言葉は肉において現れる

目次

十四番目の言葉の解釈

人間は神の言葉からまったく何も学んでいない。それどころか、神の言葉のうわべだけを大切にし、本当の意味はわかっていない。したがって、大多数の人々は神の言葉が好きだが、実のところ大切にしていないと神は言う。神の考えによると、これは、神の言葉は貴重なものなのに、人々がその言葉の持つ真の優しさを味わっていないためである。したがって、彼らは言わば「梅干しを想像して唾を生じさせ渇きを癒し」[a]、それによって強欲な心の渇きを緩和させているだけなのだ。神の霊がすべての人々の間で働くことに加えて、神の言葉による啓発もある。ただ人々はあまりにも不注意なので神の言葉の真価を本当に理解することができないのだ。人間は心の中で、今は神の国が完全に実現していると考えているが、実際はそうではない。神が予言するのは神が成し遂げたことであるが、実際の神の国はまだ完全には地上に到来していない。それどころか、人類の変化と共に、仕事の進展と共に、東方からやって来る光と共に、すなわち、神の言葉が深まるのと共に、神の国は徐々に地上に現れるだろう。徐々にではあるが完全に地上に降りて来るだろう。神の国が到来する過程は地上における神の働きの過程でもある。地上に到来すると同時に、神は全世界をたて直すために、歴史上のあらゆる時代でこれまでしたことのない働きを世界中で開始した。例えば、イスラエルの変遷、アメリカ合衆国のクーデター、エジプトの変遷、ソ連邦の変遷、中国の崩壊など、宇宙の至る所で驚異的な変遷が見られる。全世界が落ち着き、正常な状態に戻った時、それは神の地上における働きが完了する時であり、すなわち、神の国が地上に到来する時である。これが「世界のすべての国々が混乱すると、そのときこそ、わたしの国が確立され、形作られ、また、わたしは本来の姿を現して全宇宙に向き合う。」という言葉の本当の意味である。神は人類にまったく隠し立てをせず、たえず人々に神の豊かさのすべてを語ってきたが、彼らはその意味を理解できず、愚か者のように神の言葉をただ受け入れるだけである。この働きの段階で、人間は神の深遠さを学んだ。その上、神を理解することがいかに大きな課題であるかを認識することができる。このため、彼らは神を信じることはもっとも困難なことだと感じる。彼らは完全に為す術を知らない――豚に歌を教えるようなものだ、あるいは、罠にかかった鼠のようなものだ。実際、人がどんなに力を持っていようと、どんなに技量が優れていようと、あるいは、人が無限の能力を内部に持っていようといまいと、神の言葉のこととなると、これらは何の意味もない。神の目には人類は大量の紙の燃えカスのようなもので、使い道がないのは言うまでもなく、まったく何の価値もない。これは「わたしはますます人間たちから隠され、ますます理解のできないものになっていった。」という言葉の本当の意味を完全に説明している。このことから、神の働きは自然の成り行きに従っており、人間の知覚器官でも取り入れられるものに基づいて行われることが見て取れる。人類の本質が断固として揺るぎない時、神の語る言葉は完全に彼らの概念と一致し、神と人類の概念はまったく同一で、違いは皆無であるように思われる。これによって人々は神の実在に多少気づくが、これは神の第一の目的ではない。神は地上における真の働きを正式に始める前に、人々が落ち着くことを許す。したがって、人々が混乱するこの初期の段階で、人類は自分たちの以前の考えは間違っていたこと、神と人間は天と地ほどに異なっており、まったくもって同じではないことを悟る。神の言葉はもはや人間の概念に基づいて評価することはできないので、人間はすぐに神を新しい光の中で見始め、その後すぐに、驚いて神を見つめる。まるで、実際の神とは目に見えず触れることもできないから近寄り難いと思っているかのように。神の肉体は外側だけにすぎず、そこに本質はないと思っているかのように、驚いて神を見つめる。人々は、肉体化した神は霊の托身で、いつでも霊の姿に戻り、漂い去ることがあり得ると考えている[b]。したがって、人々は多少用心して考え方を展開させた。神について話すとき、人々は神を自分の概念で飾り立て、神は雲や霧の上に乗ることができ、水上を歩くことができ、人間の中に突然現れたり、消えたりすることができると言い、なかにはさらに記述的な説明をする人たちもいる。人類は無知で洞察力が足りないから、神は次のように語った。「わたしに抵抗したり、わたしの行政に違反したとしても、わたしは見ないことにする。」

