や宇宙において、神の霊は未だに働いている。神によって啓かれ、神の名を受け入れた人間はすべて神の霊の働きを見ることができ、それによってさらに神の受肉を良く知るようになる。そのため、神の神性が直接に働く場合にのみ、即ち神の霊がわずかな干渉もなく働くことができる場合にのみ、人は実践の神自身を知ることができる。これが神の国の建設の本質である。

神は何度受肉したのだろうか。数回だろうか。神が何度も「わたしはかつて人間の世界に降りて、人々の苦しみを見、経験もしたが、受肉の目的は果たさなかった。」と言ったのは何故だろうか。神は何度か受肉していながら、そのことに誰も気づかなかったのだろうか。この言葉はそのような意味ではない。神が初めて受肉したとき、その目的は神の存在を人に知らしめることではなかった。神は自身の働きをし、人が神を知る機会さえないまま、誰にも気づかれることなく消えたのだった。神は人が完全に神を知ることを許さず、また受肉の意義を十分に持っていなかったため、神が完全に受肉したとは言えない。最初の受肉において、神は単に罪深い性質を有さない肉体を用いて業を行なった。その業が完了したために、それについてそれ以上触れる必要がなかったのだ。様々な時代に神に用いられた人々に関しては、尚更受肉と呼ぶには足りない。今日では、実践の神自身であり、普通の人間の外見を持ちながら完全な神性を内に隠している神、そして目的とするものは人間が神を知るようになることである神のみが、真の意味で受肉した神と呼ばれる。神のこの世界への初の降臨は、今日受肉と呼ばれるものの意義の一側面のみを成している。この降臨は今日受肉と呼ばれるものの意義をすべて有していたわけでは全くない。これが「受肉の意義を満たすことなく」と神が言った理由である。「人の苦しみを目にし、経験する」とは神の霊と2回の受肉のことであり、神は「神の国の建設が始まると、わたしは受肉して正式に務めを始める。つまり、神の国の王が正式に王権を握るのである。」と述べている。教会建設は神の名の証であったけれども、その働きはまだ正式には始まっていなかった。今日になってそれは神の国の建設であると言える。以前になされたことはすべて前触れに過ぎず、本物ではなかった。神の国に足が踏み入れられたと言われていたが、その中ではまだ何の業も行われていなかった。今になってはじめて、神の神性のうちに業が行われ、神が正式にその業を開始したので、人はついにその国に足を踏み入れた。このように、「神の国が人間世界に降りて来るのは、言葉や見かけだけのことではなく、現実の事がらなのは明らかである。これは、『実践の事がら』の意味の一つなのだ」。この抜粋は上述の説明の適切な要約である。この説明を行い、神は人類の常態を特徴づけ、人を常に多忙な状態にした。「世界中で、すべての人間はわたしの愛、慈しみの中にいるが、また、すべての人間はわたしの裁きと、試練の中にもいる。」人の人生は、神が定めた原則や規則に支配されている。これらの原則や規則とは、幸福のとき、落胆のとき、さらには困難による鍛錬に耐えなければならないときがあるということである。それ故に、幸福だけの、または苦しみだけの人生を送る者はいない。誰の人生にも浮き沈みがある。すべての人を通して、神の愛と慈悲だけでなく、神の裁きと神の性質すべてが顕示されている。人は皆神の試練のなかで生きている、そう言えるのではないだろうか。この広い世界で、全人類は自らの道を見つけるためにあくせくと努力している。自分たちが果たすべき役割も分からず、中には運命のために人生を損なったり、喪失したりする人もいる。ヨブでさえこの原則の例外ではない。神の試練を生きながらも自分の道を探し続けた。神からの試練においてしっかりと立っていられる者はいない。貪欲さや人間の本性により、現状に十分満足できる者はおらず、試練の中で揺るぎなく立っていることができない。神の裁きのもとでは誰もがもろく崩れてしまう。それでも神が人に本気で向き合うのであれば、そしてそのような厳しい要求を人に行うのであれば、神が「全人類はわたしの燃える目で見つめられて倒れるだろう」と言っているようなものである。

神の国の建設は正式に始まっているが、神の国の完成を祝う祝砲はまだ鳴り響いてはいない。これは、これから起こることの予言に過ぎない。人々が完全になり、地上のあらゆる国々がキリストの国になるとき、七つの雷鳴が轟く。現在はその段階への大きな一歩であり、来るべき時代について訓令が解き放たれる。これが神の計画であり、近い将来に現実となる。しかし、神は既に神が述べたすべての事柄を達成している。従って、地球上の国々は満潮になれば崩れてしまう砂の城に過ぎないことは明らかである。最後の日が近づいており、赤い大きな竜が神の言葉の下に倒れる。神の計画が滞りなく遂行されるために、天使たちが地上に舞い降り、神を満足させるために全力を尽くす。受肉した神は、敵に戦いを挑むために、戦場に陣を敷いている。受肉した神が現れると、敵は打ち倒されてその場所から消え失せる。神の手により最初に壊滅すべき、打ちのめすべきは中国で、神は中国に対して何ら慈悲心を持たない。赤い大きな竜の斬新的崩壊は、人々の継続的な成熟が証明している。これは誰の目にも明らかである。人々の成熟は敵が消滅することの兆候である。これは「戦い」の意味するところを少し説明している。このように、人の心の中にある観念を解き、赤い大きな竜の醜悪さをなくすために、神に美しい証を捧げるよう、神は事あるごとに人に思い起こさせた。そうすることで神は人の信仰心を生きたものとし、その働きを成し遂げるのだ。これは神が「人間に何ができるのだろう。人間ではなく、わたしが自らするのではないのか。」と言った故である。人は皆そのようなものである。能力がないだけでなく、すぐに落胆し、失望する。このために、人は神を知ることができない。神は人の信仰心を蘇らせるだけでなく、ひそかに力を注ぎ続けているのだ。

