真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

十九番目の言葉の解釈

人々は、神は非常に高尚で計り知れないものと想像しているように思われる。神はとても高尚なので、まるで人々に混じって生きるのではなく、人々を軽蔑しているかのようである。しかし、神は人間の考え方を打ち砕き、すべて除去し、すべて「墓」に埋めてしまうので、人々の考え方は灰になってしまう。人間の考え方に対する神の態度は死者に対する態度と同様であり、神は人の考え方を思いのままに規定する。まるで人々の考え方からは何の反応もないかのようである。そこで、天地創造から今に至るまで、神はこの働きを続け、けっしてやめなかった。人間は肉の姿であるために、サタンによって堕落させられ、サタンの地上における行動によって、人々は経験を通じてあらゆる種類の考え方をする。これは「自然形成」と呼ばれる。この段階の働きは地上における神の働きの最終章なので、神の働きの方法は頂点に達しており、神はその最後の働きの中で、人間が完全になり神の意志がついに達せられるように、訓練を強化するだろう。以前は、人々の間には聖霊による啓発と光だけしかなく、神自身が語る言葉はなかった。神が直接その声で語った時、すべての人は驚いたが、今日、神の言葉は人々にとって、よりいっそう不可解である。神の言葉の意味を理解するのは前よりもっと困難となり、人間は目が眩んで惑わされてしまうようである。神の言葉の半分は引用符に囲まれているからである。「わたしが話すとき、人間は一心にその声に耳を傾ける。しかし、話すのをやめると、また自分なりの「事業」にとりかかる。」この引用符で囲まれた一節には一つの意味がある。神の言葉が奇妙であればあるほど、人は引き込まれて読むようになる。人々は、くつろいでいる時ならば神に裁かれても受け入れることができるという一面がある。重要なのは、より多くの人々が神の言葉を理解できないために落胆したり、失望したりするのを防ぐことである。これはサタンとの戦いにおける神の戦法である。こうしてのみ、人々は神の言葉に興味を持ち、当惑した時でさえ、やはりその言葉に注意を払う。しかし、引用符に囲まれていないすべての言葉にも大いに魅力があり、そこでそれらはいっそう目立ち、そのため人々は神の言葉をもっと愛するようになり、自分の心の中で神の言葉の甘美さを感じることができるようになる。神の言葉はさまざまな種類の形で現れ、豊かで多様なので、そして神の多くの言葉の中には名詞の繰り返しがないので、ある意味では、人々は皆、神はいつも新しくけっして古くならないと信じる。例えば「人間を単なる消費者にするためではなく、サタンを打ち負かすことのできる生産者にするために、そうしているのだ。」上記の文中の「消費者」と「生産者」という言葉は過去に何度か語られた言葉と同様の意味だが、神は厳格ではない。むしろ、神は人間に神の新鮮さを気づかせ、そのことによって神の愛を心に銘記させる。神の話の中のユーモアには人間に対する審判と要求が含まれている。神の言葉にはすべて目的があり、意味があるので、そのユーモアは単に空気を明るくするとか、人間を大笑いさせるとか、あるいは単に筋肉をほぐすことを意図しているのではない。むしろ、神のユーモアは人間を5000年に及ぶ束縛から解放し、二度と束縛されないようにし、彼らが神の言葉をよりよく受け入れ得るようにすることを意図している。神の方法はいわば「スプーン一杯の砂糖があれば薬が飲みやすくなる」式のやり方である。神は人間に苦い薬を無理に飲まそうとはしない。甘さの中に苦さがあり、苦さの中にも甘さがある。

「ほのかな光が東にさすと、全宇宙にいる多くの人々は、そのときだけ、東の光に注意を向ける。もはや眠りに沈んでおらず、人類は東の光の出ている方を眺める。しかし、人間の能力の限界のため、誰一人、光の源を見極めることができない。」これは宇宙の至る所で起きていることであり、神の子らと神の民の間だけのことではない。宗教界の人々や不信心者たちも皆この反応を経験する。神の光が輝きだす時、すべての人の心は次第に変化し、彼らは生きることには意味がなく、人間の命には価値がないことを、無意識のうちに知り始める。人々は未来を追求せず、明日の事を考えず、明日の事を心配せず、むしろまだ「若い」間にもっと食べたり、飲んだりするべきで、終わりの日が来たらすべてはそれだけの価値があり、無駄ではなくなっているだろうという考えにしがみついている。人間は世の中を整理したいという望みは持っていない。世界を愛する人類の活力はすべて「悪魔」によって盗まれてしまったが、誰もその根源が何なのかを知らず、できることと言えば、お互いに連絡し合いながら行ったり来たりして走ることだけである。神の日がまだ来ていないからである。いつか、誰もが、この理解しがたい神秘のすべてに対する答えを見つけるだろう。これが「人間は眠りと夢とから醒め、わたしの日がゆっくりと訪れようとしていることを知る。」という神の言葉の真の意味である。その時が来たら、神に属するすべての人々は、次の言葉に表される緑の葉のようになるだろう。「わたしが地上に降り立つ時には、それぞれがわたしに捧げものをしようと、待っている。」中国にいる神の民の中で非常に多くの人々が、神が声を発した後でもまだ逆戻りするので、神は次のように言う。「しかし、すでに起こってしまった事実を変えることはできない。私の下す判決を待つしかないのだ。」それでもまだ彼らの中には除かれるべき者たちもいるだろう――すべてが変わらないままでいるわけではない。むしろ、人々は審査を経た後ようやく基準に合致することができ、「品質証明」が発行される。そうでなければ、彼らは廃棄物の山に積み上げられる屑になるだろう。神はつねに人間の真の状態を指摘するので、人間は次第に神の神秘性を感じるようになる。「もし神でなかったら、どうして私たちの真の状態をあのようによく知ることができるだろう。」しかし人間が弱いために、「人間の心には、わたしは高くも低くもない。人間に関する限り、わたしが存在するかどうかは、どうでもいいことなのだ。」これはまさに現実ともっともよく一致するすべての人々の状態ではないだろうか。人間に関する限り、神は人間が探し求めるときには存在し、神を求めないときは存在しない。言い換えれば、人間が神の助けを必要とするときには、神はすぐにその心の中に存在するが、もはや神を必要としないときは、もはや存在しない。これが人間の心の中にあるものなのだ。実際、地上の全ての人は無神論者も含め、このような考え方であり、神に対する印象は曖昧で抽象的でもある。