神が人類の醜い面と内側の面を明らかにする時、神は本当にいつもまったく正しく、少しの狂いもない。間違いなどまったくないとさえ言える。これは完全に人々を納得させる証拠である。神の働きの原理によって、神の言葉と行いの多くは消すことができない印象を与えるから、人々は神への理解をさらに深めるようだ。それは、あたかも人々が神の中により貴重なものを見出すかのようだ。「人間の記憶では、わたしは人間を罰するよりは、慈悲を示す神であるとか、言うことを文字通りには実行しない神だということになっている。そうしたことは人間の頭の生み出した考えであり、事実とは異なっている。」人類が神の本当の顔を重要視したわけではないが、彼らは「神の性質の側面」を自分たちの手の甲のように知っている。彼らはいつも神の言葉や行動のあら探しをしている。これは人類がいつも否定的な事柄に注意を払うのを厭わず、肯定的事柄は無視し、神の行動をただ見下しているだけだからである。神が住み家に謙虚に身を隠すと言えば言うほど、人類は神に対してますます多くのものを要求する。彼らは次のように言う。「人の姿をした神が人のすべての行いを観察し、人としての暮らしを経験しているなら、なぜ神は私たちが大部分の時間を過ごす実際の状況について知らないのだろう。それは神が本当は隠れているという意味だろうか。」神は人間の心の奥底までのぞきこんでいるが、それでも、人類の実際の状態に応じて働いているのだ。あいまいでもなく、超自然的でもない人類の状態に応じて、神は働いている。人類の持つ古い性質を完全に取り除くために神は努力を惜しまず、さまざまな観点から語りかけてきた。例えば、彼らの本当の性質を明らかにし、彼らの不服従に対して判決を下す。ある時にはすべての人々に対応すると言い、次にはある集団の人々を救うと言う。人類に要求を出したり、彼らに警告したりする。彼らの内面を解剖したり、次には処置したりする。このように、神の言葉に導かれて、人類はまるで地球の隅々まで旅をして、一本一本がもっとも美しく咲こうと張り合っている花でいっぱいの庭に入り込んだかのようである。神が何を言おうと、人類は神の言葉の中に引き込まれるだろう。まるで神は磁石であり、鉄分を含むものがすべて引き寄せられるように。彼らが「人間はわたしを無視しているのだから、わたしも彼らをまともには扱わない。人間はわたしに無関心だから、わたしも彼らのために努力する必要はない。これは二つの世界に最善のことではないか。」という言葉を目にする時、すべての神の民は再び底なしの穴に叩き落とされるか、再び急所を叩かれて完全にショックを受けたような状態になり、こうして彼らは再びわたしの働き方に[c]参入する。彼らは次の言葉に接すると、とりわけ混乱する。「もしわたしの国でわが民の一人として自分の本分を果たせないなら、その人はわたしに嫌われ捨てられる。」そして、ほとんどの人は胸が張り裂けんばかりの涙を誘われてこう言う。「わたしは底なしの穴から這い出そうと苦労したのに、もしまた穴に落ちたらまったく望みがなくなるだろう。わたしは人間世界では何も得られず、人生のあらゆる困難や苦しみを経験してきた。とりわけ信仰に入ってからは、わたしは愛する者たちから見捨てられ、家族たちから迫害を受け、世間の人々から中傷され、世の中の幸せを享受しなかった。もしわたしが再び底なしの穴に落ち込んだら、わたしの人生はなお一層空しいものになるのではないだろうか。」このように考えれば考えるほど、人の悲しみは増してしまう。「わたしの望みのすべては神の手にゆだねられている。もし神に見捨てられるなら、今死んだ方がましだ…. さて、すべては神によって運命づけられているので、今わたしにできるのは神を愛そうと努力することだけで、ほかのすべては二次的なものである。だれがこんなことをわたしの運命にしたのだろう。」考えれば考えるほど、人間は神の基準と神の言葉の目的に近づく。このようにして神の言葉の目的は達成される。神の言葉を目にした後、彼らはすべて心の中で観念的に葛藤する。彼らの選択肢は運命の命令に従うことだけで、このようにして神の目的は達成される。