次に、神は全宇宙に対して語り始めた。神は中国で新たな働きを始めただけでなく、全宇宙で今日の新しい働きを開始した。働きのこの段階において、神を裏切った人々すべてが再び神の玉座の前にひれ伏すよう、神は地球のいたるところで自身の全行為を表したいため、神の裁きにはまだ慈悲と愛がある。神は世界中で現在の出来事を利用して人々の心を揺さぶり、駆り立て、人々が自身のもとに来るようにした。故に、神は「これは、わたしの働く方法の一つで、必ずや人間を救う行いなのであり、わたしが人間に差し伸べるものは、何であれ、一種の愛なのである。」と言うのだ。神は人の真の性質を、比類なく鋭い正確さで容易にさらけ出す。これにより人は恥じ入り顔を隠し、完全に屈辱を感じる。安楽なときに人が自分自身を知ることを忘れぬよう、自分を知ることは昔の務めであると考えぬように、神は語るたびに何らかの形で人の惨めさを指摘する。人の性質を考えると、神が一瞬でも欠点を指摘しなかったならば、人は自堕落で傲慢になりうる。そのため、今日神は「人間は、わたしの与えた名を大事にするどころか、じつに多くの人々が内心で『仕える者』という名を嫌い、また、じつに大勢が『わが民』と呼ばれると、心の中に愛を生じる。わたしを試みようとしてはいけない──わたしの目はすべてを見、すべてを見通す。」と言う。人はこの声明を知ると即座に心地悪くなる。過去の行いがあまりにも未熟で、神を怒らせる穢れた振る舞いだと感じるのだ。人は最近神を満足させたいと望んだが、その気持ちは十分過ぎるほどであっても、その力に欠け、何をすべきか分からない。無意識のうちに、人は決意を新たにさせられている。それが安楽なときにこの言葉を読むことの効果である。

神はサタンが極度に常軌を逸していると述べる一方で、ほとんどの人間はかつての性質を変えることがないと言っている。このことから、サタンの行動が人によって明示されているのは明らかである。そのため、人がサタンにより破壊されないように、神はしばしば人が自堕落にならないよう注意を与える。これは、一部の人々の反乱を予言しているのみならず、早急に過去のものを脇に置いて、現在のものを求めるよう警告する警鐘である。悪魔に取り憑かれたり、悪霊に打ち負かされたりすることを望む者はなく、そのために神の言葉はより警告となり、勧告となるのだ。しかし、多数の人々が両極端に傾き、神の最後の言葉のひとつひとつを重視するとき、神はそれに対し、「大多数の人々は、わたしがさらに奥義を明かすのを見て楽しもうと、待っている。しかし、天の奥義をすべて理解するようになったら、その知識をどうするつもりなのか。それでわたしへの愛が増すのだろうか。それでわたしへの愛が燃え上がるのだろうか。」と言う。このことから、人が神の言葉を用いるのは、神を知り愛するためではなく、自分の「小さな倉庫」の蓄えを増やすためであるのは明らかである。だから、人の過激主義を表すのに神が「見て楽しもう」という表現を用いるのは、人の神に対する愛が完全に純粋なものではないことを反映している。神が奥義を明らかにしなければ、人は神の言葉を重視せず、ほんの一瞬、ちらりと目をやるくらいであろう。時間を取って神の言葉を熟考することはない。神の言葉を真に大切にする者はほとんどいない。労苦を惜しまず神の言葉を飲食することはせず、おざなりにざっと目を通すくらいである。神が昔とは異なるやり方で今語るのは何故だろうか。それがみな不可解な言葉なのは何故だろうか。例えば、「わたしはけっして軽々しく人間の頭に王冠がわりのラベルをつけない」の「王冠」や、「わたしのことばを形作る純金を受けることのできる者が、誰かいるだろうか。」の「純金」や、神が以前に言及した「サタンの手を経ることなく」の「手を経ること」などである。人は神が何故このような言葉を使うのか分からない。滑稽でユーモアがあり、挑発的な方法で語る理由が分からない。まさにこのことに、神が語る目的が示されている。始まりから現在まで、人が神の言葉を理解できたことはなく、神の言葉は実に厳粛で厳格であるかのようであった。神の言葉のあちこちに気の利いた表現を織り込んでわずかにユーモアを交えることで、神は自身の言葉の雰囲気を和らげられ、人がリラックスできるようにする。そうすることで、神は更に大きな効果を得、人に自身の言葉を熟考させることができる。

前へ:補遺その1:一番目の言葉

次へ:十一番目の言葉の解釈

他のお気に入り