「だから、山々は陸で国々の境界となり、海は陸と陸との間で人々を隔てる。そして空気は、地の上で人と人との間を流れるものとなる。」これは天地創造の際に神が行った働きであった。ここでこのことを述べると人々は混乱する。ひょっとして神は今の世とは異なる世界を創造したいのだろうかと。このように言うのは正しい。神が話すたびに、その言葉には世界の創造、支配、破壊が含まれている。その意味は時には明快だが、時には曖昧である。神の支配のすべてはその言葉の中に具体化される。唯一の問題は人間がそれらを識別できないことである。人間に対する神の祝福は信仰を100倍に増やす。表面的にはまるで神が人間に約束をしているように見えるが、本質的には神の国の民に対する神の要求の物差しである。神に従う者は神よって留められるが、従わない者は天から投げ落とされる災難に飲み込まれるだろう。「雷が空に轟き渡り、人間を打ち倒す。高い山々は崩れ、人間を埋める。飢えた野獣たちが人間をむさぼり食う。そして、海の大波が人間の頭の上を閉ざす。人類が兄弟同士での殺し合いをしているとき、人間は皆、自分たちがもたらした災いの中、自らを滅ぼそうとしているのだ。」これは基準を満たさない人々、後に神の国に受け入れられない人々に与えられる「特別扱い」である。「あなたがたは、必ずや、わたしの光の導きの下、闇の力の拘束を打ち破るだろう。あなたがたは、絶対に闇のただ中にあって、あなたがたを導く光を失いはしないだろう。」神がこのようなことを言えば言うほど、人間はますます自分が大切な存在なのだと気づくようになり、信仰を深めて新しい生き方を求めるようになる。神は人間が求めれば与えてくれる。いったん彼らをある程度むき出しにすると、神は自らの話し方を変え、最善の結果をもたらすために、祝福の口調を使う。このような方法で人間に要求をすると、より実践的な結果を生み出すことができる。人間は誰でも相手とビジネスについて進んで話すから、――人は皆ビジネスの専門家だから、これはまさに神が語るときに力を注いでいることである。では、「シニムの国、秦」とは何か。ここで神が意味しているのはサタンに堕落させられた地上の王国のことではなく、むしろ神から送られてきたすべての天使の集まりのことである。「堅固で揺るぎない」という語句は、天使たちがサタンのすべての力を打ち破り、秦の国が全世界に広がって設立されることを示している。そこで秦の国の本当の意味は地上のすべての天使の集まりのことである。ここで秦の国は地上の天使たちを意味する。そこで、後に地上に存在する神の国は「御国」ではなく「秦の国」と呼ばれるだろう。地上の「御国」には本当の意味はなく、実際には「秦の国」が「御国」なのだ。したがって、「秦の国」の意味と結びつけなければ、下記の言葉の本当の意味を知ることはできない。「あなたがたは必ずや全宇宙においてわたしの栄光に輝くだろう。」これは地上のすべての人々の未来の等級付けを明らかにする。秦の国の人々は皆懲罰に苦しんだ後、地上のすべての民族を統治する王となるだろう。地上のすべては秦の国の人々の統治のおかげで正常に作動するだろう。これは状況を大雑把に示した概略図にすぎない。すべての人間は神の国内に留まっているだろう。つまり、彼らは秦の国内に残されるだろう。地上の人間は天使と連絡し合うことができるだろう。そこで天と地はつながれる、言い換えれば、地上のすべての人間は天にいる天使たちと同様に神に従い、神を愛するだろう。その時、神は地上のすべての人々の眼前に現れ、人々が肉眼で神の真の顔を見ることができるようにし、人々の前にいつでも現れるだろう。

前へ:十八番目の言葉の解釈

次へ:二十番目の言葉の解釈

他のお気に入り