神の言葉が厳しければ厳しいほど、結果として人類の内面的世界は複雑になる。これはちょうど傷口に触れるようなものである。つまり、傷口に強く触れれば触れるほど、痛みはいっそう激しくなり、生と死の間をさまようほどになり、生き延びようという信念さえ失われるのだ。このようにして、人類がもっとも苦しむ時に限り、絶望の深みにいる時に限り、彼らは自分の本当の心を神に任せることができる。人類の本質は、ほんの少しでも望みが残っていれば、神に助けを求めようとせず、自然のままで生き残るための自己満足的方法を採用しようとするものなのだ。これは人類の本質が独善的であり、すべての人を見下しているからである。このため、神は次のように語った。「安楽な時にわたしを愛することのできた者は一人もいない。自分たちが安らかで幸福な時に、喜びを分かち合おうと、わたしに手を伸べた者は一人もいない。」これは実に嘆かわしいことである。神は人類を創造したが、神が人間世界に来ると、彼らは神を拒絶しようとし、あたかも神がさすらっている孤児か、この世に市民権を持たない者であるかのように自分たちの領土から追い払おうとする。誰も神に愛着を覚えず、誰も真に神を愛さず、誰も神の到来を歓迎していない。それどころか、神の到来を見ると、彼らの嬉しそうな顔は瞬く間に曇ってしまう。まるで突然途中で嵐にあったかのようであり、神が彼らの家族の幸せを奪ってしまうかのようであり、神はけっして人類に祝福を与えず、その代わりにただ人類に不幸を与えたかのようである。つまり、人類の考えでは神は彼らにとって恩恵ではなく、いつも彼らを罵る存在なのだ。このため、人類は神を無視し、まともに扱わず、いつも神に対して冷淡であり、これはけっして変わっていない。人類はこれらの事柄を心に抱いているので、人類は不合理で不道徳だと神は言い、人間がたぶん備えているであろう感情でさえ彼らの中に感じられないと言う。人類は神の感情にまったく考慮を示さず、神にかかわる時に彼ら独自の「正しさ」を使う。人類は長年の間このようであり、このために神は彼らの性質は変化していないと言った。これは彼らが数枚の羽根ほどの実体しか持っていないことを示すことになるだろう。人間は自身を大切にしないので、価値のない不幸な人たちと言える。もし彼らが自分自身さえ愛せず、踏みにじるならば、彼らは価値がないことになるではないか。人類は自分をもてあそび、肉体を他人に与えようとする不道徳な女性のようである。しかし、たとえそうであっても、人類はまだ自分がどんなに卑しいかわからない。彼らは他人のために働くことや、自分を他人の支配下に置いて話すことに喜びを見出す。これは実に人類の汚さではないだろうか。わたしは人類の中で人生を経験していないし、真に人間の生活を経験していないが、人間のあらゆる動き、あらゆる行動、あらゆる言葉、あらゆる行いを非常に明確に理解している。わたしは人類を最も強い羞恥心に晒すこと、彼らがもはや自分自身のごまかしを見せられなくなるまで、自分の願望に負けられなくなるまで、その身を晒させることさえできる。殻の中に退くカタツムリのように、彼らはもはや自分の醜い状態をあえてさらけ出しはしない。人類は自分自身を知らないので、その最大の欠点は、醜い顔つきを見せびらかしながら自分たちの魅力を他人に見せびらかすのを厭わないことであり、これは神がもっとも嫌うことである。人々の間の関係は異常であり、正常な人間関係は存在しないので、ましてや神との関係は正常[d]ではない。神は多くを語っており、そうする中で神の主要な目的は人類の心の中に一定の場所を占めることであり、人々の心の中からすべての偶像を取り除かせることなのだ。それができた時には、神は全人類に力をふるい、この世のすべてに神が存在するという目的を達成することができる。

脚注

a. これは中国のたとえ話である。

b. 原文では “People think that.” (..と人々は考えている)は省かれている。

c. 原文では “of working.” (働きの)は省かれている。

d. 原文では “normal.” (正常な)は省かれている。